狛犬(越後)01

越後(長岡周辺)の狛犬さんたち

先日の記事にて少しだけご紹介をしましたが、改めまして狛犬さんのみの記事です。

越後の狛犬さん その5となります。


ご興味のない方は、笑って読み飛ばしてください。happy01


4月9日の事です。

まずは、出雲崎の住吉町と石井町の境界に隣接している、「住吉神社」と「石井神社」です。

集落の鎮守様として造られたのでしょうが、本当にお隣同士の位置にありました。 



住吉神社 (出雲崎町住吉町582)

国道352線が海と別れて「良寛記念館」方面にほんの少し行った「石井町交差点」のそばです。




P40900411

P40900501

境内を国道に譲ったのか、少し狭い境内でした。




P409004221

P40900451

P40900431

P40900461

昭和10年1月1日の狛犬さんです。




P40900481

こちらは、天保年6月の狛犬さん。

「吽」側1体のみでした。

台座に「海上安全」の刻みが。

これは柏崎の狛犬さんにも刻まれていましたが、北前船の安全を祈願されたのでしょうね。





続いて、上の写真の階段を登ります。

・石井神社  (出雲崎町石井町583)



P40900511 

P40900521

階段を登ると、日本海が見渡せました。

鳥居の前に姿が見えます。




P40900541

P40900551

台座には大正6年10月の掘りが。

でも、昭和か平成の狛犬さんですよね。

良い場所でお仕えされていました。

その訳は後ほど。




P40900631

P40900641

拝殿前にも1対の狛犬さんが。




P40900571

P40900601

P40900651

P40900611

文政11年7月の狛犬さん。

大きくて、立派でした。




P40900621

境内はこんな感じでした。




Dscf82141

狛犬さんは、何を思って海を眺めているのでしょうか?

海の安全を祈っているのでしょうか?

それとも、祈願をされた方の再訪を一心に待っているのでしょうか?

景色が良いですが、荒れた天気の時は大変な事でしょうね。





・神明宮 長岡市堺町1900)

長岡ICの近く、堺町です。




P40900862

P40900921

P40901081

境内には、多くの狛犬さんがお仕えしていました。




P40900881

P40900901

P40900912

昭和26年4月の狛犬さん。

小獅子がヤンチャそうです。

少し色が違って見えました。




P40900941

P40900962

P40900971

明治20年の狛犬さん。月は不明です。




P40900991

P40901021

P40901001

P40901031

昭和12年6月の狛犬さん。

P40901061

P40901051

P40901071

拝殿右奥の大正6年10(?)月の狛犬さん。

月の1桁目が少し?でした。




P40901091_2

拝殿前からの境内は、こんな感じでした。

良い雰囲気です。




Dscf82161

住宅地内の神社ですが、境内の片隅にはこのお花が綺麗に咲いていました。

何となく不思議な感じでした。




これで長岡の狛犬さん、第3弾はおしまいです。

が、まだまだ続きます!coldsweats01


・越後の狛犬さん その4
 「鋸山ハイキングと周辺の散歩」は、こちらです。

越後の狛犬さん その6は、こちらです。


最後までお読みいただき、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋸山ハイキングと周辺の散歩

4月8日、所用があって新潟に行って来ました。

用件も無事に済み、長岡市周辺の散策と地元の方に愛されている「鋸山(のこぎりさん)」に行って来ました。

散策は何時もの通りと、お日様が日本海に沈む絶景を楽む事が出来ました。

お昼に寄った「悠久山公園」のサクラは咲き始めの状態でしたが、夜桜見物の頃にはかなり開花していました。

この数日はかなり暖かく、その日(9日)は初夏の様でした。



(公園周辺のレポはカルディナが作成予定しています。)

長岡お花見散策」レポ、作成できました。

レポは、こちらです。



先ずは、10日の「鋸山・のこぎりさん」のハイキングから簡単に報告。



長岡市の東・国道352号線の行き止まり地点に駐車場が有りました。

出来たばかりのようで、この春には市民ハイキングが行なわれる様です。

トイレは有りませんのでご注意下さい。

この「風谷」の集落奥から「花立峠」~「鋸山・765.1m」のピストンでした。

登山道沿いにはミズバショウを初めとして沢山の花が咲いていました。

P41004461

P41004361



花立て峠手前から残雪がありました。

Dscf83101



花立て峠に出てからの尾根道は若いですがブナの林が有り、それは気持ちの良いところでした。

途中のガレ場にはミスミソウが沢山咲いていました。

ほんの一部の危険な箇所だけで、他はなくなってしまったのでしょう。

P41004181



山頂は未だ雪が大分有り、1等三角点の點標石は雪の下でした。

P41003901




という事で、ハイキングの速報はおしまいです。coldsweats01


この後は、時間が中途半端なので、何時もの「米山の麓」行きでした。

花を楽しんで温泉に入って、日本海に沈む太陽を眺める事も出来ました。

P41004831

HPにて記事を作成します。

暫らくお待ち下さい。




さて、ここからが本題となります。

そうです、狛犬さんです。bleah



越後(出雲崎・長岡)の狛犬さん その4


日にちが前後しますが、9日の朝1に

狛犬さんを追って、出雲崎~♪なんちて。

       ↑ 誰かさんのパクリで~す! 


・諏訪神社 (出雲崎町尼瀬町1152)
 



出雲崎・尼瀬の「諏訪神社」を訪れました。

P40900162

P40900172

P40900272

P40900262



2対の狛犬さんがお使えをしていました。

1対目は明治31年2月生まれでした。

明治の頃からこの姿勢では、相当お疲れでしょうね。shock

P40900112

P40900142



2対目は生年月日不明でした。

P409001922

P40900212

P40900222



その後は数々の神社にお参りをしましたが抜粋します。



・諏訪神社 (長岡市古正寺1)


こちらも「おすわさん」です。

巻き毛で昭和3年9月生まれの狛犬さんです。

P40901102

P40901192

P40901122

P40901152

P40901182
        ね~ぇ、巻き毛で可愛いでしょう


拝殿を背に境内を眺めると

P40901202

ご神木の大手術をしていました。



続いて、9日の〆はこちら。



・南部神社(長岡市森上)

長岡市(旧栃尾市)森上(もりあげ)の「猫又権現」こと「南部神社」です。

Dscf82562



昭和19年11月生まれの狛犬さん。

P40903122

P40903151



階段を上がると・・・。

P40903281

Dscf82631




文久3年9月生まれの狛犬さん。

現在の台座は地震に因る影響か新しい物となっていました。

拝殿前に古い台座があり、上記の年月が読み取れました。

P40903221

P40903251




そして、その左手前には天(正?) 大正9年11月生まれと読める狛猫さんが。

調査したところ、”天と読めるかも知れませんね。一が1本多く見えますが、正しくは大正です。”との回答でした。

大正9年に甲府から届いた御影石製だそうです。

鳥居と一緒に作成されたようです。

「大正」に慎んで訂正させていただきます。カル2  4/13 

Dscf826921

P40903191

P40903291

P40903301




今回の狛犬さん詣では、この「狛猫」 さんが目的でした。

最初は1対だったのでしょうが、いつの頃から1人ぼっちになってしまったのでしょうか?

でも、仲良し?の狛犬さんがそばにいるので寂しくはないのでしょうか?



こんな感じの新潟情報第2弾でした。


もうすぐ

カルディナの第1弾・第2弾がアップ出来ると思います。

カル2の鋸山の記事も近日中に。


・カルディナのブログ

   長岡お花見散策は、こちらです。

   鋸山ハイキングは、こちらです。

・カル2のHP

   鋸山ハイキングは、こちらです。
       (狛犬さん1対もご紹介しています)

   

・越後(弥彦周辺)の狛犬さん その3となる
 「弥彦山・角田山ハイキングと狛犬さん」はこちらです。

・越後の狛犬さん その5となる
 「越後(長岡周辺)の狛犬さんたち」は、こちらです。
 

      

 

お読みいただけると嬉しいです。

長々と有難うございました。

では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

弥彦山・角田山ハイキングと狛犬さん

アフーさんの情報により、急遽4月3日に行って来ました。


ミスミソウ(雪割草)もカタクリも満開でした。

で、その際のレポです。


西生(さいしょう)」手前の三叉路を少し行くと、”ぼく達ここにいるよ!”の声が聞こえたような?

呼ばれた右を見ると、” おや、そこにお住まいでしたか?”の状態。

帰りに寄らせてね”と声を掛けて、駐車場へ。


花を愛でるハイキングを済ませて、お約束の狛犬さん詣でです。

越後(弥彦周辺)の狛犬さん その3となります。



                    ※ 写真は全て拡大できます。



・「妻戸神社(長岡市寺泊野積)

P40301051



先ずは、昭和62年生まれの狛犬さんです。

P40300891

P40300911

P40300921



少し進むと立派な鳥居が有りました。

P40300931



さらに進むと左手に、弥彦神社の「御神田」です。

P40301041



続いて2対目の昭和29年4月生まれの狛犬さんがお守りしていました。

跪いていますね。

P40300971

P40300991

P40301001



更に少し登ると、可愛いらしい神殿が。

P40301021



由緒のある神社ですが、少し可愛らし過ぎでしょうか?

でも、建立された理由からからこれで良いかも知れませんね。

お参りを済ませて、境内の花々を楽しみました。

P40300951

P40300941

P40301031

Dvc001171





これで弥彦山を離れ、「角田山」に移動です。

途中、「五ヶ浜」にて寄り道。 



・八幡宮 (新潟市西蒲区五ヶ浜・浦浜)

由緒などは調査中です。

境内には、広い駐車場がありました。

ふるさと会館」も隣接していて、「角田山」の浦浜コース入り口となっています。

もちろん、トイレも設置されています。

P40301301

P40301251

P40301241



こちらでは、3対の狛犬さんが お守り中。

明治40年8月生まれの狛犬さんです。

P40301071

P40301091



そして、昭和7年3月生まれの狛犬さん。

P40301121

P40301151

P40301162



3対目の狛犬さんは生年月日は不明です。

P40301181

P403011921

P40301221



合祀されている稲荷社のキツネさんは昭和8年9月生まれ。

子取りのキツネさんです。

P40301271

P40301291



拝殿を背にして境内を眺めると、3対の狛犬さんが。

左側が駐車場(ふるさと会館)です。

P40301311



新潟の狛犬さんって、味わい深いのが多いですね。



え~と、これでレポは終了です。

”これだけかい?”って?

はい、これだけですっ!


ハイキングのレポは、HPにて。

近日公開!乞う、ご期待! なんちて。


カルディナのレポは、こちらへ

カル2のレポは、こちらへ

       4月6日、記事作成しました。

   ご覧いただけると嬉しいです。 


・ 越後(柏崎市)の狛犬さんたちその2は、こちらです。

・ 「鋸山ハイキングと周辺の散歩」は、こちらです。
   (越後の狛犬さん その4となります)

では、また。smile  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

越後(柏崎)の狛犬さん その2

越後(柏崎)の狛犬さん その1は、こちら



柏崎市へ墓参に行って来ました。

そのおりの対面です。

こんな可愛い小?狛犬さんにも逢えました。

P31901991
                     石井神社にて




鵜川神社(柏崎市宮場町4-9)

  祭神 : 鵜草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)
       品陀和氣尊(ホンダワケノミコト)


  式内社 越後國三嶋郡 鵜川神社で旧村社でした。

弘仁2年(811年)8月22日遷座との事です。

天暦元年(947)に鶴岡八幡宮の分霊を勧請したとかで、何となく親しみが涌きます。

境内には大きなケヤキが有り、国の天然記念物に指定されています。

P31800842

P31800931

P31800971

P31800961

P31800951

P31800941

P31800981



明治2年6月生まれの狛犬さん。

尾が前にかなり傾斜しています。

P31800851

P31800871

P31800881





八坂神社(柏崎市西本町3-11)

    祭神 : 素戔嗚命(スサノヲノミコト)と思われます。



京都八坂神社の祇園祭が発祥で、毎年7月24~26日に「ぎおん柏崎祭」と花火大会が開催されます。

花火大会は、越後三大花火の一つで、江戸時代末頃から続いているそうです。

お祭りですが、別名「きゅうり祭」とも言われていたそうで、氏子は「きゅうり」を供え、お祭が終わるまで「きゅうり」を食べなかったそうです。

その昔、八坂・住吉(後出の石井神社)・諏訪(その1の柏崎神社)のお祭の際に御神輿を出して互いに競い合い、争いになる事が。

ある時、八坂神社の御神輿が追いかけられ、きゅうり畑に逃げ込み隠れて危うく難を逃れたそうです。

それ以来、感謝をこめて、きゅうりを供えるようになったそうです。

そして、神社の紋は「きゅうり」を輪切りにした切り口の形をしています。

「きゅうり祭」に関しては「新潟 柏崎・刈羽観光案内」から一部借用しました。



さて、拝殿は地震にも頑張り少しの損壊で済みましたが、約1年後の昨年6月15日深夜の火災により、ほぼ全焼となってしまいました。

鳥居を潜った途端に、”え~っ!”と言う感じでした。

少しだけ焼け残った拝殿?本殿?に、プレハブを添わせて仮拝殿とされていました。

昭和8年4月生まれの狛犬さんも傷みが激しく、補修の痕が痛々しかったです。

境内は、他に何もありませんでした。

P31801581

P31801651

P31801601

P31801631

P31801641





・石井神社(柏崎市西本町2-3)

  祭神 :  底筒男命   (ソコツツノオノミコト)
        中筒男命   (ナカツツノオノミコト)
                表筒男命   (ウワツツノオノミコト)

         (住吉三神)


石井神社や柏崎神社の一帯が地震の被害が大きかったところです。

家並みはかなり復旧をしていますが、神社はまだまだの感があります。

鳥居の笹木が落ち、底部を鉄筋で固定されていた燈篭なども倒れたままでした。

でも、皆さんのご尽力により、確実に復旧はしつつありました。

神社名ですが、寛永年間までは「住吉神社」と名づけられていたのが「石井神社」と改称されたようです。

その昔には、周囲の町名も「住吉町」と呼ばれていたとか。

大きな神社だったようです。

P31901901

P31901911

P31902031




鳥居を潜ったところに、陶製の平成6年6月生まれの狛犬さんが。

P31901931

P31901971

P31901941




そして、この「阿」の狛さんの拝殿側に最初の写真の可愛い陶製の「吽」の狛犬さんが。

台座には、昭和3年の彫りがありました。

反対側には台座のみで、その後ろには年代の分からない「吽」の狛犬さんと思われるのが。

P31901951

P31901991_2

P31902021



そして、拝殿右横には合祀されている神社があり、年代不明の狛犬さんが。

P31902041

P31902052

P31902071

P31902081

P31902061




そしてその隣りの社の前には、やはり補修を待っていると思われる狛犬さんが。

こちらも年代不明です。

きっと元気になって、神様にお仕えをする事でしょう。

P31902091

P31902111




その狛犬さんからの境内の眺めです。

P31902121





これで、その2は終わりとなります。

地震の影響はかなりのものでしたが、あの状態が1年半ほどでこんなに戻るとは思っても居ませんでした。

被災に合われた方のご心痛はもとより、ご努力は並大抵の事ではなかったでしょう。

神社仏閣も、かなり復旧をしていました。

可愛い狛犬さんも補修をされて元気になっているのや、順番待ちのがかなり見受けられました。

本当にご苦労様です。

皆様が早く本来の状態に戻られますように!




あと、10社を超える神社を訪ねました。

レポを創りきれませんので、逐次写真集に追加をしていこうと思っています。

カル2の狛犬さん写真集」をどうぞよろしく!



このブログに お立ち寄りの皆様にお願いです。

ご旅行などで「神社」のそばにお越しの際は、是非「狛犬さんの写真」を!

そして、是非「たまぽかbbs」にお贈りいただけると、カル2は泣いて喜びます。crying

どうぞ、よろしくお願い致します。coldsweats01



今回はこれでおしまい。


「越後(柏崎)の狛犬さん その1」は、こちらです。

「越後(弥彦周辺)の狛犬さん その3」は、こちらです。

では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

越後(柏崎)の狛犬さん その1

カルディナの故郷、柏崎にお墓参りに行って来ました。

はい、そうです。お墓参りです!

何故か、その前段に神社の鳥居を潜っていました。

何故でしょうか? 良く分かりませんけどね。coldsweats01


沢山の鳥居が出迎えてくれましたが、その第1弾です。

日本海沿いの352号線「石地」の「御島石部神社」と柏崎市内の「柏崎神社」の2社のレポです。




御島石部(みしまいそべ)神社
          
(柏崎市西山町石地1258)

  祭神 :  大己貴命(おおなむちのみこと=大国主命)

P318003721




国道から長い御影石の参道を進むと陶製の狛犬さんに迎えられ、自然林の中の落ち着いた雰囲気の広い境内に入りました。

この神社の建物類は、弘化2年(1845年)頃に建てられたとかで、彫刻が有名です。

この時季は、日本海の強風による「潮風・飛砂」避けの板張りが巡らして有り、残念ながらあまり確認が出来ない状態でした。

P31800221

P31800231



陶製の狛犬さんと初対面でした。(大正6年10月生まれ)

P31800261

P31800281

P31800291



狛犬さんも地震の被害に遭い、かなり補修されていました。

拝殿」等の写真はこちらをお借りしましたのでご覧下さい。



境内社の「金刀比羅宮」の狛犬さんです。

明治31年11月生まれ。

P31800241

P31800311

P31800331

P31800321



拝殿脇には大きなスダジイが。

Dscf78781



拝殿前から振り返ると。

倒壊撤去されたと思われる御神灯の台座が・・・。

P31800351





柏崎神社 (柏崎市西本町1-5)

 祭神 :  大穴貴命(おおなむちのみこと)





こちらはカルディナが小さい頃遊んだところだそうです。 震源地に近い所為ですが、鳥居や御神灯が片付けては有りますが殆ど倒れたままでした。

奥の本殿?拝殿?は、倒壊し撤去されていました。

P31800571

P31800831

P31800581



参道の陶製の大きな狛犬さんです。昭和3年3月生まれ。

P31800701

P31800721

Dscf789221



拝殿前の狛犬さん、文化8年7月生まれ。

P31800601

P31800631   



そして、大正6年4月生まれのかなり傷んだ狛犬さんが 陶製の「吽」狛さんの足下に。

補修をしていただける様でした。

P31800741

P31800811
     本当は、茶色っぽい台座の上が住まいでした



稲荷大明神のキツネさんは、首もしっかりと補修されていました。

でも、耳が・・・。

P31800771

P31800781

P31800791




そしてライオン像、昭和3年10月生まれ。

P31800661




そして翌日、ひょんな事から予定のない柏崎神社の横を通おると。

ぼく、此処に居るよ!」と声が聞こえた様な?

ふっと眺めると、狛犬さんでした。

拝殿の後ろ側で、社が倒壊して基礎だけの所に二人で番をしていました。

昨日から、「忘れちゃイヤだな」とテレパシーを送ってくれていたのかも知れません。

で、その狛犬さんです。昭和26年生まれ。

P31902131

P31902141

P31902171

P31902181

お社はなくなっていますが、神様は何所にでも居られます。

この狛犬さんは、良い子で忠実にお使いを果たしていますね。

町全体が元に戻るまで、みんなで頑張ろうね。



とこんな感じで、柏崎の狛犬さん第1弾はおしまいです。

まだまだ、沢山ありますよ~!coldsweats01

レポが続かないだけですっ。weep


「越後(柏崎)の狛犬さん その2」は、こちらです。



では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ただいま帰りました!

只今、新潟から帰り着きました。

明日(20日)は新潟地方も雨模様とか? で、今日帰りました。


初日は、お墓参りと狛犬さんを訪ねて。

今日2日目は、野生の花を訪ねる散歩と今話題?の春日山城址へ行って来ました。

それと、ほんのチョビットですが狛犬さんも。coldsweats01


皆様のお蔭で、両日とも快晴。

フーフー有難うございました。

そして、留守の間もポチ&ぼちぼちを遊んでいただいて、本当に有難うございました。


で、こんな生年月日も全く不明の「吽」の狛さんとも合う事が出来ました。

P31902021

レポは、少々お待ち下さい。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はこちら!

今日はこちら!
柏崎神社の陶製の狛犬さんで〜す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BiogPet10 | BiogPet11 | BlogPet01 | BlogPet02 | BlogPet03 | BlogPet04 | BlogPet05 | BlogPet06 | BlogPet07 | BlogPet08 | BlogPet09 | にゃんこ01 | にゃんこ02 | ハイキング01 | ハイキング02 | ハイキング03 | ハイキング04 | ハイキング05 | ハイキング06 | ハイキング07 | ハイキング08 | ハイキング09 | ハイキング10 | ハイキング11 | ハイキング12 | ハイキング13 | ハイキング14 | ハイキング15 | ハイキング16 | ハイキング17 | モブログ01 | モブログ02 | モブログ03 | モブログ04 | モブログ05 | モブログ06 | モブログ07 | モブログ08 | モブログ09 | モブログ10 | モブログ11 | モブログ12 | モブログ13 | モブログ14 | モブログ15 | モブログ16 | モブログ17 | ワンコ | 干し柿 | 散歩01 | 散歩02 | 散歩03 | 散歩04 | 散歩05 | 散歩06 | 散歩07 | 散歩08 | 散歩09 | 散歩10 | 散歩11 | 散歩12 | 景色01 | 景色02 | 景色03 | 景色04 | 景色05 | 景色06 | 景色07 | 景色08 | 景色09 | 景色10 | 景色11 | 景色12 | 景色13 | 樹々01 | 樹々02 | 樹々03 | 樹々04 | 樹々05 | 樹々06 | 樹々07 | 狛犬(かなり遠目)01 | 狛犬(かなり遠目)02 | 狛犬(かなり遠目)03 | 狛犬・01 | 狛犬・02 | 狛犬・03 | 狛犬・04 | 狛犬(ご近所)01 | 狛犬(ご近所)02 | 狛犬(ご近所)03 | 狛犬(ご近所)04 | 狛犬(ご近所)05 | 狛犬(ご近所)06 | 狛犬(ご近所)07 | 狛犬(ご近所)08 | 狛犬(ご近所)09 | 狛犬(ご近所)10 | 狛犬(ご近所)11 | 狛犬(ご近所)12 | 狛犬(ご近所)13 | 狛犬(ご近所)14 | 狛犬(ご近所)15 | 狛犬(ご近所)16 | 狛犬(ご近所)17 | 狛犬(ちょい遠目?)01 | 狛犬(ちょい遠目?)02 | 狛犬(ちょい遠目?)03 | 狛犬(ちょい遠目?)04 | 狛犬(ちょい遠目?)05 | 狛犬(ちょい遠目?)06 | 狛犬(ちょい遠目?)07 | 狛犬(ちょい遠目?)08 | 狛犬(ちょい遠目?)09 | 狛犬(ちょい遠目?)10 | 狛犬(ちょい遠目?)11 | 狛犬(ちょい遠目?)12 | 狛犬(特別編)01 | 狛犬(特別編)02 | 狛犬(越後)01 | 狛犬(越後)02 | 狛犬(越後)03 | 狛犬(越後)04 | 狛犬(越後)05 | 狛犬(越後)06 | 狛犬(越後)07 | 狛犬(越後)08 | 狛犬(越後)09 | 猫の額01 | 猫の額02 | 猫の額03 | 生物01 | 生物02 | 生物03 | 生物04 | 花々01 | 花々02 | 花々03 | 花々04 | 花々05 | 花々06 | 花々07 | 花々08 | 花々09 | 花々10 | 花々11 | 花々12 | 花々13 | 花々14 | 花々15 | 諸々01 | 諸々02 | 諸々03 | 諸々04 | 諸々05 | 諸々06 | 諸々07 | 諸々08 | 趣味01 | 趣味02 | 趣味03 | 馬鹿馬鹿しい作り話01 | 馬鹿馬鹿しい作り話02