« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

ちょい遠目の狛犬さん その68

P1210005



・八坂神社
 (伊勢原市沼目2-3-30)

・祭 神
 素盞之男命 (すさのおのみこと)
  須佐之男命、素戔嗚尊、須佐能乎命や牛頭天皇など
  多くの表記が見られます。
  伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(イザナミノミコト)の子。
  天照大神、月読命(つくよみのみこと)に次ぐ位置に在るとか。
 
大山咋神 (おおやまくいのかみ)
      宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)・稲荷社の祭神の
  
甥にあたる。
  
大山に杭を打つ神、大きな山の所有者を意味する山の神。
       とか。

・由 来
 創建時期は不詳なるも、1200年から1300年頃(前北条氏の時代)京都祇園牛頭天王社を信仰するものが、この地に分社を勧請したものと考えられる。応永十年(1403)の梵鐘が現存しているのでそのときには間違いなく存在していた。
 爾来、天王社(お天王さん)と呼ばれ沼部村の鎮守として信仰を集め親しまれてきた。
 「新編相模国風土記稿」によればご神体は行基菩薩作の木造で、高さ1尺4寸3分(約47センチ)と伝えられる。 
 天正十九年(1591)御朱印状により社領7石を賜る。
 慶応四年から明治元年の太政官布告「神仏判然令(神仏分離令)」により京都の祇園牛頭天王社にならい天王社から現在の社名とした。
 明治六年(1873年)村社、大正5年(1916年)神饌幣帛料供進社に指定された。 
 社宝として応永十年(1403年)の県指定重要文化財の銅鐘が1基ある。  境内案内板より 


こちら八坂神社前の大山道は多い月には週一以上往復していますが、なかなか逢いに寄ることが出来ずに数年過ぎ去ってしまいました。2017.02.02.この日はたまたま”たまには寄ってってよ!”と声がかかった様な気がして、お参りに。

参道には2基の明神鳥居が在り、大山街道に接している参道入り口側の神額には「祇園社」とありました。

P1200997
2基目の鳥居の内側には、狛犬さんや道祖神、そして社号標なども。

P1200999
狛犬さんや道祖神などは後程ご紹介をするとして、参道を進みます。
鐘楼や手水所、案内板などを過ぎて拝殿へ。

P1210034
P1210035
P1210036 
参拝を済ませて狛犬さんのもとへ。👀 
昭和六年(1931)生まれ、月以降は剥落のため不明。
狛犬全体の傷みがひどく、とても痛々しい感じでした。

P1210005_20200301172201
P1210004
P1210008_20200301172601
P1210006_20200301172401
P1210007_20200301172701
P1210010_20200301172701
P1210009_20200301172801
P1210014_20200301172901
P1210013_20200301172901
P1210022
P1210016_20200301173101
P1210015_20200301173201  
P1210017
P1210018
P1210019
P1210021 
では少し戻りまして、拝殿の彫り物など。

P1210037

P1210038

P1210039

P1210040

P1210041
お社の左右の奥に数基の石祠が。
こちらが境内社の天神社・金毘羅神社・稲荷社などなのでしょうか?

P1210047
P1210046
境内の松根舎には、かつてあった御神木の根が展示してあり、天王松の一生という案内板もありました。

P1210043

P1210045

P1210044

 クリックで拡大できます

参道を戻る途中の左手に、室町時代前半の応永十年(1403)物部姓鋳物師の和泉権守恒光(いずみごんのかみつねみつ)作の銅鐘が在りました。

P1210049

P1210026
その鳥居寄りには、新旧の手水鉢が。
社殿側の手水鉢には宝暦八寅年(1758)八月吉祥日の彫りが。

P1210029

P1210030

P1210033
鳥居の傍らには、道祖神などが祀られていました。

P1210001

これにていつも素通りの八坂さんのお参りは終了。
満開の梅の花が見送ってくれました。

P1210051
この後、狛犬さんに元気でね!と声をかけて再度所用へと赴きました。

取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。

・ちょい遠目の狛犬さん その67 こちらです。
・ちょい遠目の狛犬さん その69は、こちらです。

では、また。

| | コメント (0)

春を探しに! 2020.0205.

P1240282

春を探しに近くを彷徨。
小さな公園の河津桜がほころび始めていました。
この2~3日暖かい日が続いたので急速に蕾が膨らみ数厘の花が。
今夜からかなり冷え込み、北風が強くなるとか。
蕾たちはどの様にしのぐのでしょうか?

P1240280

P12402832

何時もの散歩道に行ってみますと、毎度お馴染みの
ホトケノザやオオイヌノフグリが。

P12402862

P12402932

やや霞む富士山や頭に綿帽子を被った丹沢が見えていました。
富士山と菜の花が良く似合う。

P1240290

P1240305
P12403042

*******

今月の1日にも俣野別邸庭園の花を愛でに行って来ました。
福寿草とロウバイが目的でしたが、福寿草はやや早くロウバイはやや遅かった様子。

P12402642

P1240271

季節の上の春に数日早いので、今一花が少なかったですね。😖

Cimg16412
Cimg1638
P12402682  


大きな樹間をこの子たちの団体が駆けずり回っていました。
家族なのでしょうか?管理のスタッフさん曰く、悪戯もするし増えてしまって困っているとか。

Cimg16542

散歩道からの毎年同じ時期の同じ花のご紹介。
こんな穏やかな日が続いてくれると良いのですが。

では、また。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »