« 今日は、こちらに! 2017.04.20.  小仏城山周辺の花便り | トップページ | 今日は、こちらに! 2017.05.08. 南高尾の花めぐり »

越後の狛犬さん その47

P1180685


2015.10.20.シリーズの第7弾は、七面宮 (妙法寺)、宇奈具志神社鹿島社諏訪神社八幡神社白山媛神社をお参り。白山媛神社境内社の狛犬さんが待ち受けてくれている一社・二面神社もお参り。


・二面神社 (長岡市寺泊大町2768)

・由緒
 明徳二年(1391)五月、土地の漁師平三郎が夢枕に立った神様のお告げにより、海上に漂流する御神体を取り揚げて、ここに祭ったといわれています。
 ご神体は、横三九センチ、縦八二センチの板に、綱を持って魚を獲る西洋人と思われる人物像を透かし彫りにしたもので、一躰男女の像であります。
 この神社の祭礼は、三月と九月の二回行われますが、春は女神の像を正面に、秋の祭典の時には反対に男神の像を正面に向ける慣わしになっています。
             境内案内板より

木質は不詳ですが西洋、特にスペインなどの国の船首像、つまり海上安全と大漁満足を祈念して、船首につけた船神様のようなものであろうといわれます。また、船室の欄間に似た飾り窓でなかろうかともいわれます。
コロンブスのアメリカ大陸発見(1492)、バスゴダガマのインド航路発見(一四九八)、マゼランの太平洋発見(1519)以前に、この二面像がどこから、どんな経路で日本海の佐渡海峡にまで漂流したのかは、今も謎とされています。    新潟文化物語より


白山媛神社には数社の境内社があります。
拝殿の右手に二面神社が。(鳥居の向こう)

P1180652

P1180682


白山媛神社の阿狛犬さんの右手、参道からの眺め。

P1180683


とっても質素なお社でした。

P1180699

P1180701

P11807022


白山媛神社と境内社を挟んで並んでいました。

P1180703


そして、拝殿の右手には稲荷社も。

P1180700

P1180697


では、狛犬さんのご紹介です。
年令は、残念ながら不明です。

P1180685

P1180684

P1180686

P1180687

P1180690

P1180689

P1180688

P1180692

P1180691

P1180693

P1180695

P1180694

P1180696


神社全体が落ち着いた素朴な感じでした。
ご神体には出合うことが出来ませんでしたが、古から引き継がれた何とも厳かな雰囲気を味わうことが出来た神社で一段と印象に残りました。


続いて、南側に隣接している諏訪神社へと進みました。
次回もを楽しみに!


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その46は、こちらです。

・越後の狛犬さん その48は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

|

« 今日は、こちらに! 2017.04.20.  小仏城山周辺の花便り | トップページ | 今日は、こちらに! 2017.05.08. 南高尾の花めぐり »

狛犬(越後)09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/65203330

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の狛犬さん その47:

« 今日は、こちらに! 2017.04.20.  小仏城山周辺の花便り | トップページ | 今日は、こちらに! 2017.05.08. 南高尾の花めぐり »