« ご近所の狛犬さん その74 | トップページ | ご近所の狛犬さん その75 »

越後の狛犬さん その43

P1180530


2015.10.20.シリーズの第3弾は、七面宮 (妙法寺)、宇奈具志神社をお参り後、出雲崎町の端から北西方向の長岡市寺泊方面へと移動でした。
海沿いの402号線に出て、ご紹介済みの十二神社 (リンク先の中程)の狛犬さんに手を振って久しぶり!とご挨拶をしたり、狛犬さん不在社を巡りつつこちらへ。
海岸線に接した平地の少ない土地柄で、少し高台に在りました。


・鹿島社 (長岡市寺泊郷本133)

・祭神、由緒
 鹿島社ですので、祭神は建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)と思われますが、由緒と共に不明です。
日本書紀では武甕雷男神などとも表記される様です。


先ずは、新しい感じの石造りの明神鳥居がお出迎え。
奥に見える石灯籠も新しい物の様でした。
中越地震後に再建されたのでしょうか?

P1180554


石灯籠の先の石段途中に赤い鳥居が在りましたが、
先ずは拝殿へ。

P1180521

P1180522

P1180527

P1180526


拝殿の中の扁額には鹿島大明神とありましたので、
正式社名は鹿島大明神かも知れません。
では、狛犬さんをご紹介。
昭和四年(1929)◎月生まれでした。
◎印の月数は残念ながら判読出来ませんでした。

P1180530_2

P1180529

P1180531

P1180532

P1180533

P1180534

P1180537

P1180536

P1180538

P1180539

P1180540

P1180541

P1180542


拝殿の屋根に、鯱や鳩の飾り瓦が載っていました。

P1180544

P1180543

P1180545

P1180546


お参りを済ませ石段途中の右手へ。

P1180547


やはり鹿島神宮系なのでしょうか?コンクリート製と思われる赤い神明風の鳥居が迎えてくれました。

P1180548


少し奥には、石祠が祀られていました。
社名やいつの頃に建立されたのかは無論不明です。
こちらの扉も撮影の際に開けさせて頂きました。

P1180550


こんな位置に在りまして、近くにはシシウドと思われる花が咲き残っていました。

P1180551

P1180552


少しだけ雲行きが怪しくなって来ましたので急ぎ海岸線へと戻り、不在社を巡りつつ北上し寺泊大和田へ。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その42は、こちらです。

・越後の狛犬さん その44は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

|

« ご近所の狛犬さん その74 | トップページ | ご近所の狛犬さん その75 »

狛犬(越後)09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/64124031

この記事へのトラックバック一覧です: 越後の狛犬さん その43:

« ご近所の狛犬さん その74 | トップページ | ご近所の狛犬さん その75 »