« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

ご近所の狛犬さん その73

P1200049


鎌倉市編、2016年分がスタートです。happy01
いつでも観光客で混雑しています「高徳院」から
混む前にちょいとご挨拶に。
しかし、所用の前段でして時刻は朝の8時前。
まだ開門前ですので、狛犬さんに”おはようさん!”
で、塀の外から大仏様にご挨拶となりました。coldsweats01


・高徳院 (鎌倉市長谷4-2-28)

 浄土宗の寺院で、本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像(国宝)。山号は大異山。詳しくは大異山高徳院清浄泉寺(しょうじょうせんじ)という。開基(創立者)と開山(初代住職)はともに不詳。
との事です。

余りにも有名ですので、ご紹介はこれくらいで。
詳しくは、こちらで。

 ・鎌倉大仏殿高徳院 のHPです。


参道入り口の左手に社号標が。
(無論、塀の中にも在りますhappy01

Cimg0683


続いて、仁王門。

P1200042

P1200044

P1200043

P1200045


開門前で、来られていた方は1人だけでした。
中に入れませんので、中門の隙間からご挨拶。

P1200057

P12000572


55年ぶりに受けていた大規模な点検・クリーニングを終え、1ヶ月半ぶりに綺麗になった姿を現した大仏様、お元気で何よりです。good


では、中門前の狛犬さんのご紹介。昭和五十五年(1980)五月に中華民国台中西北扶輪社(ロータリークラブ)から寄贈された一対で、白色大理石製でした。
阿吽とも、口の中に球が入っています。
どちらが阿吽なのか?
取りあえず、向かって右側からご紹介でした。coldsweats01

P1200049_2

P1200047

P1200050

P1200051

P1200052

P1200054

P1200053

P1200048

P1200058

P1200056

P12000632

P1200059

P1200065

P1200062

P1200061

P1200060


台湾からの寄贈と聞いていましたので、例の中華風狛犬かと想像をしていましたが、案外と違和感のない形でホッ。happy01
朝の少し早い時間の一コマでした。
”これだけ?”の声が聞こえたような?
まあ時間的に中に入れませんし、所用の関係もありますし、狛犬さんレポとしては・・・。coldsweats01

鎌倉の大仏・高徳院の狛犬編は、お終い!bleah


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その72は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その74は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その41

P1180435


ちょうど1年ぶりの越後の狛犬さんです。dog
所用で長岡市に出かけまして、相も変わらずに狛犬さん詣でをして来ました。
2015.10.20.シリーズの第1弾は、旧和島村・現在の長岡市の北西部が最初となります。happy01


・妙法寺 (長岡市村田1124 )

 日蓮宗の寺院。
 鎌倉時代末期の徳治二年(1307)に日蓮上人の高弟・日昭上人によって建立され、和島は北越布教の中心地となりました。うっそうとした杉木立に囲まれた日蓮宗の本山は、遠く鎌倉時代の古い歴史と風格を感じさせます。
 数百年の風雪に耐えた赤門には、本尊四天王のうち2体天王がまつられており、2階には木像が安置されています。赤門から100有余段の石段を上りつめると、木造茅葺きの黒門があります。
 元々、鎌倉名瀬(現在の横浜市戸塚区)の妙法寺が旧跡。

  妙法寺HP  ← 詳しくは、こちらへどうぞ。

 こちらの境内社?七面宮にて

・七面宮

 元禄年間に身延山、西谷より当山妙法寺貫主と成られた、当山二十八世日遑上人の時に、身延七面山より分祀されたと考えられます。時は徳川家康公側室、お萬様が、女人禁制で登山参詣できなかった、七面山の登拝成就により、法華信者守護の福徳神として、全国に七面様信仰が広まりました。当山の七面様は、本山と本山を囲む各寺院が結集して、元禄六年(1693)に当地に七面堂を建立し、七面大明神様を祀り、以後「願い事」がよく叶う仏様として、多くのご信者で賑わい、お百度参りが成された様で、古い「お百度参り そろばん(仮称)」がある位、有名な心願成就のパワースポットでした。  妙法寺HPより ← こちらのやや上部


杉木立の綺麗な、静かな境内でした。

Dscn0849

Dscn0853


多くの苔むした石灯籠を眺めながら鳥居を潜ると、こちらでも石段がお待ちでした。

P1180431


その石段を登ると、鳥居の手前に狛犬さんが。

P1180432


しか~し、先ずはお参りから。happy01

P1180455

P1180456

P1180458

P1180457


ガラス張りとなっている拝殿内を眺めますと、何と、狛犬さんが鎮座されているではありませんか!

P1180459

P1180460

P1180461


その狛犬さんの周囲には、大きな絵馬が多数。

P1180466

P1180465


中央上部には、一段と大きな絵馬が。
七面大天女という大絵馬でした。
妙法寺HP。こちらの中程をご覧ください。

P1180467


七面堂の拝殿正面概観。

P1180469

P1180468

P1180470

P1180471

P1180472


では、主目的の狛犬さんです。
年令は、こちらも不明でした。
木々に囲まれ少し暗かったのと、傷みが激しかったので写真が・・・。 ← 言い訳たらたら!crying

P1180435_2

P1180434

P1180438

P1180437

P1180439

P1180440

P1180441

P1180442

P1180454

P1180446

P1180445

P1180447

P1180448

P1180450

P1180449

P1180451

P1180452

P1180453


拝殿を背に、左手の眺め。
年代は不明ですが、年代物の手水鉢や石灯籠が。

P1180474


そして、参道の眺め。鳥居と狛犬さん。

P1180473


狛犬さんの横・石段の際からの俯瞰。
右奥に黒門や妙法寺本堂、左に赤門が在ります。

P1180475


見るべき建築物が多い大きな神社ですが割愛します。
広い境内の片隅で、出逢った花たち。paper

P1180477

P1180478

P1180480


写真が多くなってしまった2015.10.20.編第1弾、思いもしなかった出会いがあった七面宮でした。dog

狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その40は、こちらです。

・越後の狛犬さん その42は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲斐の国の里山 その2  2016.06.17.

P1200295


登山口や駐車スペースの確認方々、甲斐路を再訪。
この日の木花咲耶姫様は、少し遠慮気味でした。happy01
少しだけ花を楽しんだり、

P1200301

P1200288

P1200309

P1200285

P1200299

P1200300

P1200312


林の雰囲気を楽しんだりもして来ました。scissors

P1200306

P1200291


そうそう、このお方とも出会えました。eye
秋が楽しみですよ!bottle

P1200320

P1200322


そして、楽しい思い出がもう1つ。coldsweats01
あるところで、マムシのオチビさんと遭遇。
傍を歩いたので、かなり驚いた様子。
ほんの小さな子供でして、急な事で逃げることも出来なかったのか、ジャンピングの体制で精一杯口を開いて威嚇していました。
その昔(大昔?)蛇を飼育していましたので、それを思い出すとっても嬉しい出来事でした。
”驚かしてごめんね”と声をかけて、さようなら。paper


甲斐路再訪のメモでした。


おしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲斐の国の初夏の里山へ 2016.06.14.

P1200277


所用で大月に行きましたので、序でに短い脚を伸ばして(車で行ったけどbleah)少しだけ甲斐の国を楽しんで来ました。
里山の斜面のあちらこちらには、ヤマボウシが綺麗に。

P1200255


こちらには幾度となく訪れていますが、道の頭上に咲いているのはお初です。こんな所に咲いているとは。

P1200276

P1200277_2

P1200279


元々花の少ない山でして、ウツギやシソ科などの小さな草花が咲いているのみでした。

P1200258


でも、案外と良い景色も。

P1200264


少し狭いのですが綺麗な林相の雑木林もありますが、今回は時間の関係で・・・。

P1200274

P1200275


この界隈で、一番好きな眺めをご紹介。
中央右端に、旧道の丸太橋が見えています。
(以前にもご紹介済みかも)

P1200265


道の周囲には大岩がゴロゴロしています。
道沿いにはこんな石積も。
自然の力は、不思議で凄いものですね。
それとも、何かの必要性があって武田信玄の命により構築されたものか?
ほんの狭い区間のみですし、その昔は暴れ川だったのかもしれませんが、場所的にその可能性は???

P1200262

P1200261

P1200259


ハイキングコースのすぐ上には、100mほどの斜面が。そこには、多くの大岩が今にも滑り落ちそうに。shock
以前に数回大岩が転げ落ちて、コース上の橋が粉砕されているのも目撃しています。そんな危険個所が数ヶ所もある崖の直下を歩くので、夏の暑い盛りに行くと少しは涼しくなるかも?bleah

P1200263


とにかく大岩の落石が多い所ですが、こんな自然の妙味も。下の2、3枚目の樹は根元の直径が7~80㎝くらい在り。

P1200267

P1200271

P1200272


こんな感じの所を往復2時間ちょい楽しんで来ました。
久しぶりの甲斐の国での小さな山遊びでした。happy01


おしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 野生の朱鷺巣立ち!!!

野生トキ、ひな巣立ち42年ぶり…枝に移動

 同省によると、野生のつがいから生まれたひなが巣立ったのは、1974年以来、42年ぶり。

 同省によると、2羽は4月28~30日に誕生が確認されたひな。同省職員らが1日午前、巣の近くの枝に移動する様子を見て、巣立ちをしたと判断した。

 野生の親同士から生まれたひなは1日現在、7羽が生存している。

2016年06月01日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売新聞(YOMIURI ONLINE) 
よりお借りしました。


*******

42年ぶりなのですね。
カル2が生まれる前の事ですかね。
何ていう事は・・・。bleah
かなり前から期待をしていましたので、とっても嬉しい
出来事です。happy01
元気よく、大空を羽ばたいて欲しいですね。
次も続け~~~っ!

実は、昨年新潟に出かけた際に、トキに逢って来ているから尚更!
その時には、2種類に逢う事が出来ました。
”えっつ、2種類か?”って?
はいっ、2種類です。
写真を撮って来ましたので、ご紹介をします。
                
                
                
                
                
では、こちらを!
P1180519

P1180520

P1180928

P1180930



こちらも可愛かったのですよ!happy01
ちゃんと動くしね。(動かすのか?)
動かすと、キッキッキッ!と鳴く(軋む?)しね。bleah
出逢った時には、嬉しかったです。

時には、こんな楽しみも良いでしょう!

え~~とっ、何回トキ・時を使ったでしょうか?
正解の方には、何か記念になるものをお送りしようと思案中です。
この写真のトキの大判なんか、いかが?coldsweats01

野生の朱鷺が巣立ったという記事を目にして、急遽。

楽しいひと時を送ることが出来ましたでしょうか?

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »