« ちょい遠目の狛犬さん その59 | トップページ | 祝 野生の朱鷺巣立ち!!! »

ご近所の狛犬さん その72

P1160407


2015年1月23日分、鎌倉市編の第2弾その10(最終)
となります。
御霊神社三嶋神社熊野神社 龍口明神社諏訪仮宮小動神社熊野新宮 虚空蔵堂 御霊神社をお参り後、極楽寺坂から続く星の井通を左折、真っすぐ海岸線へ。
134号線と交わる交差点のほんの少し手前左手に在りました。happy01


・御嶽大神 (鎌倉市長谷2-20-14)

・祭 神
  御嶽大神
   國常立尊(くにとこたちのみこと)
   大己貴命(おおなむちのみこと)
   少彦名命(すくなひこなのみこと)
      (御嶽教の三主祭神とのこと)
 三笠山大神
   豊斟淬命(とよくになのみこと)
 八海山大神
   國狭槌命(くにさつちのみこと) 
      他、多数の神々

・由 緒
 御嶽山を信仰の対象としていた木喰行者は、江ノ島でも修行したとの事です。源頼朝のライバル木曽義仲にもゆかりのある御嶽山がこちらの地に祀られているとは・・・。
 祭神・由緒とも、詳細は今一不明です。


星ノ井通りから続く道に面した石段を登ると、神明鳥居の前に狛犬さんが鎮座。

P1160404


昭和八年(1933)十一月吉日生まれでした。dog

P1160407_2

P1160406

P1160409

P1160410

P1160412

P1160414

P1160418

P1160417

P1160420

P1160422

P1160423

P1160421


鳥居潜ると、木々が鬱蒼と茂る境内でした。
参道を進みますと、拝殿はありませんでしたが正面に石碑が。

P1160424


三大神の碑が祀られていました。勿論、中央に御嶽大神、左に三笠山大神、右に八海山大神です。

P1160426


やや狭い感じのする境内には、多くの石碑や庚申塔などが祀られていました。

清瀧不動明王

P1160425


吉黒神社・駒ヶ嶽神社・継母嶽神社、続いて右に富嶽姫神社・御嶽神社・富士浅間神社、更に右に長崎神社

P1160428


法顕不動明王

P1160436

P1160429


参道入り口付近にお地蔵さまや八代龍王碑や養作霊神碑、庚申塔などが祀られていました。

P1160438

P1160439

P1160441

P1160440

P1160443

P1160442


入口まで戻り方向転換。coldsweats01
参道が左手にも分かれています。赤い神明鳥居を潜り

P1160437


更に少し進みますと、石の明神鳥居が。

P1160435


鳥居の奥には、かなり傷みの激しいお社が。

P1160430


扁額には、大太刀稲荷神社とありました。

P1160434

P1160433


祭神や由緒は不明です。
新田義貞が鎌倉攻めの際に「黄金作りの太刀を海に投じた所、龍神が呼応して潮が引く『奇蹟』が起こったという話」との関係は如何に!coldsweats01
場所も稲村ケ崎のすぐ近くですしね、太刀が祀られていたのでしょうか?happy01
ご紹介しきれない写真がまだまだありますが、これくらいで。


おまけ
 こちらをお参り後、更に不在社でしたが2社を巡る際に、割合に大きな霰に見舞われました。良い雲が湧いて来ていましたものね。短な時間の降りでしたので、被害もなく無事に帰宅出来ました。
狛犬さんが守ってくれたのでしょう。dog


10回にわたる鎌倉市編2015年1月23日分は、これにて
おしまい。
次回も鎌倉市編となります。
ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その71は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その73は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

|

« ちょい遠目の狛犬さん その59 | トップページ | 祝 野生の朱鷺巣立ち!!! »

狛犬(ご近所)15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/63699318

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その72:

« ちょい遠目の狛犬さん その59 | トップページ | 祝 野生の朱鷺巣立ち!!! »