« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

ご近所の狛犬さん その72

P1160407


2015年1月23日分、鎌倉市編の第2弾その10(最終)
となります。
御霊神社三嶋神社熊野神社 龍口明神社諏訪仮宮小動神社熊野新宮 虚空蔵堂 御霊神社をお参り後、極楽寺坂から続く星の井通を左折、真っすぐ海岸線へ。
134号線と交わる交差点のほんの少し手前左手に在りました。happy01


・御嶽大神 (鎌倉市長谷2-20-14)

・祭 神
  御嶽大神
   國常立尊(くにとこたちのみこと)
   大己貴命(おおなむちのみこと)
   少彦名命(すくなひこなのみこと)
      (御嶽教の三主祭神とのこと)
 三笠山大神
   豊斟淬命(とよくになのみこと)
 八海山大神
   國狭槌命(くにさつちのみこと) 
      他、多数の神々

・由 緒
 御嶽山を信仰の対象としていた木喰行者は、江ノ島でも修行したとの事です。源頼朝のライバル木曽義仲にもゆかりのある御嶽山がこちらの地に祀られているとは・・・。
 祭神・由緒とも、詳細は今一不明です。


星ノ井通りから続く道に面した石段を登ると、神明鳥居の前に狛犬さんが鎮座。

P1160404


昭和八年(1933)十一月吉日生まれでした。dog

P1160407_2

P1160406

P1160409

P1160410

P1160412

P1160414

P1160418

P1160417

P1160420

P1160422

P1160423

P1160421


鳥居潜ると、木々が鬱蒼と茂る境内でした。
参道を進みますと、拝殿はありませんでしたが正面に石碑が。

P1160424


三大神の碑が祀られていました。勿論、中央に御嶽大神、左に三笠山大神、右に八海山大神です。

P1160426


やや狭い感じのする境内には、多くの石碑や庚申塔などが祀られていました。

清瀧不動明王

P1160425


吉黒神社・駒ヶ嶽神社・継母嶽神社、続いて右に富嶽姫神社・御嶽神社・富士浅間神社、更に右に長崎神社

P1160428


法顕不動明王

P1160436

P1160429


参道入り口付近にお地蔵さまや八代龍王碑や養作霊神碑、庚申塔などが祀られていました。

P1160438

P1160439

P1160441

P1160440

P1160443

P1160442


入口まで戻り方向転換。coldsweats01
参道が左手にも分かれています。赤い神明鳥居を潜り

P1160437


更に少し進みますと、石の明神鳥居が。

P1160435


鳥居の奥には、かなり傷みの激しいお社が。

P1160430


扁額には、大太刀稲荷神社とありました。

P1160434

P1160433


祭神や由緒は不明です。
新田義貞が鎌倉攻めの際に「黄金作りの太刀を海に投じた所、龍神が呼応して潮が引く『奇蹟』が起こったという話」との関係は如何に!coldsweats01
場所も稲村ケ崎のすぐ近くですしね、太刀が祀られていたのでしょうか?happy01
ご紹介しきれない写真がまだまだありますが、これくらいで。


おまけ
 こちらをお参り後、更に不在社でしたが2社を巡る際に、割合に大きな霰に見舞われました。良い雲が湧いて来ていましたものね。短な時間の降りでしたので、被害もなく無事に帰宅出来ました。
狛犬さんが守ってくれたのでしょう。dog


10回にわたる鎌倉市編2015年1月23日分は、これにて
おしまい。
次回も鎌倉市編となります。
ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その71は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その73は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その59

Dscn0572


今回は、熊倉山の帰りにお参りでした。happy01

上野原市井戸から熊倉山南西尾根に入り熊倉山、笹尾根を進み三国山生藤山でした。スタート地点の大きく立派な軍刀利神社が狛犬さん不在社でして、何とも残念。で、どうしてもこちらへと・・・。coldsweats01



・石(いわ)楯尾神社 
        (相模原市緑区佐野川3448)

・祭 神
 神日本磐余彦命 (かんやまといわれひこのみこと)
   別名:神武天皇 初代天皇
 石村石楯(いわむらのいわたて)
   奈良時代の武人官僚、高座郡の県主
 多藤木姫(たふじきひめ)
   石村石楯の妻女

・由 緒  
 第十二代景行天皇の庚戊四十年(110)、日本武尊東征の砌り、持ち来った天磐楯を東国鎮護のため此処に鎮め、神武天皇を祀ったのが始まりである。
 石村石楯は、高座郡の県主で当地の住人であった。第四十七代淳仁天皇の天平宝字八年(764)さきの太政大臣藤原恵美押勝反逆の折、貢のため上京中で押勝の首を取り乱を鎮めた功により、高座・大住・鮎川・多摩・都留の五郡を賜ったといわれ、石楯尾神神社の保護者であった。
 幣殿・拝殿は、昭和十二年に改築されたものであるが、本殿は室町時代の建築様式をよく伝えており建築史上貴重なものである。本殿棟札には、天保七年(1836年)十一月氏子中・調写浄善石船謹記とある。神楽殿は、弘化二年(1845)に建てられたもので、平常は中央部を通路として使用し、祭礼の折には厚板で覆い、奉納の舞・芝居の舞台として使用できるように工夫されている。
 平安時代初期に施行された延喜式〔延喜五年(905)撰進、康保四年(967)施行〕に誌されている相模国の式内社十三社のうち、石楯尾神社は本社ではないかと言われている。  境内案内板より


庚戊四十年・西暦110年、日本武尊が東征の際に持ち帰った巨石・天磐楯(あまのいわたて)を東国鎮護のために祀ったため、御石杜(おいしのもり)とも呼ばれているとか。
杉木立が素晴らしい神社でした。


鳥居の左手に、延喜式内社 石楯尾神社 と彫られた
社号標がありました。

P1180342


石段を登り鳥居を潜ると、神門?が。

P1180344


神門?を潜ると、太く大きな杉に囲まれた拝殿が。

P1180345


拝殿前には狛犬さんが待ち構えていましたが、先ずはお参りから。happy01

P1180346

Dscn0594


拝殿内部には、こんな方々が。
狛犬さんと狛狐さんですね。

Dscn0595

Dscn0598

Dscn0599


では、年令不明の参道狛犬さんのご紹介です。
なかなか良い表情ですね。good

Dscn0572_2

Dscn0573

Dscn0574

Dscn0580

Dscn0578

Dscn0577

Dscn0581

Dscn0583

Dscn0585

Dscn0584


オチビちゃんが、”ね~、もっと遊んで~ぇ!”とでも?

Dscn0586

Dscn0582

Dscn0587

Dscn0592

Dscn0591

Dscn0589


拝殿の右手には、夫婦杉が。
案内板には「くっつきすぎ」の書き込みも。coldsweats01
確かに根元はつながっていましたね。smile

Dscn0601

Dscn0602


結構広い境内には多くの境内社が祀られていましたが、社名や祭神名は・・・。

Dscn0607

Dscn0605

Dscn0606


参道を歩いてきた際に通った神門ですが、神門の拝殿側は神楽が出来るような舞台状になっていました。中央部は通常は通路に、必要に応じて神楽殿として使う様ですね。最初は神門と思いましたが。この形は初めて見ました。

Dscn0600


結構時間が過ぎてしまい名残惜しいですが、杉木立に囲まれたとっても静かな石楯尾神社(いわたておじんじゃ)ともお別れでした。


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その58こちら です。

・ちょい遠目の狛犬さん その60は、こちらです。


ちょい遠目の狛犬さんは、ちょいお休みとなります。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマシャクヤクの様子見に! 2016.05.24.

P1200151


ヤマシャクヤクの花が良い頃かと出かけてみました。
こちらには大群落が在ると聞いていますので、満を持してね。bleah


ブナやミズナラなどの巨木に元気をもらいつつ、こんなところを歩き

Dscn1595

P1200172

P1200157


木花咲耶姫様が祀られている石祠をお参りしたり、木々の間からお住いのお山を眺めたりでした。happy01

P1200178

P1200170


ヤマシャクヤクの花ですが、少し早過ぎるかと思いつつでしたが何と少し遅かった!weep
咲き残って待っていてくれた株も多数ありましたが、大部分が散っていました。
でも株数が多いので、多少時季がずれても楽しむことが可能。happy01

P1200126

P1200128

P1200150


帰路の途中で、こんな景色も楽しむ事が出来ました。scissors

Dscn1606


若干時季を失した感もありましたが、十分に花を森を楽しめました。
でも、来年こそは良い時季に!と思っています。bleah
山芍薬の花は、本当に繊細な感じで綺麗ですね。


取りあえず、速報でした。
詳細はHPにて予定をしていますが・・・。

*******                 5/26 追記

・レポ出来ました

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちら です。

 一緒にご覧頂けると嬉しいです。happy01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も初夏の贈り物が!

Cimg06421


今年も綺麗な初夏の贈り物が届きました。happy01


”ピンクの開花が少し遅く、やっと開き始めた!”
ご近所のSさんが届けて下さいました。
年々少しづつ咲くのが早くなっている様な?
ピンクさんはいつも通りなのでしょうか。
雨が降り始める前にと、大急ぎで切ってくれたのでしょう。その心使いが嬉しいですよね。

Cimg0672

Cimg06661


カンパニュラの和名は風鈴草とか。
本当に綺麗な形ですね。

Cimg0670

Cimg0671

Cimg0669

Cimg0667


花言葉は、「感謝」「誠実」などとか。
今年も大きく綺麗な花でした。肖らなければ!smile
時間的な関係で、家の中でもパチリ。coldsweats01

Cimg0682


今日は肌寒い雨の一日でしたが、誠実なあの方に感謝しつつ心は”ほんわか”と過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

で、おまけ。
1枚だけ、我が家の花。
カタカナの少し長めの名前で、忘れてしもうた。bleah

Cimg0676


明日から晴れて暑くなるとか、体調管理にご配慮を!


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州・大姥山 2016.05.09.

Cimg0577


2年ぶりに大姥山へと行って来ました。
前2回は南側からの周回コースでしたので、今回は北側の信州新町からとしました。
相も変わらずに、所用の序での山遊び。
本当に何が主目的なのやら?coldsweats01

大町から信州新町左右へと続く394号線が「8時30分から時間規制あり」と聞いて居ましたので、それを目標にして、ギリチョンパで通過。scissors
何とか最短距離で、信州新町左右の青少年旅行村キャンプ場に到着。
何とも寂れた感じのキャンプ場でした。現在も使われているのでしょうか?

Cimg0563


支度を済ませて、コースを検討。
広場の中央部から真っ直ぐに(強引に?)登ろうかとも思いましたが、カルディナが探索し山頂へと続いて居そうな電源用ちょう架線を見つけてくれましたので、そこへと進みました。
こんな踏み跡を進み、

Cimg0565

Dscn1533


1時間足らずで、大姥山山頂へ。
午後から降雨とかの予報で、やっぱりねの眺め。
まあ、前2回は展望が良かったので良いかな?

Cimg0577_2

Cimg0579


山頂を楽しんで、雨が降らないうちにと下山を開始。
少しだけコースを変えて、こんな道も降り

Cimg0583


こんな花も楽しみながら

Dscn1546

Cimg0584

Cimg0589


キャンプ場へ。
北側からの直登ですので短時間で山頂を踏めますが、あまり歩かれない理由が何となくわかった様な気がしました。coldsweats01


信州新町左右からの大姥山への簡易レポでした。bleah
もう少し詳細をHPにて上げる予定でおります。
お楽しみに!paper

*******           5/11 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちら です。

 ・カル2のHPは、こちら です。

 一緒にご覧頂けると嬉しいです。happy01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地からの贈り物! 2016年春

Cimg0560


掲示板で、速報として既にお知らせ済みですが・・・。
一応、2016年春の贈り物!の総括として作ってみました。bleah

昨日・9日所用の序でに、毎度の事ですが信州の里山へと赴きました。
今年は芽吹きが早く、やや育ち過ぎの感も。coldsweats01
最初、こんな所も楽しみながら、コシアブラが主に。

Dscn1519

Dscn1517

Dscn1524

Cimg0558

Dscn1504

Cimg0556


続きまして、ほんの少し離れた里山にて、タラノメやゼンマイ、ワラビなどを少々。

Cimg0593


今年も孟宗竹から始まりましたっけ。happy01

P12000662


竹の子は、これでおしまい。と思って居ますと、どなたやらに火を点けられてまたもや。smile

P12001232


その間に、こんな景色を楽しめる所も通り他のブツを。

P1200068


この日は風が強くて、花の写真が撮れずに困ったっけ。

P1200069

P1200072

P1200073


はいっ?獲物ですか?
それは、こちらです。ゼンマイが主目的でした。happy01

P1200076


そして、2回目がこちら。

Dscn1501

Dscn1498


で、獲物は太くて柔らかなワラビが採りきれませんで、かなりの量を置いて来てしまいました。happy01

P1200121


こんな具合に十二分過ぎるくらい楽しむ事が出来ましたので、今年はおしまいとしましょうかね。smile
でもね、連絡が来たらあそこには1回くらい行ってみたいな!とも思っておりやす。連絡があると良いな!coldsweats01


昨日の事ですが、帰り際に大姥山にも行ってみました。
信州新町側から登ってみたかったのです。
天気が悪くなり始め、景色は今一でしたが

Cimg0578_3


こんな花々を楽しんで来ました。

Cimg0584

Cimg0589

Cimg0566

Dscn1546


大姥山のレポは、後ほど作成予定です。
2016年自然からの贈り物!の総括レポ?でした。bleah

おしまい。paper


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »