« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

ご近所の狛犬さん その71

P1160338


2015年1月23日分、鎌倉市編の第2弾その9となります。
御霊神社三嶋神社熊野神社 龍口明神社諏訪仮宮小動神社熊野新宮 虚空蔵堂をお参り後、極楽寺坂をほんの少し坂ノ下方面へ。
こちらも毎年何度か通っていまして、鳥居には一応ご挨拶は済ませていますが。happy01


・御霊(ごりょう)神社 (鎌倉市坂ノ下4-9)

・祭 神 
  鎌倉権五郎景政霊(かまくらげんごろうかげまさ)
   鎌倉権五郎・鎌倉景政・平景政などとも呼ばれているとか。

・由 緒
 平安時代後期の創建。祭神景政公は、桓武天皇の(五十代)末裔、平氏一門で鎮守府将軍平良文が祖父。父は鎌倉権守景成。
 「奥州後三年記」によれば、景政公は十六歳にして源義家に従い、奥州後三年役に金沢の柵(秋田県)を攻めた折、鳥海三郎という者に右の眼に矢を射込まれ、然し彼はひるまずその矢を抜かずして答の矢を放って相手を倒してしまった。そして味方の陣に帰り兜をぬいで「景政手負いたり」と大声してたおれた。そこで味方のこれも亦剛の者、三浦の平太為次という武士が景政の眼に刺さった矢を抜こうと「つらぬき」(毛皮で造った靴)をはいたまま、景政の面部に足をかけた。すると景政は「弓矢に当たって死するは武士の本望だ。なのに土足をもって面部を踏むとは何事ぞ」と刀をかまえてその無礼を叱咤した。
為次驚いてその無礼を謝し膝を以て押さえその矢を抜いた。人々此を見聞し景政の功名いよいよ高しと。
 景政の勇名は鎌倉武士の誇りとなり、御霊神社の祭神として崇められるようになった。
 「吾妻鏡」の中に、文治元年(平家滅亡の年)八月二十七日、御霊社の社殿が鳴動して地震の如くすさまじく、幕府から使者が参向し御願書を奉納して賜物を下し神楽を奏したと書かれており、又その他にも五霊社の記事が多々あるのをみても御霊社はさまざまな奇端の現われる神社として幕府の崇敬の度が厚く、諸行事がこのお宮を中心に行なわれたことがうかがわれる。
江戸時代には眼病平癒、除災招福の神社とされ、現代にあっても景政公の旺盛な精神力は初志の貫徹を祈る人々への厳しい励ましとなっている。 神社庁資料より


こちらの参道は、江ノ電の線路が横断しています。
その昔には、思いもよらない事なのでしょう。happy01

P1160332


参拝中に電車が来ましたので、拝殿側からパチリ。
鉄道マニアではないので、構図は別物です。coldsweats01

P11603602


参道を進み鳥居を潜ると、1対の狛犬さんが。

P1160333


勿論、こちらでも参拝が先でした。bleah

P1160357

P1160361

P1160370

P1160368

P1160369

P1160398

P1160399


拝殿前の大正二年(1913)九月生まれの狛犬さん。

P1160338

P1160336

P1160343

P1160342

P1160347

P1160346

P1160354

P1160348

P1160356

P1160350

P1160353


取りあえず、参道の狛犬さんはこれ位で。
 (写真集には、たくさん載せます。happy01
かなり広い境内には、たくさんの境内社や庚申塚が。
拝殿に向かって右手奥からご案内。

P1160362

P1160372


一番左の金刀比羅宮。(鳥居在り)

P1160391


続いて、石上神社。(鳥居在り)

 石上神社の御神体は御霊の前浜沖二kmに沈んでいた巨大な石。
漁船が度々座礁することから江戸時代末期、この大石の上部を切り上げて境内に海上安全の神としてお祀りしました。七月の第三月曜日(海の日)に行われる石上神社の例祭は、一名御供流と呼ばれ大石のあった沖合まで若者達が供物を手に高々と捧げて泳ぎ供える神事です。   社頭掲示板より

お社の前に年令不明の狛犬さんが。

P1160390

P1160373

P1160376

P1160375

P1160379

P1160377

P1160378
          ↑ 尻尾が可愛い!

P1160381

P1160385

P1160384

P1160386

P1160388

P1160387


続いて、地神社

P1160392


その右手には、御嶽社が祀られていました。

P1160393

P1160394


その右手には庚申塚も。

P1160366

P1160364


そして、第六天社も祀られていました。

P1160363


広い境内ですが、なかなか参拝者が途切れません。
そんな中、祭神である景正が手玉にとって、袂に入れたいう袂石や手玉石を眺めながら参道を戻りました。
(袂石は16貫/約60kg、玉石は28貫/約105kg)
古来より石は神霊を宿すといわれていますよね。

P1160395

P1160396


火除けの神社・秋葉神社や稲荷社をお参りをしたり、

P1160402


源義家と共に後三年の役を戦った鎌倉権五郎景正を祀っていると伝わるタブノキの巨木などを楽しんで、お参りを済ませました。

P1160400

P1160358


参拝者が切れますと、江ノ電のゴトゴト音が心地良く聞こえる、かなり広めの境内でした。
空を見上げますと、何とも良い感じの雲が見えて来ましたので、先へと進みました。


ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その70は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その72は、こちら です。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その58

P11507592


2015.01.13.、埼玉日高市の聖天院・勝楽寺高麗神社高麗川神社 をお参り。続いて数社の不在社を経て、こちらへと移動でした。

・武幡横手神社 (日高市横手509)

・祭 神
  誉田別命(ほんだわけのみこと)
   応神天皇とも呼ばれる
  武御名方命(たけみなかたのみこと)
   力持ちの神、武の神、風の神、農耕神、狩猟神

・由 緒
 貞観十二年(870)の創建と伝えられています。当初八幡大神と称しました。貞治二年(1363)に武御名方命を併祀して諏訪大明神と呼ばれるようになりましたが、明治元年(1868)に武幡横手神社と改めました。社頭掲示板より


武幡(たけはた)横手神社の前の道を挟んで、高麗川が流れるのどかな環境でした。時季になれば、きっと釣りを楽しむ事が出来るのでしょうね。

Dscn0143


では、神社?狛犬さん?のご案内です。happy01
大きな銀杏の樹が見えていました。御神木でしょうか?

Dscn0146

P1150753

Dscn0148


狛犬さんが見えますが、石段を登って拝殿へ。

P1150755

P1150789

P1150777

P11507762


本殿です。

P1150779

P1150781

P1150780


では、狛犬さんのご紹介。
昭和三年(1928)生まれでした。

P11507592_2

P11507572

P11507582

P1150760

P11507612

P1150762

P11507662

P11507652

P11507682

P11507672

P11507692

P11507702

P11507712

P11507722


拝殿の奥には、ムクロジやナラの巨木が。

P1150783


その根元には、正一位笠森稲荷が祀られていました。

P1150782

P1150786


こちらは何でしょうか?

P1150778


御神木の大銀杏。

P1150791


狛犬さんの拝殿側に安政六年(1859)六月建立の石灯籠が。もう少しで、160歳ですね。
右手の竿には八幡宮、左手には諏訪宮の彫りがありました。

P1150773

P1150774


そして、その左手の手水舎にはこんな龍さんが。

P1150775


鳥居の前に戻りますと、文化二年(1805)の彫りの在る手水鉢が。211歳ですって!happy01

P1150792


そんな遠いいにしえの世界を偲びながら、日高市の狛犬さん詣ではおしまいになりました。
しかし、本当はもう1社不在社を巡ったのですが・・・。bleah


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その57は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その59は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏高尾日影と周辺に咲く花たち 2016.04.25.

P12000952


再び、裏高尾・日影周辺に行って来ました。
冒頭の花を愛でに!でしたが、やっと咲き始めで少し残念。まあ、盗掘されていなかっただけでも・・・。coldsweats01


今回は、こんな木々を眺めながら、

Dscn1461

Dscn1454


こんな道を楽しみつつ、

P1200085


この花たちを目的に。

P12000952_2

P1200091

P1200096


春先の花が終わりかけでしたが、案外と咲き残って居ました。

P1200086


山を降りて、少し移動。
こちらの様子を見に。coldsweats01

P1200112

P1200116

Dscn14802

Dscn1488


全てはご紹介しきれませんが、速報版ですので・・・。
詳細は、HPにて予定をしています。
お楽しみに!bleah

*******     4/26 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちら です。

 ・カル2のHPはこちらです。

 一緒にご覧頂けると嬉しいです。happy01


高尾山周辺の花便りでした。paper


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾日影周辺の花巡り2016.04.12.

Dscn13902


日影も時季的に人が少なくなった頃かと思い、花巡りに行って来ました。
写真が多いので、今回も掻い摘んで。

頃は、芽吹きですね。happy01

P1190938

P1190944

P1190942


人が少ない頃かと思ったのは、大きな間違い。
メインルートは、桜に誘われたのか大勢の方が。coldsweats01
まあ、今回もあまり歩く人も多くないコースでしたが。

P1190973


たくさんの種類のスミレが咲いていましたが、一部を。

P1200008

P1200005

P1190976

Dscn1392


そして、こんな花々も。

P11909552

P1190957

P1190980

P1190987

Dscn1394

P1190967

P1190992


水辺には、こんな花も。

P1200013

P1200018
         花弁が多過ぎ???


そして、一段と大きな一輪も。

P1200028


他にもたくさんの花が咲いていましたが・・・。
詳細は、HPにて予定をしています。paper

*******                     4/14 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPはこちら です。


日影周辺の花散歩でした。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の額通信??? 2016.04.13.

P1190921


久しぶりの猫の額から。coldsweats01
時々「おまけ」的にはご紹介をしていましたが・・・。
昨日高尾・日影周辺に行きました花散歩レポに、おまけとしてご紹介をしようかと思いましたが花散歩の写真が多く困惑。
仕方がないので、単独としました。smile


ユキワリソウやシラネアオイは終わり、今は花が少ない時季となっています。
で、こんな花が真っ盛り。

P1190919

Dscn1343

Dscn13392

Dscn1342


2013年以来、久方ぶりの猫の額通信でした。paper
これから高尾・日影周辺の花散歩のレポを作ろうと思っています。
案外と花の数が多かったので、速報版となるかと。
詳しくはHPにて作成を予定しています。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の里山にて 2016.04.06.

P1190913


昨日(6日)自然の中に咲く花々に逢いたくて、久しぶりに米山の麓へ行って来ました。happy01
今年の春はかなり早く訪れていた様子で、予想外?の状況でした。
少しだけ出会った花をご紹介。

P1190899

P1190905


取り合えず、米山の麓からの花便り・速報でした。
レポは、少々お待ち下さい。paper

*******          4/07 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちら です。

 ・カル2のHPは、こちら です。

  一緒にご覧頂けると嬉しいです。happy01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »