« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ご近所の狛犬さん その70

P1160308


2015年1月23日分、鎌倉市編の第2弾その8となります。
御霊神社三嶋神社熊野神社 龍口明神社諏訪仮宮小動神社熊野新宮 をお参り後、極楽寺坂を坂ノ下方面へ。
この付近は毎年何度か通っていまして、少し高い位置にお住いのこちらの狛犬さんには一応ご挨拶は済ませていますが。happy01


・虚空蔵堂 (鎌倉市坂ノ下18-28)

・縁 起
 虚空蔵堂は明鏡山・円満院星井寺という。
 奈良時代、行基菩薩が「虚空蔵救聞法」という秘法を修した霊跡に建立されました。
 現在は、成就院の境外仏堂です。
 虚空蔵堂に安置されている「虚空蔵菩薩」は福徳と知恵を授与する仏様として古来より信仰を集めています。「虚空」とは「宇宙のように広大で果てしない福徳と知恵を持つ(蔵する)」という意味です。
 また虚空蔵菩薩は、丑年と寅年生まれの方の本尊として信仰されています。
 鎌倉時代に源頼朝は虚空蔵菩薩を崇拝し秘仏として三十五年に一度だけご開扉をゆるしました。
         成就院・虚空蔵堂護持会の栞より


虚空蔵菩薩は、無限の知恵と慈悲をもった菩薩という意味をもち、十三歳になった子の知恵授かりの御利益を祈る参詣者も多かったとか。現在も特に1月13日には、多くの人で賑わいを見せている様です。

参道石段脇には鎌倉十井の一つの「星ノ井」があります。
聖武天皇の時代、全国を行脚していた行基が井戸から出てきた光り輝く石を虚空蔵菩薩の化身と思い、堂を建てて虚空蔵菩薩を祀ったのが現在の虚空蔵堂とか。

P1160303

P1160302

P11603312


では、本題の狛犬さん詣でです。
短いですがやや急な石段を登りますと、

P1160304


かなり狭い感じの境内で狛犬さんがお出迎え!dog
しかし、お参りからですよね。happy01

P1160305

P1160330

P1160323

P1160322


いよいよ、本命の狛犬さん。年令は不明でした。
皆さんにご挨拶代わりに撫でられていると見えて、全身がツルツルでした。coldsweats01

P1160308_2

P1160307

P1160306

P1160309

P1160310

P1160313

P1160314

P1160312

P1160316

P1160317

P1160319


拝殿の彫り物のご紹介です。

P1160329

P1160324

P1160325

P1160326

P1160327


拝殿の左手に舟守地蔵尊が祀られていました。
古来より海上安全、大漁満足など、海や水に関係する人々に功徳を授けてくれる地蔵尊。海に近い土地柄だからでしょうか。

P1160328

P1160320

P11603212


極楽寺坂の拡幅工事でこちらの境内も供出し狭くなってしまったのでしょうね。団体さんが到着されて動きがつかない感じになってしまいました。coldsweats02
それを潮に、先へと進みました。


ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その69は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その71は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その57

P11507182


2015.01.13.、埼玉日高市の聖天院・勝楽寺高麗神社をお参り。続いて、不在社を数社巡りましてこちらへと移動でした。


・高麗川神社 (日高市上鹿山170)

・祭 神
 日本武尊(やまとたけるのみこと)
 橘姫命(たちばなひめのみこと)
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

・由 緒
 当初は八釼(やつるぎ)神社と称し上鹿山村社でしたが、明治十一年(1878)に同じ上鹿山の八坂神社、稲荷神社がうつされました。
 明治四十二年(1908)には中鹿山村社の熊野神社、下鹿山村社の白幡神社、鹿山村社の熊野神社、原宿村社の稲荷神社など十五社を合祀して高麗川神社と改めました。しかし昭和十五年(1940)ごろに旧村社を分祀したため、合祀前の状態に戻りました。
 高麗川神社は日本武尊、橘姫命の二柱、八坂神社には素戔嗚尊、稲荷神社には倉稲魂命を祀っています。
               社頭掲示板より


30号線の日高陸橋から200m程飯能寄りに在りました。

P1150709_2


鳥居を潜り、石段のない参道を進みますと、

P1150710_2


八坂神社の山車の準備場所なのか?広場が。

P11507112_2


狛犬さんが出迎えてくれましたが、先ずはお参りから。

P1150712_2

P1150714_2

P1150713_2


では、狛犬さんのご紹介です。
やや小型で、年令は不明でした。

P11507182_3

P1150716_2

P1150717_2

P1150723_2

P11507292_2

P1150725_2

P1150726_2

P11507282_2

P1150732_2


拝殿の左手に赤い鳥居が2基在りました。

Dscn0139_2


左側には八坂神社が、

P1150734_2

P11507352_2

P1150736_2


その右側には、稲荷神社が祀られていました。

P1150737_2

P1150747_2

P1150748


稲荷神社の前には、年令不明の狛狐さんが一対。

P11507382

P1150742

P11507392

P1150741

P1150744

P1150746


毎年8月14日、15日に盛大に行われる祇園祭。豊年祈願と安全祈願、悪疫退散の願いを込め、祭囃子を奉納している八坂神社にしては、とっても質素な感じが否めませんでした。

拝殿を背にして眺める御神木・タブノキのご紹介。
樹齢約350年、樹高は約23mとか。
根元付近で枝分かれして、大きく茂っていました。
江戸時代初期にあった周囲2丈(約6m)余りの古木のひこばえから成長した。と伝わっているそうです。

P1150733


御神木の根元に、丹生宮と刻まれた石祠が祀られていました。天保六年(1835)七月吉日再建との掲示が。

P1150749


段差のないとっても広い境内で、何となくホッと出来る高麗川神社でした。happy01
この後、またもや暫しの狛犬さん探しとなりました。dog


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その56は、こちら です。

・ちょい遠目の狛犬さん その58は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の妖精に逢いに!2016.03.16.

P1190727


今年最初の妖精にも逢いたくて、越後へ。
毎度の事ですが、何が主目的だったのか?coldsweats01
レポは、少々お待ち下さい。paper


*******             3/18 追記

昨年、地元の方に教えて頂いた越後の里山に行って来ました。
その方は、
”角田山周辺みたいにしたくないので、場所などを宣伝しないで!”
などと話されていました。
地域の方々が大切に育んでいられる様です。
従いまして、当ブログも現場周辺の写真は極力載せない様にします。
その里山には、こんな看板が数か所に。

P11907212


こんな案内板を掲出しなくても良い時代が来ないものでしょうか。
では、綺麗に咲いて居ました雪割草をご紹介。
でも、先ずは愛嬌として我が家の雪割草を1枚。happy01

P1190672


ここからは、現地にて。

Dscn12152

P11907182

Dscn12612


里山のこんな感じ山道の両側に点々と。happy01

P1190730

P1190794

P1190752

P1190791


おまけ。こんな花も咲いていました。

P1190682

P1190720

Dscn12672


まだまだ他にもいっぱい咲いて居ましたが、速報としてご紹介しました。
詳しくは、HPにて。coldsweats01
早春の越後の花だよりでした。paper

*******           3/28 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると嬉しいです。happy01



では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早春のいつもの里山へ 2016.03.08.

Img_20160308_1942252


前日は雨が本当によく降りました。急遽予定を変更しまして、何時もの里山へ行ってみました。
秦野の弘法山~念仏山ですが、こちらは水はけがとても良い地味で歩き易いのです。

何時もよりもやや遅い入込みで、ヒツジさんが放されていて元気な”メェ~~ェ!”という鳴き声が響き渡っていました。
”こっちにおいでよ!”とでも言っているのでしょうか?

Dscf10032


しか~し、後ろの羊さんは、すぐに右へ・・・。
若しかしたら”こっちにはご飯が少ないよ!”と教えていたのかもね。coldsweats01

P11906432


久しぶりに弘法大師様にお参り。
今年も元気に歩けます様に!と祈願。
もう少し、頭の働きが・・・。ともね。bleah

P1190647


こちらの境内は、近隣の有志の方々が毎日参拝・清掃に来られています。
とっても綺麗ですよ!是非訪れて見て下さい。

P1190649


お参りを済ませて、少しだけ先へ。
この日は20℃越えの一日となる予報でしたが、林はまだ冬枯れですね。

P1190651

P1190656


この時季以外は、今一眺められない木花咲耶姫様のお住いをパチリ。

P1190658


1時間足らずで、念仏山です。
雨上がりで暖かく、流石に大涌谷の噴気や江の島は確認出来ず。

Dscn1181


暫し眺めを楽しんで帰りでした。
カルディナは”以前にも見た!”と言っていますが、カル2は今一記憶にないこの蘭にご挨拶をしながらね。

Dscn1185


こんな花も咲いていました。

P1190665

P1190666


往路と同じ道ですが、歩く方向が違うのも良いものです。

Dscn1186


こんな3時間足らずのお散歩・ハイキング?でした。coldsweats01
次は、雪割草かな?なんて考えていますが・・・。


久しぶりの里山散歩でした。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »