« 越後の妖精に逢いに!2016.03.16. | トップページ | ご近所の狛犬さん その70 »

ちょい遠目の狛犬さん その57

P11507182


2015.01.13.、埼玉日高市の聖天院・勝楽寺高麗神社をお参り。続いて、不在社を数社巡りましてこちらへと移動でした。


・高麗川神社 (日高市上鹿山170)

・祭 神
 日本武尊(やまとたけるのみこと)
 橘姫命(たちばなひめのみこと)
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

・由 緒
 当初は八釼(やつるぎ)神社と称し上鹿山村社でしたが、明治十一年(1878)に同じ上鹿山の八坂神社、稲荷神社がうつされました。
 明治四十二年(1908)には中鹿山村社の熊野神社、下鹿山村社の白幡神社、鹿山村社の熊野神社、原宿村社の稲荷神社など十五社を合祀して高麗川神社と改めました。しかし昭和十五年(1940)ごろに旧村社を分祀したため、合祀前の状態に戻りました。
 高麗川神社は日本武尊、橘姫命の二柱、八坂神社には素戔嗚尊、稲荷神社には倉稲魂命を祀っています。
               社頭掲示板より


30号線の日高陸橋から200m程飯能寄りに在りました。

P1150709_2


鳥居を潜り、石段のない参道を進みますと、

P1150710_2


八坂神社の山車の準備場所なのか?広場が。

P11507112_2


狛犬さんが出迎えてくれましたが、先ずはお参りから。

P1150712_2

P1150714_2

P1150713_2


では、狛犬さんのご紹介です。
やや小型で、年令は不明でした。

P11507182_3

P1150716_2

P1150717_2

P1150723_2

P11507292_2

P1150725_2

P1150726_2

P11507282_2

P1150732_2


拝殿の左手に赤い鳥居が2基在りました。

Dscn0139_2


左側には八坂神社が、

P1150734_2

P11507352_2

P1150736_2


その右側には、稲荷神社が祀られていました。

P1150737_2

P1150747_2

P1150748


稲荷神社の前には、年令不明の狛狐さんが一対。

P11507382

P1150742

P11507392

P1150741

P1150744

P1150746


毎年8月14日、15日に盛大に行われる祇園祭。豊年祈願と安全祈願、悪疫退散の願いを込め、祭囃子を奉納している八坂神社にしては、とっても質素な感じが否めませんでした。

拝殿を背にして眺める御神木・タブノキのご紹介。
樹齢約350年、樹高は約23mとか。
根元付近で枝分かれして、大きく茂っていました。
江戸時代初期にあった周囲2丈(約6m)余りの古木のひこばえから成長した。と伝わっているそうです。

P1150733


御神木の根元に、丹生宮と刻まれた石祠が祀られていました。天保六年(1835)七月吉日再建との掲示が。

P1150749


段差のないとっても広い境内で、何となくホッと出来る高麗川神社でした。happy01
この後、またもや暫しの狛犬さん探しとなりました。dog


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その56は、こちら です。

・ちょい遠目の狛犬さん その58は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

|

« 越後の妖精に逢いに!2016.03.16. | トップページ | ご近所の狛犬さん その70 »

狛犬(ちょい遠目?)12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/63411244

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その57:

« 越後の妖精に逢いに!2016.03.16. | トップページ | ご近所の狛犬さん その70 »