« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

ちょい遠目の狛犬さん その52

P11107502


昨年、2014.04.11.に狛犬さん詣でと共にお花見に。
時季は春、ミツバツツジが綺麗な頃と出かけてみました。
一度で二度美味しい!と思ったら、もっと楽しませて貰えました。happy01
コースは、あきる野市の前山公園P~今熊山~金剛の滝~前山公園P と前山公園P~弁天山~前山公園Pでした。
そのレポは、こちらこちらです。是非ご覧ください。
で、今回は狛犬さんレポです。


・今熊神社 (八王子市上川町19)


・祭 神
  建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
    須佐之男命・素戔嗚尊
    厄除けの神、縁結びの神、安産の守護神 
  月夜見命(つきよみのみこと)
    月の神、夜の世界を司る神、暦の神、
    壱岐県主(いきのあがたぬし)の祖、
    疱瘡(ほうそう)の神、安産の神、
    人の運命を司り、ツキを与えてくれる神

・由 緒
 縁起久遠にして詳ならずも、安閑天皇の御宇、紀州熊野本宮大社を勧請し、今熊野宮と號し祀ると傳う。宮妃熊野宮に渡らせ給う折柄、大風雨俄かに起り、御行衛不明となり給う。丹生大神神託あり。呼戻祈願の縁由により爾来「呼山」と敬称し、近郷遠國の崇敬を蒐む。  
            神社庁資料より

総本社は熊野三山。ご利益は、厄除、除災招福、運気上昇 他との事です。

こちらの社殿は、後ほどご紹介します今熊山山頂今熊神社遥拝殿として造られたそうです。
山頂まで1時間ほどの山道を歩かねばなりませんので、時季によっては大変な苦労をされたのでしょうね。
で、ミツバツツジで有名な遥拝殿からご紹介。
遠くからでも、良い感じの彩りが見えていました。

Dscf1011

Dscf1021

P1110681

P1110692

P11106932


平成三年(1991)十一月吉日生まれの狛犬さん。

P11106833

P11106832

P11106852

P11106842

P11106883

P11106882

P11106892

P1110690

P1110691


この時季の狛犬さんは、ミツバツツジや桜に囲まれてとっても幸せそう!とは思いますが、花見の人が多過ぎますかね。coldsweats01

P1110694

P1110695


社殿左手に、今熊開運稲荷神社が祀られていました。

P1110680

P1110696


暫しミツバツツジを楽しんで、今熊山へ。
最初に潜りました鳥居の右手に表参道が。

P1110678


野生のミツバツツジが点々と観られ、この娘たちにも励まされながら山道を進みます。

Dscf10272

P1110722


山頂近くになりますと、今熊開運稲荷神社の奥社?が祀られていました。

P1110745

P1110746


更にほんの少し進みますと、今熊神社の狛犬さんが見えて来ました。happy01

P1110747


近付いてみますと、何とも残念!傷みが激しい狛犬さんで、吽形側と思われる左手の台座の上には狛犬さんの残証かと思われる石物が。そして阿形と思われる狛犬さんも、みなさんの保護によりやっと残されている様でした。年令は、残念ながら不明です。

P11107502_2

P1110749

P1110750

P1110751

P1110748

P1110752

P11107532

P11107552


石段を数段登り少し進みますと、今熊山山頂(505.7m)の今熊神社です。

この神社の創立は不明なれど、貞治三年(1365)熊野権現を祀り社殿を造営したと伝えられている。
失踪者や遺失物などを戻して欲しいときに、この頂上で「(失せものの名前)を出してくりょーやーい!」と大声で呼ばわれば元に戻るとの信仰があり、「呼ばわり山」のひとつに数えられている。とか。

小広い山頂の一段高い所に今熊神社が祀られていました。

Dscf10412

P11107652

P11107582

P1110764


境内の片隅には、多くの参拝者が訪れたその昔を偲ばせる様な多くの石塔石仏が見受けられました。

P11107592

P11107612

P11107602


境内の片隅からは、スカイツリーも見えるそうです。
天気が良ければね!bleah
でも山頂の周辺では、桜が綺麗に咲き誇っていました。

Dscf1051


子供たちの団体さんや多くのハイカーが到着されましたので、先へと進みました。金剛の滝から小峰公園に向かってね。
そして小峰公園に近づきますと、八坂神社の案内が!
当然にも、お立ち寄りでした。coldsweats01



・八坂神社 (あきる野市留原320)
   天王さま


・祭 神
   須佐之男命 (すさのおのみこと)
     牛頭天王
     嵐・暴風雨の神、厄除けの神、縁結びの神、
     安産の守護神
   宇賀魂神 (うかのみたまかみ)
     生産の神・五穀豊穣の神
   面足命 (おもだるのみこと)
     神代七代の第六代の神(男神)
     第六天魔王の垂迹、子育て・初志貫徹の神
   惶根命 (かしこねのみこと)
     神代七代の第六代の神(女神)
     体の整い足る神、國の整い足る神、美容、
     技芸上達、縁結びの神   

・由 緒
 創立年代不詳。旧幕時代は、牛頭天王社で留原村の総鎮守だった。
 明治二年(1869)八月二十日、八坂神社、稲荷明神、第六天社と合社。
 現本殿再建は天保十二年(1841)八月二十二日で、昭和二十五年(1950)六月五日留原村東1番地より移り現社殿に新築となる。
 元文五年(1740)の棟札には、本地仏十一面観音の造像由来及び、尾張国津島神社祭神須佐之男命牛頭天王を勧請した旨記されている。  社頭掲示板より抜粋

P11108812


金剛の滝から小峰公園へ
この指導標を見てしまったら・・・。coldsweats01

P1110871


綺麗なサクラを楽しみながら歩きますと、庚申塔が。

P1110870

P11108722

P11108742


参道の石段を登り拝殿へ。
残念ながら、お社の彫り物類を撮り損なった。
次回訪れた際に追加します。coldsweats02

P11108762

P1110886


平成二十三年(2011)十月吉日生まれの綺麗にお化粧された狛犬さん。

P11108772

P1110877

P11108792

P1110878

P11108802

P11108822

P1110882

P1110884

P1110883

P11108852


境内からのビジターセンター方面の花模様。

Dscf1085


表参道の石段を降りて振り返ると、大きな社号標が。

P1110888


ほぼ終着のビジターセンターの建物と花。

P1110889


これにて前山公園からの周回は終了。
一行程で三度・四度美味しいハイキングでした。
で、時間的に少し早いので、カルディナの案内で網代弁天山へと向かいました。


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その51は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その53は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その62

P11509962



2015年1月16日の狛犬さん詣で、最終の第6弾です。
鎌倉市の厳島神社熊野神社、栄区の青木神社神明宮を巡り、再び鎌倉市に突入し稲荷神社、そして前回訪れた際に残ってしまった栄区のこちらへ。
位置としては、根岸線本郷台駅の北方向です。



・春日神社 (横浜市栄区小菅ヶ谷3-57-17)


・祭 神
  天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
    春日権現・祝詞の神、出世の神
  武甕槌命 (たけみかずちのみこと)
    雷神、刀剣・弓術の神
  経津主神 (ふつぬしのかみ)
    刀剣の威力を神格化した神、海上守護・国家鎮護の神
  比売命 (ひめのみこと)
    主祭神の妻や娘、あるいは関係の深い女神を指す

・由 緒
 当社は古く本郷六村の総鎮守であったと伝えられ、新編相模風土記稿によれば永禄八年(1565)小田原北条氏の公田の地頭職であった宇部左京亮の子息、宇部松菊丸が再建したと伝えられる。
 本郷の地は平安時代山ノ内荘本郷と言われ、藤原氏の荘園である山ノ内荘の中心的穀倉地帯であったことを考えると、創建は平安時代と思われる。
 本殿中宮は江戸末期の製作。四方総彫りの見事な社殿である。   神社庁資料などより


天児屋根命は、かの有名な?天照大神も、うっとりと聞き惚れて、ついに天の岩戸を開けてしまったという美声の持ち主とか。
奥方様は、天美津玉照比売命(あまみつたまてるひめのみこと)とか。

ご利益は、勝利祈願、出世開運、国家鎮護、海上守護、交通安全、恋愛成就 他。


参道入り口の鳥居や庚申塔など。

P11600471

P116004622

P116004821


とっても広い境内でして、先ずは参道の石畳みを踏んで拝殿に向かいます。

P11600452


何とか最後の石段にたどり着きました。coldsweats01

P11509872

P11509882


狛犬さんがお待ち下さっていましたが・・・。dog

P11600261

P11600172


では、お待ちかねの方。
昭和九年(1934)九月吉日生まれの狛犬さんです。paper
パチンコ球位の大きさのステンレス風の光沢のある目が埋め込まれていました。小獅子がとっても可愛かったですね。happy01

P11509922

P11509902

P1150991

P11509942

P1150993

P11509952

P11509982

P11509992

P11600042

P11600062

P11600022

P11600032

P11600072

P1160012

P1160009

P1160008


拝殿の屋根に、飛び唐獅子と蕾付き牡丹の花の飾り留蓋が。

P1160013

P11600142

P11600152


そして、拝殿の彫り物。

P1160020

P1160020_2

P1160024

P11600182


木鼻の唐獅子や鯉、鳥などの彫り物。

P1160019

P1160021

P1160023

P1160022


写真ではご紹介していませんが、本殿の彫り物もかなり細かな細工が。
本殿の右手前に、稲荷社(中野)、神明社(桂・公田)と八幡社(鍛冶ヶ谷)、白山社(上郷)が祀られたお社もありました。

P1160016


境内を巡回するニャンコ。cat

P11600281


では、お社を後に長い参道を戻ります。
先ずは、長めの石段から。coldsweats01

P11600271



石段を降り中の鳥居まで来まして、途中でお立ち寄り。
大きな石灯籠が。
勿論、台座には唐獅子が彫られていました。

P11600371

P11600391

P11600401


そして、その周辺にはいろいろの石碑や石祠などが祀られていました。
日本社奉納の石碑とお社。

P11600301

P11600311

P11600321


稲荷社や庚申供養塔。

P11600331

P11600381


そして、数体の不動明王の石仏も祀られていました。
春日神社の別当寺であった龍光院の関係でしょうか?

P11600411

P11600421

P11600431

P11600441


広い境内にはご紹介しきれない数多くの遺物が在りましたが、取りあえずこれ位で。coldsweats01
戸塚駅方面からの探訪時に時間切れで残ってしまいました春日神社、その昔にはかなりの広さがある境内だったのでしょうね。
今回の大船方面の探訪は、こののち3社を巡るも残念ながら不在社でした。
2015年1月16日分の狛犬さん探訪は、第6弾にておしまい。


ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01
ご近所の狛犬さんは、まだまだ続きます。coldsweats01


・ご近所の狛犬さん その61は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その63は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは、どなたの足跡? 2015.07.24.

P1180087


梅雨が明け、一段と暑~~~い日が続いています。
そんな中、昨日(23日)所用方々いつもの里山へと出かけてみました。
このところ歩いて居ませんので大汗を掻きにね。sweat01sweat02
やや涼しかった前日に比べ、早朝から何と暑い事か!
風がなく蒸し暑い。ちょい登りで汗が・・・。bearing
それでも、この娘たちが出迎えてくれました。paper

P1180083


以前にはこの界隈にもたくさんの大株が在ったのですが最近は・・・。まあ、シカやイノシシのご飯と化したのかもしれませんが。
まさか、人間の仕業ではありませんよね。coldsweats01
登り降りを少しして、1時間ほど歩きますと最初のピークです。
登り初めには、太く真っ直ぐに見えていました白煙?がこんな感じに流れていました。

P11800842

P11800862


少し休憩をして、今後を検討。
この先には、ヒルさんがお住いの地帯が少々。
1時間歩いての次のピークからは展望が今一。
今日は蒸し暑いし・大汗も掻けたし!で、毎度軟弱に戻りとしました。bleah
駐車場近くに戻ってきますと、ミカン畑で作業中の方に声をかけられました。
”この足跡は何のだろうね!”と。

P1180087_2


足跡は北の方向から耕された畑の中をめんようの里方向へと一直線に。
この辺りで見かけるシカやイノシシとは形も大きさも違うし、考えられるのはクマ位でした。
足跡の隣に、26㌢の靴跡を付けさせてもらってパチリ。

P11800882

P11800883


写真ではあまり良く分かりませんが、かなりしっかりとした足取りでノッシノッシと歩いた足跡の様でした。
2~3年前に伊勢原で数回クマが出没していますので、いよいよ曽屋地区までにも…?
”どうもクマの足跡の様ですね、被害に遭う前に役所に連絡をされた方が良いのかも”などとお話しをして車へと戻りました。


汗を拭って着替えをすませ、所用に向かう前にもう1か所お立ち寄り。happy01
菅原神社のキツネノカミソリを愛で!eye

P1180089

P1180093


様子を見に来たキツネノカミソリですが、少々早かった様でした。weep
今年はどこでも草花の開花が早いので、焦りすぎ?smile
境内をひと回りして所用へと赴きました。
で、あの足跡がクマさんでしたら、ご飯のためでしょうが人に近寄らないでほしいですね。そして無事に山へと帰れることを祈っています。


久しぶりに大汗を掻いたハイキング?散歩?でした。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の止み間を狙って!その2 2015.07.08. 中井蓮池の里

P11800542



前日の薬師池公園に続きまして、ハスを愛でたくて中井蓮池の里へ行ってみました。雨はお昼頃までは大丈夫!と踏んでね。bleah
こちらは、小嶋さんら有志の方々が丹精込めて栽培し、解放されています。
ありがたい事です。
で、こちらのハスは手を触ることも出来、むろん良い香りを楽しむことも出来るのでとっても良いですね。happy01

全体的な眺め。

Dscn0398

Dscn0399

P1180053

Dscn0403

P1180066

P1180073


休耕田を借り、かなりの年月悪戦苦闘をされて現在に至っているとの事。
赤や白の花が咲き誇っていました。
Dscn0405

P11800482

Dscn04202

P1180079

P1180056

Dscn04022

Dscn04112

P1180052

P1180077

Dscn0415

Dscn03972

Dscn04172

Dscn04142

P11800592

P1180065

P1180058

P11800612

P1180068

Dscn04102

P1180074

P11800502


カル2の下手な写真では表現が出来ませんが、とっても繊細な上品な蓮の花。極楽浄土には、こんなに優しい雰囲気があふれているのでしょうね。
前日空振り気味だった蓮の花を満喫出来ました。
久しぶりに小嶋さんにもお会いでき、暫し歓談。
その後、小雨が降り始めた中を帰路に着きました。

※ 中井蓮池の里は、こちらなどをご参考に。


毎度同じ様な写真をベタベタと、でした。
極楽浄土を味わえた様な感じのした中井蓮池の里編はおしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の止み間を狙って!その1 2015.07.07. 町田蓮池公園

梅雨とは言え、本当に毎日良く降ってくれますね。
そして、台風様がお三方ご来訪とか。
(来てくれないのも困るのでしょうが、被害は出来る限り小さくお願い!)
そんな梅雨の雨の止み間を縫って、降られるのを覚悟で出かけてみました。smile
場所は、町田の薬師池公園です。
薬師池公園と言いますと、思い出すのが数年前に創りました”与太郎さんとポチ”の話です。
焼き鳥の話とかぼく、暇してるの! by ポチ)ですかね。coldsweats01
そんなネタが拾えると良いのですが・・・。
あわよくば、紫陽花と大賀蓮の両方を楽しめるかな?
なんて虫の良い思惑が。wobbly

先ずは、大賀蓮の池に行ってみました。

P1180007

P1180016

P1180011


青々とした葉が盛大に茂っておりましたが、花はボチボチとでした。
2兎追う者は・・・。で、アジサイは終わって居るのでしょうか?weep
蓮池の畔でリョウブやコブシの実に見送られ、アジサイゾーンへ。

P1180010

P1180017


アジサイの前に、毎度お馴染のこちらへ。

P1180023

P1180024

P1180025


先ずは、バイカアマチャから。

P1180029


続いて、お陰様で間に合いましたアジサイです。
紅ヤマアジサイ、ウズアジサイ、ブルースカイ、伊豆の華などいろいろの名札が付けられていましたが省略します。happy01

P1180031

Dscn0377

Dscn03782

P1180033

P1180038

P1180034

Dscn0376

P1180020

P1180036

P1180022


まだまだ他にも綺麗に咲いていましたが、これ位で。
続いて、山間部を移動です。

P1180040

P1180043


雨上がりの雑木林は、とっても緑が綺麗でした。
足元のこんな花も愛でつつ、

P1180044

P1180045

P1180042


エゴノキに見送られてカモコイの池へ。happy01

Dscn0395

P1180046


少しだけ外周を巡って池へと行ってみましたが、アヒルもカモも不在。小雨がぱらつく中、寄って来るのはカメ・コイのみでした。
今一の空模様で、流石に餌をくれる人も少ない様子。
我が方も餌を持参せずで、あげられず。coldsweats01

で、今回は残念ながらネタは得られませんでした。bleah
雨がぱらつく町田薬師池公園でした。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草戸山から城山湖 2015.06.30.

先月の晦日と言っても2日前ですが、7月に入ると少々天気が悪くなるとかでちょいと散歩に行ってみました。
梅雨の合間の曇り空、町田市の青少年センター駐車場には1台だけ駐車していました。

で、こんな所を巡って来ました。

P1170970

P11709742

P11709932

P1170997


出逢えた花たち。

P1170975

P1170969

Dscn0355

Dscn03562

P1170980

P1170965

P1170973

P1170976

P1170978


そして、ビロードのタキシードを纏った綺麗なカミキリムシがお出迎え。happy01
ラミーカミキリでしょうか?明治初期に中国大陸から輸入されたラミーという植物に混在して入ってきたとか。

P1170994


ひと回りして駐車場に戻りますと、男の方に”この実の名前をご存知ですか?”と尋ねられました。
朝一歩き始めに駐車場の川沿いで見付けまして、ローバイの樹の様だけどこんな実がなるのかな?帰ったら調べてみようと写真を撮っていたのでした。
で、その男の方に即答が出来ず、狼狽しながら”ローバイかも知れません”とお応えしました。

P1170963

P1180004


帰宅後調べてみますと、やはりローバイ・蝋梅でした。
何となく美味しそうな色合いですが、中の果実にはかなりの毒素が含まれている様でした。使い道はないのでしょうか?


とまあ、こんな感じの梅雨の合間のお散歩でした。
特に珍しい出会いは、ローバイの実とラバーカミキリですかね。
おっと、静かな草木の緑とそよ風もありましたっけ。smile


おしまい。coldsweats01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »