« 今年も、初夏の贈り物が! 2015.05.18. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その51 »

ご近所の狛犬さん その60

P1150912



鎌倉市の厳島神社熊野神社、栄区の青木神社 を巡り、更に数社の不在社を経て同じく栄区の公田町に在りますこちらへ。
近くの公田(くでん)団地は住宅公団の頃に一時住んでいたことが在り、懐かしい地域です。



・神明宮 (横浜市栄区公田町445-6)

・祭 神
   天照大神 (あまてらすおおみかみ)
   大山祇命 (おおやまつみのみこと)
   建御名方神 (たけみなかたのかみ)
   菅原道真 (すがわらのみちざね)
   鎌倉権五郎景政 (かまくらごんごろうかげまさ)
   梵天神 (ぼんてんしん)

・由 緒
 創立年代は不詳であるが、古くから公田、桂の鎮守として村民の崇敬を聚めて来た。
 現存する棟札により、貞享三年(1686)、正徳六年(1716)、天明八年(1788)、天保九年(1838)に夫々社殿が改築されたことが分かる。
 大正三年(1914)に村内の日枝社、諏訪社、天神社、御霊社、梵殿内を合祀した。
 旧社地は公田町429番地であったが、周辺の大規模開発により昭和四十七年(1972)九月現在地に移転し、新社殿を造営して遷座祭を斎行した。  神社庁資料より


主祭神は、神明宮ですので天照大神
多くの神社を合祀したので副祭神が多く、久しぶりに梵天神の文字が現れました。
梵天神とは、仏教の守護神である天部の一柱、古代インド神ブラフマーとの事です。

少しだけ高台となっており、坂道を登り参道へ。

P11509062

P1150907


コンクリート製のお社でした。

P1150908

P1150930

P1150931


拝殿前の鳥居脇に、年令不明の狛犬さんがお待ちかね。dog

P1150912_2

P1150910

P1150913

P1150911

P11509142

P1150918

P1150916

P1150917

P1150919

P1150920


やっぱり、男の神様が主祭神なのですね。happy01

P1150921

P1150937


狛犬さんの右手に、境内社と思われる赤い鳥居が。

P1150922


近付いてみますと、大きめの立派な石祠と「龍護神」の案内板?がありました。

P1150923


その右手には、文久三年(1863)正月吉日の彫りのある石灯籠が1対と年代不明の手水鉢が。

P1150926

P1150927


更に右手には、年代不明の古い庚申塔などが。

P1150928


拝殿前に戻る際にパチリ。
こちらが「おしゃもじさま」と呼ばれるお社でしょうか?

P1150929


一旦拝殿前に戻り、更にお社の右手奥に。
そこには、多くの石塔などが並んでいました。

庚申塔の碑や記念碑。

P1150932


国常立尊御嶽大神・八海山神社・三笠山神社の碑。
右手に長崎大明神、左手に普覚行者の碑も。

P1150933

P1150935

P1150934

P1150936


合祀された神社からも移設されたのでしょうが、やや狭い境内に濃縮されて祀られている感じでした。

神明宮をお参り後、環状4号線に戻りほんの少し西走。
鎌倉女子大高等部の西側の五社稲荷神社へ。
鎌倉市に再突入。happy01
と言っても、市境付近をうろうろしただけでしたが。coldsweats01

今回も、短めで。bleah
ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01
ご近所の狛犬さんは、まだまだ続きます。coldsweats01


・ご近所の狛犬さん その59は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その61は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

|

« 今年も、初夏の贈り物が! 2015.05.18. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その51 »

狛犬(ご近所)12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/61654368

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その60:

« 今年も、初夏の贈り物が! 2015.05.18. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その51 »