« 今日の富士山と山々の眺め    2015.02.10. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その48 »

ご近所の狛犬さん その57

P11507982



ご近所の狛犬さんは、2013年7月取材分から大ジャンプをしまして、一挙に2015年分・鎌倉市編(含横浜市栄区分)となります。paper
1月16日、鎌倉街道の横須賀線・第二鎌倉道踏切から北西方向200m程のこちらからスタートでした。happy01



・厳島神社 (鎌倉市小袋谷2-13-21)


・祭 神
  市杵島姫命  (いちきしまひめのみこと)
    :素戔男尊(すさのおのみこと)の御子神
  弟橘媛命  (おとたちばなひめのみこと)
    :日本武尊の妻
  応神天皇  (おうじんてんのう)
    :品陀和氣命・誉田別命(ほんだわけのみこと

・由 緒
 「相模風土記」には村持と見え、古くより弁天さまと称して村の鎮守であった。現在は村内の吾妻社、八幡社を合祀している。
 明治六年に村社に列す。同二十二年、横須賀線の開通に伴い、小袋谷公会堂の所に遷し、近くにあった吾妻社と並べて奉齋した。又、成福寺境内の裏山には古くより八幡社があり、鎮守神として成福寺が祀っていたが、後に村持となった。これらの三社は毎年順に祭祀を続けていた。
 関東大震災によって三社は倒壊し、八幡社の所へ弁天さまを再建、他二社を合祀した。 神社庁資料などより


市杵島姫命は弁財天と同一視されていますね。明治初頭の神仏分離令により、多くの弁財天が厳島神社と改められた様です。
祭神の組み合わせが珍しい感じがしました。

とまあ、能書きはこれ位で。
成福寺の背後に在ります高台(通称:亀甲山)に在りました。
先ずは、二の鳥居から。

P11507952


狛犬さんのご紹介は後程としまして、先ずは拝殿へ。
参道はすぐに右に折れ、お社の正面へ。

P11508152

P1150820


鳥居に戻りまして、昭和十一年(1936)十一月吉日生まれの狛犬さんをご紹介。dog

P11507982

P11507972

P11508002

P11507992

P11508042

P1150802


で、次の写真は、覆面をしてこれから銀行にでもご出張する様な雰囲気?まさかね。coldsweats01

P1150801


それを聞いて、笑っている狛犬さん?

P11508072

P1150809

P11508082

P1150810

P11508122

P1150826


お正月だからか?いつもなのか?お洒落な赤い寒さ避けを懸けててもらっていました。good
拝殿の屋根には、こちらでも狛犬さんの留飾り蓋が。

P11508162

P11508212

P11508222


勿論、木鼻にもね。dog

P1150824


案外と広い感じの境内には、年代は判りませんがかなり古めの手水鉢や石祠が。

P11508172

P11508182


地元の方に”富士山が観られるよ!”と境内の片隅にご案内頂きました。happy01

P11508142


今回見落としてしまいました寛文十年(1670)の彫りの残ります庚申塔、次回の宿題としました。
※ 阿弥陀三尊の種子を塔に付けた庚申塔としては、
   鎌倉では最古とか。



1月16日分の第1弾は、ちょいと短めで。
ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。paper


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01
ご近所の狛犬さんは、まだまだ続きます。coldsweats01


・ご近所の狛犬さん その56は、 こちらです。

・ご近所の狛犬さん その58は、 こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

|

« 今日の富士山と山々の眺め    2015.02.10. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その48 »

狛犬(ご近所)12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/61193705

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その57:

« 今日の富士山と山々の眺め    2015.02.10. | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その48 »