« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

ちょい遠目の狛犬さん その47

Dscf0903



ちょい遠目の狛犬さんは、やっと2014年分に突入。coldsweats01
昨年の1月6日にモブログにてご紹介をしました午年の初詣、東松山市岡の上岡馬頭観音から始まります。
2014年分はやや少なめの取材でしたので、半年くらいで2015年分となる予定では居りますが・・・。bleah


関越道・東松山ICを降り、北上する事6㌔ほど。
大きな案内板が見えました。happy01
県道407号線沿いの妙安寺境内に在る上岡馬頭観音です。




・上岡馬頭観音 (東松山市岡1729)


 妙安寺の境内にあるこの馬頭観音は、今から約八百年前の文治年間(鎌倉時代)に瑞慶和尚により創建された。
 この観音は、江戸時代より軍馬や農耕馬の守り観音として信仰を集め、やがて旧陸軍の騎兵隊やバクロウ、競馬界など馬に関する人々から崇められ、その信仰は東日本一帯に及び、「上岡観音を参拝しない馬持ちはウマカッタといってはならない」とさえいわれたそうです。
 この界隈は観音様を中心に街道筋の重要な宿場にもなっていた。      
社頭案内板より
 詳しくは、下の案内板を拡大してご覧ください。paper

P1100802

P1100817


県道407号線からは、こんな風に見えました。

P1100798

P1100799


境内に入りますと、先ずは馬頭観世音が目に入りますが、お参りから。happy01

P1100803

P1100811


お供え物は、流石に馬関係ばかり。horse

P1100807

P1100804

P1100808


香炉の上にもね。happy01

Dscf0907


では、馬頭観世音のご紹介。
昭和二十四年(1949)九月に再建された二代目。
(初代は、大正九年(1920)二月生まれとの事です)

P1100800

P1100835

P1100824

P1100825

P1100826

P1100822

P1100821


本堂の屋根の上も、馬の飾り瓦などが賑やかに。horse

P1100815

P1100812

P1100813

P1100814


そして、手水舎の屋根にも鬼と一緒に。happy01

P1100829

P1100834

P1100831

P1100833

P1100832


どちらの鬼瓦がお母さんでしょうか?
何て言う詮索は置いといて!happy01
でもまあ、先にご紹介した方でしょうか?
だってね、角が・・・。
あっ、勿論我が家では違いますけどね!bleah
境内の片隅に、先代の鬼瓦が置かれていました。

P1100828


そして境内の片隅には、無数の馬頭観世音の碑や石塔が祀られていました。

P1100820

P1100818

P1100819


こんな感じで、午年の初詣が始まりました。
狛駒さんではない様な気がしますが、仲間との認識で・・・。でも、ちと違うか!coldsweats01

東松山市の狛犬さんは続きます。
お楽しみに!happy01


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その46は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その48は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きますよ~ぉ。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その56

P1090797

P1090800_2



2013年取材分の第3弾その3で、最終となります。paper
前回の太神宮から北東方向へ2㌔ほど移動。
国道1号線・横浜新道の川上ICの北方向200m程の
横浜新道西側沿いに在ります。



・熊野神社 (横浜市戸塚区川上318)


・祭 神
  
伊弉那岐命 (いざなぎのみこと)
  伊弉那美命  (いざなみのみこと)

・由 緒
 天長六年(829)九月二十九日、川上村後山田字番匠給に地域住民の守護神として創建された。
 現在の熊野神社は明治二十九年東海道線鉄道の副線が建設されるにあたり境内の一部が鉄道用地となった為、字五反田三百十八番地の共有地の寄付を受けて明治三十年四月十二日に移転した。
 この時、字高用坊八百八十四番地にあった五霊大神を合祀した。
 拝殿は移転の時に新築され、奥殿及び中宮三体は熊野神社より移転された。
 境内には旧熊野神社並に五霊大神境内及び各地に散在していた地神塔道祖神等諸祭神の碑が集められて合祀されている。 社頭の沿革碑より


伊邪那岐命・伊邪那美命は、夫婦婚姻の神・子授安産の神です。ご利益は、恋愛系縁結び・子授け・安産祈願
・厄除開運などとか。納得!happy01
周囲には畑が点在する、少し高台に位置していました。

P1090822


1つ目の石段を登ると、石の鳥居と左手に手水舎が。

P1090820


更に石段を登りますと、

P1090789


狛犬さんに迎えられるも、先ずは拝殿へ。happy01

P10908062

P1090814

P1090813


で改めまして、昭和三十三年(1958)四月吉日生まれの狛犬さんをご紹介。dog

P1090805

P1090797_2

P1090791

P1090796

P1090792

P1090793

P1090794

P1090818

P1090800

P1090799

P1090801

P1090802

P1090804


境内は立木に囲まれているが明るくやや広い感じで、横浜新道や東海道本線が近い割には静かな環境の様でした。

P1090815

P1090812

P1090816
        ↑ 拝殿を背にしての眺め

P1090819


拝殿の左手に、庚申塚が。

P1090809

P1090811


一番右手に、「為造立庚申供養菩薩也 元禄四年(1691)十一月大吉日」と銘のある六手合掌青面金剛像。何と、正面には一猿のみで邪鬼や鶏は彫られていませんでした。(左右に一猿づつ)
その左隣りの六手合掌青面金剛像(元禄七年)は、台座に三猿が。
そして、庚申塚の左奥に双体道祖神(宝暦十三年四月吉日)や「左ハ大山道」と彫りのある地神塔(文政三年)も在りました。

P1090810


藪蚊がブンブンと寄って来る7月25日の取材もお終い。
横浜市戸塚区分は、一応これにて終了となります。
まだまだ見落とした神社やお寺さんに在住の狛犬さんも居る事でしょう。判明した際には追加をしたいと思っておりますので、皆様ご協力をよろしくお願いします。dog
そして、ご近所の狛犬さんの2013年分もお終い。
で次回からは、大ジャンプをしまして2015年取材分の
鎌倉市と横浜市栄区の一部となります。
ご期待?の程を!happy01


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01
ご近所の狛犬さんは、まだまだ続きます。


・ご近所の狛犬さん その55は、こちら です。

・ご近所の狛犬さん その57は、こちら です。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2015.01.13.  今年の干支、狛羊さんに逢いに!

今日は、こちらに!

干支の狛羊さんに逢いに出かけました。!!(^_^)

*******       以上、モブログでした。  1/15 追記


今年の干支・狛羊さんに逢いに、埼玉県日高市へ。
初詣ではありません。狛羊さんを訪問したのです!coldsweats01
埼玉方面の方がハイキングを楽しまれる日和田山の東南方向の麓に位置します。


高麗山聖天院勝楽寺内の高句麗若光王陵です。

P1150664

P1150680


左右同じ形の様でした。
向かって右側からご紹介。

P1150678

P1150665

P1150667

P1150666

P1150669


続いて、左側。

P1150679

P1150672

P1150673

P1150677


聖天院勝楽寺
の境内はかなり広い様子。今回は他にも行く予定がありますので、少しだけお参り。coldsweats01
聖天院勝楽寺のHPは、こちらです。


駐車場前からの
仁王門

P1150657


仁王門
です。

P1150660

P1150662

P1150663


本堂方面へと続く石段両脇の石塔群。

P1150681


人懐っこいシジュウガラが遊びに来てくれました。happy01

P11506822


暫し一緒に境内を散歩。春ですね~ぇ、良い香りが。

P1150685


春には、きっと綺麗な花が満ち溢れるのでしょうね。
そんな境内を想像しながら、移動開始でした。
で、今回の出逢えた方々のご紹介。

P1150697

P1150718

P1150759


今回は12社を巡るも、狛犬さん3対と狛狐さん1対。
そして、干支の狛羊さんが1対でした。
確率としては、まあこんなものでしょうか。catface
そうそう、途中の神社境内で山繭とも出会えました。good

P11507082


こんな感じの2015年狛犬さん詣で開始の速報でした。
詳細は、今少々お待ち下さい。paper


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定点観測の富士山たち 2015.01.01.

Dscn0103


今年は新年のご挨拶を控えさせて頂いております。
本年も どうぞよろしく お願い申し上げます。


毎度の定点観測です。bleah
富士のお山は、顔を隠していました。fuji
朝が早かったので、お化粧前だったのでしょうか?coldsweats01
丹沢山系は、こんな感じでした。
当然にも、変りが在りませんが。happy01

5p11505892


その右手には、奥多摩の山並みも見えていたのですが・・・。
富士山から右方向へ。

P11505892

5p11505872

P11505922

P11505932


取りあえず写真を撮れましたので、これにてお終い。
すると、南の空がこんな感じに。

P1150599


混雑している道を避け少しだけ買い物を済ませ帰宅した途端、白いものがこんころりん・コンコロリンと空から。2㎜ほどの粒が多かったです。3時間ほど過ぎた今は、少し大きな柔らかい綿の様なものに変わっています。
風がやや強く、底冷えのする日です。
皆様、風邪などにご用心を!paper

毎度お馴染み?の、1月1日定点観測でした。happy01


では、また。smile

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »