« 今日は、こちらに!  2014.12.24. 高尾山薬王院周辺探索 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その46 »

ご近所の狛犬さん その55

P10907672


2013年取材分の第3弾その2となります。paper
前回の街山八幡神社から北東方向1.5㌔ほど移動。
国道1号線・横浜新道の矢部ICの北東方向450m程の横浜新道東側沿いに在ります。



・太神宮(戸塚区名瀬町277付近)


・祭神、由緒

地元では、だいじんぐうと呼ばれているそうです。
すると、祭神天照大神(あまてらすおおかみ)と思われますが、由緒と共に不明です。


こちらの太神宮も横浜新道建設の際に境内を供出した様で、広い法面が目立っていました。
こちらが横浜新道を背にしての参道入り口です。

P1090788


その石段を登りますと、左手に社号標が。

P1090759


更に進みますと、石段や鳥居が。

P1090760


2つ目の石段手前左手に、庚申塔が2基。
共に笠塔婆型の青面金剛庚申塔で、三猿も正面に彫られていました。
左は元禄六年(1693)、右は延宝三年(1675)の彫りが。

P1090761


鳥居の先の参道左右には、すべり台やブランコなどの遊具が。

P1090786


もう1度石段を登りますと、改築が済んだばかりの様なお社が見えて来ました。その手前には狛犬さんもお待ちかねでしたが、先ずはお参りから。coldsweats01

P1090785

P1090780


では、メイン?の狛犬さんのご紹介。
昭和二年(1927)三月生まれ。砂岩質の様なやや崩れやすい石材で、大きな補修痕が痛々しかったですね。

P10907672_2

P1090767

P1090771

P1090768

P1090769

P1090770

P10907732

P1090773

P1090776

P1090774

P1090779

P1090775


今頃は改築の違和感も精査されて、落ち着いた風合いを醸しているのでしょうね。

P1090781


境内が狭くなってしまったためか?変則的な?三段の境内で、各段がやや狭い感じでした。

P1090782

P1090784


その片隅の境内社。

P1090783


神社というと、なぜか道路や鉄路などに境内を供出?してか、変則な形やとても不自然な狭さの境内が見受けられますね。
兎に角暑い日で、セミや大きな縞蚊が飛び交う太神宮でした。coldsweats01
こんな感じで、2013年取材分の第3弾その2はお終い。

狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01
ご近所の狛犬さんは、まだまだ続きます。


・ご近所の狛犬さん その54は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その56は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

|

« 今日は、こちらに!  2014.12.24. 高尾山薬王院周辺探索 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その46 »

狛犬(ご近所)11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/60873846

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その55:

« 今日は、こちらに!  2014.12.24. 高尾山薬王院周辺探索 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その46 »