« 今日は、こちらに!  2014.09.19.  湯ノ沢峠周辺の散策 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その45 »

ご近所の狛犬さん その52

P1060908

P1060891



2013年取材分の第1弾・第2回となります。coldsweats01
今回も横浜市戸塚区で、平戸白幡神社から北東方向に800m程移動。
東戸塚駅の東方150m付近のこちらへ。

移動途中の眺め。2013.02.24.

P1060883




・信濃白幡神社 (戸塚区信濃町518-7..)


・祭 神 
  源義経 (みなもとのよしつね)
  天照皇太神  (あまてらすすめおおみかみ) 
   豊受姫命  (とようけひめのみこと)
 

・由 緒
 康元元年(1256)の創建で、天正三年(1575)・天保十一年(1840)に夫々改築された。
 天正十八年(1590)以降当地を知行した新見氏(子孫・正興は幕末の遣米正使)が歴代神社の興隆に力を尽した。(弘化五年・1848鳥居奉建)
 大正十二年(1923)の大震災に社殿は倒壊したが、氏子に損傷が無かったので、村の長・金子鉄五郎は「宮柱うちくだけても倒れても氏子に怪我のなきぞ尊き」と献詠し、一同も亦身代りになって下さった鎮守様の修復に尽力し、翌年九月現社殿を完成した。
 神社の丘を白旗山と呼び、一帯の小字名となっている。  神社庁資料より


こんもりとした森のある白幡山公園の中にあります。
2007年12月に不審火によって社殿が消失しましたが、地元有志の協力で2012年9月改築されました。

鳥居を潜り、石段を登りますと

P1060884

Dscf1012


石段下左手のお賽銭箱。happy01
当然にも、こちらにも笹竜胆が。

P1060924


石段の中間でお待ちかね。dog

P1060886


慶応二年(1866)十一月生まれの狛犬さんでした。

P10608902

P1060891_2

P1060890

P1060898

P1060894

P1060895

P1060897

P1060899

P1060903

P1060908_2

P1060902

P1060905

P1060904

P1060906

P1060909

P1060911


綺麗に改築されたご神殿。

P1060917

P1060913

P1060914


境内には、倭建命(やまとたけるのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)の二柱が祀られた境内社や石祠・石塔が。

P1060915

P1060916


そして、木花佐久夜比売命(このはなさくやひめのみこと)が祀られている浅間社(右側)や稲荷社も。

P1060919


時間的な関係で確認する事が出来ませんでしたが、お社の裏手のこんもりとした丘には、元一講の講紋がある富士講碑(嘉永元年)や富士浅間大菩薩碑(文化七年)などの石碑や石塔も多数在るとの事です。
次回には是非とも!と思っています。happy01


改築されましたお社のお参りを済ませ、嘉永二年(1849)三月の彫の在る親柱を眺めながら石段を降り、

P1060921

P1060920


咲き誇る梅の花を楽しみつつ、源義経が主祭神の信濃白幡神社を後にしました。

Dscf1011



これにて、2013年の第1弾はおしまい。

狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その51は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その53は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

|

« 今日は、こちらに!  2014.09.19.  湯ノ沢峠周辺の散策 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その45 »

狛犬(ご近所)11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/60369397

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その52:

« 今日は、こちらに!  2014.09.19.  湯ノ沢峠周辺の散策 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その45 »