« 今日は、こちらに! 2014.05.23.  本栖・芝桜公園にて! | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その41 »

ご近所の狛犬さん その48

P1010623


横浜市戸塚区編、怒涛の第2弾のその3です。happy01
第2弾・その1はこちら 、その2はこちらです。

戸塚町の下郷熊野神社から狛犬さん不在社を巡りつつ、直線距離1㌔ほど北東方向へと移動でした。
旧東海道戸塚町交差点前のこちらへ。


・富塚八幡宮 (横浜市戸塚区戸塚町3827)


・祭 神
  誉田別命 (ほむだわけのみこと)
    (応神天皇)
  富属彦命 (とみやすひこのみこと)
    (古墳時代の戸塚の豪族)

・由 緒
 平安時代の前九年役平定のための源頼義、義家父子が奥州下向の途次、当地に露営し、夢に応神天皇及び富属彦命の信託を蒙り、その加護によって戦功を収めたので、延久四年(1072)富塚山中腹に社殿を営み両祭神を勧請したものである。
 後に鎌倉権五郎景政の臣・戸塚修六友晴は、当社の霊験の灼(※)なるを畏み、応徳三年に社殿を再建した。現在の本殿は天保十一年、拝殿は昭和九年の改築になる。
 富属彦命は相模国造弟武彦の二世の孫で、境内山頂の古墳がその墓と伝え、これを富塚(トミツカ)と称し、やがて「トツカ」となったのが「戸塚」の地名の起りと伝える。
 明治六年十二月、戸塚区内唯一の郷社に列せられている。  神社庁資料より


旧東海道に面しており、かなり排気ガスの影響がある様な?

P1010612

P1010659


こちらも国道1号線としての道路拡張により、かなり境内が狭くなってしまったと思われます。
鳥居を潜り石段へ。

P1010655

P1010613


石段を登りきると拝殿ですが、何やらお待ちかね?
先ずは、お参りから。

P1010614

P1010615


続いて、お待ち頂いた本命のこちらを。
台座には、天保十二年(1841)秋八月の彫りが。

P1010623_2

P1010617

P1010622

P1010618

P1010619

P1010620

P1010630

P1010625

P1010627

P1010626

P1010629

P1010633

P1010634


境内を探索。
本殿の脇障子に、こんな彫り物が。

P1010645

P1010646

P1010647


社殿の脇には、天満宮稲荷大明神、御嶽大権現

P1010635

P1010636

P1010638


数多くの庚申塔が祀られていました。

P1010637

P1010639

P1010640

P1010641

P1010642

P1010643

P1010644


建立時期は不明ですが、少し古そうな石灯籠も。

P1010658


そして、彼の有名な松尾芭蕉句碑も在りました。

                                  (はつかつお)
鎌倉を生きて出でけむ初松魚
 

 元禄五年(1692)芭蕉49歳の作句。

江戸っ子に珍重された初鰹は、当時鎌倉に水揚げされて戸塚を通り、江戸へ運ばれた。
その情景をうたった松尾芭蕉の句碑が、嘉永二年(1849)戸塚の俳人たちによって建てられた。との事です。

P1010653


お参りを済ませて、更に北東方200mほど移動し、
八坂神社前交差点へ。



・八坂神社 (横浜市戸塚区戸塚町4189)


・祭 神
  素戔嗚尊 (すさのおのみこと)
  奇稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)

・由 緒
 元亀3年(1572年)6月、郷の庄司内田兵庫政親が牛頭天王社を草創勧請したものである。
 その後、いつしか社殿敗壊、御神体は草莽の中に散在し、止む無くこれを地中深く埋め祭祀を欠くこと数十年に及んだ。内田氏の子孫、内田佐衛門蔚源政利がこれを憂い、元禄元年、矢部村庄司河原氏の霊夢により土壌を起こし、御神体を得て、その再興をはかり祭祀を行った。この時、鶴ヶ岡の神職が湯花神楽を奏した。
正徳6年4月14日正一位の神号を受け、政利の子孫は累代社司に任じられた。
明治初年、八坂社と改め、更に昭和7年9月19日、八坂神社と改称した。 神社庁資料より


通称「お天王さま」として親しまれている戸塚宿の鎮守様で、こちらも旧東海道沿いに在ります。

P1010696



鳥居を潜り、少し石段を登って拝殿へ。

P1010660

P1010665


こちらでも、先ずはお参りから。

P1010666

P1010667

P1010668


昭和十三年(1938)七月生まれの狛犬さん。

P1010678

P1010675

P1010679

P1010676

P1010682

P1010687

P1010684

P1010688

P1010685

P1010690

P1010691


社殿左手には、稲荷社が祀られていました。

P1010673

P1010692


少し狭目の境内には、詠大御祭歌碑、御神体再現記念碑、安政二年(1855)建立の庚申塔や明治天皇東幸史蹟碑も在りました。

P1010671

P1010672

P1010669


こちらのも建立年代は不明ですが、古めの石灯籠が。

P1010693

P1010694


境内の片隅には由緒書きと共に、横浜市指定無形民俗文化財「お札まき」の解説が掲出されていました。

P1010663


おまけ

一等基準水準点標石も埋設されていました。coldsweats01

P1010662


これにて、怒涛の第二弾のその3は、おしまい。paper

狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その47は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その49は、こちら です。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile 

|

« 今日は、こちらに! 2014.05.23.  本栖・芝桜公園にて! | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その41 »

狛犬(ご近所)10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/59713553

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その48:

« 今日は、こちらに! 2014.05.23.  本栖・芝桜公園にて! | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その41 »