« ご近所の狛犬さん その47 | トップページ | 今日は、こちらに! 2014.05.07. 花を愛でに南高尾山稜へ »

ちょい遠目の狛犬さん その40

Dscf07012


ちょい遠目の狛犬さんは、やっと昨年分となりました。
2013.01.07.干支の狛蛇さん詣でです。coldsweats01
いろいろと検討。三鷹の井の頭にも狛蛇さんがお住まいとか。しかし、宇賀神(人頭蛇身)は何ともリアル過ぎる感じなので立川市へ。



・矢川弁財天 (立川市羽衣町3-29)


 弁才天は琵琶を弾く姿が一般的で、芸能の神様として知られ学問・弁舌・音楽・除災・財宝・至福を与える女神様とも言われ、江戸時代から七福神の一神とされ宝船に乗る姿もみられます。
 弁才天は日本神道古来の神である宇賀神(蛇の神様)と習合・一体化し、頭上に老人の頭を、身体は白蛇(人頭蛇身)の姿をしていることもあります。
 表記方は弁天、または弁天とされています。


P1060439


一の鳥居を潜りますと、

P1060440


鳥居の少し奥に、白龍橋が。
左右の欄干の上に、白蛇がお出迎え。

P1060458

Dscf0696

P1060457


二の鳥居を潜りますと、お目当ての方が。happy01
昭和十八年(1943)五月吉日生まれの狛蛇さん。
とぐろは左右の巻きの違いこそあるものの、両側とも同じ顔形でした。

P1060454

P1060442

P1060443

P1060444

P1060445

P1060447

P1060448

P1060449

P1060450

P1060451


参道を少し進んで、拝殿へ。

P1060455

P1060456

P1060441


本殿の左手に、毘沙門天堂が祀られていました。
毘沙門天って、インドで信仰されてきた財宝の神で、仏教では四天王の一人に数えられ、須弥山(しゅみせん)の中腹に住み、夜叉、羅刹を率いて北方守護を司る。との事で、矢川弁財天は、箕輪城の鬼門除けの神社だという説もあるそうです。

P1060461


『多摩のジョギング道』さんのHPに、こんな伝説が紹介されていました。

「立川のむかし話」によれば、矢川弁財天に関してこんな話が伝わっている。 いつの頃か、矢川弁財天は荒れ放題になっていた。気味悪い雑草が生い茂り、 池の水も暗くよどみ、妖気さえ漂っていた。ある時、立川の修行僧のところ に一人の老人が訪ねてきて、矢川弁財天を清めて世に出して欲しいと言う。 そこで老人の案内で弁財天に行くと、荒れ果てて妖気さえ漂う有様に驚いた。 修行僧はよい日を選んで整地にくると約束した。やがて何日か経って修行僧 はお手伝いを連れてやってきて、雑草を刈り、石を取り除いて整地を始めた。 すると堂守婆さんが飛んできて、「ここは弁天様の棲家じゃ。そんなことし たら後で弁天様の祟りがある。すぐやめれ!」と言った。修行僧は「法要す るから心配はいらない」と婆様を納得させた。その夜修行僧が床につくと、 高い山から谷底へ突き落される夢を見て目を覚ました。しかし体の自由がき きません。必死にもがくうちに大木に捕まることができた。が、何とそれは 大蛇だった。これは弁天様が怒っているのだ。修行僧は悪霊を封じる九字の 印を切ろうとしたが身動きできません。やがて修行僧は心に閃くものがあっ た。弁天様は怒っているのではなく何かを訴えておられる。九字の印ではな く相承の印で霊と和合しなければならない。そこで足を組み、相承の祈りに 入ると、魔性が霧散し体が自由に動くようになった。修行僧が弁天様と和合 できたことで、矢川弁財天は清められた。修行僧は以後3年、矢川弁財天で 法要を営んだという。

本殿の左手に、矢川弁財天初代教主の像も祀られていました。

P1060463


その斜め前には、立派な造りの三龍殿が。

P1060462

P10604642

P10604643


池の端からの俯瞰。

Dscf0698


白龍橋。

Dscf0699


白龍橋からの白龍ならぬ綺麗な錦鯉たちの眺め。

P1060460



鱗がしっかりと彫られた、少しだけ愛嬌のある狛蛇さんにお逢い出来て、何とも笑みが零れてしまったカル2でした。coldsweats01
2013年の干支に因んだ、矢川弁財天の狛蛇さん詣では、これにて。paper


ちょい遠目の狛犬さんは、未だ未~だ続きます!
乞う、ご期待!なんちゃって。bleah


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その39は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん の41は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きますよ~ぉ。coldsweats01

では、また。smile

|

« ご近所の狛犬さん その47 | トップページ | 今日は、こちらに! 2014.05.07. 花を愛でに南高尾山稜へ »

狛犬(ちょい遠目?)08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/59547680

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その40:

« ご近所の狛犬さん その47 | トップページ | 今日は、こちらに! 2014.05.07. 花を愛でに南高尾山稜へ »