« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

越後の狛犬さん その36

P10100792



越後の狛犬さんも、ホルダの中で”早く紹介を!”と騒いでいる様子。
で、順番が来ましたので、にっこりとしている様な?dog

2012年4月1日に訪れましたこちらは、柏崎市の海水浴場・鯨波海岸にほど近い、閑静な住宅地に在りました。




・神明宮 (柏崎市鯨波3-7-28)

・祭 神
 

 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 豊受大神(とようけのおおかみ)

  合祀神 健御名方命、澳津櫛井命、辺津櫛井命

・由 緒
 仁徳天皇九年創立。
 明治四十一年(1908)上諏訪社・下諏訪社を合祀。
 明治四十三年(1910)両社の石祠を境内に移転。
 大正二年(1912)社殿を奉還。
  柏崎地域の里神楽奉納神社一覧より


P1010076


社号表の奥、鳥居の手前に何方やらが。happy01

P1010091


大正四年(1915)十一月生まれの狛犬さんでした。happy01
素晴らしいお顔でしたよ!good

P10100792

P10100852

P1010079

P1010080

P1010081

P1010083

P1010085

P1010086

P1010087

P1010089

P1010090


更に進み、石段を登りますと、

P1010092


明治四十三年(1910)九月生まれの狛犬さんが。happy01
格好良く、おしりを持ち上げていますね。dog  

P10100962

P1010094

P1010095

P1010096

P1010097

P1010098

P10101022

P1010101

P1010102

P1010103

P1010105

P1010106

P1010107


雪が少し残る境内の奥にお社が在りました。

P1010108

P1010109


かなり広い境内には、ケヤキの古木が。
カル2が細く見えるかな???coldsweats01

Dscf3032

P1010116

Dscf3034


拝殿の左手には、数多くの石祠が祀られていました。

P1010110


そして、拝殿の右手には社殿改築記念碑が。
裏面には大正十三年八月竣工の彫りがありました。

P1010113


この日は、続いてもう1社をお詣りをしましたが、ご紹介は次回とします。
お楽しみに!coldsweats01


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その35は、こちらです。

・越後の狛犬さん その37こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その44

P10005492



横浜市戸塚区編はお休みしまして、2012.02.21.に鎌倉大仏裏山ハイキングに行った際にお逢いしました狛犬さんのご紹介です。
すなわち、鎌倉市編となります。
鎌倉市編は、一部だけご紹介を済ませています。
いっぱい残っていますので、狛犬さん詣でに行かねば!と思いつつ・・・。coldsweats01
では、ご紹介。



・諏訪神社(鎌倉市御成町17-29 の隣)
 
※ 上の住所は鎌倉商工会議所の住所でして、神社は不明)

・祭 神 建御名方神(たけみなのかたのかみ)

・由緒伝来
 鎌倉駅西側の鎌倉市役所付近は、諏訪一族・鎌倉幕府の重臣諏訪盛重らの居地で諏訪地と呼ばれていたそうです。この諏訪神社は、諏訪一族の守護神として邸内に祀られていたとの事です。
 邸内には諏訪池と呼ばれる池もあり、そのほとりにこの神社は建てられていましたが、鎌倉市役所を造るために池が埋め立てられ、今の場所に遷移したといわれています。   鎌倉市役所資料より


こじんまりとした神社で、商工会議所と地続きになっていました。そのためか、境内は駐車場となってしまっている様子でした。
右手の社号表も可愛く。
coldsweats01

P10005462


小さ目のお社。

P1000566

P1000567


狛犬さんは、昭和四十五年(1970)三月生まれでした。
諏訪池の東側から遷移された時なのでしょうね。

P1000549

P1000554

P1000550

P1000551

P1000557

P1000559

P1000558

P1000562

P1000561


本殿に向かって左手には、建立年代など不明の石祠が祀られていました。

P1000569

P1000568


隆盛を誇った諏訪一族の守護神として邸内に祀られた諏訪神社、時代が違うとは言え少し寂しい気がしました。
お参りを済ませて、目の前の道を西方・長谷方向へと進み長谷大矢戸を左折。山の上の神社へ。



・浅間神社 (鎌倉市長谷5-11)

・祭 神
 木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)
  (木花開耶姫命・日本書紀表記)  

・由 緒
 天保年間に大佛坂上の地に創立された。その後荒廃していたが、長谷青年会の手で大正四年に新らたに現在地を公園化し社祠を新築遷移した。
 と言う事で、祭神は若しかしたらお父さんの大山祇神かも知れません。由緒と共に今一不明です。
  鎌倉史跡散歩などより


入口の案内板。

Dscf1007


こんな道を登りますと、

Dscf1004


お社が在ります。

Dscf1005


お社の左手を行きますと、裏大仏のハイキングコースへと続いています。

Dscf1006


こちらには狛犬さんは不在でしたが、これから歩くハイキングコースに因んでのご紹介でした。
このままお社の左手を進んでは、目的が達成出来ません。従いまして、登って来ました道を逆戻り。happy01
通りに降り立ち、更に大仏様(高徳院)方面へ。
大仏様の裏手からの眺め?をご紹介。
何しろ、が好きなカル2ですからね。bleah

こんな感じで、大仏様は見え難いかも知れません。
拝観料を惜しんでいますのでね。coldsweats01

Dscf1008

Dscf1010


こちらなら、見えますでしょうか?

P1000571


この後、こんな道を通ってハイキングコース入口へ。

Dscf1011


そのハイキングのレポは、こちら です。
鎌倉古道一升枡遺跡のご紹介も少しだけあります。
今回はこんな感じで短めで、おしまい。
ハイキング後にも狛犬さん詣でをしましたので、
次回にご紹介します。
お楽しみに!coldsweats01

狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。

どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その43は、 こちらです。

・ご近所の狛犬さん その45は、 こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 狛駒さん詣で 2014.01.06.

今日は、こちらに!
ご利益が有ります様に!horsehappy01

*******           以上、モブログでした。  1/07 追記

来年は干支の山に行こうか?6年連続で狛犬さんにしようか?と迷いながらグダグダしているうちに、午年となってしまいました。coldsweats01
今年は一段と寒いし、冬山は装備が・・・。

結局は、狛駒さんに。
場所は京都が良いのですが遠いし渋滞が・・・。
で、安直に近場?の東松山市へと行って来ました。


上の写真は、上岡馬頭観世音の神使、馬頭観音です。
昭和二十四年九月に再建。家内安全は勿論、馬体安全・乳牛安全・厄除けなどの珍しいご利益もある様です。

・武州上岡馬頭観世音 (東松山市岡・妙安寺)

P1100799


社頭の案内板です。(かなり大きくなります。)

P1100802


馬頭観音は、「馬が牧草を食むように悪を食い尽くし、水を一気に呑み干すように災厄を除く」厄除けの観音として信仰されます。
又、馬頭観音は、六道のうち畜生道におちた人々を救う観音様。
民間信仰では馬の守護仏としても祀られ、そこからあらゆる動物を救う観音ともされています。
本堂の中には、沢山の馬像が納められていました。

P1100804

P1100808

P1100806


そして、正面からの馬さん。

P1100800


屋根上の飾り瓦のにも、素晴らしい馬や馬の文字が。

P1100813

P1100832


こちらのお参りを済ませて帰宅。とは、まいりませぬ。
七社ほど廻って6対の狛犬さんと対面出来ました。scissors
取り合えず、阿形のみをご紹介します。

P11008412

P1100890

P1100913

P1100943

P1100974

P1110016


最後に訪れました唐子(からこ)神社をお参り後、帰り際に空から何か落ちて来ました。
”ヒュ~~~~ン、という音と共にね。
そして足元で、バサッ!”とか”カコ~~~ン!”とも。
仔細に見回すと、ありました。
裸木にわんさかと丸い実が。happy01

P1110040


足元に落ちて居る実を見ると、ムクロジの様でした。
ムクロジならお正月の羽根つきの羽根が付いている黒い丸い球ですよね。
”お正月だから、”お土産にでもしたら!”と神様が木から落として下さったのでしょう。
素直に数個を持ちかえりましたとさ。good


ちょうどお昼になりましたし、それまでは風もなくポカポカとしていたのですが、風が吹き始めて少し寒くなって来ましたので、狛犬さん詣では終了。
お昼を食べて、帰還としました。
モブログの追記ですので、これ位に。
本レポは、少~~~々お待ちください。coldsweats01
他の狛犬さんレポも、少々お待ち下さい。paper


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けまして 

   おめでとうございます!


 今年も相変わらず
     よろしく お願い申し上げます。happy01



今年の定点観測。
暖か過ぎて、山はほぼ写らず。
画像処理で、何とかこんな感じに。coldsweats02

P11007962


大山が少し白く。
そして、奥に在る塔から丹沢山への稜線はかなり白く。
富士山は、ほんの薄っすらと見えるのみ。weep
本来でしたら、こんな感じで綺麗なのですが・・・。
天気さえ良ければね!coldsweats01

P101000321

P1010002


上の2枚の写真は以前に撮ったものです。
天気は良いけど、霞が濃すぎ。
何となく今年の山遊びを予測している様な?
まあ、雨ではないのでOKでしょう。good


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »