« 今年も綺麗な初夏の装いが! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その12 »

ちょい遠目の狛犬さん その34

P10601042



2012年1月6日訪れましたあきる野市。その第3弾です。
ちょい遠目33でご紹介しました大戸里神社を後にし、南西方向直線距離1キロほどに在ります龍珠院というお寺さんを目標に。
その東隣りのこちらへ。


・新明社 (あきる野市乙津1402)


・祭 神 
  天照大神(あまてらすおおみかみ)
  天児屋根命(あめのこやねのみこと)
  素盞嗚命(すさのおのみこと)

・由 緒
 創立由緒は不明であるが、古老の口伝によれば神明皇大神と称し、龍珠院の鬼門除けとして建立した。
 応安二年(1369)二月の勧請という。
 明治二年(1869)に社号を神明社に改めた。
     あきる野市神社一覧より


龍珠院の東隣りに在りまして、入り口には何んとこの像が建っていました。
以前には、小学校に多く見られたのですが・・・。

P1060119


こちらも杉木立に囲われる神社でして、勿論石段を登ります。

P1060118


鳥居下の社名標には、御大典記念 大正四年十一月 とありました。

P1060117


社叢林が鬱蒼と茂る静寂の中の神社は、何となく心が引き締まりますね。

P1060101

P1060102


拝殿前の狛犬さんは、平成二年(1990)十一月生まれ。

P1060104

P1060105

P1060107

P1060109

P1060110

P1060111

P1060112


拝殿の両側には、境内社かと思われるお社が合祀されていました。

P1060114

P1060115


拝殿を背に、鳥居方を望む。

P1060116 


とっても静かで、心が穏やかになる感じがしました。
気がしただけ!と言うご意見もおありでしょうが。
で、更に西方向へと移動でした。
馬頭刈尾根の入り口を探索しながら、お立ち寄り。
二社不在社が続きましたが、こちらの一社をご紹介。



・貴布袮伊龍神社(檜原村下元郷266)


・祭 神 
  国常立尊(くにとこたちのみこと)
   地上の形を変え、龍の様な地形にして日の本の国土を創ったとか。
  猿田彦尊(さるたひこのみこと)
   身体的な特徴から太陽神のなれのはてではないか、とする説も。
  天手力男尊(あめのたぢからおのみこと)
   天の岩屋の戸を開いて大神を連れ出した大力の神。

・由 緒
 創立年代などは不詳。
 昭和の修復の際に寛文庚戌(1670)に社殿修造せし」の記述が発見されたそうです。
 創建当初の祭神は、国常立尊と不動明王だった。明治の社寺分離令により貴布祢神社になり、明治四十四年に払沢の滝入り口にあった伊龍神社を合祀。
 以後、貴布祢伊龍神社となり今に至る。
     社頭の拝殿改築記念碑より

P1060130

P1060129


石段脇に御神石と思われる大石が在りました。

Dscf1024


こちらも鬱蒼と茂る樹々に囲まれ、秋川支流のせせらぎに癒されながら石段を登りました。

P1060128

P1060126

P1060125


こんな可愛いお社も。(ボケボケ!)

P1060121


境内の石灯籠に、我が家の遠い親戚風の名前がありましたっけ。
そんな癒しの空間から舗装路へ。
そこには、こんな指導標が在りました。

P1060132


神社の石段を降りまして、左手へと進みますと泉沢を経て馬頭刈尾根入り口です。
癒された気持ちを大切にしながら、更に西へ。
桧原村役場を右に眺めながら、橘橋の字路を右折。
ほんの直ぐ先の右手のこちらへ。



・春日神社(檜原村本宿500)


・祭 神
  天児屋根命 (あめのこやねのみこと)
  伊奘諾命 (いざなぎのみこと)
  伊奘冉命 (いざなみのみこと)
  猿田彦命 (さるたひこのみこと)

・由 緒
 本宿地区の鎮守。
 元応元年(1319)とか元暦元年(1184)の創建という。
 創建当初は檜原城の鬼門除けとして高畑に鎮座していたが、宮ノ平を経て貞享四年(1687)頃に現在地へ遷移した。
 明治四十二年(1909)上元郷の熊野神社・日枝神社を合祀し、現在に至る。



P1060148

P1060141

P1060133


拝殿前の昭和六十一年(1986)三月生まれの狛犬さんです。

P1060134

P1060136

P1060135

P1060137

P1060139

P1060138


境内の片隅には、こんな石祠や石塔が祀られていました。

P10601422


そして、こちらの神社の御神木。
大欅で、目通り6.2メートル、樹高33メートル。
檜原村指定天然記念物との事です。
こんな案内板が在りました。

P10601462


こんな言い伝えもあるとか。

P10601452


で、やっと大欅のご紹介です。

P1060143

P1060144


1本の様に見えましたが、実際には2本なのでしょうか?
夫婦欅なので、やはり2本なのしょうか?
で、1本だとしたら、檜原城主のお手植えの記念樹?
それとも御神木?
なんて言う、愚かな詮索は忘れましょ!
兎に角、大きくて太~~~い欅でした。


春日神社のお参りを済ませましたが、少し時間が押して来ました。
当初の予定通りに、千束尾根の入り口を見に行かねば!と言う事で更に移動でした。


あきる野市方面の狛犬さん その3は、
これにておしまい。
ちょい遠目の狛犬さんは、未だま~だ続きます!
乞う、ご期待!なんちゃって。bleah


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その33は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その35は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

|

« 今年も綺麗な初夏の装いが! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その12 »

狛犬(ちょい遠目?)07」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/57469829

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その34:

« 今年も綺麗な初夏の装いが! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その12 »