« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

駿東の春一番!

駿東の春一番!
まいど~ぉ!

*******      以上、モブログでした。  4/28追記。

写真がボケボケでした。coldsweats02
この方の写真は、1枚しか撮って来ませんでした。
従いまして、残念ながらこのままで。


今回連れて行って頂いた所は、こんな所でした。

P1070965


あの丘の向こうに行きますと、富士山ももう少し良く見えるのですが・・・。
反対側には、箱根の外輪山が。西側には、愛鷹連山も見えていました。

P10709682


こちらでも、どこやらかお声掛かりが。coldsweats01

P10709692


すみれもいっぱい咲いていましたが、2枚のみパチリ。
他にも、3~4種類のスミレが咲いていました。残念。
ご一緒した方は足が達者な方で、写真を撮っていると置いて行かれちゃいますんでね。
おっと、達者なのは、口もか? なんちゃって。bleah
(先輩ですが、30年以上のお付き合いなもんでhappy01
で、その2枚とウマアシ。

P10709662

P10709732

P1070970


毎年通っていますが、この2~3年は草花の生育が何となくおかしい感じがしています。

駿東の春1番のレポでした。

おしまい。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん(特別編10)

弱足ママさんからのプレゼント、栃木市です。

3月にお送り頂いた狛犬写真、やっとご紹介です。
大変遅くなり、本当に申し訳ありません。

栃木市の太平山神社へ行かれた際に、狛犬さんをたくさん捕獲して来て下さいました。happy01
弱足ママさんその楽しかったレポは、こちらです。



・太平山神社(栃木市平井町659)


・祭神、由緒
 境内社も多く大勢の祭神が祀られており、従って由緒のご紹介も長くなりそうなので、誠に申し訳ありませんが下記のリンク先をご覧下さい。coldsweats01
                太平山神社公式HP

神社名ですが、「」を使う方が多い様ですが、公式サイトでは「」が使われていますので当ブログもそれに習います。


先ずは、境内の案内図(HPより借用)

Guid


では、狛犬さんのご紹介。 


・随神門にて

天保十三年(1842)十一月生まれの狛犬さんです。
なかなか良い感じの姿・形。
傷みこそ有れ、長い年月健気に頑張っていますね。happy01

Photo_11

Photo_12


・本殿にて

右手の吽形に先端部が曲がった角が、
左手の阿形に宝珠が。

Photo_13

Photo_14


・交通安全神社
にて

ドングリまなこの狛犬さん。

Photo_15

Photo_16


・福神社にて

福々しいお顔の大黒様。

Photo_18

Photo_17


・太平稲荷神社にて

キリッとしたマナコのキツネさん。

Photo_19

Photo_20



まだまだ多くの古い狛犬さん達が仕事に従事している
そうで、是非とも会いに行ってみたいと思っています。
ママさんの言われる通りチョイと遠目ですが、ハイキングを絡めての行きたい場所の項にインプット。good

折角の弱足ママさんのプレゼント写真、グダグダと余計なことを書いてしまいました。coldsweats01


弱足ママさんからのプレゼントちょい遠目の狛犬さん特別編でした。happy01
弱足ママさんのその楽しかったレポは、こちらです。


皆さんから頂いた多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。

狛犬さん特別編 その9は、こちらです。
狛犬さん特別編 その11は、こちらです。
是非、こちらにもお立ち寄りください。

弱足ママさんをはじめ皆様が狛犬の事をお心に留め置いて頂き、そして捕獲までして頂いて大変恐縮しつつ大喜びをしています。
これからも、十分な余裕の出来た際には宜しくお願いしたいな!とカル2は思っています。bleah


ご紹介が遅くなってすみません。
ありがとうございました。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かなり遠目の狛犬さん その11

Pc150290



2011年12月5日、犬山成田山~犬山城~針綱神社~三光稲荷神社と巡りまして、更に南下して津島神社をお参り。そして、丹羽郡大口町の白山神社から小口神社へ。
その続きで、犬山市・大口町編のその5となります。

その1その2その3その4

その4小口神社から南西方向へ7~800m足らずの移動でした。



・白山神社 (丹羽郡大口町下小口1-154)

・祭 神
 白山神社ですので祭神は、菊理姫命(くくりひめのみこと)と建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)(素戔嗚尊 、こちらの方が見慣れていますね?)と思われます。
  菊理姫命は、白山の神、縁結びの神様。
  菊理比咩神/菊理比売神
(くくりひめのかみ)とか、白山比咩神/白山比売神(しらやまひめのかみ)などの別名があります。

・由 緒
 創建年代は不詳。
 大久地城主・織田遠江守広近が崇敬したと伝えられている。
 明治四十二年(1909)に愛宕社と天神社を合祀した記録や貞享元年(1684)などの棟札が多数存在する。
との事です。


白山神社や隣接する白山ふれあいの森には、多くの古墳が有るそうです。
白山神社の境内には白山1号墳と言う古墳があり、全長約49m、高さは前方部分が約1.6m、後方部分が約4.1mの前方後方墳の上に神社が建っている。とか。

  今回は、時間の関係で古墳見学は出来ませんでした。

Pc150267


参道は、灯籠、鳥居、太鼓橋、狛犬、百度石、蕃塀、狛犬、吹き抜けの拝殿、灯籠群を経て基壇上の本殿へと続きました。


鳥居の奥、参道正面の太鼓橋。

Pc150268


その奥の狛犬さんや白馬、蕃塀など。

Pc150269 


石段下で先ず出迎えてくれました、皇紀2600年
(昭和十五年・1940)生まれの狛犬さん。

Pc1502712

Pc150272

Pc150273


石段上の少し小さ目の狛犬さんと白馬。
狛犬さんは、昭和十二年(1937)八月生まれで金婚記念の彫がありました。

Pc150276

Pc150277

Pc150279

Pc150281

Pc150282

Pc1502832

Pc150285


続いて、昭和七年(1932)九月生まれの狛犬さん。

Pc150288

Pc150294

Pc150295

Pc150296

Pc150298


そして、並んでいました昭和三十九年(1964)三月生まれの白馬さん。大きすぎて全体像が撮れませんでしたので、後姿を。coldsweats01

Pc150290_2

Pc150301


更に奥のお百度石と蕃塀です。

Pc150300


蕃塀の奥の明治四十三年(1910)八月生まれの狛犬さん。子獅子がかなり痛々しいですね。でも、両親と一緒に健気に神様をお守りしていました。happy01

Pc150303

Pc150304

Pc150305

Pc150309

Pc150311

Pc150312

Pc150313


そして、こちらも壁の無い吹き抜けの拝殿でした。

Pc150314

Pc150317


あまりにも多くの狛犬さんを撮り、本殿を撮り忘れてしまいました。weep
拝殿や本殿の屋根上には、こんな飾り留蓋が。

Pc150315

Pc150324

Pc150321

Pc150327


久し振りにこんなに多くの狛犬さんに出逢えた白山神社
本殿の写真を忘れた事など微塵も気が付かずに浮かれ気味。coldsweats01
意気揚々と、次の神社へと向かいましたとさ。bleah

これにて、犬山市・大口町編のその5、おしまい。
次回は、
犬山市大縣神社です。
愛知県編は、取り合えず次回が最終回です。coldsweats01
で、かなり良いお宝が登場します。
ご期待を!happy01


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・かなり遠目の狛犬さん 
その10はこちらです。
  (大口町編その2です)
・かなり遠目の狛犬さん その12は、こちらです。


シリーズは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その33

P10600822


2012年1月6日訪れましたあきる野市。その第2弾です。
ちょい遠目32でご紹介しました養沢神社を後にし2社巡りましたが、養沢神社に合祀された神社でして当然にも狛犬さんは不在。
続いて、乙津の小高い位置に在りますこちらへ。


・高明神社 (あきる野市乙津2123)

・祭 神
 天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)
  [妙見菩薩(みょうけんぼさつ)]
  [北極星] とも表記されます
  古事記で最初に出現する神、造化三神、寿命の神
 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
 伊弉冉尊(いざなみのみこと)
  婦婚姻の神、子授安産の神
 別の資料では、他に速玉命、泉津事解男命も祀られているとか。

・由 緒
 古くは熊野三社権現と称した。
 創立は不詳であるが、別当光明寺とともに延文年間(1356~1361)に戦火で焼失したという。
 かつて当社は光明山の山頂に鎮座し、参拝は大変な労力を要しました。
 平成三年現在地に遷座し、氏子の皆さんのより身近な氏神様となりました。
 山岳信仰に根差した崇敬の厚い当社は、現在登山者たちの憩いの場ともなっています。  東京都神社庁資料より



半月ほど後の1月18日に.馬頭刈尾根歩いた際に、高明神社跡をお参りしました。(下の3枚の写真)

Dscf9078


御神木でしょうか、太く大きな杉も。

P1180081


そして、参道の鳥居も残されていました。

P1180084


下山後にお参りを済ませ、休ませて頂いたのがこちらでした。
現在の高明神社は、高明山麓の斜面に築いたコンクリート製地盤上に鎮座していました。

P1060046

P1060047

P1060048

P1060049


昭和六十三年(1988)八月十日生まれの狛犬さん。

P1060050

P1060051

P1060053

P1060055

P1060054

P1060056


直ぐ傍の馬頭刈尾根の登山口の様子を見に行きますと、涸れた沢の水溜りで何やら動く物が。
良く見ますと、狭い水溜りに大小数匹の鱒でしょうか?
生簀代わりの様子でした。
きっと、後日食べられちゃうのでしょうね。coldsweats02

P1060059


続いて、更に少し南下してこちらへ。
幹周りでは高尾山の飯盛杉が東京都では最大と言われていますが、それ上回ると言われている御神木の杉が有名?です。


・五柱神社(あきる野市養沢字寺岡1392)
 (いつはしら)

・祭 神
 久々能智命(くくのちのみこと) 木の神
 火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ) 火の
 埴安姫神(はにやすひめのかみ)
   土の神、田畑土壌の神、地鎮祭の神
 金山毘古神(かなやまひこのかみ) 鉱山の神
 弥都波比売神(みづはのめのかみ)
  罔象女神とも表記され、水の神

・由 緒
 不明です。    あきる野市の資料より

祭神名を見ると”なるほどね!”ですね。
生活して行く上に必要な神々を手厚くお祀りされていたのですね。


寺岡の集落からは、一段と大きな杉の樹が目立ちました。

P1060070


先ずは、こちらから。

P1060067

P1060065

P1060061


本命の狛犬さんは、不在社でした。
で、大杉のご紹介。
あきる野市の調べでは、樹齢400年以上・樹高30m以上、幹周りは8.5mとの事です。
細身???のカル2と比べると分かりますかね。bleah

Dscf1010


とにかく、太くて大きく立派でした。

Dscf1013

P1060063


あきる野市の天然記念物に指定されています大杉が聳え立つ五柱神社を後にし、5~600m東方の201号線沿いに在るこちらへ。


・大戸里(おおとり)神社(あきる野市乙津94)
  大鳥(鷲)神社、俗称「おとり様」

・祭 神
 天日鷲命(あめのひわしのみこと)
   紡績業・製紙業の神
 天穂日命(あめのほひのみこと)
   農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神

・由 緒
 旧鷲宮大明神と称し創立年代不詳。
 水垣の宮天皇の四十八年に社を建立、神を祭り麻穀を植え織物をする。
 明徳三年天穂日命と合祀し修築。
 永禄五年三成五月八王子城主北条氏照祈願の為石灯籠納める。
 享保二十年社殿炎上、社記・古文書・宝物等焼失。
 延享元年九月社殿建築。  東京都神社庁資料より


201号線から、かなりの年代を経た石段を登りました。
(拝殿の裏側には車用の道もあり)

P1060100

P1060098


石段を登った先の境内は、鬱蒼と茂る社叢林の色が濃く、少し暗い感じでした。とピンボケの予防線をcoldsweats01

Dscf1022

P1060071

Dscf1023

P1060073


大正二年(1913)九月生まれの狛犬さんで、向かって右が吽形・左が阿形。
石工さんは八王子町、以下判読不明。
尻尾の形が藤沢市北部で出会った狛犬さんと同じ様な感じで、若しかしたら同門下の方かも知れませんね。

P1060075

P1060088

P1060076

P10600782

P1060079

P1060080

P1060082

P1060087

P1060083

P1060086

P1060085

社殿の前には、文政九年(1826)春三月の彫が在る1対の石灯籠が。

P1060091

P1060095


その左手には、稲荷社や庚申塔などが祀られていました。

P1060093

P1060097


あきる野市方面の狛犬さん その2は、
これにておしまい。
ちょい遠目の狛犬さんは、未だま~だ続きます!
乞う、ご期待!なんちゃって。bleah


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・ちょい遠目の狛犬さん その32は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その34は、こちらです。


狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春何番かな? 2013.04.23.

春何番かな?
お、重~いっ!coldsweats01

*******    以上、モブログでした。

掘るのが楽しい!
嬉しい重さ!bleah
野性味満点!
食べると美味しい!delicious

P1070957


今年何番目の春1番になるのやら。
でも、まだまだ続くのだ!happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俣野別邸庭園を初訪問! 2013.04.15.

3月27日に部分開園されました、横浜市戸塚区の俣野別邸庭園に行って来ました。
旧住友家別邸で、昭和14年に建てられた建物は残念ながら不審火により焼失。
庭園の広さは、約5.8ha。
その内の外苑部約4haが公開です。
4haって、どの位の広さでしょうか?
東京ドーム○個分。
何て言われても、分かった様な気がするだけで、本当は分からないのですよね。coldsweats01
是非行かれて体感して下さい。
とにかく広~~~いですよ。
で、残りの部分は2~3年後に開放されるとの事です。

毎月第3木曜日(祝日の場合は翌日)及び年末年始が休園日。午前9時から午後5時開園との事です。

詳しくは、こちらをご覧下さい。


南口を入り左手のもみじ坂を降ります。
紅葉の頃も良いのでしょうが、今は八重桜が満開に。

P1070802

P1070807 


坂を降りきると、管理棟があります。
いろいろなコースがありましたが、今回はちょいと様子見ですのでサラリと。

P1070808

Dscf9001

P1070811

P1070825

P1070816


素晴らしい樹々が繁っていました。
こういう雰囲気が好きなんですよね。good

花の端境期に入りつつある様で、若干開花木が少ない様でした。

P1070820

P1070821

P1070818

Dscf9012

P1070842


駐車場のある北口近くは、こんな斜面一面にツツジが。
満開の時季には、どんな感じで迎えてくれるのでしょうか?

P1070846


と、掻い摘んでのご紹介でした。
とっても広く落ち着いた感じの庭園で、通う予感が。
近くに良い遊び場が出来ました。good


樹木好きのカル2としましては、ブログは写真が小さくて・・・。
従いまして、山遊びではありませんが「樹木絡み」で 
のほほんと山遊びにて詳細レポを作る予定で居ます
暫しお待ちを!paper
HPレポが出来ました。 4/16


さらりと園内散策を終了。
別邸庭園を後にし別の場所に移動の際、途中の荒れ地にカントウタンポポの群落を発見。happy01
戸塚にも自生しているのですね。

P1070854


そしてこんな色や形のも。

P1070831

P1070851


カントウタンポポとセイヨウタンポポの見分け方などは、のほほんにて。
寄り道をしつつ、先日お邪魔しました俣野園へ。

P1070857

Dscf9039

P1070864


取り合えず、速報と言う事で。coldsweats01
詳細は、暫くお待ちください。bleah
その前に、カルディナレポをご覧下さい。paper
のほほんと山遊びレポが出来ました。4/16
どうぞ、お立ち寄り下さい。eye


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2013.04.12. 春爛漫の俣野園

P1070780
近所の戸塚区俣野園にて。

*******       以上モブログでした。 4/12追記。

近所の俣野園へ行って来ました。
場所は、東俣野公園の直ぐ傍です。

園主の川戸清さん『自然とは多様性と再生を実現する事』を目的に、俣野園を自然を伝承の基地として開発して来られたそうです。
その目的のために、この俣野園をベースに郷土の自然と歴史のガイドや種々のイベントを開催されています。
見学は無料ですが、草木に優しく接して欲しいですね。

以前、3月の初めに見学させて頂いた時には、カタクリなど早春の花が綺麗に咲いていた記憶が。
園内は自然の姿に近く雑然とした感じでは有りますが、今回もかなり種々の花が咲き乱れていました。

先ず目立ったのが、上の1枚でした。
ツツジ系統からご紹介。

P1070791

P1070762

P1070763

P1070781

P1070772


シロバナヤマブキも。

P1070796

P1070795 


足元には、サクラソウやイカリソウ、オダマキ等など。

P1070765

P1070769

P1070777

P1070766

P1070767

P1070771

P1070770


人字草(ジンジソウ)も綺麗でした。

P1070784

P10707922


たまたま見つけたスミレは、葉の形が変わっていました。

P1070788


上の葉は、剱のような感じですよね。
この手は、こちらが普通なのでしょうが。

P1070789


他の場所には、外来種の強いスミレが数種咲いていました。若しかしたら、この2種も外来種なのかも知れませんね。


そして、小さな流れの中にコウホネまでが。
れれちゃんのご指摘通り、リュウキンカでした。
調べてみると萼が5~7片とか。
5片のみではない様ですね。  4/20 

P1070774


その傍らには、名残の?ニリンソウなども。

P1070799

P10707822


ご紹介出来ていない花々が他にも沢山咲いていまして
とっても楽しむことが出来ました。
少しだけですが、春爛漫のお裾分けでした。paper
春って、良いですね!
また何所かに行ってみたくなりました。happy01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2013.04.04.  新潟の里山と景信山

今日は、こちらに!
下越も雪融けが早かった様子。
でも、どうにか間に合いました。happy01

*******      以上、モブログでした。  4/6.7.8.9.追記。

その1 米山の麓の里山

今年も柏崎市の米山の麓の里山に行って来ました。
かなり積雪が多かった越後は、雪解けが意外と早かった様子。そして、尚且つ早朝まで降っていた雨が上がったばかり。と言う条件が非常に悪い状態の中、取り合えず花々に逢いに里山へと入ってみました。

予想通りに木々の芽吹きが始まっており、目的の花・野生のユキワリソウは少し遅かったかも知れません。

P1070618


今では殆ど歩かれていない様な道を辿り尾根に乗ると、その先は獣道状態です。若しかしたら、最近では我がチームが歩く位かも知れませんね。coldsweats01
尾根を暫し進み、踏み跡も無い小尾根を下りましたが、雨のお陰で滑るし斜面の花が例年よりもかなり早く咲いていました。
急遽検討の結果、ユキワリソウには時季が遅い思われますので、写真を撮りながら尾根の登り返しとなりました。weep

P1070616


思いもしなかったイカリソウやショウジョウバカマなどと対面。

P10706132

Dscf50312


こんな感じの雑木林の林床には、カタクリが一面に。
天気が良くないし、朝早いのでお休み中ですが。

P1070633

P1070637


そして、尾根のあちらこちらにシュンランが咲き始めていました。
大株もかなり在りましたが場所が悪く、少し小さめですがこの可愛い子をご紹介。

P1070623


少し肩を落としつつ、マンサクの林の中を車へ。

Dscf5035


そうそう、スミレさんが可愛く見送ってくれましたっけ。

Dscf50432


天気さえ良ければ、とっても気持ちの良い里山なのですが・・・。
仕方がありません、来年のお楽しみにしましょう。
思わぬ事態で、早い時間に移動を開始でした。
何処へかと言いますと、新潟市西蒲区の五ヶ峠です。今まで数度お邪魔しましたが、ユキワリソウの最盛期は初めてかも。


その2 五ヶ峠~樋曽山


地元への配慮から、今まで樋曽山の名前は伏せていましたが、最近はツアーで大勢訪れるとの事。そして、Webで検索するとかなり紹介されていますので、のほほんにて詳しくご紹介をする予定で居ます。
お昼少し前に着きますと何んと駐車場は満車状態でした。が、何とか片隅へ。

取り付きとその先の短い区間ですが、グシャドロ状態ですのでこちらでもスパイク長靴で行動でした。その区間を過ぎて尾根に乗ると、歩きやすい山道です。

道の両側に満開状態のユキワリソウ(三角草)が咲き乱れていました。
写真を貼ってご紹介に・・・。

Dscf50462

P1070660

Dscf5098

Dscf51002


天気も良くなり、カタクリもご機嫌そう。good

Dscf5096

P10706792


エンレイソウなど、他にもいろいろ咲いていました。
詳しくは、本家レポにて。bleah

P1070670


変わった色合いの株がかなり少なくなったとの事ですが満開の花々を満喫して降りて来ますと、駐車場は未だ8割近くが埋まっていました。
角田山のみの方と両方を訪れる方、半々との事ですからね。
綺麗な花々を心ゆくまで楽しませて頂きました。
その後、燕市温泉保養センター ふれあいパーク  てまりの湯 にて汗を流し、所用が有ります三条へ。
所用を済ませて、圏央道・狭山PAへと移動でした。

狭山Pにて仮眠後、裏高尾へ。(4/5)


その3 景信山


少しだけ確認したい箇所がありまして、サクッと某所を登ってみました。
こちらも写真ベタベタで行きます。
写真を見れば、ご賢明な皆様は”ああ、あそこを登ったのか”とお分かり頂ける事と思います。

久し振りに入って見ますと、なんと階段が出来ていました。coldsweats02

Dscf5104

こんな景色を眺め、

Dscf5109


山桜の古木にご挨拶をしながら、

Dscf5111

P1070718


更に数回、こんな登りをこなすと、

Dscf5114


何とか穏やかな道となりました。
そこでは、アブラチャンなどが待っていてくれました。

クロモジだそうです。
アブラチャンとダンコウバイは、花が咲いた後に葉っぱが出てきます。
との事。そう言われてみると、そうですよね。

れれちゃんに教えて頂きました。  4/11訂正。

P1070734

P10707292

P1070735


高尾山周辺も芽吹きが早かった様ですね。藪がにぎやかになり始めていました。

Dscf5136


チョイと確認に行っただけですし、早めに帰る必要がありまして、山頂はパスして途中から下山でした。
気持ちの良いハイキングコースを下山中に、エイザンも見送ってくれました。happy01

P10707482


当初の使命は達成。なれど少し残念な結果に。まあ仕方がないと諦めつつ小下沢の車へと戻りました。

今回の山遊びは、天気予報では今一。
山へ行かれる時は何時も晴れ晴れ晴れの、Web友の弱足ママさん”天気を良くしてください”とお願いをしました。
朝一にsunマークいっぱいのメールが届きまして、その頃から少しづつ青空が顔を覗かせ始めました。good
流石に弱足ママさん、ご威光は絶大で以後2日間は風も無く穏やかな山遊び日和となりました。
弱足ママさん、本当にありがとうございました。happy01


長々となりましたが、3ヶ所の簡単なレポ?でした。
詳しくは、のほほんと山遊びにてご紹介を予定しています。
おたのしみに!bleah

レポが出来ました。   4/7.8.9.追記

・米山の麓編

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2HPは、こちらです。

・五ヶ峠~樋曾山編

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2HPは、こちらです。

・小下沢~景信山東尾根~小仏~小下沢

 ・カルディナレポこちらです。

 ・カル2HPは、こちらです。


最後までお付き合い、ありがとうございました。paper


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »