« 春爛漫! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その10 »

ちょい遠目の狛犬さん その32

Dscf50032
     岩上で雷雲(稲妻)を呼ぶ雄龍


昨年、1012年1月6日に、干支の辰年に因んで狛龍さん詣でに行って来ました。
モブログで速報しましたが、やっと詳細報です。coldsweats01
その速報版は、こちらです。



・養沢神社 (あきる野市養沢1018)


・祭 神 
   天照大神(あまてらすおおみかみ)
  伊弉諾尊(いざなぎのみこと)  
  伊弉冉命
(いざなみのみこと)
  速玉男命(はやたまのをのみこと)
  誉田別命(ほんだ わけのみこと)
  手名椎命(てなづちのみこと )
  足名椎命(あしなずちのみこと)
   ※旅の神・客人神アラハバキ(まろうどがみ)

・由緒伝来
 養沢神社は上養沢地区の鎮守で、養沢川に大岳沢が合わさる地点に建っている。
 養沢は日本武尊が東征の際、
この地で静養し病が快癒した事に由る地名である。
 
旅の神・客人神アラハバキは、蛇・龍にも縁があるともされる。                
  
 大正四年(1915)に養沢地内の熊野神社・八幡神社・日天神社・門客人(あらはばき)神社を合祀し、養沢神社を創立した。
 平成二十一年(2009)養沢地内の譲葉神社を合祀した。    
社頭案内板などより


養沢神社は、バスの終点・上養沢のひとつ手前の「大岳鍾乳洞入口」BS前にあります。

P1060002


石段を登り鳥居を潜ると、石段の終わり際に何やら台座の上に大きな物体が鎮座???。
大きいだけで、形が良く判りませんでした。coldsweats01

P1060003


石段を登りきって左右を見ると、何んととっても大きな狛龍さんでした。
拝殿に向かって鎮座していましたので、鳥居側からでは大岩が見えるだけで、その大岩に絡む龍の姿が少しだけしか見えていませんでした。
で、その狛龍さんは昭和六十年(1985)四月吉日生まれ拝殿を背にして右手が阿形でした。

P1080012



右手の
岩上で雷雲(稲妻)を呼ぶ雄龍

P1080005

P1080006

P1060013

左手の滝壺から駆け登る雌龍。

P10600092

P1060007

P1080010

後姿はこんな感じ。

P1080002


拝殿のご紹介が先でしたね。coldsweats01

P1060020

P1060023

P1060022


続いて、拝殿前の昭和五十六年(1981)5月吉日生まれの狛犬さん。

P1060031

P1060026

P1060030

P1060032


拝殿右手の稲荷社。

P1060033


年令不明の狐さんでした。
なかなか精悍な顔付きですね。

P1060034

P1060035

P1060036

P1060037

P1060038


境内には、あきる野市保存樹木に指定された大きなトチノキが在りました。
幹周約5mと言われていましてまっすぐに伸び、高さ20mほどで枝分かれしてました。時期的に葉が落ち枝打ちがなせれて居まして、やや寂しい感じが。次回は、是非大きく茂っているトチノキに会いたいですね。

P1080003

Dscf1004


そして、稲荷社の奥に門客人大明神と文政十二年(1829)九月吉日の彫の有る、1対の古い石灯篭が在りました。

P1060040


更に少し奥にサルギ尾根への案内があり、山肌の上を眺めるとまだ新しそうな手すりも見えました。

P1060041

P1080016

P1080018


そして、上養沢へと続く道沿いには、こんな石塔群が。

P1060044

P1060045


”何だかすごいものと出逢った今年の初狛さん詣でだったね””聖徳太子塔は初めてお目にかかったね。”などと話しながら車に戻り、上養沢BS付近の下見へ。
下見を済ませてから、この地域の狛犬さん詣でを再開したとさ。happy01


こんな感じで昨年の一年が始まりました。
ちょい遠目の狛犬さん、未だま~だ続きます!
乞う、ご期待!なんちゃって。bleah




取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。



・ちょい遠目の狛犬さん その31は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その33は、こちらです。



狛犬さんレポは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

|

« 春爛漫! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その10 »

狛犬(ちょい遠目?)07」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/57043925

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その32:

« 春爛漫! | トップページ | かなり遠目の狛犬さん その10 »