« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

ちょい遠目の狛犬さん(特別編7)

れれちゃんからのプレゼント、山梨編です。


上野原の浜沢~立野峠~寺下峠~梁川駅と前道志を歩いて来られたそうです。
仲良しの山仲間と錦秋の綺麗な道を辿ったそうな。

630711_1354238542


その際のお土産を頂きました。happy01
先ずは、こちらからご紹介。


・浜沢薬師堂上野原市秋山浜沢)
  (お薬師さま)



薬師堂の創建年代は不詳。
護良親王の嫡孫、浜沢元晴の建立と伝えている。
との事です。

薬師堂の山門

630711_1354667093


本堂

630711_1354669756 


薬師堂に向かって左手には、上野原市の天然記念物に指定されている大ケヤキが聳えていたそうです。

630711_1354237530


ケヤキの前の人影と大きさを比べてみて下さい。
樹高 30m 目通り幹囲 8.0m
推定樹齢 300年以上 との事です。
 環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」により抜粋。


そして、年令不明のこの方たちです。dog

630711_1354669923

630711_1354680592

630711_1354680500

630711_1354680643

630711_1354681225


狛犬さんたちも、綺麗な秋色を楽しんでいるかの様ですね。
続いて、コースの最終地・梁川駅へと向かう途中の甲州街道手前100m付近のこちらです。



・小松神社(大月市梁川町網之上1342)


・祭神、由緒
 文永十年(1273)および文明十二年(1480)の棟札が確認されているそうですが、祭神由緒ともに不明です。


赤い両部鳥居が綺麗ですね。

630711_1354748876


お社と狛犬さん。

630711_1354751565


年令不明の狛犬さん。dog

630711_1354751745

630711_1354751691



山仲間と楽しい山行の際、勝手な行動も取れないのに捕獲して来て下さいました。れちゃんからの多くの狛さんのプレゼント
ちょい遠目の狛犬さん特別編でした。
本当ありがとうございました。happy01



皆さんから頂いた多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。

狛犬さん特別編その6は、こちらです。
狛犬さん特別編その8は、こちらです。
是非、こちらにもお立ち寄りください。



では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その33

P61701532


上の写真のご紹介は、後ほど。
先ずは、2010年分の最終となりますこちらから。
5月1日の狛犬さん詣での際にお参りをしましたが、狛犬さんは雪避けのブルーシートにすっぽりと覆われていましたので保留。
で、9月30日に柏崎市の高柳へと所用で赴きまして、その際にお参りを済ませました。
黒姫山へも登りましたが、レポは・・・。



・諏訪神社(十日町市八箇甲666)




・祭 神

 諏訪神社ですので、祭神は建御名方(たけみなかた)神、妃神である八坂刀売(やさかとめ)神と思われますが由緒と共に不明です


南魚沼市六日町から十日町市へと向かう国道253号線の山本町交差点から2キロほど六日町方に在ります。
国道を間に川治川を眺めるような・川の出水を避けるような小高い位置です。

ご多分漏れず、石段を登ります。

P9300048

シートが外されている狛犬さんが見えますが、お社からご紹介。

P9300049

P9300050

P9300052

P9300054


狛犬さんの台座には、
   昭和五十七年(1982)十月吉日
      六日町長生院    
 と
   湯川 ○長   七十二歳
    仝 タ○イ  七十一歳

の彫が在りました。

P9300057

P9300059

P9300063

P9300065

P9300067


お社を背にした眺めです。

P9300056


石段の途中には、いつの頃に祀られたのでしょうか?かなり古い石祠が。

P9300068


保留してありました諏訪神社の狛犬さん、やっと面会が出来ました。scissors
これで、2010年分はおしまいです。
2011年分は、取材を始めようと思っていたところ、あの大震災が。
特に自粛などは考えていませんでしたが、何となく出かける気がせず。
従って、山遊びも狛犬さん詣でもあまり・・・。
で、少しだけ出歩いたレポです。

2011年6月17日、こんなのを愛でに行きました。

P61701082


新潟の粟ヶ岳ヒメサユリです。
この回は開花にはやや早く、体調も今一良くなく途中から撤退となりました。
下山後、体調も復調しましたので、こちらにお参り。




・本成寺(三条市西本成寺1-1) 

 本成寺は法華宗陣門流の総本山で、山号は長久山(ちょうきゅうさん)。開山の日印聖人は日朗聖人の高弟で、宗祖の法孫に当る。
 永仁五年(1297)に日朗聖人の奇瑞の地へ領主山吉定明・長久父子が青蓮華寺として堂宇を建立する。
 正和三年(1314)日印聖人は鎌倉の日朗聖人(六老僧)を訪ね、山・寺号の授与と初祖承諾を願い出て、初祖日朗・開山日印として長久山本成寺へ改名する。

詳細は、こちらへ。

塔頭が十院もある大きなお寺さんです。
ただし、今回は境内社の2社のみのお参りでした。


とっても大きな三門(山門)の脇の駐車場をお借りしました。
この三門は、境内入口にある総門で、天明六年(1786)に建立された。二重門のかたちで、桟瓦茸でした。

大きな三門の写真は、こちらへ。

最初に、三門の傍のこちらから。
本堂の裏鬼門に当たる位置でしょうか?


・諏訪神社 


・祭 神

 こちらも諏訪神社ですので、祭神は建御名方(たけみなかた)神、妃神である八坂刀売(やさかとめ)神と思われますが由緒と共に不明です


鳥居を潜ると参道は直角に右に折れ、拝殿へ。

P6170175

P6170143

P6170144


拝殿内の香炉には、この方も。dog

P6170145

P61701452


そして、参道が直角に曲がる手前に、年齢不明の狛犬さんが。happy01

P6170131

P6170132

P6170138 

P6170134

P6170133 

P6170135

P6170136

P6170137

P6170139

P6170142


大きな三門や本堂、そして
明和七年(1770)建立の二重塔、鐘楼などの傍らを通り、こちらへ。



・三十番神宮


 
・祭神、由緒とも不明です。


本堂の丑寅(北東・鬼門)方向に在りました。

P6170149

P6170150

P6170151

P6170167



こちらでも、格子から拝殿内を覗きますと。eye

P6170169


拝殿前には、おかっぱ頭の年齢不明の狛犬さんが。
一説には、江戸中期頃の作ではないかと言われていますが・・・。
全体に細かな彫が多く、とっても良い感じのスタイルでした。happy01
では、その阿吽のお顔をどうぞ!coldsweats01

P61701532

P61701602


いつも通りに、阿形から。

P6170152

P6170153

P6170154

P6170155

P6170156   


吽形。

P6170158

P6170159

P6170160

P6170162

P6170163_2

P6170164

P6170165


手水舎の梁にも、狛犬さんや鶴さん亀さん等が。good

P6170170

P6170174

P6170171

P6170172

P6170173



何んとも良い対面が出来ました。
日が西へと大きく傾き始めましたので、大急ぎで境内を散策。
三十番神宮のお隣の建物、天満宮でしょうか?
撫で牛さんが。taurus

P61701472


境内は本当に広く、かなり年代を経た
建物が多く見受けられました。
こちらを目的としてゆっくりとお参りをしたいものです。
こんな感じで、2011年6月の越後の狛犬さん詣ではおしまいです。



狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01




・越後の狛犬さん その32は、こちらです。

・越後の狛犬さん その34は、こちらです。
   (↑ 弥彦村と燕市編です)



越後の狛犬さんは、まだまだ続きます。
いろいろと面白い方々が登場します。
お楽しみに!coldsweats01



これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり遠目の狛犬さん その7

Pc1500102



昨年犬山市に所用が出来まして行って来ました。

2011年12月14日午後出発。
所用は15日の午後からでして、地震の心配をしながら往路途中にて仮眠。犬山市に早朝に着きました。
時間が早過ぎて犬山城は未だ閉鎖中、先ずはこちらへ。


・犬山成田山(愛知県犬山市犬山北白山平5)

 犬山成田山は千葉県成田市の大本山成田山新勝寺の別院で、寺号を大本山成田山名古屋別院大聖寺と申します。
 成田山新勝寺は、天慶3年(940年)に寛朝大僧正によって開山された真言密教の寺院で、弘法大師が敬刻開眼された不動明王をご本尊としています。
 名古屋周辺のご信徒様がたびたび千葉まで参拝されるのは困難であることから、昭和11年に別院建立のための奉賛会が結成され、第二次大戦の混乱が収まった昭和28年に中部地区最大の不動尊霊場として開創いたしました。  犬山成田山HPより抜粋

境内や建築物などの詳細は、上記HPをご覧下さい。


かなり広い境内でして、本堂と目的の方達にお参り。
綺麗なモミジが出迎えてくれました。

P1060177


車は下の駐車場に置かせていただいて、先ずは明王門から。

Pc150001


近付いてみると、おや~~~ぁ?
何やら石段の両脇に・・・。smile

Pc150002


早速出迎えてくれました。scissors
石段の最下段と最上段の左右に。
両者とも年齢不明でした。

Pc150003

Pc150004

Pc150005

Pc150006


大きな朱塗りの明王門を潜ると右手には、五大明王・八大童子が。

Dscf5004


正面の参道を進み、手水舎へ。
その先にもお出迎えが。dog
結構大きめで、昭和二十年生まれ?のブロンズ製。

Pc150010

Pc150011

Pc150014

Pc150015

Pc150016

Pc150017

Pc150018


石段を登ると、明王門の下と同様に蓮華台敷石が敷かれていました。
これは、参詣に先だち蓮華台を踏み渡ることにより、日ごろの煩悩の垢を清める功徳がいただける。との事です。

Dscf5011

で、カル2は功徳をいただけたか?と言う質問は無しで!
まあ、今の姿をお見せすればお分かりですが。smile

境内のご案内の続きです。
蓮華台敷石から本堂へと続く石段の左右に、いっぱいこの方たちが。coldsweats01

Pc150019


すべて年令不明で数が多いので、集合写真と代表として最上段の1対をご紹介。

Pc150022

Pc150034 

Pc150021

Pc150035

Pc150024

Pc150025

Pc1500242

Pc1500272


そして、こちらが本堂です。

Pc150029


本堂前の香炉にもこの方たちが。dog

Pc150030

Dscf5020

Dscf5021

Dscf5019

いつもの力持ちの方々も。good

Pc150032

Pc150033


本堂前からは、これから訪ねる国宝・犬山城が良く見えていました。

Dscf5012


お参りを済ませて、お友達たち?と再開の約束をして境内を散策。
鐘楼堂や弘法堂から出世稲荷堂へ。


・出世稲荷堂

こちらは、出世開運の福徳を得られるお稲荷さんです
成田山新勝寺に奉安されている吨梖尼(ダキニ)を勧請しお祀りしている。との事です。
お稲荷さんですのでキツネさんがお使え。
優しいお顔をした、年令不明のキツネさんでした。

Pc150036

Pc150041

Pc150037

Pc150038

Pc150039

Pc150040


で、出世開運の福徳を得られるお稲荷さんをお参りして少し歩くと、本当に綺麗な紅葉が待っていてくれました。

Pc150042

Dscf5025

写真ではあまり良く判りませんが、とてもこの世のものとは・・・。
うんで、カル2の出世開運の福徳
出世の見込みはありませんので、若しかしたら、この世で幸せに生きて、あの世とやらへゆったりと行けるように!でしょうか?coldsweats01

多くの狛犬さんに出合えて幸せな?ひと時を過ごせました。bleah
と言う事で、犬山市の第1弾は犬山成田山でした。
紅葉がちょうど良い感じの季節、続いてちょいお隣の国宝・犬山城へと移動。

レポは、少々お待ちください。


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。


・かなり遠目の狛犬さん その6は、こちらです。
  (花巻市編です)
・かなり遠目の狛犬さん その8は、こちらです。
  (犬山市編その2です)


シリーズは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »