« 世界記録~~~!号外だ~ぁ! | トップページ | 越後の狛犬さん その30 »

ちょい遠目の狛犬さん その29

P7130228


またまた、狛犬さんレポの間隔が・・・。weep
今年もかなり暑い日が続いたし、ちょいとヤボ用が多くて、狛犬さんは置いてきぼり。
ホルダの中で、早く出せ!と更に怒っている様です。dog
だいぶ涼しくなって来ましたので、狛犬さんもオットリとお出ましです。coldsweats01
で、前回の平塚八幡宮からの移動となります。
そのちょい遠目の狛犬さん28は、こちらです。

平塚駅前の国道沿いの大きな平塚八幡宮をお参り、
若干時間がありますので北東方向へと進路を変更。
相模国府祭(さがみこうのまち)の六神社の残り2社のうちのこちらへ。



・前鳥(さきとり)神社 (平塚市四之宮4-14)


・祭 神 
    菟道稚郎子命 (うじのわきいらつこのみこと)
      学徳の神様
    大山咋命 (おおやまくいのみこと)
            活動と福禄の神様

    日本武尊  (やまとたけるのみこと)
            安全守護の神様

・由 緒
 神社名の「さきとり」は平安以前の古い地名で、相模川河原に接する自然堤防の南端で、地形名から起こったと言われています。
奈良時代の天平7(735)年の『相模國封戸租交易帳」には「大住郡埼取郷」として記載されています。
この「さきとり」の地に奈良時代以前、畿内から御祭神を「氏の上」とする氏人が移り住み、遺徳を偲び、清浄な地にお祀りしたのが「さきとり」神社と考えられます。  延喜年間(901~923)に編纂された『延喜式』という法制書の中で全国の著名な神社が収録されている神名帳に、当神社は「前鳥神社」と記され、相模国の十三座のひとつとして登載されています。また、四之宮の称は、養老年間(717~724)の相模国の国府祭が始まったとされる頃に生じ、平安時代には四之宮郷として通称されるようになりました。
 鎌倉時代には幕府の崇敬を受け、建久3(1192)年8月、源頼朝公夫人政子の安産祈願にあたり神馬の奉献があり、建暦2(1212)年に幕府は当社を将軍家祈祷所と定めました。近世に入ると、関東八カ国の領主となった徳川家康公は天正19(1591)年11月、当社に武運長久祈願のために朱印地十石を寄進、あわせて社地二千百余坪を除地として加護しました。   

     前鳥神社HPより。 
詳細は、HPへどうぞ。


こちらも広い境内で、駐車場から少し移動。
表参道の石の鳥居と狛犬さん。

P71301592


昭和五十七年(1982)十一月二十三日生まれでした。

P7130166

P7130172

P7130177

鳥居の右手には、鐘楼や忠魂碑、そして宝篋印塔などが。
鐘楼の周囲では、子供たちが楽しそうに遊んでいました。鐘楼の後ろには「さきとり幼稚園」も併設されています。

P7130160

P7130163


石の鳥居を潜り参道を拝殿へ。

P7130180


拝殿手前の左手(西方)に、脇参道の赤い鳥居が目に入りましたのでそちらへ。

P7130181


昭和五十七年(1982)八月吉日生まれでした。

P7130183

P7130187

P7130189

P7130191


阿像後ろの寛政六年(1794)十一月の彫のある社号標。

P7130182



赤い鳥居を潜り直して拝殿へと向かいますと、左手に境内末社と思われる2つの小さなお社が。
神社の記録には境内社が数社あるとの事ですが、社名は不明です。

P7130208


稲荷社右隣の社の前に、昭和十六年(1941)四月吉日とあるこちらが。

P7130195

P7130194

P7130196

P7130200

P7130198

P7130206


セメント製のような感じのする、金目の名残のある狛犬さんでした。
寄り道が多く時間が掛かってしまいましたが、どうにか拝殿へと辿り着きましてお参り。

P7130212

P7130209


拝殿を背に参道を眺めますと、最初の石の鳥居が見えていました。

P7130214


時季により、茅の輪も潜られるとか。
その参道を少し戻りますと、 ”おお~ぃ、こっちだよ~ぉ!”の声が?
声がする方を見ますと・・・、祖霊社の狛犬さんが。
来た時には、工事用天幕の陰で見えませんでした。weep

P7130221

P7130223


鎮守の森の木立の下で少し暗く、天幕にも邪魔されて条件が・・・。と、ピンボケの言い訳でやんす。bleah
大正七年(1918)九月二十八日建立、昭和五十七年十月吉日表参道より移転修理。との彫がありました。
脇参道の赤鳥居下の狛犬さんの台座には「共有解散記念」ともありましたので、昭和五十七年に一大行事?があった様ですね。

P7130216

P7130219

P7130230

P71302352

P7130226

P7130228_2


鬱蒼と茂る樹々を眺めながら参道を戻ると、こんな案内板がありました。

P7130238


平塚八景・森の前鳥神社との事。どおりで、7月なのに狛犬さんが涼しそうな顔を見せて居る訳ですね。

P7130237

足元には、こんな可愛い花も。
まあ、暑さに強い花でもありますがね。coldsweats01

Dscf0017

Dscf0018


と、こんな感じで2010年7月13日の中井の蓮と狛犬さんを訪ねての旅?は終了となります。
間が長~~~くなってしまいました狛犬さんレポ、お付き合い戴きありがとうございました。
相模国府祭(さがみこうのまち)の六神社は1社・伊勢原市の比々多神社を残して、次回は甲州市の神社をご紹介予定です。
少々お待ち下さい。


取材した多くの狛犬写真があります、
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
ご覧いただけると嬉しいです。



・ちょい遠目の狛犬さん その28は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その30は、こちらです。



シリーズは、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

|

« 世界記録~~~!号外だ~ぁ! | トップページ | 越後の狛犬さん その30 »

狛犬(ちょい遠目?)06」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/55336284

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その29:

« 世界記録~~~!号外だ~ぁ! | トップページ | 越後の狛犬さん その30 »