« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

たそがれてるの?

今日の空は、ドン曇り。
少し冷たい風が、ビューッと。
これからちょいと出かけなくては・・・。shock
出かけるで思い出したので。



先日近くの公園を通ったところ、草むらにニャンコが。
ふと見ると、何だか寂しそうに?黄昏ているような。cat

Pa1400022


でも、耳がピンとしているから元気なのかな?
”ニャン”と声をかけてみると。

Pa1400011


こちらを見て、”ニャニよ~!”だって。
そして、”バッタを狙っていたのにニャ~!”と仰せでした。
そうですよね、頭が下がっていないし、耳が元気そうですものね。



で、最近どこかで黄昏ている奴の写真を見ましたっけ。
そうそう、これでした。

Dscf90802


なんだかな~ぁ!bearing
黄昏ていると言うよりも、ショボクレていると言った方が・・・。weep
秋の日の、こんな一コマでした。bleah


皆さん、元気に秋色の山を楽しみましょう!maple
って、説得力が・・・。coldsweats01



では、またニャア。smile

”はいっ?ネタがないのか?”ですって?
”はい、ニャいのです!”shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!小金沢山 2011.10.12.

今日は、こちらに!
何となく、ひと月前にもお邪魔したような?

*******    以上モブログでした    10/13,14 追記

上日川峠から小金沢山へと行って来ました。


朝日が差し込む上日川峠、今日も良い天気になりそうな。good

Pa120001


これからお邪魔する小金沢山。
富士山も可愛くお隣に。fuji

Pa120040


良い青空!
かなり上空には、旅客機が。鶴丸でなくてお陽様色が残念。happy01

Dscf9028


狼平の上の岩場からの眺め。
これから行く、小金沢山。

Pa120061 


南の山並みがずらりと見えていました。

Pa120065


やっぱり青空が良い!!!happy01

Pa120067


こんなに綺麗な彩りにも逢いながら。

Dscf9082


原生林を思わせる中を小金沢山へ。
山頂のドウダン?が、とっても綺麗に色づいていました。
ひと月前には、こんなだったのですが。

Dscf3054


季節は移り行くのですね。恥ずかし気に少しだけ小さく富士山も。

Pa120077


10月半ばの小金沢山レポの速報でした。



で、お約束の・・・。coldsweats01

Dscf9064


とまあ、こんな感じに写真を貼ってみました。bleah

                 10/14 追記

レポが出来ました。

 ・カルディナのレポは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 王岳 2011.10.04.

今日は、こちらに!
トリカブト街道を楽しんでいます。

*******    以上モブログでした。   10.05.09 追記



       御坂・王岳へ 

中央道から富士山の頂と並んで見える台形・屋根型の山、王岳に行って来ました。
天気が良さそうなので前日に出立、道の駅・なるさわにて車泊。
翌10月4日、西湖畔の根場から本沢川沿いに鍵掛峠へと登り、尾根道を王岳へ。
王岳からは、西入川沿いに降りて根場へ。


あまりにも天気が良く暖かで、用意した防寒関係は殆んど車に置いて行ってしまいました。coldsweats01
林道から山道に入ると、何と言う事でしょう!周囲の木々は新緑の様!

Dscf50261

Pa0400291


気持ちの良い木漏れ日の中の登りです。coldsweats01

Dscf50321


1300m付近からの景色は、こんな感じ。

Pa0400461


やっと、お目当てのトリカブトが咲いていました。
先日山遊びをされない方に、”どの様に咲いているの?”と質問されましたので大きめの写真でご紹介。

Pa0400531


やはり季節は秋なのですね。
全体に秋色になりつつある道を楽しみながら、2時間少々で鍵掛峠に着きました。
(休憩を除くと、2時間足らずで)

Pa0400571

Pa0400581


狭い峠からほんの少し西へ行くと、鍵掛峠の標識もある富士山のよく見える広場?がありました。
空を見上げると。そして・・・。

Dscf50511

Pa0400711


ここからは稜線歩きですが、小さいのや大きいギャップがあります。
鍵掛を越えても、王岳は結構遠いのである。従って、富士山や足元の花を楽しみながら歩くのである。
道の両側からトリカブトが覆い被さっていましたので、
勝手に トリカブト街道 と命名bleah

Dscf50761

Dscf50661

Pa0401041


そうそう、王岳へ向かう途中で西湖畔のエックス君も見えましたっけ。
今回は、拡大をしてもエックス君は見られません。smile

Pa0400991


そんなこんなの稜線歩きを1時間半ほどで、頂が東西に長め(台形に見えますよね)の王岳へ。

Pa0401201


王岳山頂からのこちらをどうぞ!

Pa0401251


下山は少し西へ行き、根場と薄れた文字が書かれた小さな板に導かれる予定でしたが、何と新しい指導標がありましたとさ。
この道はあまり変化がなく、降りにのみ使う道ですね。
登りには使いたくない感じがしました。
で、林道に近くなると、西入川の氾濫・土石流により道の消失箇所がありました。
雨の後などで先行者の踏み跡が消えていると、一部の箇所では丈の高い草などにより、少し道を探すようになるかも知れませんね。

王岳から1時間50分足らずで、根場の駐車場に着きました。


御坂王岳のハイキングレポの速報でした。

                   10/09 追記

本レポは少々お待ち下さい。

レポが出来上がりました。

 ・ カルディナのレポは、こちらです。

 ・ カル2のHPは、こちらです。

    ご覧頂けると嬉しいです。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »