« ご近所の狛犬さん その27 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22(BlogPet) »

ちょい遠目の狛犬さん その22

昨年11月5日、久し振りに奥多摩・日原の小川谷林道と日原林道の様子を見に行って来ました。

その日の

 ・林道関係のレポは、こちらです。

その後の

 ・奥多摩タワ尾根(人形山)の

  カルディナのレポは、こちらです。



小川谷林道入口・日原鍾乳洞前の駐車場に駐車。

以後、徒歩にて下見。



その駐車場の前に在るのがこちらです。



・一石山神社
  
(東京都西多摩郡奥多摩町日原1052)



一石山神社の背後にそそり立つ断崖絶壁が燕岩です。しかし、この神社が御神体としているのはこの岩ではなく、神社から川を挟んだ対岸に開口する日原鍾乳洞(石山御岩屋・一石山大権現)です。

・祭 神
  天照大日霊女貴尊(おおひるむちのみこと)
   (天照大神)
  稜威尾走命(いずのおばしりのみこと)

・由 緒
 明治維新の廃仏毀釈によって誕生した神社であるが、それ以前は日原鍾乳洞(御岩屋)に対する拝殿の性格を有するものであったという。
 一石山神社の社地には、一石山御岩屋(御本体・日原鍾乳洞)に対する拝殿の性格をもつ権現拝所といって、大日如来像を安置した大日堂が在った。
 現在の本殿は、昭和24年(1949)に建立され、鳥居は昭和39年(1964)に造られたものという。
 境内の一隅に倉沢山神社が遷座。
   祭神は、天照大御神、豊受大御神
  過疎化などの問題により、こちらに移転した。

 一石山大権現は、明治になって一石山神社と改替しましたが、社記によると
 鎮座起源は文武天皇の4年4月(700)役の行者の創建。大同4年(809)弘法大師が中興、天安元年(857)慈覚大師再興と伝えられる。
  天正18年(1590)小田原北条氏滅亡の際に兵火に罹り、堂社は破壊し神宝仏具悉く烏有に帰したが、慶長17年(1612)羽州羽黒山より梵天48本及び獅子頭三個を渡し来たり、再び繁栄を極めた。
 その後、寛永年間に上野東叡山寛永寺の所蔵となり、一石山本地堂と称して、各地から多くの崇敬者が参拝するに至った。 奥多摩町文化財保護審議会資料より

と、前置きが長くなりましたが、彼の羽州・羽黒山との縁が有るのでした。happy01


で、燕岩の基には、綺麗な神明水が。

その隣りには石仏も祀られていました。

Pb0500551

Pb0500521



社号標を眺めながら石段を登ります。

Pb0500511

Pb0500321

Pb0500331

Pb0500341



社前には、平成元年(1989)四月生まれの狛犬さんが。

何んとも怖い顔で、初めて出逢ったタイプかも。

もちろん、子獅子も怖い顔!coldsweats01

Pb0500381

Pb0500421

Pb0500431
      怖くて手が震えて、ピンボケ!bleah



境内の石灯籠には、安永八年(1779)四月の彫りが。

Pb0500471

Pb0500482

Pb0500451

Dscf99881 




この後、日原林道へ移動。

そして、帰り道の奥多摩駅近くへ。

適当な駐車スペースがなく、少し歩いて参拝でした。



・根元神社
   (東京都西多摩郡奥多摩町氷川1804)

・祭神、由緒などは不明です。

奥多摩町栃久保の集落の北側の急な斜面に鎮座。

Pb0500851

Pb0500841



とても簡素な拝殿でした。

Pb0501041

Pb0500991



少し急な石段を登りきると、年令は不明のこちらの方が。

Pb0500971_2

Pb0500951



少し狭めの境内の片隅には、境内社や石祠が。

左から、将門神社・愛宕神社・子安神社。

Pb0501001



本殿の裏手に、こんな祭壇風の石囲いの中に丸石と楕円の石が祀られていました。どの様な祭事にどの様に使われるのでしょうか?

Pb0501021



その祭壇を背に、1枚パチリ!

Pb0501031




この後、青梅市御岳2丁目の熊野神社へお参りを。と思い路地に侵入するもあえなく返り討ち!結構長い距離をバックするハメに。crying

大岩から落ちエックス君のお腹をぶつけるし、這う這うの体で吉野街道を逃げ帰りましたとさ!shock

寒山寺駐車場にて休憩。気を取り直して吉野梅郷付近へ。

こちらにも在るのですよ、神社が。good

吉川英治記念館の西側に位置します。



・愛宕神社(青梅市柚木町1-944)



・祭 神  火産霊神(ほむすびのかみ)  

・由 緒  創建・陽成天皇の元慶年中(877~884)

とかですが、詳細不明です。



吉野街道に面した参道に入ると、鳥居がありました。

Pb0501071



鳥居を潜り少し進むと左手に木製の鳥居があり、橋を渡り右手に折れますと石段が出現。

Pb0501261

Pb0501251

Pb0501231



石段を登ります。

Pb0501081

Pb0501191

Pb0501201



石段を登りきると、昭和五十年(1975)四月生まれの狛犬さんがお出迎えでした。

Pb0501101

Pb05011421



本来ならば奥社がある愛宕山山頂まで行きたい所ですが、時間が少し押していますので後日に!と成りました。と言う事は、奥社でも待っていてくれる方が・・・。happy01

で、お参りを済ませ、境内からの景色を十分に楽しんでエックス君に戻りました。

Pb0501221



参道の途中には 、こんな指導標もありました。

Pb0501241




とまあ、こんな感じで何が主目的だか分からない行動が間々在りますが、こんなのも時には良いのですよね。bleah


次回のちょい遠目の狛犬さん23は、この続きで

青梅~厚木方面となります。




取材した多くの狛犬写真
があります
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。



・ちょい遠目の狛犬さん その21は、こちらです。

・ちょい遠目の狛犬さん その23は、こちらです。



ちょい遠目の狛犬さんシリーズもまだまだ続きます。coldsweats01



では、また。smile

|

« ご近所の狛犬さん その27 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22(BlogPet) »

狛犬(ちょい遠目?)05」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/49335473

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その22:

« ご近所の狛犬さん その27 | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22(BlogPet) »