« 与一(BlogPet) | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22 »

ご近所の狛犬さん その27

昨年の11月3日に葉山の熊野権現を探訪、その後江ノ島から大船方面へ。

そのレポ、ご近所の狛犬さん その22はこちらです

やっと藤沢市内の続きです。

1月25日、先ずは東海道本線の海側を集中的に。



前回、少しご案内しましたところ、ポチがこんな日記を。

10082801_2



と言う事で、ポチにペンペンされながらですが、怒涛の藤沢市編が始まります。

何回続くか分かりませんが、ご愛顧の程を!coldsweats01



最初は、東海道本線際の山側です。

1ヶ所のみ 出逢えましたっけ。



・東耀山・弥勒寺(藤沢市弥勒寺519)

 弥勒寺は、この辺りの地名の由来となった古寺で創建は鎌倉時代の嘉禄5年(1226)、北条康時が父・泰時の三回忌にその菩提を弔うために建てた寺と伝えられている。
 元は本尊として弥勒菩薩を祀る法泉寺という禅宗の寺院であった。新田義貞の鎌倉攻めにより消失したが、その時弥勒菩薩は裏山の岩窟に奉安されて難を逃れた。後、山腹の弥勒堂に安置された。
 天正元年(1573)、村に病が流行ったとき、諸国行脚中の日蓮宗の僧日祐が村民の願いを入れて祈祷したことから、以後に日蓮宗に改宗し弥勒寺と称するようになった。
 日蓮宗でありながら、日蓮上人像とともに阿弥陀菩薩を本尊として弥勒寺を称するのは全国でもここだけのようである。
 この像は行基作と伝えられ、現在は本堂内の正面に日蓮上人像、左脇に阿弥陀菩薩像を安置している。日蓮上人は扉の後に正徳2年(1712)の銘がある厨子内に収容、裏山にあった弥勒堂は、その後取り壊された。
          藤沢市観光協会資料より




山門です。

P12500231



天保十年(1839)の彫りがありました。

P12500251



本堂

P12500211



本堂の左脇から奥の石段へ。

いつの頃か再建されたのでしょう。弥勒堂です。
 
P12500201



・弥勒堂
 
P20800051
 
P12500171
 
P12500181
 
P20800061
 



そして、少し荒削りの感じがしますが、この方達です。

大正十五年(1926)二月四日の生まれでした。
   
P20800021
 
P20800041




弥勒堂の境内の片隅のかなり古い社の前には、真新しい毘沙門天がありました。
      
P12500191 



狛犬さんの位置からの本堂方面の眺め。

お墓は左手にありました。
   
P12500161



この後は、前回残してしまった海岸方面です。

藤沢駅前から467号線を江ノ島方面へ。

もちろん、裏道を行きましたが。scissors




・諏訪神社



こちらの諏訪神社は、上社下社とがあります。
祭神や由緒は、ほぼ同じですので一括します。


・祭神  上社 建御名方命 (たけみなかたのみこと)
       下社  八坂刀売命 (やさかとめのみこと)

・由緒
 当社は養老七年(七二三)三月に信濃国より諏訪大社を勧請したものであるが、これは諏訪大社が他郷へ御分霊した中で最古のものであるといわれている。
 弘仁三年(八一二)大学寮・近江伊豆の国司・大江政文が神徳 を感じ、下社を字宮畑の地より鯨骨の湖畔に移して修理し又、天長三年(八二六)村岡五郎義員が上社を諏訪ケ谷より、字浪合の山腹に移して改宗を営んだ。更に天慶三年(九四〇)五月、伊豆の守護職が両社に修理を加え、建久二年(一一九一)七月、台明により社領五反歩の寄進があった。
 貞和三年(一三四七)七月には別当玉蔵院、聖護院宮に申して社殿を再建した。
 その後、上社は安永元年(一七七二)九月に、下社は嘉永元年(一八四八)七月に改築された。
 明治六年村社に列せられ、昭和十六年下社を改築、社務所を新築した。社頭案内板などより


先ずは、下社のご案内から。


・諏訪神社・下社(藤沢市片瀬2-21)



P12500261
 
P12500271

P12500411 

P12500431


高さ1mくらいの、年令不明の狛犬さんです。

P12500321

P12500371



拝殿の屋根には、獅子付き留蓋も。

P12500421



広い境内の片隅には、白山神社、山王神社、第六天社の年代物の石祠が祀られていました。そして、御神燈と彫られた石灯篭(文化三年七月)の基礎部分には狛犬さんと思われる浮き彫りが。

P12500441

P12500452

P125004721



そして、本殿の背後にはお稲荷さんも祀られていました。

P12500521

P12500511



左手の稲荷社のキツネさんの表情が何んとも。

キツネさんの会話?

左側・♀?(歯をむき出して)

 ”遊んでばかりいないで、少しは仕事をしたら?”


右側・♂?(牙を少しだけ出して)

 ”そんなに怒らなくても・・・。”


何て言う会話が聞こえて来る様な?coldsweats01

♀のキツネさんは、歯を剥き出しにしてとても怖そう。

そこへ行くと、♂のキツネさんは、弱々しく牙を出していますが何となく情けない感じでしたっけ。可愛そうにね。

昔っから何所の世界も♂は気が弱かったのかな?

身につまされる会話が聞こえたような気が?shock

P12500541

P12500591

P12500621

P12500581



とまあ、勝手な想像は置いといて。

二の鳥居を出て、案内表示に従って左に少し行きました。



・諏訪神社・上社(藤沢市片瀬2-19)


 
下社はほぼ平でしたが、こちら上社は石段を登ります。
 
P12500881

P12500641

P12500791

P12500841



社前には、大正四年(1915)七月生まれの狛犬さんが。

右側が吽像のようでした。子獅子がムンズッ!と押さえられて(踏みつけられて?)苦しそうでしたが、何となく喜んで居る様な表情かも?coldsweats01

P12500801

P12500661

P12500771 

P12500721



本殿の右手には、立派な造りの皇大神宮が祀られていました。

P12500851

P12500821

P12500811



本殿の左手に回ってみますと、引退したキツネさんが。

P12500831




この後海岸線に出て134号線を少し西に進み、鵠沼伏見稲荷神社へ。

長くなりますので、今回はここで終了です。



地元の狛犬さんシリーズは、かなり続きます。happy01



狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。

どうぞご覧下さい。coldsweats01



・ご近所の狛犬さん その26は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その28は、こちらです。


では、また。smile 

|

« 与一(BlogPet) | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22 »

狛犬(ご近所)06」カテゴリの記事

コメント

きょう、再建しないです。
だけど、勧請したよ♪
それでとっぺで案内するつもりだった。

投稿: BlogPetのポチ | 2010年9月 2日 (木) 15時06分

ポチく~ん、コメント有難う!

何を予定していたのでしょうね。
再建をしないで、何かを勧請したのですね。
案外賢い判断かも知れませんね。
自分で再建するのは、大変な場合がありますものね。
他力本願、大いに結構!good

さて、これからポチ君のために、明日の用意をしなければ!coldsweats01

投稿: カル2 | 2010年9月 3日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/49307536

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その27:

« 与一(BlogPet) | トップページ | ちょい遠目の狛犬さん その22 »