« かなり遠目の狛犬さん その1 | トップページ | 東北遠征レポのお知らせ »

かなり遠目の狛犬さん その2

7月19日の弘前市内のレポで、
かなり遠目の狛犬さん その1の続きです。


最勝院の五重塔や狛犬さんたちを楽しんだ後、こちらへ移動でした。



・弘前公園・弘前城


  弘前城は、二代藩主・信牧(のぶひら)公が慶長15年(1610)に着手し、翌16年に完成。以後、津軽氏の居城として廃藩に至るまで260年間、津軽藩政の中心地でした。
  寛永4年(1627)の落雷により消失。現在の天守閣は文化7年(1810)に蝦夷地警備の功績が認められた九代藩主・寧親(やすちか)公が、隅櫓の改築をし再建された。
 明治28年(1895)に、弘前公園として開放。明治末期頃から市民による桜の寄贈が盛んになり、現在はソメイヨシノやシダレザクラ、八重桜など約2600本が春になると園内を埋め尽くします。 弘前公園資料より


弘前にお邪魔したら、こちらにはどうしても立ち寄らなければなりません。
しかし、駐車場所が見付からず公園の外周を一廻り。どうにか追手門近くに良い場所が見付かり駐車しました。
市民会館ホールや博物館などを眺めながら『杉の大橋』まで行くと工事中で、植物園方面に迂回となりました。


植物園の少し先からの 辰巳櫓

P71901171


お堀端の紫陽花が綺麗に咲き、そしてお堀の蓮はやっと咲き始めたところでした。

P719011921

P71901201



大きな東内門です。門の中側に日本最古のソメイヨシノが見えています。

P71901221_2


門を潜ると、太く立派なソメイヨシノが。

Dscf00831


天守です。現在は史料館となっています。

P71901251


下乗橋からの眺め

P71901271


とっても広い公園で、桜や松の古木が沢山ありました。
桜が咲く頃に是非とも訪れたいものです。

P71901301

P71901321

P71901351


築城当時の本丸はどんな感じだったのでしょうか?
きっと弘前の町並みや岩木山の展望が素晴らしかったのでしょうね。
この日は残念ながら岩木山方面の展望が?でした。


若干時間が押して来ており、サラリと見学でした。
この後は、明日の入山口と今夜の宿泊場所の確認でした。
入山口から眺めた岩木山は五合目くらいから上が雲の中でした。
明日の天気が良い様に祈りながらこちらへ移動でした。



・岩木山神社(弘前市大字百沢字寺沢27)

祭 神
 顕國魂神(うつしくにたまのかみ)
  多都比姫神(たつひひめのかみ)
  宇賀能賣神(うがのめのかみ)
  大山祇神(おおやまづみのかみ)
  坂上刈田麿命(さかのうえのかりたまろのみこと)

由緒・沿革
 当社は昔から「お岩木さま」「お山」と親しんで呼ばれ、
陸奥津軽の開拓の神、農海産物の守護神、また祖霊
の座すところとして崇められております。

 神山・霊山である岩木山は津軽全土から仰望せられ
人々に慈しみの徳を授けたまい、郷土人の生活と心の
よりどころであります。

 岩木山大神は太古より神霊岩木嶺にお鎮りになられ
今から約1200年前、宝亀11年(780)社殿を山頂に
創建したのが当社の起りです。

 延暦19年(800)征夷大将軍坂上田村麿これを再建
し、別に山麓十腰内の里に下居宮を建立して、山頂を
奥宮と称し、寛治5年(1091)神宣により下居宮を現在
地に奉遷いたしました。その後、世々の地頭・領主何
れもがよく崇敬の赤誠をつくし、江戸時代には津軽藩
主為信・信牧・信義・信政により大造営が行われ、近代
には崇敬者の熱意を集めて、建造物、諸施設とも整い
名実ともにその偉容を誇り、畏き辺りも日本の北門鎮護
の名社として、農業・漁業・商工業・医薬・交通関係、とり
わけ開運招福の神として、色々の宗派を超え深い信仰
の源として厚く崇敬されております。

 新しき時代に向い、ご神徳のまにまに、日本人の心の
絆としてひとしく拝し、ご神威ますます輝かしく仰ぎ奉ら
れるのであります。大國魂鎮守・旧國幣社。

      青森県神社庁資料より

境内の入口・石鳥居の前がかなり広く、駐車場状態になっていました。
天気さえ良ければ、鳥居の上に大きな岩木山が見えるはずなのですが・・・。
weep

P71901421


周囲には大きな杉が林立する長い参道を進むと二・三
の鳥居があり、ここからも岩木山が真正面に見えるは
ずですが、今日はお出かけの様子でした。
coldsweats01

Dscf00911


赤い橋の奥に、立派な楼門が見えて来ました。

Dscf00921

P719014521


もちろんその前には、狛犬さんが。
紀元2600年(昭和15年)8月1日の彫りでした。

P71901472_2


そして、楼門の石段を登りきった所の玉垣の柱に。
今回第一に逢いたかったこの方が!
何だか森の樹々で遊んでいる動物みたいでした。
年令は不詳です。

P71901601

P71901641


色々な角度から撮って来ましたので、狛犬写真集に
沢山貼り付けます。お楽しみに!
happy01
そして、オマケになってしまいましたが、随神です。

P71901681

P71901691

中門と拝殿です。
拝殿の屋根は葺き替え中の様でした。

P71901701

P71901811

そして、拝殿前の狛犬さんです。
明治21年(1888)8月1日生まれでした。

P71901721


そして、参道横には縁起の良い、こちらが。


出雲神社です。

P71901841

P71901851
 
 
P71901931

P71901921


大黒様と恵比寿様が阿吽の位置に居られました。
大黒様・大国主命は食物・財福を司る神、恵比寿様は古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神様となった神々です。とっても縁起が良い&幸先の良い出だしとなりました。
 
昭和29年(1953)8月1日生まれでした。

P71901871
 
P71901881 


何となく恵比寿様の竿がチャチイ様な感じを覚えながら、神様なのだから道具は選ばないのかな?と自分自身を無理やり納得させながらこの日の参拝を終了しました。

この後翌日の天候によっては、『百沢コース』から安直な『スカイラインコース』と変更する可能性がありますので、我が家の全員?お腹いっぱいにしに行きましたとさ。
rvcarhappy01smile
 
 
泊まり場所は、トイレも外水道もある岩木山神社の境内としました。


と、言う事で7月19日はオシマイですが、もう少しだけ。
翌日は、岩木山への山遊び。
 
狛犬さん関係なので、こちらへ入れてしまいます。coldsweats01 


・岩木山神社奥宮


霧が深い岩木山山頂の岩木山神社奥宮で、狛犬さんが迎えてくれました。
少し荒造りな感じですが、可愛い狛犬さんが健気にお使えしていました。

P72002591            
P72002551
 
Dscf014321
 
Dscf014421


そして下山後に、岩木山神社からの奥宮への参道を歩くと石灯籠や狛犬さんがdog

P72002621


大正7年(1918)旧8月1日生まれの狛犬さんです。

P72002651



こんな感じの7月19日+ほんの少し。のレポでした。coldsweats01
蒸し暑く寝苦しい一夜を過ごして、翌20日岩木山に続きます。


岩木山のレポができました。   7/30追記
 ・カルディナレポは、こちらです。
 ・カル2レポは、こちらです。

※ 少しだけですが、鳥海山にも狛犬さんが。
  レポは、
こちらです。


・かなり遠目の狛犬さん その1(青森編)は、こちらです。
・かなり遠目の狛犬さん その3(岩手編)は、こちらです。


東北遠征レポは、まだまだ続きます。


では、また。smile

|

« かなり遠目の狛犬さん その1 | トップページ | 東北遠征レポのお知らせ »

狛犬(かなり遠目)01」カテゴリの記事

コメント

たっだいまぁ~。

もう寝ようと思ったら、何とカル2さんがアップしてる!
もっと高~~~い棚にしまわれてると思ってたのに・・・。 coldsweats02

弘前城、
新しい感じのお城ですね。
最近、再建されたんでしょうか。
白壁に桜はきっと似合いますね。
弘前城の桜は毎春、テレビのニュースで流すほどですから、綺麗なんでしょうね。

柱に寄り添うコマさんたち、
粘土細工みたいで、かわいい。 lovely

岩木山、
お天気は残念でしたけど、お花が綺麗に咲いていて素敵ですね。
東北の山の雰囲気が何となくわかって楽しいです。
次は秋田駒ですね。
もう棚から下ろされてますよね。bleah
楽しみ、楽しみ。

投稿: ヒサ | 2010年7月31日 (土) 01時24分

ヒサさ~ん、お帰りなさいっ!

>もう寝ようと思ったら、何とカル2さんがアップしてる!

はい、何だか記事がパラパラと落ちて来るのですよ。
自作の棚なので、少し斜めになっている所為かな?と思ってよく見たら、どなたかが電動ノコを持ち込まれてチョイチョイと壊してお帰りなされたようでした。
やられました~ぁ!bleah
で、がんばって1つ目だけ上げました!coldsweats01

弘前城なんですが、化粧直しをしたみたいですね。
綺麗なお城でした。
ただ残念なのが、最初の天守閣が落雷で焼けてしまい、1810年に隅櫓を改築して天守閣にした。との事で、少々小さめだったのです。
城址公園の大きさからすると、最初の天守閣はかなり大きかったのではと推察しています。
大きな天守閣は、きっと江戸幕府が許可しなかったのでしょうね。
桜の古木が沢山ありましたよ。花の時季に是非どうぞ!
その頃の山はかなり雪が残っていて大変だそうですから、観光・お花見にどうぞ!
(弘前市観光課の手先!より)

岩木山神社の柱の狛犬さん?最初に見たときは笑ってしまいましたが、何んとも味のある形でした。
作成依頼者・建立者は、どんな気持ちであの形を思いついたのか?と想像するだけでも楽しくなります。

>岩木山、
 お天気は残念でしたけど・・・。
はい、岩木山だけではありませぬ。秋田駒は、もっと酷い霧と強風でした。crying
花は咲いていましたが、予定の半分で下山してしまいました。
時間があまり、コインランドリーへ。となりましたよ。

秋田駒は棚から落ちて来た写真を見ると、周囲はマッチロ、花には水滴が。でした。shock
只今作成中のレポ、乞うご期待!weep

投稿: カル2 | 2010年7月31日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/49000237

この記事へのトラックバック一覧です: かなり遠目の狛犬さん その2:

« かなり遠目の狛犬さん その1 | トップページ | 東北遠征レポのお知らせ »