« 三千院にて(BlogPet) | トップページ | ご近所の狛犬さん その23 »

ちょい遠目の狛犬さん その16

昨年の7月1日に『中井蓮の里』へ様子を見に行って来ました。
その時の写真を1枚だけ。

Dscf90741

少し時季が早かったそのレポは、こちらです。

以前は渋滞で悪名高かった田村十字路から、小田厚道路の側道を通って土屋橋へ。

その際に、以前から気になっていた神社に立ち寄りでした。



・岡崎神社(平塚市岡崎3650)


・ 祭 神 大山咋命   (おおやまくいのみこと)
       猿田彦命   (さるたひこのみこと)
       須佐之男命   (すさのおのみこと)
        他、三神
・ 由 緒
   岡崎神社は昔、山王社と称し、岡崎郷7村の総鎮守であったといいます。治承の頃、岡崎城主岡崎四郎義実は当社を信仰し、霊験を得たとも伝えています。明治のはじめ、岡崎日吉神社となり、明治42年に、白髭神社他6社を合祀して、岡崎神社となり今日に至っています。                  平塚市観光協会資料より



短い石段を上がると屋根付きの両部鳥居があり、少し奥が拝殿でした。

P70100011

P70100171

P70100161

P70100191

P70100181



かなり広い境内で、江戸時代までは神社の傍らに別当寺として「岡崎山・宝行寺」があり、明治に廃寺以来その土地を西海地有志が取得いていたが、平成17年に岡崎神社に寄附されたとか。その詳しい経過なども掲出されていました。



こちらには2対の狛犬さんが鎮座。
鳥居下の平成10年(1998)3月生まれの狛犬さんです。

P70100031

P70100061



拝殿前の平成8年(1996)8月生まれの狛犬さんです。

P70100121

P70100141



拝殿を背に参道の眺め。
屋根付きの両部鳥居が見えています。

P70100211




この後、冒頭ご紹介しました「中井蓮の里」を訪れました。
あと1月半くらいで見頃となりますか。
今年はどんな感じに楽しませてくれるのでしょう。


残念ながら少し早かった「中井蓮の里」後にし、709号線を箱根駅伝の際には定点カメラが設置される「押切橋」へと南下しました。
当然にも、途中で立ち寄りです。smile




・五所八幡宮(足柄上郡中井町遠藤84)
   (五所宮八幡宮)

・ 祭 神   誉田別命 (ほむだわけのみこと)
         神功皇后 (じんぐうこうごう)
          仲哀天皇 (ちゅうあいてんのう)
         高良玉垂命 (こうらのたまだれのみこと)
         猿田彦命 (さるたひこのみこと)
                  他、18神

・ 由 緒
 五所八幡宮略縁起によると、後白河天皇の保元2年、比叡山延暦寺の高層慈恵大師の門人である僧義圓が東国の行脚の折、当町色村の子の神の祠に一夜の宿を借りた。その夜の霊夢により白鳩に導かれ現在の地(竜頭丘の杜)に至った。ここに現れた童子(五所八幡宮の主祭神である誉田別尊)の霊言に従って勧請したと伝えられている。
  五所宮の名の由来は、欽明天皇の御世に豊前国(大分県)の宇佐に始めて八幡宮(宇佐八幡宮)が勧進され、二番目は京都の岩清水八幡宮、三番目は鎌倉の鶴岡八幡宮、四番目に河内の壷井八幡宮、五番目が当社であったことによる。
 文明元年正月に火災により御神体のみを辛うじて御動座できたという。以前の諸記録や神宝等皆消失し詳細は分からなくなった。
  明治6年郷社八幡神社となる。その後、村内の十七社の祭神を合祀し「諸願成就の宮」と呼ばれた。平成11年11月、「五所八幡宮」と改称した。
                            
社頭の説明書より 


毎年4月の29日に行なわれる例祭「紳幸祭」は有名な様子。神輿二基と山車四台が繰り出され、五所宮囃子が奏でられる中行なわれる山車の馬場への引き入れは勇壮で、「鷺の舞」の奉納も船型の上で古式どうりに行われる。との事です。



鳥居を潜ると長めの石段がありました。

P70100501

P70100511



石段途中の左手、鐘楼には中井町最古(寛永6年(1629)鋳造)の第二次世界大戦の際供出を免れた梵鐘がありました。

P70100521



広い境内には茅の輪も。

P70100531

P70100551

P70100621



高い台座の上のかなり大き目な狛犬さんです。
年令は、不明でした。

P70100571

P70100601



境内にはかなり大きな舞殿など、多くの建物がありました。

P70100651

P70100641

P70100671




更に直線距離1キロほど南下です。




・八坂神社(小田原市小竹)



住宅と田圃に挟まれた本当に狭い、小さめの鳥居と小さ目の社、そして石碑があるだけの神社でした。
鳥居の下には軽乗用車が停めてあり、とても可哀想な感じでした。

祭神は八坂神社なのであの方だとは思いますが、由緒と共に不明です。

P70100691



昭和13年(1938)7月生まれの狛犬さんです。
胸に大きな鈴が浮き彫りに。

P70100711

P70100741

P70100791



傍らには、寛政12年(1800)9月(左側)や寛政元年(1789)3月の彫りのある石塔が祀られていました。
きっと由緒ある八幡宮なのでしょうね。

P70100771




取り合えず、その16はこれにて終了となります。
が、7月1日もこれだけでは終わりません。coldsweats01
立ち寄りながらも、二宮町の吾妻山公園が最終目的地です。

続きをご期待下さい。happy01



多くの狛犬写真があります、カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。



・ちょい遠目の狛犬さん その15は、こちらです。
・ちょい遠目の狛犬さん その17は、こちらです。



ちょい遠目の狛犬さんシリーズもまだまだ続きます。coldsweats01



では、また。smile  

|

« 三千院にて(BlogPet) | トップページ | ご近所の狛犬さん その23 »

狛犬(ちょい遠目?)04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/48357285

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その16:

« 三千院にて(BlogPet) | トップページ | ご近所の狛犬さん その23 »