« ご近所の狛犬さん その23 | トップページ | 2もほしいかな(BlogPet) »

ちょい遠目の狛犬さん その17

ちょい遠目 その16の続きです。


「八坂神社」のお参りを済ませて、あちこちに立ち寄りながらも県道709号線を更に南下です。

小田原厚木道路を潜ると直ぐに駐在所がありますので左折、100m足らずで「白髭神社」に着きます。




・白髭神社(小田原市小船669)



・ 祭 神   猿田彦命 (さるたひこのみこと)

・ 由 緒
 文治年間(鎌倉時代初期)に記されたという神社縁起によれば、行基菩薩が東国行脚の際、当地小竹山頂に地蔵堂を建立した。その後、伊勢神宮の神官玉串某なる者が、仏門に入って、広瀬入道実応と名乗り、諸国行脚の砌り、この地蔵堂に寝宿したところ、その夜、白髭の夢を見たという。そこで、九寸五分の御神像を彫し、社殿を造営して、元慶元年(八七七)九月九日に盛大な鎮座祭を行なったのが白髭神社の起源とされている。
 その後、幾星霜。社殿も荒廃してしまったが、現宮司中村氏の祖といわれる松浦四郎入道綱泰が近江国滋賀郡にて白髭の霊夢に感応して、はるか相模国中村郷に来て白髭神社再興を発念した。時の中村庄司宗平は、入道綱泰の支援を惜しまずついに壮麗なる社殿、楼門等を再建することができた。また、建久二年(一一九〇)六月、源頼朝から神領を寄進され、暦応二年(一三三九)、足利尊氏から御教書を下賜されるなど各武将の崇敬が篤く、この地方の総氏神として尊信された。
 毎年一月七日の日の出と共に行われる奉射祭は、五穀豊穣を祈る新年の古行事として近郷に広く知られており、古式を伝える神事として小田原市の重要無形民俗文化財に指定されている。  
社頭掲示板より



かなり広めの境内で、落ち着いた雰囲気でした。

P70100801_2

P70100881_2

P70100951_2



鳥居側の昭和4年(1929)10月生まれの狛犬さん。

鬣が特徴でしょうか?

P70100831

P70100861

P70100871



拝殿前の大正6年(1917)10月生まれの狛犬さん。

コラ~ッ!って、言っている様な?coldsweats01

P70100901

P70100931



こちらの境内にも鐘楼がありました。

P701009621

P70100971



年代不明の石仏です。

P70101001



そして、側面に文化9年(1812)5月吉日の彫りがあるこちらは何でしょうか?しっかりとした浮き彫りですね。

P70100981

2012.03.10.追記

P70100983

 小田原市の資料よると、小田原最古といわれている富士講碑との事です。
 石塔正面の上部は中央に富士山で、噴火口の左右の丸いのは月と太陽か?
 そして、富士山の下の部分は雲かも?
 願主の露木伊兵衛さんにお逢いできたら、是非とも伺ってみたいものです。  この部分追記        



???を浮かべながら更に移動です。

新幹線を潜り国道1号線の押切橋交差点を左折、500mほど進み左折。一部道が狭いところもありますが、北に向かいます。



・川匂(かわわ)神社(中郡二宮町山西2122)



・ 祭 神 大名牟遅命 (おおなむじのみこと)
       大物忌命 (おおものいみのみこと)
       級津彦命 (しなつひこのみこと)
       級津姫命 (しなつひめのみこと)
       衣通姫命 (そとおりひめのみこと)
・ 由 緒
  当社は相模国の二の宮で、古くから二宮大明神又は二宮明神社とも称し、『延喜式』所載の相模十三社の名社であります。
 縁起書によれば其の創祀は11代垂仁天皇の朝、当時余綾足柄両郡の東西海浜を磯長国と称せし頃、その国宰たる阿屋葉造が勅命を奉じて当国鎮護のため創建された。
 磯長国造大鷲臣命・相模国造穂積忍山宿弥・同国造弟武彦命崇敬ありしを始め日本武尊東征の時、源義家東下りの時、奉幣祈願あり。
 人皇19代允恭天皇の皇妃衣通姫命皇子御誕生安穏のため、奉幣祈願あらせられる。
 現宮司二見家の家系記によれば、65代一条天皇の御宇永延元年、粟田中納言次男次郎藤原景平当社の初代神官となり爾来今日まで相続き、現宮司に至り39代に及ぶ。
 建久3年、源頼朝夫人平産のため神馬を奉納せらる。
 建長4年宗尊親王鎌倉に下向ありし時、将軍事始おり奉幣神馬を納められる。
 北条相模守、小田原北条、小田原大久保等皆累世崇敬深く造営奉幣の寄進少なからず、徳川の世に至り家康公九州名護屋出陣の際祈祷札を献上殊の他喜ばれ御朱印地五十石を寄せらる。爾来徳川累代将軍に及ぶ。
 正月には必ず江戸城に登城して親しく年礼申上げ御祓札を献ずるのが例となり幕末まで続行せり、明治6年、郷社に列せられ、昭和7年4月、県社昇格の御内示を受け現在に及ぶ。  
社頭掲示板より



国道からゆるゆると登り坂を行きます。

P70101011

P70101021



茅葺きの立派な随神門がありましたが、ガラス張りとなっていまして写真には上手く撮れませんでした。

守護神は、左神・櫛磐間戸命(くしいわまどのみこと) 右神・豊磐間戸命(とよいわまどのみこと) でした。

P70101031



こちらの境内にも茅の輪がありました。

P70101201

P70101081



昭和5年(1930)6月生まれの狛犬さんです。

P70101111

P70101141



とっても静かな雰囲気の良い境内は綺麗に手入れがなされていました。

P70101091

P70101191



境内の片隅には、こんな額束や笠木が置かれていました。

説明板には
  この石鳥居は文久元年第三十三代神官二見景賢代に大門参道入口に 建立されたもので、昭和四十五年道路改良工事による大鳥居新設 に伴い撤去された。
  社号額字は明治三十年大磯別邸に住まわれた侯爵伊藤博文公の揮毫によるもの。 との事です。

P70101161

P70101171

P70101211



とっても静かな雰囲気の良い神社を楽しんで、この後は最終目的地の吾妻山公園へと向かいました。

山頂からの展望は素晴らしいです!

但し、天気が良ければ・・・。

相模湾、国府津方面の町並み、箱根から丹沢の山々までが見えます。

天気さえ良ければ・・・。coldsweats01




と言う事で神社のみのご紹介。

公園などのレポはこちらです。

・吾妻神社(中郡ニ宮町山西吾妻山1117)



・ 祭 神 弟橘姫命 (おとたちばなひめのみこと)
       日本武尊 (やまとたけるのみこと)
・ 由 緒
 吾妻神社は梅沢の氏神で、その創建は第十二代景行天皇の朝に始まると云う。
   日本武尊は景行天皇の第三皇子である。天皇にそむく部族を征伐するため東北におもむく途中、三浦半島走水から海路上総に渡る時、暴風突如に起り、そこで妻の命(みこと)は夫にかわり、海神の怒りを静め夫の武運を祈り、海中に身を投じた。するとたちまち海は穏やかになったと云う。
  その七日後に命の御櫛が海辺に流れつき、
埋めて御陵を造る。この前下一帯を埋沢といい、梅沢と同音である。又、命の小袖が磯辺に漂い、これを取りて山頂に祭ったと云う。その海岸を袖ヶ浦と云う。日本武尊は東北戦が終り、帰路相模国から足柄を通り甲斐に出る途中、峠ではるか東方の海をながめ「あゝ吾が妻」と嘆かれたと云う。
  弟橘媛命の御神体は木彫の千手観音で、既に数千年星霜を経て現在、藤巻寺に安置してある。
  源頼朝幕府を鎌倉に創設するや、妻政子本社を崇敬すること浅からず。吾妻山全山と山麓田畑並に霜見塩田を寄付する。右大臣源実朝も祈願のため建保六年に雄剣を奉納する。
社頭掲示板より



主神が弟橘姫命でして、縁結びの神様として有名ですね。

多くの樹木に囲まれた神社でした。

Dscf90961

P70101361



昭和5年(1930)12月生まれの狛犬さんです。

天気が悪くかなり光量不足でした。weep

Dscf90891

Dscf90871

P70101311

Dscf90941



主祭神が女性だからか?公園内の神社だからか?花木がかなり多く目に付きました。
手水舎の水鉢には享和3年(1803)正月の彫りが。

P70101381




神社関係はこれ位にして、公園の花を少しだけご紹介。

P70101481

P70101461

P70101231



昨年の7月1日の中井蓮池の里、その他のレポでした。
でなくて、狛犬さんと中井の蓮池の里の様子見のレポでした。coldsweats01


多くの狛犬写真があります。
カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。



・ちょい遠目の狛犬さん その16は、こちらです。
・ちょい遠目の狛犬さん その18は、こちらです。



ちょい遠目の狛犬さんシリーズもまだまだ続きます。coldsweats01



では、また。smile 

|

« ご近所の狛犬さん その23 | トップページ | 2もほしいかな(BlogPet) »

狛犬(ちょい遠目?)04」カテゴリの記事

コメント

初めまして・・・・y。
komaQと言います。

九州の狛犬をアップしています。

東京とはちょっと違う狛ちゃん軍団が勢ぞろいしてます。

一度訪問して下さいませ・・・。

投稿: komaQ | 2010年6月 7日 (月) 20時44分

komaQさん、いらっしゃいませ。

当ブログに良くぞ辿り着かれて下さいました。
有難うございます。

早速、komaQさんの『狛犬と愉快な仲間たち』にお邪魔させていただきました。
いろんな仲間が居るのですよね。
そして、九州の狛犬さんたちは写真の角度に因るのかも知れませんが、怖いよりも『笑顔』が可愛い感じがしました。
ニヤッ!とか、ニコッ!とかの笑顔で参拝者を迎えてくれて居るのでしょうか?
九州の狛犬さんに生でお逢いしたことがありませんがそんな印象を持ちました。


我が家は神奈川県なのですが関東大震災の影響とかで、狛犬不在の神社が多いです。
我が家の周辺の神社を訪ねてこんな感じの狛犬さんが居ますよ!とご紹介を始めています。
写真もレポも未熟ですが、少しでもお伝え出来ると嬉しいです。
拙いブログと狛犬さん写真集ですがこれからも追加をして行きますので、是非ともお立ち寄り下さい。
(越後編は新潟県の柏崎に親戚などがありますので、出かけた際に立ち寄って来ます。)

これからkomaQさんのサイトにゆっくりとお邪魔させていただきます。

有難うございました。

投稿: カル2 | 2010年6月 7日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/48461400

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遠目の狛犬さん その17:

« ご近所の狛犬さん その23 | トップページ | 2もほしいかな(BlogPet) »