« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ご近所の狛犬さん   特別編 3 ・中華街の狛犬さん

昨日・27日の午前中、桜木町に所用が出来ました。
天気はかなりの曇り空ですが雨は午後から降るとかの予報で、それならば早めに出かけてお立ち寄り!と決行しました。happy01



中華街からの帰りの際、こんな綺麗な花壇が迎えてくれました。

P42701941




・中華街の狛犬さん


で、店頭の狛犬さんを撮らせて頂くのですから、お邪魔にならない様に開店前が鉄則ですよね。

先ずは、こちらの門からです。

延平門のテッペンにて、金狛さんが出迎えてくれました。scissors

P427000121



その内側の歩道の案内盤を支えている狛犬さんです。
で、その案内板の面は確認しませんでした。coldsweats01

今回は特別編で、お父さん&子獅子さんシリーズです。

        画像は、全て拡大できます。

P42700021

P42700101



そして、善隣門です。
中華街に詳しい方は、石川町からと直ぐにお分かりでしょうね。
こちらの屋根にもお出迎え。

P42700131

P42700111



『大珍楼』の金狛さんです。
鈴を付けていました。ドラえもん風でしょうか?
子獅子は、腹ばい状で背中を押さえられていました。

P42700301

P42700371



『均昌閣 本館』の狛犬さんです。
台湾製と言うと、この形を思い出します。happy01
こちらの子獅子さんは、お母さんに踏みつけられている雰囲気はあまり有りませんでした。後姿は、写真集にて!coldsweats01

P42700521

P42700591



向かいの『永華楼』の門の屋根にはこんな方も。
親子では有りませんが、金龍です。

P42700671



『聘珍楼』の厳めしい顔の狛犬さんです。
上向きになった子獅子のお腹を押さえていました。

P42700741

P427007521



『ローズホテル横浜』 のこちらも厳めしい狛犬さん。
拡大すると分かるのですが、こちらも子獅子が上向きになっていてお母さんにお腹を押さえられていました。coldsweats02

P42700832

P42700881



『横浜大世界』の金狛さん。
ね、こちらの子獅子も・・・。coldsweats01

P42701001

P42701071



『山下町公園』の狛犬さん。
この形も台湾製の代表のような感じがしていましたが、子獅子が仰向けでおなかを押さえられているとは思っても居ませんでした。

P42701141

P42701191



中華食材『源豊行』のプラチェーン付きの狛犬さん。
立ち入り禁止?のチェーンの片方の端が子獅子に結わかれていました。shock

P42701411

P427014421



『華正楼 本店』の狛犬さんです。

P42701481

P42701541



子獅子や宝珠のない狛犬さん、ショーウインドの中の狛犬さんなど、まだまだ沢山ありますが今回はこのくらいにしておきます。
で、子獅子がお腹を押さえられて歯を食い縛っているのや、平気な顔をしているのなどがいて面白かったです。
各店舗とも開店の準備を始めていられましたので、少しだけお話を伺いながらでした。

写真集には多くの写真を載せる予定をしております。
カル2の狛犬さん写真集も、どうぞご覧下さい。



中華街の〆は、『横濱媽祖廟』『関帝廟』にお参りをして行こうと思いまして『横濱媽祖廟』に寄りますと、まだ閉門していました。
となりの山下町公園にて、少々時間を調整後お参りでした。


『横濱媽祖廟(まそびょう)』です。

こちらの主祭神は、女性の神様です。
受付の案内の方が詳しく説明をして下さいました。

中国の方は、長い時間お願い事をされるそうです。でも、現代人は多忙の方が多いので、「都合の良いときに都合の良い時間お参りをすれば良い」との事。そして、「日本の方でお参り方法が分からなくても、心を込めて『天上聖母
媽祖)』にお願いをすれば良い。」とも話してくださいました。
何所の国の神様も同様に、広い心をお持ちなのでしょうね。

『横濱媽祖廟』の詳しい事は、こちらへどうぞ。

で、教えて頂いた『中国式の参拝の真似事』をして来ました。
もちろん、お線香をお供えして来ましたとも!



門前の狛犬?さんです。

P42701221

P42701251



石段下の狛犬さんです。(獅子ですよね)leo
右側がお金を抱いているお父さん、左側が子獅子を抱いているお母さんです。good

P42701661

P42701721



こちらの狛犬さんの後姿も、も~~~大変!
狛犬さん写真集に近日登場します。乞う、ご期待!



続いて、男の神様の『関帝廟』です。

こちらでも受付の方が、いろいろと優しく教えてくださいました。
真似事ですが、お参りをして来ました。
『関帝廟』の詳しい事は、こちらへどうぞ。

P42701761



拝殿の柱の下部にも、左右に1対の狛犬さんが。

P42701921



石段下の狛犬さんです。
親子共々、何ともユニークな表情でした。
こちらの後姿も、も~~~大変でした。
建立年月日と思われる年号が刻まれては居ましたが、中国の暦で判別出来ませんでした。
現在の中華学院の敷地から、こちらに移転してから60年は経過しているとの事でした。

P42701801

P42701851




こんな感じの中華街の狛犬さん詣ででした。
未紹介のが沢山ホルダーで待機していますので、近日中に写真集に載せたいと思っております。

カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。
            追加出来ました。


所用のためのタイムアップが近付いてきましたので、桜木町まで移動です。
その際に、横浜スタジアム横の花壇がとっても綺麗でした。
冒頭の写真がそれです。
作業員の方が汗をかきながら手入れをされていました。
こちら横浜公園の花壇は、いつ来ても何かしらの綺麗な花が溢れていますね。

P42701951




こんな感じの早起きの朝の事でした。
まだまだ出逢っていない狛犬さん達が居たのでしょうね。
待って居るのかな~ぁ?coldsweats01
再訪しようかな?bleah
しか~し、中華街に朝行ったのも初めてですし、何も食べて来なかったのも初めてでした。delicious
再訪しようかな~ぁ?happy01



ご近所の狛犬さん、特別編でした。

 ・カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。

 ・狛犬さん特別編 その2は、こちらです。
 ・狛犬さん特別編 その4は、こちらです。

通常の ご近所の狛犬さんその22は、こちらです。
      ご近所の狛犬さんその23は、こちらです。

   是非、こちらにもお立ち寄りください。

 

ご近所の狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます!happy01

では、また。smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その15

昨年の6月6日、先輩のお宅にお邪魔した日の後半、平和公園の狛犬さんに逢いに行った前後の事です。

平和公園のレポは、こちらです。
い~~~っぱい出逢えた狛犬さんは、写真集へどうぞ!


先輩宅から御殿場市に向かいました。
この日の主目的は平和公園の世界の狛犬さんですが、何となく鳥居があるとお立ち寄り。coldsweats01




・一弊司
浅間神社(御殿場市古沢797)
  (いっぺいし)


 

・祭 神 
    木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと) 
            祭神名はこの漢字を使用していました。
       他、七神
・由 緒
 貞観五年(853)五月五日創建。翌六年富士山大噴火、神霊を鎮め安泰を願い、木花開耶姫命を同年勧請す。
 社頭の祭神・由緒案内より
   詳しくは、下の写真を拡大してご覧下さい。

P60600071



246号線に隣接している神社で、この付近はその昔鎌倉往還古道としても栄えていたようです。

P60600061

P60600131

P60600191

P60600151

P60600161 P60600181



少し高めの台座には、皇紀2600年記念の彫がありました。
(昭和15年(1940)生まれですね)

P60600091



こちらの境内にも杉の巨木がご神木として祀られていました。

P60600201

P60600141




続いて、246号線の混雑を避けてやや細い道を進み、西田中の八幡通りに向かいました。




・八幡宮(御殿場市西田中189)



祭神は八幡宮ですから、あの方でしょうね。
でも、由緒とともに不明です。

P60600211

P60600331

P60600341

P60600351



覗いたところ、七社が合祀されている様でした。

昭和12年(1937)12月生まれの狛犬さんでした。

P60600231



広々とした境内には、安永3年(1774)8月の彫の手水鉢もありました。

P60600361

P60600311



境内の道路側にはこんな石碑もありました。

富士山東表口

御殿場登山道発祥の地 と彫ってありました。

やはり、富士山に近い土地柄なのですね。

P60600291

この碑の説明書きはかなり大きく拡大できます。

P606003021




で、実際にはこの後に平和公園に行っています。

その後、近くの東山湖を覗いて、こちらへ。

この周辺はかな~~~り以前に仲間と頻繁に遊びに来ていますので、とっても懐かしいですね。 

と言う事で、この日最後のこちらです。




・厳島神社(御殿場市東山1047)



・祭 神  市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

・由 緒  
  寛文年間(1661~1673)の初めに大坂屋長右衛門が東山新田を創立の際、安芸国佐伯郡厳島神社より分霊を受け氏神として祀ったとか。
  神社の創立年月は不明ながら、明和3年(1766)との棟札があるそうです。
  詳しくは下の写真を拡大してご覧下さい。

P60601751

P60601761

P60601771

Dscf87621

P60601781

P60601851



祭神が市杵島姫命(もしくは宗像三女神)・弁財天ですからヒンドゥー教の女神様・サラスヴァティーが起源なんでしょうね。
従って、参拝方法は
 拍手を二打し、『おん そらそばてい えいそわか 』を7回唱え、祈念し拍手を打つ
のが正式なようですね。
くれぐれも、舌を噛まない様にご用心を!coldsweats01



まあ、それは置いといて、

昭和37年(1962)5月生まれの狛犬さんです。

P60601801



境内の周辺は苔むした?(雑草が茂ったとも言う?)しっとりとした感じでした。
で、その頃は梅雨時でした。
日差しが強くなると、蒸し暑いでしょうね!bleah

Dscf87661




こんな感じの2009年6月6日の狛犬さん詣ででした。

平和公園の狛犬さんが多くて、こちらの三社は別としました。



多くの狛犬写真があります、カル2の狛犬さん写真集は、こちらです。



・ちょい遠目の狛犬さん その14は、こちらです。
・ちょい遠目の狛犬さん その16は、こちらです。



ちょい遠目の狛犬さんシリーズもまだまだ続きます。coldsweats01



では、また。smile  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その22

江ノ島島内の巡礼を済ませて、龍口寺まで戻って来ました。

龍口寺に隣接して社殿や鳥居が残っている、こちらに立ち寄りでした。



・龍口明神社・跡(鎌倉市津1番地)


 大正十二年 (1923)の関東大震災により社殿などが全壊。昭和八年 (1933)に龍口の在のままで改築した。
 昭和二十二年(1947)に、龍口山が片瀬村(現藤沢市片瀬)に編入されて以降、境内地のみ津村の飛び地として扱われ現在に至っています。
 太平洋戦争後の復興により交通事情も悪くなり、神輿渡御も難しくなったために氏子の里へ昭和五十三年(1978)に村人達の総意により江の島を遠望し、龍の胴にあたる現在の地 ・鎌倉市腰越字蟹田谷へと遷宮しました。                   神社資料より

 遷宮後の龍口明神社は、後日ご紹介をします。



江ノ電車両のだいぶ以前の搬入口でもあった、路面電車として走っている交差点の前にあります。

Pb0301401

Pb0301371



石段の上には拝殿や狛犬さんも見えましたが、柵があり近付くことが出来ませんでした。
かなり無理な体勢の撮影となり、建立年月日の確認は出来ませんでした。

Pb0301331

Pb0301351



境内の片隅にはこんな掲示板がありました。

Pb0301321


            写真は少し拡大できます。




続いて、小田急線・鵠沼(くげぬま)駅の北側に移動でした。



・賀来(かく)神社 (藤沢市鵠沼藤ヶ谷3-10)


・祭 神
    武内宿禰命   (たけしうちのすくねのみこと)
    大雀命   (おおささぎのみこと)
    岩比売命   (いわのひめのみこと)
         他、三神(十神との説も)
・由 緒
     下の由緒書きがかなり大きく拡大できます。
     ご覧いただければ幸いです。

Pb03014221



住宅地の神社で、境内は少し狭い感じもしましたが由緒のある神社です。

Pb0301411

Pb0301431

Pb0301641

Pb0301651



参道の狛犬さんで、昭和60年(1985) 10月生まれでした。
吽狛さんは、お祭の時にでも飾って貰ったのでしょうか?赤い豆絞りの鉢巻をキリリと〆て?載せて?いました。

Pb0301451

Pb0301531



境内には、こんな案内板がありました。
かなりの由緒のようです。

Pb03015521



そして、その善神王宮の祠と年令不明の狛犬さんです。

Pb0301561

Pb0301571

Pb0301591



拝殿前には、『となえことば』が書いてありました。
この様な指導掲示を初めて見ましたのでご紹介します。

Pb03016621




続いて、狛犬さんを訪ねるお遍路さんは、各神社に立ち寄りながら北に向かいました。そして、東海道線に沿って大船駅方へ。




・御霊(ごりょう)神社(藤沢市宮前560)



・祭 神
    崇道天皇   (すどうてんのう)
    鎌倉権五郎景政   (かまくらごんごろうかげまさ)
    葛原親王   (かつらばらしんのう)
    高見王  (たかみおう)
    高望王   (たかもちおう)
・由 緒
  祭神の崇道天皇は桓武天皇の御宇延歴十三年五月に現在の京都市上京区上御霊前通り上御霊監所に祀れし給しこと、その後この地(村岡)に村岡五郎平良文公が住し天慶三年平将門が征討の為御霊神社を勧請し戦勝祈願をなしたるを始めとす、のち鎌倉権五郎影政を合わせ祈り二柱たりしが北条時頼の命により葛原親王、高見王、高望王、の三柱を加えて県下に十六の分社がありその後村岡総鎮守として現在に至っている。
                                   神社資料より

ご近所の神社では時々出て来る御霊神社です。
崇道天皇 や鎌倉権五郎景政の名前はお馴染みですよね。16ヶ所の分社とその外にも10社ほど祀られているとの事で、それらの全てお参りしたくなって来ています。

Pb0301691



鳥居を潜ると右手に、太く大きなタブの木がお出迎えでした。

Pb0301971



正面の石段脇には、これもかなり太いイチョウが数本。

Pb0301701



石段の途中の踊り場には狛犬さんが。後ほどご紹介。

Pb0301871

Pb0301881



で、狛犬さんは大正4年(1915)9月生まれでした。
吽像の子獅子が可愛かったですね。

Pb0301721

Pb0301831



かなり広い境内には、数多くの古い石祠や社殿も祀られていました。

Pb0301901

Pb0301931

Pb0301921



境内の斜面には紫陽花や椿が沢山植えてあり、花の時季も良いでしょうね。
奥の院の後には鎌倉古道(上の道)奥州街道の名残もあり、それらの案内がありました。

Pb0301951

Pb0301941



そうそう、こんな石もありました。
江戸城北の丸千鳥ヶ渕の石垣に使われていたそうで、東京オリンピックの時に自動車道を造る際に取り除かれ、縁あって御霊神社の石垣に用いられた。石は各大名の献石で、其れぞれの家名が刻まれている。との事です。

Pb0301961



流石に御霊神社の総本家、境内の雰囲気もとっても落ち着いた良い感じの神社でした。
巨木も多いですしね。
ただ、東海道線に近く列車の走行音が少し・・・。
こちらに神社を造った頃には鉄道なんて考えにも及ばなかったでしょから、仕方がないですよね。



こんな感じで ご近所さん その22は終わります。

が、シリーズはまだまだ続きます!bleah


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集に沢山掲載しています。

こちらも、どうぞご覧下さい。coldsweats01



・ご近所の狛犬さん その21は、こちらです。
・ご近所の狛犬さん 特別編(中華街編)は、こちらです。
・ご近所の狛犬さん その23は、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六万騎山・坂戸山開花速報 2010.04.18.

新潟・六日町の六万騎山坂戸山へ花々の開花状況の確認に行って来ました。

とりあえず速報ですので、写真を少しだけ。


写真は全て拡大できます。


六万騎山は朝の7時過ぎで、花はまだ眠そうでした。
時計回りの周回コースで、長い写真撮影時間を含めて1時間30分足らずでした。

里山全体がカタクリの山で、東側にイワウチワの群落もありました。

P41800531

P418005821

P41800931

P418010621

P41800641



花達は帰り際に、やっとお目覚めのようでした。happy01

登り口の傍に在る『地蔵尊』の拝殿の刻みが初めて観る細工でしたのでご紹介します。

P41801911

P41801921

P41801931


お姫様と鯉?を観てもらっている老武士でしょうか?

山頂付近のカタクリは、やや終期を迎え始めて居る感じでした。

こちらの登り口2箇所に駐車スペースがありますが、狭いのでご注意下さい。



坂戸山のご紹介です。


日曜日の所為でしょうかこちらも狭い駐車場が満車で、指定された少し離れた河川敷へ。


麓(駐車場から直ぐ近く)の桜とカタクリが一緒に見られる所は、1週間ほどで咲き始めるのでしょうか。ツボミが膨らんで来て楽しみな状態でした。
尾根の中腹は、日差しが良く当たり良い状態でした。

P41802661

P41802731

P41803031



山頂近くになるとまだ雪が結構残っていて、花は開花の準備中のようでした。
下の写真の中央付近、雪が平に見える所が「大城」で一面にカタクリが咲きますが、今はまだこの状態で10日やそこらはダメでしょうか?

P41803131



こんな感じの4月18日の六万騎山坂戸山でした。
時季をみて再訪を予定しておりますが、今年の天気は如何なものでしょうかね。weep


速報でした。

レポは、地蔵尊や狛犬さんとは別に作成を予定しております。
お楽しみに!bleah


六万騎山 ・坂戸山のレポが出来上がりました。

  カルディナレポは、こちらです。

  ・カル2レポは、こちらです。     4/21


では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

HPのお知らせ

1月でHP「カルさんの山遊び日記2」閉鎖
すると、ほんの一握りの方からですが、ボチボチと
『再開しろ!』とのご連絡がありました。

ない知恵を絞って少しだけ考えて、4月から新規立ち上げをいたしました。
すると『お前のHPはどこに有る~♪』のご連絡が、またもや一握りの方からですがボチボチと。

で、この際に少しだけご紹介をさせていただきます。
下の様な感じです。coldsweats01

Image1


アドレスの一部に、こんな文字も

〇〇.horemitakotoka.com

そうなんです。

『ほれ見た事か!』と言われそうなので、今まで改まったご紹介はしていませんでした。
やはり、言われるのでしょうね。weep
でも、皆様にご紹介させていただきました。bleah

この記事は少しの間だけとして、早々に削除の予定でおります。

これからも、当ブログを初め『のほほ~んと山遊び』も、どうぞよろしくお願い致します。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!

今日は、こちらに!
ポチの代わりに、速報でーす。
六万騎山のイワウチワです。
レポは、お待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポチ(BlogPet)

きょうポチはポレ吉と速報するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


***********


そうなんだよね、カタクリの速報をしようと思っていましたが、思わぬ雪のために暫らく検討中です。

1週間ほど前に、もう良いか? で、エックス君は夏タイヤに。
まさか?まさか!の雪が積もるとは。crying
もう、4月の半ばだぞ~~~!pout

と言う事で、暇人カル2です。

そうそう、ポチ&ポレ吉君も一緒に行こうと思っていたのにダメでした。
で、ポチとポレ吉君のために、カルディナが写真を撮ってプレゼントだって!
もち、猫の額からです。coldsweats01

Dscf18941

Dscf18991

Dscf19021

Dscf18981



今年は天候不良のためにゆっくりと越後の花屋さんに立ち寄れず、お土産がありませんので相変わらずの花でした。

ポチ&ポレ吉君、これでガマンしてね。
速報をアップ出来ると良いのですが・・・。



では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南高尾山稜ハイキング

前回の山遊びが距離・花ともに不満足でしたので、今回はお手軽な高尾山系です。
体調調査のために少しロングランにしてみました。
静かな尾根と思っていましたが、案外と多くの人が歩いていましたね。

コースは、高尾山口~四辻~小仏城山~高尾山口でした。

最初は優しいこんな道ですが、地形図に載らないくらいの小ギャップがかなりありました。

P40900581


こちらは、草戸山頂の『山の神』です。
神社があれば当然にもお参りです。
まして山の神様となれば必然的に手を合わせてしまいますよね。bleah

P40900771


さてさて穏やかな道もありますが、こんな階段の3連荘などコース中には長めの階段が連続する箇所も有りました。

P40900881


そんな中展望の良い所で景色を眺めたり、足元の花を愛でたりでした。

P40901421

P40902561 

P40901401


小仏城山のサクラはほんの少し早かった。

P40902231


一丁平はサクラやコブシそしてヤシオが綺麗でしたが、植生保護復元のためにロープが張られていて近付ず写真が・・・。。
と、腕の悪さは無視でした。bleah

P40902391

P409024921


メインロードは人が多くなっていましたので、高尾山頂をパス、少し遠回りをして稲荷山コースを下山しました。
そんな訳でザッと計算すると 、18Kを越えたでしょうか?

まあ距離は長いですけど高尾山系の距離ですから、今一体力調査にならなかったみたいです。


こんな感じの南高尾山稜でした。

これからレポ作成となります。
少々お待ち下さい。
レポが出来上がりました!

・カルディナのレポ
は、こちらです。

・カル2のレポは、こちらです。
 (コース入口の地図を詳しく載せました)

是非、ご覧なって下さい。


では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちょい遠目の狛犬さん その14

昨年5月下旬、御殿場に用事が出来て出かける事に。
当然ながら?少し早めに出発、246沿いのこちらにお邪魔しました。happy01



・一色神社(静岡県小山町一色272)


・ 祭 神 譽田別命(ほんだわけのみこと)
      天照大神(あまてらすおおみかみ)
      木花開耶姫命(このはなさくやひめ)
                    他に七神
・ 由 緒
  元八幡神社と稱し創建は不詳であるが三百数十年前の延宝年間の御宮帳に登記されており  (中略) 元禄初期より明治、大正にかけて天王社、金山社、水神社を合祀し、明治四十年に金山社を合祀の際に八金神社と改稱した。更に昭和三十八年に浅間神社との合祀により、一色神社(東の宮)と改稱した。
 当神社は、鳥居を建立しないしきたりがあり、氏子も門を建てない慣わしがある。 社頭の由緒書きより  



本当に鳥居が見当たりません。最初は理由は分かりませんでしたが、何か不思議な感じがしました。鳥居を建立しない神社は、初めてです。
(破損した後に資金不足で再建できないのを除きますが)

短めの石段を登ると拝殿です。

P52300081

P52300161

P52300171



石段下の少し高めの台座に鎮座する狛犬さんは、昭和55年(1980)8月2日生まれでした。

P52300121

P52300141



境内には、石の祠が祀られていました。
そして、天明2年の彫りのある石灯籠もありました。

P52300181

P52300191




もう少し時間が有りますので、こちらに寄り道です。



・瑞穂神社(御殿場市上小林783)



・ 祭 神 高皇産霊尊 (たかみむすびのみこと)
             建御名方神 (たけみなかたのかみ)
      譽田別命 (ほんだわけのみこと)
             大己貴神(おおなむちのみこと)
・ 由 緒
  創立年月不詳 宝永元年9月再建  (中略) 明治40年1月諏訪神社と八幡宮神社を合祀し、祭神の萬物を生む霊妙な御神徳と毎年豊かに稔る稲穂に囲まれる境内から瑞穂神社と改称。大正15年子神社と合祀した。 社頭の由緒書きより


平成20年に社殿が改築されて、木の香漂う真新しい拝殿でした。

P52300211

P52300341

P52300351



少し変わった感じの、平成2年(1990) 11月生まれの狛犬さんで、『天皇陛下御在位記念』の彫りがありました。

P52300241

P52300271



手入れの行き届いた境内には、寛政5年(1793)10月や嘉永3年(1850)初夏の彫りのある石灯籠もありました。そうそう、周囲に田圃が多い関係でしょうか?境内の草むらでカエルさんが遊んでました。

P52300361

P52300311

P52300281

P52300371

こちらでタイムアップとなりました。
仕方がありませんので、この日は2社で終了。
用向きの家へ向かいましたとさ。bleah




ブラリ立ち寄りの狛犬さん詣ででした。
ちょい遠目の狛犬さんシリーズもまだまだ続きます。coldsweats01



・ちょい遠目の狛犬さん その13は、こちらです。
・ちょい遠目の狛犬さん その15は、こちらです。



では、また。smile
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その21

ご近所の狛犬さんその20から月日が少し飛んだ、11月初めの事です。

前段に、葉山町・熊野神社のお参りをしました。
そのレポは、こちらです。(最下段です)

で、日曜日ですが江の島に移動でした。
前回はお正月の3日で初詣客が多く、ゆっくりと出来ませんでした。
狛犬さんの写真の不足分を補完したいのと、細かな物も見たいし、お稲荷さんや児玉神社にも寄って来たかったのです。


先ずは、江の島温泉脇から海側に出てみました。

時刻がお昼近いので、やや見通しが・・・。
もち、箱根から富士山と雲&丹沢と雲!

Pb03003822

Pb03004021



岩本楼本館の手前の路地を入り、石段を登った少し高い所です。



・大崎稲荷大明神(藤沢市江の島2-1)

観光の方は、多分立ち寄らないと思われます。
その昔から江の島で仕事をされている方々の信仰が篤かった事でしょう。

Pb0300521

Pb0300431

Pb0300441



お社の中には、沢山のキツネさんが。
手作り?の狐さんも祀られていました。

Pb0300451

Pb0300531

Pb0300551



境内の片隅には笹や草に隠れて江戸時代のかなり古い石仏も沢山祀られていました。

Pb0300461

Pb0300481

Pb0300491




メインの参道に戻り、江島神社に向かいます。




・江島神社(江の島2ー3)  
    (神社名には『』が入りません)


追加の写真を少し撮って来ましたのでご紹介。

・辺津宮の狛犬さんです。

Pb0300611
       狛犬 : ”八坂さん、どうぞ!”



・八坂神社です。

Pb0300751

Pb03007121
 はぁ~い、八坂狛で~す!中津宮さん、どうぞ!



・中津神社です。

Pb0300851

Pb03007821
     はぁ~い、中津宮狛です。どうぞ!

Pb03008221
 なぁ~に?私を呼んだ?違うの?
中津宮の相方さんです。



・奥津宮です。

Pb0300941

Pb03008721
 はぁ~い、奥津宮狛で~す。竜宮さん、ど~ぞ!



・竜宮(わだつみのみや)

Pb0301071

Pb0301041
        はぁ~い、竜宮狛で~す!

なんて言う会話があったら面白いですね。
若しかしたら、実際にあったりして。
だとしたら、チト怖いか?bleah

前回寄り損なった、竜宮の拝殿裏手に回ってみました。
するとこんなのが・・・。

Pb0301091

Pb0301081



いつの頃の狛犬さんか不明ですが、下半身が残されている様でした。

もう一つの目的が群猿奉賽庚申塔です。
中津宮から奥津宮への『いわや道』の真ん中くらい、羊羹で有名な中村屋さんの傍・奥津宮に向かって左手に在ります。

Pb0301101

Pb0301131

江戸中期の作だそうで、藤沢市の指定文化財になっています。
太陽と月が上部に描かれ、たくさんのお猿さん(36匹とか)が描かれています。ユーモラスで可愛いです。庚申塔って青面金剛のいかめしい姿と台座に3猿というのが普通ですが、こんな感じのもあるんですよね。happy01

庚申の夜に人が寝ている間、三尺という虫が身体から這い出してその人間の悪行を天帝に告げ、命を短くするという道教の話が庶民の間に広がり、庚申講を開いて朝まで飲み食いしながら「青面金剛」「帝釈天」「猿田彦神」などをお祀りするというものです。特に厳しい決まりはなかったようですが、この夜に出来た子供は泥棒や不具となるということで性交は禁止だったそうです。それから陰陽五行の「金」の日ということで金属を身につけるのもダメだったそうです。庚申講を3年18回続けるとこの庚申塔が建てられたそうです。 藤沢市栞より

と、説明書きが何とも長くなりました。
この後、急な道を進んで岩屋の中の狛犬さんを撮って来ようと思いましたが、他にも行きたい所がありますし、ミニスカートの可愛い方も目に付きませんので向きを変えて、江ノ島内のもう1箇所立ち寄りでした。smile




・児玉神社(江の島4-3)


勝運の神 ・児玉神社は日露戦争の満州軍総参謀長として勇名が高く文部大臣、内務大臣、台湾総督、南満鉄道経営委員長などの要職を務めた児玉源太郎大将(1853~1906)を祭った神社です。

社殿や神楽殿は台湾の阿里山檜で造られ、神楽殿の前にある狛犬もまた台湾・台北の観音山から切り出した観音石を用いて台湾の名工が製作したもので、昭和5年11月に第13代台湾総督の石塚栄蔵が奉献したとの事です。社頭の案内板より
とにかく台湾との繋がりが深い神社のようですね。

Pb0301151

Pb0301161

Pb0301171

Pb0301311



狛犬さんは、台湾製です。
ご多聞に漏れず、とってもリアルでした。
弱足ママさんでしたら、どんなのか想像で出来るでしょうね!happy01

Pb0301191



小獅子の顔の判別がやや難しかったです。coldsweats02

Pb0301301


後日、複数の写真を『カル2の狛犬さん写真集』に追加しますので、どうぞご覧になって下さい。
リアルなのも追加します。

そして、江の島関係が多くなりましたので、4-1,2に別ける予定でもおります。
これからもどうぞよろしくお願いします。



江の島関係の追加記事でした。

ご近所さんシリーズも、まだまだ続きます。


・ご近所の狛犬さん その20は、こちらです。
・ご近所の狛犬さん その22は、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩・大塚山(BlogPet)

カル2の「奥多摩・大塚山」のまねしてかいてみるね

奥多摩・・。
山遊びのもアップ出来ました。
カルディナの入山でした。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。



*******************


ポチ君、ありがとさん!

そうなんですよ、写真を皆アップしてしまいました。
で、今回の山行の未使用写真は殆どありませんので、ホルダーから最近のをプレゼント!

そうそう、大塚山はカル2も一緒に行ったのですよ!coldsweats01


まずは、今は亡き有名な大銀杏。
元の株からヒコバエが沢山出て来てくれたとか。happy01
今年の1月、松が取れた日です。

P10800171


そして、少し下がって3月半ば
綺麗ですね~!good

P32200011


そして先月末、近くの用水路にて。
住民のカルガモ夫婦の片割れ。
暖かな日でしたのでお休み中、呼んでもピクリともせず爆睡状態でした。shock
相方も直ぐ傍で爆睡中!sleepy

P330001021


こんな近況です。
ネタは無いのか?の突っ込みはなしで!coldsweats01


ポチ君ありがと!

では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »