« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年もお世話になりました。

皆々様には、今年も大変お世話になりました。

狛犬特化した当ブログにお立ち寄りいただき、本当に有難うございました。

で、狛犬達が皆様にご挨拶をしたい!と言う事で、 スライドショーなどを作ってみました。dog

ご覧頂けると嬉しいです。coldsweats01

こちらですが、少しだけ画像が大きいです。

(中に入って、1回だけスタートを押して下さい)




上のスライドショーご覧頂いたら
                  下にお進み下さい

              

              
 

              


お楽しみ頂けましたでしょうか?happy01

有難うございました。そして、お疲れ様でした。smile




先日、狛犬さんがボソボソと呟いていました。ear

神主さんと景気が悪くて住み難くなって来た。お賽銭の実入りが少ない1年だったね。とか、嘆き合っていたそうです。shock

で、来年こそは良い年に!

それには、微笑みを忘れないようにしたいものです。happy01

微笑みといえば、この方のしかおりません。

ご登場、どうぞ!coldsweats01








101

です。



長々とお読みいただき、誠に有難うございました。

皆様、良い年をお迎え下さい。

明年も、今まで通りによろしくお願い致します。


では、また。smile

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ポチは漆島がほしいな(BlogPet)

ポチは漆島がほしいな。
カル2もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


*************


はい、カル2も漆島が欲しいです。

のどかな良い感じですよね。

でも、今頃は雪が沢山でコタツに入ってしまい動かなくなるかも。

と、いう事で。

コタツの中で丸くなる、彼らの写真。cat



先日の散歩の時に出会ったニャンコたち。

こにゃにゃちにゃん! あそぼっ!

Pc1700011



あっちむいて、ほいっ! 勝ったにゃんっ!

Pc1700021



と言ったとか?coldsweats01

帰りに、何時ものニャンコのお宅に。


初めて、遊んでよ~ぉ!と近付いてきました。happy01

Dvc000761



今年は、左側の子ニャンコの柄が違います。

Pc1700521

Pc1700551



少し遊んでいるうちに、場所を変えてポーズを付けてくれました。でも、周囲の枝が邪魔を!

Pc1700541

Dvc000781



日向ぼっこ方々のポージング、可愛いですね。

帰り際に、お父さんと思われるのがお出まし。

お父さんの毛色がいつの間にか子猫色でした。

でも、写真はありません。



こんな平和な?感じの、何時ものニャンコさんたちでした。cat




今年も遊んでくれて有難う!来年もよろしくね。

ポチくんにプレゼントでした。。coldsweats01


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その18

今年の越後の狛犬さんシリーズも、取り合えず最終となりました。もう少しお付き合いの程を!coldsweats01


10月28日の続きで、前半はこちらです。


高柳町岡野の十二神社のお参りを済ませて、12号線を更に南下しました。




・高尾神社(高柳町高尾730)


祭神由緒共に不明です。



以前にお参りをしました「蔵王神社」の「じょんのびの里高柳」や12号線を挟んだ反対側です。少し分かり難い道でした。



十二社大神の石碑を眺めながら石段を登りました。

Pa2801311

Pa2801321



石段を登りきると鳥居があり、狛犬さんが鎮座していました。

Pa2801121



可愛い趣がある拝殿の前庭は、少し狭い感じでした。

Dscf99251

Pa2801261



年齢が判別不能のの狛犬さんで、何となく蔵王神社とかどこかで出逢った様な感じがしました。

Pa2801151

Pa2801191

Pa2801291




更に12号線を南下。




・十社大神社(高柳町漆島335)



県道12号線から近くの漆島集落の中央高台に在り、こちらも石段を登ります。

・祭 神 天照皇大神ほか9柱。との事です。
    
 0社を合祀されたからでしょうね。

     由緒などは不明です。



Pa2801331

Pa2801341

Pa2801491



年齢不明の狛犬さんで、カル2同様に少しだけ胴が長めでした。coldsweats01
他所でも見かけましたが、狛犬の台座のコケが剥がされた感じがしていました。
建立年月日や石工さんの名前でも探したのでしょうか?
何だかな~ぁ?と言う感じですね。angryshock

Pa2801361

Dscf99271



こちらの神社は、高柳町指定天然記念物の杉の巨木(環境庁の資料によると樹高 30m目通り幹囲 5.2m、推定樹齢 300年以上、との事や石幢六地蔵・石祠(高柳町の文化財)が有名だそうです。 
※柏崎市と合併以前は刈羽郡高柳町で、その頃に町で指定したそうです。

Pa2801551

Pa2801531

Dscf99311

Pa2801501




夕暮れと競争で、更に南下して「荻ノ島かやぶきの里」に行って見ますと・・・。




・松尾神社(高柳町荻ノ島1032)


・祭神、由緒共に不明です。



駐車場前に神社が!時間がないけど、当然お参りです。以前はアオバズクも繁殖をしていた神社との事です。

Pa2801571

Dscf99381

Pa2801701



昭和18年(1943)9月生まれの狛犬さんです。

Dscf99351

Pa2801631



こちらにも、町指定の天然記念物ありました。「荻ノ島松尾神社の二本杉」(樹高 30m、目通り幹囲 6.4m・2本合計では9.9m、推定樹齢 300年とか)です。
夕陽に映える紅葉が綺麗でした。

Pa2801561

Dscf99401

Dscf99421




いよいよ夕暮れが迫って来てしまい、大急ぎで回ってみました。




・かやぶきの里(高柳町荻ノ島)



ゆっくりと見学が出来ず、残念でした。でも、またこの近くにはお邪魔しますのでその時に。

Pa2801711

Dscf99431

Pa2801761

Dscf99441

Pa2801781



時間がなく急ぎ足で回りましたが、わらぶきの建物が若干少なめで寂しい感じもありました。色付いた柿の実がとっても印象に残っています。



さて、長々と続きました『越後の狛犬さんシリーズ』は、都合により一旦お休みとなります。(ネタ切れとも言いますcoldsweats01

次回からは、暫らくお休みをしていた『ちょい遠目?シリーズ』となります。
『越後』はお休みでも、『ご近所のシリーズ』は続きます!



・越後の狛犬さん その17は、こちらです。

・越後の狛犬さん その19は、こちらです。

ちょい遠目?の狛犬さん その11は、こちらです。



越後シリーズに長々とお付き合いくださり、大変有難うございました。

狛犬シリーズは、まだまだ続きます。happy01

これからも、是非お立ち寄り下さい。dog

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その18

かなり遡り、3月12日のご近所の狛犬さんです。


綾瀬市に住む昔からの山友を訪ねた帰り道です。

藤沢市との境に近いこちらから立ち寄りでした。




・熊野神社(綾瀬市上土棚2307)



・祭神 伊邪那美命 (いざなみのみこと)
      黄泉津事解男命 (よもつことさかのおのみこと)
          速玉男命 (はやたまおのみこ )

・由緒
 天文八年(1539)当村の鈴木内匠が発起して、紀州熊野本宮大社より神霊を奉泰して社殿を造立したといわれている。
 その後寛文十一年再建、現在のものは文政十年(1830)九月造営のものである。境内の「熊野社概要」より


 少し狭いバス通りに面して鳥居が有り、その右手には文政9年(1826)11月の弁財天?天女?や寛政8年や天保年間の庚申塔などが祀られていました。手水鉢には文政元年9月の彫りもありました。

P31200011

P31200021

P31200051
右側面に、文政九年(1826)十一月吉日の彫りが ↑

P31200031

P31200211



石段を登りきると、狛犬さんがお待ちかね。happy01
でも、先ずは拝殿からご紹介。

P31200061

P31200151

P31200161

P31200171



狛犬さんは不安定となって補修予定なのか?丸太で押さえがされていました。
で、享保6年(1721)5月生まれの狛犬さんです。今までに出会えた建立年月日が分かる中の最古参と思われます。

P31200101

P31200071
    写真集には、もっと多くの写真を貼り付けます。



割合広めの境内には、数本の太いクスノキも。
静かなとても良い雰囲気でした。

P31200201

Dscf78621




南東方向に1キロほど移動し、藤沢市に入ります。




・白山神社(藤沢市下土棚1065)



・祭神 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
     須佐之男命(すさのおのみこと)

・由緒

  創立年月不詳。往古当村広田主水及び氏子中にて寛文4年再建。
  享保年中大久保山城安崇敬する所となり、安永4年造営。
  昭和6年氏子中にて本殿拝殿を改築す。明治6年村社列格。
  八坂大神は往古当村字西光山に在り、後、寛文年度当社へ遷座す。         神社庁資料より       



こちらの神社は、拝殿脇から階段なしで入れる年配の方にも優しい住宅地内の神社です。白山神社と聞くとある事を思い出されますが、その昔はこちらの氏子さんたちも大変な思いをされたのでしょうか?

太い大き~~~なイチョウがご神木ですね。

P31200251

P31200341

P31200501

P31200471

P31200481



狛犬さんは2対で、鳥居側は昭和6年(1931)2月生まれ

P31200271

P31200301



拝殿側が昭和4年(1929)12月生まれでした。

同じ石工さんの作ですが、雰囲気が似ている様なかなり違う様な感じ。

それと、2対とも 左側:阿形。足元に子獅子でした。
(従って写真は、吽像→阿像の順に掲載しています)

P31200361

P31200411

 


更に南下します。




・亀井神社(藤沢市亀井野554)



・祭神 天軻句突知命 (あめのかくつちのみこと )

由緒
 創立年月不詳。往古源義経の四天王の一人亀井六郎崇敬の社。
 天正18年9月28日再建。寛永年中岡部和泉守崇敬厚く社殿を改築せりと伝う。
 大正12年9月1日関東大震災により社殿倒潰。
  大正15年9月28日氏子中にて再建。明治6年村社列格。
  平成4年、地域の発展に伴い社殿を改築境内整備を実施した。           神社庁資料より                   



バス通りから鳥居を潜ると、割合に新しい石灯籠が。そこには可愛い置物が左右・阿吽の位置にそれぞれ置かれていました。

P31200521

P31200531

          ↓ 写真は左右2枚を合成しています

P3120055157

P31200731

P31200691

P31200721

P31200711



大正15年(1926)3月生まれの狛犬さんです。

P31200601

P31200661
       子獅子や他の写真は狛犬写真集に載せます。



クスノキなどが茂る境内には、少し小振りですが立派な造りの社のお不動様が祀られています。「身代り不動」の幟が林立していますが、身代わり不動の由来は不明です。明治時代に亀井神社と改名するまで、不動様を祀った社として崇め奉られていまた。旧地名の不動ヶ谷や付近を流れる不動川もこのお不動様が由来とか。

Dscf78661

P31200741




こんな感じの春が待ち遠しい3月半ばのレポでした。



・ご近所の狛犬さん 天嶽院編は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その19は、こちらです。



やっと藤沢市に戻って来たご近所さんシリーズは、まだまだ続きます。happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後のもみじ狩り!

Pc1700411
           かなり大きくなります。クリックを!



2日ほど前にちょいとお出かけでした。

古都のもみじ狩りには少し遅かったようです。

某鉄道会社のCMの影響を受けて行って来ました。

紅葉が真っ盛りならば、本当に京都と同じ!

なんちゃってね。coldsweats01



こちらのお寺さんは

功徳山 早雲禅寺 天岳院といいます。
  くどくさん  そううんぜんじ てんがくいん

天岳院はその昔、真言宗の古寺で「不動院」といい、不動明王をお祀りしていました。

源頼朝公が治承四年(1180)に、伊豆に兵をあげ鎌倉をめざす途中に立ち寄り、不動明王に大願成就の祈願をされたと伝えられています。

明応四年(1495)に曹洞宗に変わり現在に至る。

開基    ・・・   北条早雲 寺の家紋は北条鱗

中興開基  ・・・ 玉縄城主 北条綱成・氏繁親子

再中興開基・・・紀伊大納言 徳川光貞(吉宗の父)

との事です。    天岳院栞より抜粋


で、もちろん京都ではありませんよね。smile

場所は、神奈川県藤沢市渡内という所。

藤沢駅から大船方面に行った、東海道線の山側です。




では、簡単に小京都?のご案内。happy01

表玄関・山門付近です。

山門は水戸光圀公が職人さんに作らせたそうです。bleah

Pc1700031


山門の右手の大きな観音さまに”後光”が。

Pc1700501



山門の前には仁王様が。(チョイメタボ?coldsweats01

Pc1700041

Pc1700061

Pc1700071



では、山門を潜りましょう。

Pc1700051

Pc1700441



良い感じですよね。

あっ、カル2ではありませんので!coldsweats01

Pc1700091



石段を上がると、平成10年春日生まれの狛犬さんが。

二度ほど火災に合い七堂伽藍が全焼し、昭和51年春から20年以上の歳月をかけて再建されたそうです。
その際に狛犬さんをお祀りされたとか。流石に岡崎の石工さん、いい感じの狛犬さんですね。happy01

Pc1700121

Pc1700171



中雀門です。法堂はお正月にお参りします。

Pc1700251



立派な建物等がありましたので、こちらも少しご紹介。

Pc1700241

Pc1700261

Pc1700231

Pc1700211



そうそう、七堂伽藍のうちの六番目の東司(とうす)にこちらが奉祀られていました。烏芻沙摩(うすさま)明王は、不浄を浄化する威神力を以って東司をお守り下さる守護神との事です。禅寺の七堂伽藍とは一の佛殿から七の浴室までを言うとか。で、ちなみに六の東司とはお手洗所でした。

Pc1700301

Pc1700291



境内のお参りを済ませて、海の眺めが良い裏山=墓地に行って見ました。

暖かな日で展望は良くありませんでしたので写真はなし。

大きな薬師如来でしょうか?祀られていました。

優しいお顔でした。

Pc1700311

Pc1700321



小鳥達が木の実を啄ばむ姿を眺めながらの帰り道に、名前が分かりませんが小さな稲荷社が。

Pc1700331

Pc1700341

Pc1700351



建立年月日は不明ですが、新旧2対のキツネさんです。

綺麗にお化粧された優しい美男美女ですね。

先代の吽側のキツネさんの口元は足の間にしっかりと保管されていました。

どなたがお供えをされたのか、油揚げが上がっていました。

Pc1700361

Pc1700371

Pc1700381

Pc1700391



キツネさんに、また来るね!とご挨拶。

CMも良いけど、近場でもかなり良い所がありますね。

来年は、時季を狙って来て見ましょう。

と話しながらの帰宅でした。

良い日旅立ち!(かなり古いです)は、旅立った日が良い日なのでしょうか?今日もとっても良い日となりました。



小京都?への、ちょいと旅立ちの記録でした。coldsweats01

では、また。smile


・ご近所の狛犬さんその17+α後編は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その18は、こちらです。

では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再建された(BlogPet)

きのう、再建された。
それで走行したかも。
でも、カル2と、降り口っぽい確認したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


**************


おや~ぁ、あそこが再建されたのかなぁ?

だとしたら、それはすぐに行ってみるで事しょう!

ポチ君、降り口はこちらですよ。

Pb0500771



目標は、こちらの樹です。

間違わないようにね。

お得意のマーキングをどうぞ!happy01

Pb0500791



でね、5分ほど降りて振り返ると、こんな樹が見えますよ。

Pb0500101



目的地は、ここだ~ぁ!scissors

Dscf03161



こんな雰囲気の記事かな?

有難う、またね。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その17

越後の狛犬さん その17です。

今年の越後編も、ソロソロ終りが近付いて来ました。

10月28日の探訪です。

紅葉の越後の山々を眺めようと、早朝に六日町に到着。

しかぁ~し、大きな音を立てての無情(雨情ではない!)の雨が!crying

等高線が結構細かなルートですので、すかさず中止。

午後の予定を繰り上げて、移動を開始でした。



行きに目を付けておいた、こちらにお参りです。coldsweats01



・小川神社南魚沼市小川)


道路に面していて、何の飾り気もないシンプルな神社でした。

道に沿って合祀?されている境内社も並んでいました。

Pa2800011

Pa2800021

Pa2800031

Pa2800041

Pa2800061



金婚紀念と彫られた、大正14年(1925)生まれの狛犬さんです。

Pa2800081

Pa2800151



雨に濡れた狛犬さんに再訪を誓って、所用を済ませに柏崎市へ。

国道253と252号線を使って高柳に向かい、道の駅「瀬替えの郷せんだ」で休憩。

大きな観光案内板を眺めていると、ケヤキの巨木・・・神社の案内が。

これは、当然にも立ち寄りでした。bleah




・赤谷十二神社(十日町市赤谷)


トイレまである駐車場は、本当にすぐ近くです。

どなたも参拝をされていず、貸切状態でした。

とにかく、でっか~~~いケヤキです。

太い幹や枝先までしっかりとしている様子。

坂上田村麻呂の手植えと言われる大ケヤキに自由に触る事が出来るのが何よりも良いですね。

ケヤキの由緒は下をクリックしてご覧下さい。
  (読みやすく、上下方向を大きく拡大されています)

Pa28001621

Pa2800181

Pa28002321

Dscf99111

Pa2800251

Pa2800291

Pa2800351
↑ 祭壇の前に、神殿狛犬が?次回は確認して来ます。



昭和16年(1941)7月生まれの狛犬さんです。

Pa2800271



かなり広めの境内には双体神も。

Pa28003721

Pa2800361



ケヤキの幹のカエルさんが”無事にカエルように!”と言ったとか?

カエルさんにご挨拶後、移動再開でした。

Pa2800391




無事に用事も済ませて、 この後どうしようかと考え込みました。

時間が中途半端なのです。

白倉の林道の入り方を教わっていましたので、車で入れるところまでいって見ましたが・・・。

仕方がなく?bleah狛犬さん詣でをしましたとさ。coldsweats01

白倉から戻り、岡田で国道252号線を横切った先です。





・諏訪神社(柏崎市高柳町岡田)




こちらの神社は、太い杉が有名とか。

Pa2800901



水盤のこちらは、狛犬さん?それとも定石どおり龍?

Pa2800681

Dscf991721



拝殿前には額束と思われる物が。地震の影響か、鳥居が新しかったので先代のかも知れませんね

Pa2800801

Pa2800811

Pa2800841



大正9年(1920)4月生まれの狛犬さん。

高柳神社の狛犬さんと似ているような気がしました。

Pa2800711



杉の 巨木が多く、少し暗い感じのする境内ですが、多くの石祠が祀られおりかなりの歴史が感じられました。こちらの杉の巨木4本は、高柳町指定天然記念物との事です。(樹高 35m、目通り幹囲 6.2m、推定樹齢 500年、環境庁資料による)

Pa2800851

Pa2800871

Pa2800861

Pa2800891




更に南に移動し参拝するも 、熊野神社・黒姫神社(里宮)や神明社には不在でした。

黒姫神社は、社や境内の雰囲気がとても良かったのですが・・・。

めげずにお参りを続けます。




・十二神社(柏崎市高柳町岡野)



拝殿の写真を撮り忘れてしまった。weep

こちらも、次回に。

Pa2800941

Pa2801061

Pa2801071

Pa2801081



祭神・由緒は下の写真をご覧下さい。

昭和18年(1943)11月生まれの狛犬さんです。

建立時機の所為か?何となく寂しそうな顔をしていました。

Pa28011021

Pa2800961

Pa2801051




こんな感じの、10月28日前半の狛犬さん詣ででした。

越後の狛犬さんは、もう1回続きます。coldsweats01



・越後の狛犬さん その16は、こちらです。

・越後の狛犬さん その18は、こちらです。



狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の八ヶ岳

ちょいと声が掛かったので、6日の日曜日に野辺山まで行って来ました。

八ヶ岳の雪景色です。



中央道に乗ると一部の区間が霧の中の走行となりました。

従って、富士山も見えませんでした。weep

時々見えてくる山並みには白い物が・・・。

大菩薩方面です。

Dscf030521



紅葉がまだ綺麗な、大月・岩殿山付近です。

Dscf03091



南アがチラリと。

Dscf031521



笹子トンネルを抜けると、マッチロケ!

従って写真はありません。

長坂ICで降りると空が・・・。scissors

ビューポイントに寄ってみました。happy01

Dscf03272



そして、八ヶ岳高原大橋にて。

富士山は、モロに逆光でした。sad

Dscf03401

Dscf03421



佐久街道の野辺山付近はこんな感じで、車のあまり通らない路地はガリガリでした。

Dscf03431

Pc0600881 



男山・天狗山・御陵山、朝のうちはもっと白かった様子。

Pc0600531



振り返ると、雪の八ッ。

そして金峰山や瑞牆山にも白い物が。

Pc0600791

Dscf035522



用事を済ませて帰り道。〆はヤッパリこの方でしょう。

Dscf035621



こんな感じの師走最初の日曜日の山便りでした。

雪に出逢ったけど、暖かな一日でしたよ。


では、また。smile

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ご近所さんの狛犬さん その17+α後編

ご近所の狛犬さん17の後編です。

ご近所さんの狛犬さん その17+α前編
(獅子舞谷がメイン)は、 こちらです。



猿山(大平山)にて餌を頂いた後、アルプスを西方に移動。

左右の降り口を眺め、かなり傷んでしまっている石仏などを眺めながら建長寺へ。

建長寺半僧坊)の奥の院・勝上献まで来ると展望台デッキが。

その昔にはなかったのですが・・・。

雲量10に近く展望も”なんだかな~ぁ?”でした。

仕方なく、すぐに半僧坊まで降りてしまいました。



・建長寺(半僧坊)(鎌倉市山ノ内)



降りて来て振り向いて観ました。

最後の鳥居を過ぎると山道となって来ます。

Dscf02601



半僧坊の狛犬さんたちです。doghappy01

Dscf02611

Pc0100641

Pc0100531

Pc0100541

↑↓明治26年(1893)生まれとかの狛犬さんです。

渦巻きオメメの狛さんと記念写真をパチリ!dog

Pc01006521



カラス天狗を後ろから。

Pc0100621

天気が良ければ海も見えるのですが・・・。

と思っていたら、カルディナが。

Dscf02651



300段を越える石段を少しづつ降りていきます。

12体も住んでいるという 、カラス天狗さんたち。

Pc0100671



2対目の明治37年(1904)1月(月数がやや不明)生まれ。

Pc0100691



獅子舞谷よりも綺麗な紅葉を楽しみながら更に降りました。

Dscf02691

Pc0100831

Pc0100841



3対目の平成5年(1993)5月生まれの狛犬さんです。

Pc0100861



狛犬さん達と一緒に紅葉を楽しみます。

Dscf02771

Pc0100941

Pc0100961

Pc0100971

Pc0100981



4対目の平成3年(1991)3月生まれの狛犬さんです。

すぐ傍には昔からの住民の蛙さんもモミジ狩りに?

Pc0101011

Pc0101091

Dscf02821 

Pc0101121



5対目の平成12年(2000)7月生まれの狛犬さんです。

Pc0101141

Pc0101231



半僧坊の狛犬さんたちは、これでおしまいです。

でも、”建長寺の狛犬さん”で忘れてはいけないお方が。

境内はどこを眺めても綺麗で観光の方も大勢。

Pc0101241

Pc0101251




・法堂

『千手観音像』、パキスタンからの贈り物『釈迦像』『狛犬の形の香炉』です。

千手観音像の左手の1番下にドクロを持っていました。
(写真が不鮮明ですみません。参拝をされてご確認を!)

そして、つらそうな『釈迦像』の上の天井には、今にも降りて来そうな素晴らしい雲竜図が。

Dscf02901

Pc0101281

Pc0101291



建長寺は本当に広くて見るものも沢山有ります。

が、適当に切り上げて次に移動です。

建長寺から北鎌倉駅方に60mほどの左手が今日最後の立ち寄り地点です。




・第六天社(鎌倉市山ノ内)



・祭 神  天神七代の第六天神

・由 緒
 江戸時代に再建された社殿には第六天像と四天王が安置。
第六天悪魔王はヒンドウー教シヴァの主神で、仏教に取り入れられて第六天悪魔王となった。
厄除け、方位の神として信仰されている。

建長寺には東西南北に守り神が鎮座していたが、現在残っているのは南を守る当社のみ。
お祭りには僧侶と神官がそれぞれ来てお参りする。
                                    鎌倉★ブログより引用

参道の門扉は鎖錠されていました。
鳥居左後方には平安時代の陰陽師安倍晴明の石碑が。
大正15年(1926)12月生まれの狛犬さんです。
依頼された時は大正時代だったのでしょうが・・・。

Pc0101321

Pc0101341

Pc0101351  

由来書きは、かなり大きく拡大します。

Pc01014821




と、まあ、こんな感じで鎌倉の紅葉を楽しんで来ました。
獅子舞の谷の紅葉は今一、なれど建長寺で挽回。
ツーリストのコースが同じ様な所を数箇所設定する理由が分かった様な?
どれかは当たるかも知れませんよね。


4月取材の狛犬さん達が”早く出せ~~~!”とホルダーの中で騒いでいますが、今回は季節物として速攻でアップしました。


次回のご近所さんは4月分からとなる予定です。


ご近所の狛犬さん17の後編は、これでおしまいです。

狛犬さん写真集は、こちらです。


・ご近所の狛犬さん17前編は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん(天岳院編)は、こちら 

ご近所の狛犬さんシリーズもまだまだ続くます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご近所さんの狛犬さん その17+α前編

Pc01002622



こちらは、鎌倉宮の獅子頭です。

獅子の頭ですので、狛犬仲間という事で・・・。coldsweats01

前編は、鎌倉宮の奥の『獅子舞谷』がメインです。



今回は『狛犬さん+α』で、前後編となります。

訪れた順のご紹介となります。



先ずは、こちらに朝のご挨拶。

Pc0100012



続いて、横須賀線にて鎌倉駅に移動。




・鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2-1)



鶴岡八幡宮・二の鳥居と大きな狛犬さんです。

昭和36年(1961)年に◎野田セメントから寄贈された、小◎田製ホワイトセメント(多分)で出来ている県内最大を誇る巨大な狛犬さんです。

首を少し傾けているのが可愛いですね。

Pc01000221

Pc0100051



続いて、人力車には乗らずに徒歩にて八雲神社へ。

不在のため、白旗神社(法華堂)へ。




・白旗神社(鎌倉市西御門2-1)



・祭 神 源頼朝

・由 緒
  文治5年(1189)頼朝奥州征伐前に源頼朝の館のあった大倉御所の北隅に「持仏堂」着工を命じ、その後建久6年(1195) 大規模な修復。
頼朝の死後は法華堂と呼ばれ、ここに葬むられていた。
明治政府の神仏分離令により法華堂が廃止となり、白旗神社を明治5年(1872年)建立。  wikipediaより引用


小型の可愛らしい年令不明の狛犬さんです。
境内のイチョウが綺麗に黄葉していました。

Pc0100131

Pc0100221

Pc0100151

Dscf02251

狛犬さんの写真は、こちらに多数載せる予定です。



更に東へ。

荏柄天神は不在のため鎌倉宮(大塔宮)へ。



・鎌倉宮(大塔宮)(鎌倉市二階堂154)


・祭 神 護良親王(もりながしんのう)
      
(後醍醐天皇の第1子)

・由 来
 
明治2年(1869年)建武の中興に尽くしたものの若くして命を奪われた護良親王の遺志を後世に伝えることを望まれた明治天皇が創建した。鎌倉宮は、別名大塔宮と呼ばれています。

祭神の護良親王が戦の時に兜の中に獅子頭の小さなお守りを忍ばせて、自らの無事を祈った事が由縁となっている獅子頭が有名です。

Dscf02271

Pc0100321

Pc0100311

Pc0100271

Pc0100261



拝殿右手の『撫で身代わり』にお願いをして来ました。
皆さんの体調不良の箇所を思い出してはナデナデ!
自分のためには、頭・口・へそ?(お腹?根性?)、そしてこれからも丈夫なように、腰・膝・足首などもナデナデ!
って、全部じゃん!という突っ込みは・・・。bleah
そうそう、面の皮もね。scissors

Pc0100281

Pc01003021
     ↑かなり大きく拡大できます



という事で、獅子舞谷に入る準備が完了でした。
山道の入り口のビワの花芽がまだツボミ。
昨年よりも10日ほど早かったのですが・・・。
昨年の12月11日のを先にご紹介。
そのレポは、こちらです。

Pc1100091

 ↓今年の12月1日は

Pc0100351



流石に少し早いかな?とは思っていましたが、ひょっとすると・・・。
昨年は訪れるのが少し遅かったのですよ。

Pc0100371

Pc0100421

Pc0100431

Pc0100441

Pc0100451

Pc0100461



モミジは緑の葉もありますしイチョウの葉も残っていましたが、何となく今一の感じでした。
落ち葉が結構ありまして、これで終わりとなりそうな感じがしました。
丁度良い時季に出会うのはとっても難しいですね。



更にアルプス方面に向かいました。
途中の展望台からは、イチョウ黄葉が綺麗。
去年は木肌が白く見えていたのですが。

Pc0100481



鎌倉アルプス・天園ルートに乗ってから左折、紅葉を楽しみながら大平山(我が家の通称・猿山)へ向かいました。

Dscf02511

Pc0100501




こんな感じの『獅子舞谷の紅葉』でした。
猿山(大平山)にて簡単な餌を摂って、第2部(怒涛編)に突入です。
これにて前編は終了です。

怒涛の後編お楽しみに!coldsweats01

・ご近所の狛犬さん その16は、こちらです。

・ご近所さんの狛犬さん その17+α後編こちらです。

では、また。smile

|

今日は、こちらに!

今日は、こちらに!
獅子舞谷からアルプス(鎌倉)へ。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »