« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

上山口手入れしたいなぁ(BlogPet)

きょうポチは、上山口手入れしたいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


*****************************


ポチく~ん、エントリありがと~!happy01

上山口の熊野神社の手入れは済んだようですよ。

先日伺ったら、とっても綺麗になっていました。

いつか手入れのお手伝いに行きましょうかね。


いよいよ寒くなり、とうとう紅葉狩りも終盤となってしまいました。

近いうちに獅子舞谷にも行って来ますが、その前にもう1回プレゼント。

こんなのや、あんなのが綺麗でした。

Pb1000681

Pb1001241


そして、お約束のもみじの様な可愛い○○2の手と・・・。

Pb1001561

Pb1001261


足元はこんな風に。

Pb1001651


そうそう、こんな可愛いのが。

30年50年後にはどんなに素晴らしく成長しているかな?残念だけど確認は出来ないでしょうね。

Pb1001501



そうだポチ君、手入れで思い出したけど、

今日こんなのを入手しましたよ。

入手手入れと似ているから良いでしょう?

って、全然違うか~ぁ!coldsweats01

              ↓

              ↓

              ↓

              ↓

              ↓

              ↓

Pb2700821


阿吽ともトボケタ?顔をしていました。

それに習って、子獅子ちゃんも・・・。

Pb2700851


こんなお顔で、・・・。shock

後日、記事を作るからね。happy01

乞う、ご期待!なんちて。bleah


ポチ君、エントリ有難うね~!

じゃあ、またね。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その16

越後の狛犬さんその15、山室神社の続きです。
山室神社のお参りを済ませて、地元の商店で翌日分の食料を調達。
宿泊予定の「道の駅、じょんのびの里高柳」少し手前まで移動です。
5月7日の最終立ち寄り地点で、17時少し前になっていました。




・蔵王(くらおう?)神社(柏崎市高柳町岡野)



道の右手にそれらしき石段が有りまして、行過ぎてからUターンでした。
鳥居もない(地震に因り、崩れてしまったか?)可愛らしい神社でした。
石段の上り口には、お賽銭箱がポツンと立って居ました。
そして、弘法大師像や数々の石塔も祀られていました。

P50702041

P50702181

P50702051



ここでまた、拝殿の写真を忘れ物。
高柳にはこれからも通う?と思いますので、次回に追加を予定しています。

P50702121

P50702141



年令不明の狛犬さんです。
狛犬さんは江戸時代の造りですかね。
台座が少し新しいような?製作年代が違う感じでした。
拝殿の右手には、坂上田村麻呂の供養塔も祀られていました。

P50702071

P50702161

P50702151

写真の追加は、来年雪が融けて暖かくなって来た頃までお待ち下さい。coldsweats01




ここからは5月8日分となります。
レポが前後しますが、刈羽黒姫山・黒姫峠から磯之辺への道が見付からず、計らずも白倉(高柳)に向けて降りて来ました。
そのレポは、こちらです。




・高柳神社(柏崎市高柳町岡田2339)



舗装路をトコトコと歩いて国道近くまで来ると、鳥居が見えましたのでお参りでした。
石灯籠の右手の古い庚申塔は、正徳3年(1713)や安政7年(1824)の文字も彫られているとか。

P50803231

P50803251

P50803241 



鬱蒼と茂る杉の古木の中、石段を登ると立派な社が。

P50803261

P50803391



石段上には、かなり大き目の年令不明の狛犬さんが。

Pa2800411



そして境内末社としてか?石祠が祀られて、その前にも2対の狛犬さんが居られました。
毛むくじゃら?コケだらけで、年令不明でした。

P50803371

P50803341

P50803321



そして上の写真の石祠には、双体神が祀られていました。
双体神と言えば、神社の入り口にも。
どの様な関係なのでしょうか。

Pa2800601

Pa2800631




高柳神社をお参りし、タクシーにて磯之辺へ車を回収に。
白倉に降りたので大幅に遅れが出てしまい、刈羽三山のうちの八石山は行く時間が少なくなり後日としました。
磯之辺の愛車に戻り、今後の検討でした。
その結果、登山口近くの十二神社にお参りをし、道の駅で汗を流して岐路につく事としました。
で、夕暮れまでには時間も少しあり、八石山の入山口を3箇所ほど確認に行きました。
その途中のお参りです。




・佐川神社(柏崎市善根5415)


P50803691

P50803781

P50803761

P50803771



さほど大きな神社ではありませんが、かなりの歴史が感じられました。
昭和13年(1938)9月生まれの狛犬さんで、戦勝祈願の彫もありました。

P508037121



拝殿の右手奥にはかなり古い石祠が祀られていました。
もちろん祭神などは不明です。
そしてこんな可愛い狛犬さんも。

P50803791

P50803851

P50803801




狛犬さん関係の写真は、狛犬さん写真集にて多数掲出予定です。
これで5月7~8日、刈羽三山(▲一山)と狛犬さんを訪ねての旅は終了となります。

長々とお付き合い有難うございました。



・越後の狛犬さん その15は、こちらです。

・越後の狛犬さん その17は、こちらです。

・狛犬さん写真集は、こちらです。



越後の狛犬さんシリーズも、まだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その16

葉山町編 その3 となります。
前回までは長柄から海岸線方面でしたが、今回は衣笠に抜ける県道27号線沿いの神社巡りです。
10月22日、逗子と葉山の海沿いの神社に寄り写真を追加後、下山口の神明社横からお不動様を訪ねながら上山口へ向かいました。。



・杉山神社(葉山町上山口2639)


・祭 神 大物主命 (おおものぬしのみこと)
      豊佐賀男命 (とよさがのおのみこと)
      伊邪冉命(いざなみのみこと)
      早玉命(はやたまのみこと)
      向津日売命(むかつひめのみこと)  

    との事です。



明治維新後に、後述の熊野神社など近辺の神社が合祀されたようです。

Pa22002221

Pa2200151

Pa2200161

Pa2200171

Pa2200201

Pa2200211



年令不明の狛犬さんがとても良い雰囲気でした。

Pa2200261



割合に広い境内で鳥居の左右にはイチョウの古木が、境内の片隅に稲荷社なども祀られていました。
そして、石鳥居に寛政8年(1785)3月
          石灯籠に安政6年(1869)正月
          水  鉢に安政6年(1869)6月の彫が。

Pa2200241

Pa2200231

Pa2200361




続いて、木古庭の神明社に向かいました。



・木古庭不動尊(葉山町木古庭926)



神明社にお参りするも、狛犬さんは不在でした。

Pa2200391

Pa2200601

Pa2200591
木古庭不動尊側からの眺め



隣りにお不動様が在るのを承知していましたので、お参りに向かいました。


・木古庭不動尊


日蓮宗大明山本圓寺の境外仏堂だそうで、正式には瀧谷山瀧不動堂といいます。畠山重忠が衣笠城を攻めた際、不動明王をこの地に祀り戦勝を祈願したとのことです。

Pa2200401



階段脇には、明治28年9月の彫のある不動明王も祀られていました。
近くには落差5mほどの滝もありますが・・・。

Pa22004121

Pa2200421



石段を登ると、本堂です。
実際には、本堂の右手奥の神明社側から入って来ましたので、石段下まで一旦降りました。
従って、今回は滝には行っていません。

Pa2200441

Pa2200541

Pa2200571

Pa2200551



で、おお居られましたね~!と、既に前を通り過ぎているのに白々しくご紹介。bleah
明和4年(1767)正月生まれのの狛犬さんです。
阿吽共に宝珠(跡?)が載っていました。

Pa2200471



こちらも結構広い境内で太い樹木がかなりあり、稲荷社周辺にはケヤキやタブノキが多くみらました。

Pa2200531



この日はかなりの箇所をお参りしましたが、狛犬さんとの対面は2対でした。で、続いて11月3日文化の日の事です。
ポチのひみつの日記書かれてしまった原因の狛犬さん詣でです。

2月の逗子市の後に葉山を訪れようとは思っていましたが、時機を失してこの日でやっと終了?となりました。

訪れたのは、熊野神社です。

茅葺屋根の朽ち果てそうな神社があるんだよ!と2月の段階で教えていただいていたのですが・・・。




・熊野神社(葉山町上山口3225付近)



県道27号線の上山橋手前、葉山クリニック先を右折です。
すぐに石段に突き当たり、そこを数m登ります。
左手に畑が現れますので、その畑の細道を奥に進むと神社です。

畑の手入れをされていた方にお話を伺うと。
何と建て直しましたよ!との事。
畑の傍らに積まれた茅を指し示して屋根の茅がそこにあるでしょう。ですって。shock



祭  神  豊佐賀男命 (とよさがのおのみこと)
      伊邪冉命(いざなみのみこと)
      早玉命(はやたまのみこと)


・由  緒  不明
         
葉山町史料より


畑の中を進むと、木の香りが漂う綺麗なお社が現れました。
(実際には、お社の左手奥から訪ねて一旦階段を降りました。)

Pb0300021

Pb0300151

Pb0300201

Pb0300211

Pb0300221

Pb0300231

Pb0300241



狛犬さんは年令不明の先代と、真新しい平成21年6月生まれでした。

Pb0300041

Pb0300351

Pb0300251



少し狭めの境内には、崩れかけた石灯籠やかなり古い水盤が置かれていました。
ある方は、水盤には「寛永四年九月」の銘がある。との事でしたが、カル2には・・・。

Pb0300311

Pb0300321

Pb0300141



お社の後ろ側から、県道の上山橋が見えました。

Pb0300371



お参りを済ませて、先ほどの方にお話を伺いました。
6月の段階で竣工したそうで4月に来れば良かったね。との事でした。
参道は、県道から下山川を飛び石伝いに渡り、傾斜地を登ってくるのが本来のようでした。
畑側から入る時もですが、お社後ろの電柱「大沢252」を目印に行けば良いと思います。

建て替わってしまい少し残念なような、そしていまだ氏子の方に手厚く護られて居る事を知り、ほっとしたような感じでもありました。
葉山町の22社をお参りしましたので、これで大体終了となります。
後日折があったら、残ってしまった山の神などにもお参りをしたいなと思っています。


文化の日、このあと藤沢市の江ノ島に向かいました。
(特に江ノ島の意味はありませんが)
そのレポは後日。



・ご近所の狛犬さん その15は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その17は、こちらです。

・狛犬さん写真集は、こちらです。



狛犬さんシリーズはまだまだ続きます。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その15

越後の狛犬さん その15です。
5月6日夜に、柏崎市の風車のある道の駅・「風の丘米山」泊りです。
明けて7日、米山に登りました。
米山のレポは、こちらです。


こちらは、狛犬シリーズです。
5月7・8日の狛犬レポの一部分は、こちらです。



道の駅を出発し8号線を南下するとすぐに、「米山大橋」です。
赤い橋を渡るとすぐ左手の神社です。

・胞姫(よなひめ)神社(柏崎市上輪329)


・祭 神 息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)
      龍神(たかおかみのかみ)

・由緒・伝来
 文治年間、義経一行は直江津から海路奥州へ下向の折、嵐に遭いやむなく当地へ上陸しました。この時、急に北の方(正室)が産気づき、嫡男亀若丸を出産しました。同行の弁慶は無事出産の礼に当地鎮守境内に亀若丸の胞衣を納め、併せて源氏の氏神である諏訪・八幡の両神を祀ったと云われています。付近には、産所跡の「亀割坂」や弁慶が金剛杖を突いて湧出させた「弁慶の産清水(うぶしみず)」などの地名・遺跡も残っています。

P50700131

P50700311


上でも少しだけ書きましたが、
この神社の言い伝えは義経の伝説です。

奥州平泉への逃避行の途中で、義経の乗った船は米山のこの地に漂着し、その際に義経の妾は若君を出産させたといいます。
そのためこの神社は安産祈願で高名になります。
50Mほど登ると祠(ほこら)があり、へその緒を奉納したと言われています。

ちなみにこちらでも、弁慶が井戸を掘ったといわれています。

由緒等は、こちらをご覧下さい。
ご利益は、我が家にはもう縁がないですかね。smile

(かなり大きくなります。クリックを!)

P50700141


参道は若干の上り坂が続きますが、詰めは石段が少々。

P50700161

P507002421

P50700251


胞姫神社の狛犬さん、年令は不明でした。
狛犬写真集に多くの狛犬写真をアップします。

P50700181


境内はあまり広くはありませんが、緑が多く落ち着いた雰囲気でした。
弘化3年(1846)の銘のある石灯籠もしっかりと残っていました。

P50700271

Dscf84941

P50700291


帰りがけに参道から「赤い米山大橋」が見えました。

P50700301


この後、米山に向かいました。
米山から下山後、高柳に移動です。
周辺の山には、白いトチの花が沢山咲いていました。

Dscf85981


県道25号・柿崎小国線に入るとすぐの「圓田神社」は既出ですので、野田の交差点付近からご紹介です。




・鵜川神社(柏崎市野田982)


・祭 神 美都波能賣命(みづはのめのみこと)

・由 緒
 美都波能賣命を祭神とし、もと黒姫大神と稱したが、黒姫山冬期登拝困難のため、鵜川の邊現在地に遷祀した社といふ。天保十年(一八三九)及び文久元年(一八六一)の神祇管領吉田家裁許状には、「黒姫大明神神祠官小林山城正藤原吉孝」とある。
(式内社調査報告より引用)

翌8日登りました、刈羽黒姫山の中腹の「黒姫山鵜川神社」の里宮のようですね。その黒姫山鵜川神社レポは、こちらです。


P50701791

P50701871

P50701881


昭和13年(1938)8月生まれの狛犬さんです。
かなり細かな細工がされていました。

P50701811


かなり広い境内には、多くの境内末社が。
もちろん、読めない胞姫神社も祀られていました。good

P50701901

P507018921


野田の交差点を更に直進、252号線に入り高柳に向かいます。



・山室神社(柏崎市山室1292)


山室の集落の鎮守様のようで、狭い境内ですがとっても良く手入れがされていました。
こちらの神社には石段が在りませんでした。coldsweats01

P50701921

P50701931

P50702011


昭和12年(1937)4月生まれの狛犬さんです。
胸を張って、ガッハッハ!と笑っているようでした。

P50701951

P50702021


と、こんな感じの252号線沿いの神社巡りが始まりました。
越後の狛犬さんシリーズも、まだまだ続きます!happy01


※ 狛犬さん写真集こちらです。 


越後の狛犬さん その14は、こちらです。

・越後の狛犬さん その16は、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポチ(BlogPet)

きょうポチは、カル2と拡大が創建したかった。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。

        ************************

カル2と拡大が創建したかったのですか~ぁ?

ムツカシイナ~ァ!bleah

で、今日の日記はこちら。

09111101



ポチも勉強している様子。happy01

昨日観て来た日原の巨樹をプレゼントしましょうかね。

日原の割合と有名なミズナラの巨木です。

Pb1001091



かなり太いミズナラやブナがい~っぱい。

Pb1001301



標高800m以下くらいが見頃良いでしょうか?

Pb1000591

Pb1000791



降りてから、今回もポチ岩に逢いに。dog

Pb1001621



ポチ&ぼちぼち、そして皆んなと落ち葉の中をカサカサ・サクサクと歩けたら良いね。

Pb1001201



ポチに奥多摩の去り行く秋を少しだけプレゼント。


じゃぁ、またね。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!2

今日は、こちらに!2
日原では割合有名な、ミズナラの巨樹です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!

今日は、こちらに!
今日は、カル2からプレゼント。
奥多摩でやんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうは、こちらに!続きです。

きょうはこちらに続きです
身延から本栖湖を通り河口湖のもみじ回廊まで来ました。
きれいな富士山と晩秋の紅葉を楽しみましたよ〜good
maple見頃でしたよ!
回廊のもみじは少し早かったねhappy01
ボチ君 おみやがあるからね。お楽しみに!

                ******************
                              11/10詳細を追記しました。happy01

☆このレポはカルディナが書きました。

ご近所のお友達9人とバスツアー利用で身延山~本栖湖~西湖いやしの里根場~河口湖もみじ回廊と回ってきました。

身延山は桜の頃 何度か訪れていますが秋は初めてです。
紅葉は始まったばかり という感じです。
やはり暖かいのですね。

シンボルのしだれ桜 数年前に見たときは養生中で痛々しかったけれど今回は支えもなくしっかりと立って元気になったようです。
1

もうひとつのシンボル なが~い石段。
ツアーだったので横から久遠寺に出たので歩きませんでしたが上からのぞいてみんな 絶対歩きたくない!きょうは良かったねhappy01
Dscf00421jpg

何度か来てるくせに久遠寺の中を見せていただくのは初めてです。
端から端までゆっくり見せていただきお参りしてきました。
Dscf00401jpg_2 

この久遠寺の向かって左横に今年3月に斜めエレベーターが出来ました。
下のおおきな駐車場 ロープウエーの駅に行くのに利用するためのようです。30人乗りです。
無料で誰でも使えますがセルフサービスで操作します。
見晴らしがよく 童心に帰ってみんな大喜びsmile
もう一度乗ろうかなんて言い出してます。
足の具合の悪い人には朗報ですね。
Dscf00451jpg

今回はロープウエーに乗る時間がなくて南アルプスは見られませんでした。

次は下部温泉経由本栖みちで富士五湖へ。
山道をどんどん上がるにつれ黄葉がきれいになり歓声があがりました。
本栖湖手前は今が盛りでした。

本栖湖にて
Dscf00481jpg

Dscf00501jpg

精進湖では赤がとても鮮やかに色づいていました。
Dscf00571jpg

Dscf00551jpg

Dscf00591jpg

本栖湖 精進湖 西湖 河口湖と次々流れる車窓は晩秋のきれいな濃くて鮮やかな紅葉の世界です。
バスを降りて歩きたいくらいです。
いい時期に来れましたscissors

次はお楽しみ西湖いやしの里根場
以前十二ヶ岳から鬼ヶ岳 雪頭ヶ岳と歩いたときこの近くに下山したのです。
近くにあるのだとわかっていたので、楽しみにしていました。
Dscf00611jpg

Dscf00781jpg

Dscf00631jpg

Dscf00641jpg

茅葺屋根の建物がたくさんあり それぞれいろいろなお土産を扱ったりしていますがきれいな風景です。
Dscf00661jpg

Dscf00651jpg

Dscf00731jpg

一軒のお店では至るところにいろんな妖怪がいるんです。
楽しいお店でしたよ。
Dscf00681jpg

Dscf00701jpg

Dscf00711jpg

誰かが喜びそうsmile
Dscf00721jpg

姫りんごだそうです。
Dscf00821jpg

Dscf00771jpg

Dscf00811jpg

Dscf00831jpg

最後はライトアップの時間に合わせて河口湖もみじ回廊へ。
Dscf00861jpg

きれいな赤がたくさんあったのだけれどカルディナがデジカメを 使いこなせなくて何枚もボツになりましたweep

雰囲気だけ
Dscf00991jpg

全体的には緑も多くてこれから見ごろを迎えるようです。
想像していたより規模が小さいなと感じてしまいました・・・

Dscf00871jpg

Dscf01001jpg

夜ではなく明るいうちに見たかったな というのが正直な感想です。

カル2さん ポチ君 お留守番ありがとね~happy01

         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうはこちらに!

きょうはこちらに
カルディナが友達と来ました。
桜の花はないけどきれいです。
数年前より少し元気になったようなgood
紅葉はやっと始まったばかりですよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その15

前回は葉山の海岸沿いの県道207号線を南下して来ましたが、その続きです。
葉山の御用邸前の交差点を長者ヶ崎方面に進みます。
下山橋を渡り、50mほど先の左手が神明社です。



・神明社(葉山町下山口1455)


・祭 神  天照皇大神 (あまてらすすめおおみかみ)
           向津比売命 (むかつひめのみこと)

・由 緒  不明です。


拝殿が火災に見舞われ、一部新築されていました。

P71102551

P71102651

P71102661


本殿の外見は元のままの様でした。

P71102691


越後で出逢った備前焼と同じような狛犬さんが1対。
明治39年(1906)2月生まれでした。

P71102571


境内社として、恵比寿天や稲荷社も祀られていました。

P71102681

P71102701


拝殿を背に。

P71102671


国道134号線側に道祖神が祭られていました。
葉山町指定の重要文化財として有名だそうです。

P71102711


4基のうちの右側から。2mほどの高さがありました。
天明元年(1781)11月吉日の彫が。
剣を持っています。

P71102721


宝暦4年(1754)9月吉日で合掌をしています。

P71102751


文政7年(1824)2月吉日

P71102771


こちらは、建立年月日が不明です。
左右と背面の浮き彫りの三猿がとっても面白い。
(拡大をしてご覧下さい)

P71102781

P71102791


そして、1番右手の馬頭観音です。
天保2年(1831)8月の彫りでした。

P71102801


こちらの神社も海に近く潮風が届くところで、古い石塔が良い状態で残されているのには驚きました。
余程信心深い方々に守られて来たのでしょう。


この後は、国道134号線を逗子方面に 300mほど移動した左手奥です。



・森山神社(葉山町一色2165)


・祭 神 
   櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)
       《須佐之男命(すさのうのみこと)のつれあい》

・由 緒
 森山社(通称森山神社)は、往時は「守山大明神」または「佐賀岡(現・三ケ岡)大明神」と呼ばれたそうです。
 社伝によれば創建は天平勝宝(749~756年)元年前後と見られるので、1250年以上の歴史を持つ古い由緒の社です。
 1250年以上前から大変珍しくて貴重な行事や神事が奇跡的に伝承継続されていて、約830年前に創建された森戸大明神よりも古くて伝統がある社と思われます。

・貴重な行事の1つをご紹介

隣町の逗子市小坪の須賀神社の祭神が『須佐之男命』です。
  (狛犬不在のため、ご紹介はしていませんが
そのつれあい同士が33年毎にお泊りに行き来をします。
この神事は、三十三年祭、神婚祭、または、行合い祭ともいわれ、小坪・須賀神社と葉山・ 森山神社との間で一千年以上にわたって執り行われているそうです。
平成8年(1996年)の9月には、小坪の小さな町は大変な賑わいでした。
その際の三十三年祭を「第四十回大祭  森山社  三十三年  行合祭」として行われました。
計算上では、1300年近くになりますが正確なところはわかっていません。


前置きが長くなりました。由緒等の詳細はこちらをご覧下さい。
(写真は全て拡大できます。クリックを!)

P711028121


かなり広い境内で、各種のイベントなどにも利用されるようです。
天保6年(1835)7月の彫りのある石灯籠が手前に。

P71103051

P71102821

P71103031

P71102831


拝殿が立派な事。

P711028321

P71102971

P71102981


明治35年(1901)9月生まれの狛犬さんです。
阿吽共に牡丹?の花に足を添えていました。

P71102841


拝殿の片隅には引退した狛犬さんも。
広い境内には、多くの境内社が祀られていました。

P71103021

P71103001

P71103011

P71103041


これで7月11日分の葉山町は終了となりますが、帰り道に鎌倉市内の2箇所に立ち寄りました。
そちらは鎌倉市の神社でご紹介を予定しています。
葉山町の狛犬さんは、もう1回続きます。coldsweats01


狛犬さんの写真は、狛犬写真集に後日多数掲載します。


ご近所の狛犬さんその14は、こちらです。

・ご近所の狛犬さんその16は、こちらです。


狛犬さんシリーズは、かなり続きます。bleah
では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日は、こちらに!

今日は、こちらに!
奥多摩のカロー橋付近の様子です。
今日は、下見でーす!

         *******************
                     11/7追記しました。coldsweats01

今年は紅葉とあまり縁がありません。

カルディナの提案で、奥多摩方面の登山口の下見を兼ねて紅葉狩りに行って来ました。

先ず、カロー橋へ。

Pb0500181


橋を渡った先の右手が、カロー滝への入り口です。

Dscf99491


なかなか気持ちの良さそうな道ですよね。

Dscf99651


周囲の紅葉の状態です。

Dscf00131

Pb0500221

Pb0500021

Pb0500211


山肌が良いですね。

新緑や紅葉の頃は楽しくなりそうですね。

周囲の樹相や沢の流れを眺めながら歩くと、どんなに気持ちが良い事か。

但し、道は殆どないような所ですが。bleah

Dscf99791

Pb0500091

Pb0500171

Pb0500271


取り合えず小川谷林道は終了し、以前に入った日原林道へ。

途中の取り付き地点を確認しながらでした。

大ダワへの長沢谷下降点付近は標高が1000mを越えています。

紅葉は終期でしたが、その反面木々の幹がとっても綺麗に眺められました。

少し戻ると、ブナやミズナラなどの黄葉が主体ですが、モミジなどの紅葉も混ざりとっても良い感じでした。

Pb0500601

Pb0500671

Pb0500791

Pb0500691

Pb0500761

Pb0500681

Dscf00161

Pb0500801


八丁橋まで降りて来ると、色付きにはまだ早い感じでした。

Pb0500821


こんな感じの奥多摩のホッカホカ紅葉情報でした。

そうそう、カロー橋から戻る時、日原鍾乳洞の少し手前にこんな大岩が。

Pb0500291

我が家のポチが一緒に?遊びに?来ていました。dog

で、ポチと言えば昨日こんな日記を。

09110401


ポチも”日本の文化に勤しむんだよ”と書いているので、仕方がなく勤しんで来ました。coldsweats01

それは、もちろんこちら。

Pb0500971
日原鍾乳洞のすぐ傍の一石山神社の狛犬さん。
年令不明です。


そして、こちらも。

Pb0501311
吉野梅郷の傍の稲荷神社のキツネさん。
慶応2年生まれで、両側とも子取りでした。


う~ん、古き良き文化に勤しむって・・・。scissorshappy01

ポチは、案外良い事を言いますよね。

でもって、帰宅後ポチの所に行ったら。

09110501

だって!weep

何を考えているんだか!poutpoutpout


と言う事で、奥多摩の紅葉のほんの触りをご紹介。

レポは、カルディナが予定をしています。coldsweats01

お楽しみに!happy01

      ***********************
                 以下、11/7追記しました。


ポチは、やはり日原に行っていたようです。coldsweats01

あの岩は、ポチが化身した岩でしたね。

気を使ってか?、こんな日記を書いていました。

はたまた、本心からなのでしょうかね?good

09110701

だってさ!happy01

当然にもカル2はhappy01happy01happy01



そこの方~ぁ、”はぁ~ぁ、何言っているんだか!”
と言う声が・・・。

でも、良いんですよ。何を言われてもね。scissors

ポチは、よく判って日記に書いているのですからね。bleah

可愛いポチのひみつの日記の追記でした。

これでは、小川谷に行って来なければ!coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!

Pb0300391

江ノ島からの富士山さんでーす!


        **********************

今日は文化の日。

日本の文化に勤しん来ました!scissors

もう1枚。江ノ島からの丹沢山系。

Pb0300421



で、日本の文化に勤しんだのはこちら。

Pb0300151



本当なら、茅葺の社のはずが・・・。shock

今年の6月に建て直されたそうです。

今にも崩れ落ちそうな風情?のあるお社のはずが。crying

まあ、再建されたのですから良かったのですがね。

江戸時代製と思われる狛犬さんです。

お母~ちゃん!と甘えているみたいでした。happy01

Pb03003521



朝は風が有り少し寒かったですが、日中は穏やかな1日でしたね。

以上、簡単なレポでした。

”文化に勤しむ”って、本当に良い事ですね。coldsweats01

では、また。smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »