« 今日はこちらに! | トップページ | 越後の狛犬さん その13 »

ご近所の狛犬さん その13

ご近所の狛犬さん『逗子市編』最終のレポです。
24社巡りましたので小さな祠を残していると思いますが、殆どの神社に訪れる事が出来たと思います。
最後は、久木神社です。
カル2が通った、小・中学校の直ぐ傍にあります。


・久木(ひさぎ)神社 (逗子市久木6-2)


・祭 神  宇迦之御魂命 (うかのみたまのみこと)

・由 緒
 その昔この付近は、久野谷村と柏原村に分かれていて、久野谷村には稲荷社、柏原村には柏原明神社が、それぞれの村の鎮守としてありました。 「相模風土記」には「稲荷社妙光寺持」とあり、享和2年(1802)に総鎮守として再建された記録があり、文政8年(1825)の書上帳には「柏原明神社、村の鎮守なり、古は子の神と号せしが、元禄年中、今の神号に改む」とあります。  
 明治維新により稲荷社は妙光寺の管理を離れ、久木村の鎮守として明治6年村社に列格された。
 明治15年には両社合併して稲荷神社と称しました。
 昭和19年神饌幣帛料供進神社に指定された。
 昭和40年7月久木神社と改称した。との事です。



P22202641

P22202661

P22202681

P22202691 P22202711


拝殿の屋根には、獅子付き留蓋がありました。
(飾りの性格が強い留蓋で、狛犬瓦とも呼ぶようです)
※ 飾り留蓋には“桃”“蓮” “菊”の植物から“鳩”“兎”等の動物、
   その他に“仙人”や“河童”までと、様々な物があるみたいです。

P22202761

P22202781


大正14年(1925)10月生まれの狛犬さんです。

P22202801


そして、草分稲荷大明神です。

P22202891


拝殿を背にした眺めです。
境内がもっと広かったような気もしますが・・・。

P22202931


2月22日の夕刻、木々が近付く春を待ちかねているようでした。


これで2月と7月に追加した『逗子市編』のレポは終了です。
続いて、7月に訪れた『葉山町編』となります。
※2月分の続きは後日となります。



・御霊(ごりょう)神社(葉山町長柄662)


・祭神  大己貴命 (おおなむちのみこと)
            (大国主命・大黒様のこと)
      鎌倉権五郎景政公     

・由緒

 社伝によれば、三浦為通の勧請とも、また長江太郎義景の勧請ともいわれています。
 長江太郎義景公とは、桓武天皇直系七代の孫・鎌倉権五郎景政公の孫に当たります。
 一族には、村岡氏、鎌倉氏、大庭氏、梶原氏、長尾氏、の「相模平氏」の五氏があり、これら五氏の祖を御祀りする神社として、「五靈神社」が建てられたのですが、何時しか「御靈神社」と名が改められ、御祭神も武勇で名高い鎌倉権五郎景政公一柱だけを御祀りするようになった。との事です。

鎌倉権五郎景政公は鎌倉近辺の神社に度々登場します。
※長くなりますので、鎌倉権五郎景政公の項はおしまい。

 創建された年代は定かではないとされていますが、永正14年(1517)再建の棟札が残されているようです。「相模風土記」に「御霊社、村の鎮守なり…社領三石の御朱印は天正19年(1581)11月賜ふ。長運寺持」とあります。明治維新神仏分離により長運寺の管理を離れ、明治6年12月村社に列格され、大正5年8月神饌幣帛料供進神社に指定された。とか。



P71101351


手水舎の水鉢には、文化10年(1813)9月の彫が。

P71101381

P71101391 

P71101461

P711014721

P71101491

P71101481

P71101531


大正6年(1917)9月生まれの狛犬さんです。

P71101401


本殿奥には石祠も祀られていました。

P71101551


狛犬さんの写真は、写真集に沢山掲載します。
こちらにも、是非お立ち寄り下さいませ。dog



御霊神社にお参りを済ませたら、こちらを訪れなければなりません。

・長江義景大明神(葉山町長柄字殿ヶ谷)


逗葉新道への道を挟んだ反対側、福厳禅寺の奥に移動です。

 ※殿ヶ谷
殿ヶ谷の東南の山間にて水田あり。東は山を負い西に堀跡あり。俚俗伝えて長江太郎義景の館跡と云う。山の裾に洞がある(方一米余深約一米)。洞中に五輪塔三基列しているが(二基は高さ一米有余、一基は小)皆四面に梵字を彫ってあるのみで其の他文字がないが長江太郎の墓であると云う。其の附近に御殿があったと云うので殿ケ谷戸というのでしょう。其の附近の福厳寺には其の殿様の位牌がある。義景の墓の附近に奥籔という所がある。其の所は義景の奥方の自殺した所であると云う。 (1930年版葉山郷土誌から)



館があったと言われている畑や田んぼにはトンボが沢山遊んでいました。
ショウジョウトンボとシオカラトンボ

P711017621

P711016121


義景社です。
あまりにも寂しい感じでビックリしました。

P71101731

P71101721


こちらの屋根にも獅子付き留蓋がありました。

P71101681


そしてローソク立て?(正式な名称が分かりません)の屋根には、破損していますが『鯱』でしょうか?

P71101661

P71101671


社の後ろの崖に祀られている、3基の 五輪塔です。

P71101651


これで、ご近所の狛犬さん その13はおしまいです。


狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。bleah


・ご近所の狛犬さん その12は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その14は、こちらです。


次は越後の狛犬さんです。coldsweats01

では、また。smile

|

« 今日はこちらに! | トップページ | 越後の狛犬さん その13 »

狛犬(ご近所)03」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/46289275

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その13:

« 今日はこちらに! | トップページ | 越後の狛犬さん その13 »