« 今日は、こちらに。 | トップページ | 越後の狛犬さん その11 »

ご近所の狛犬さん その11

ご近所の狛犬さん”逗子市編”その3です。



・八幡宮(逗子市小坪4-9)


地元伊勢町の鎮守様で、「伊勢町八幡宮」と呼ばれて大切にされています。
漁港が在る地区で、小坪の神社としたら広い境内と言えるでしょう。
祭神、由緒共に不詳です。

P22200782

P22200801

P22200792

P22200891

P22200901


こちらの狛犬さんも年齢不詳です。

P22200811

P22200831


境内には、沢山の石碑や双体道祖神などが所狭しと祀られていました。
古い石灯籠には「文久3年(1863)2月、銚子 三浦屋」等と彫られていました。
昔からの漁港ですので、全国の船が寄港したのでしょうね。

P22200861

P22200851

P22200911

P22200871

P22200921

※道祖神は「塞(さえ)の神」とか、「道陸神・道六神(どうろくじん)」と呼ばれています。悪霊、邪霊、悪鬼、疫神などが村里に入り込まないように、村境や辻を守るためにまつられた神です。
それが、縁結びの神とか夫婦和合の性の神のように変った様です。道祖神の象徴は、丸石の自然石であったり、陰陽石や男神と女神が睦みあう姿を彫り込んだもの(双体道祖神)など多種多様です。
そして、この道祖神のお祭りが小正月の火祭り、すなわち「どんど焼」、「左義長」にほかならないと考えられています。

今回はご紹介をしなかった諏訪神社(小坪4-19)の双体道祖神を1枚だけ。

P22201121

これで小坪地区は終了です。
狛犬さん不在の神社が6社ありました。
まだまだ漏れが有ると思います。
判明次第、その都度追加をして行きます。



・山の神(逗子市新宿5-4)


標高100m足らずの披露山山頂直下で、古東海道スジに在ります。
山頂は展望の良い所で、江ノ島の後ろに富士山が。
南には大島も見えます。但し天気が良ければ!
この付近は、その昔のカル2の遊び場です。
戦時中に高射砲が3基造られて、その跡地を探検?したものでした。
高射砲跡は展望台や猿小屋?などに、兵舎跡はレストハウスなどになっています。

※披露山とは、鎌倉幕府への献上物を披露した場所とか、披露する役人が住んでいたからとか言われていますが・・・。


・祭神、由緒は以下の通りです。

P22201161

P22201171

P22201181 P22201211


社の中を覗いてみると。おぉ、お住まいでしたか!
もちろんこちらの狛犬さん?も年齢不詳です。

P52400011

P52400021


とっても狭い場所で、道路側には家も建っていました。
しかし、社裏からの海の眺めは昔のままか?

P22201151

P52400061



・観音堂

車道の反対側の観音堂にも寄ってみました。
こちらにも庚申塔などの石塔が並んでいました。
辛うじて読める?延宝9年(1681)、宝永3年(1706)11月、明和5年(1768)6月や天明2年(1782)10月等などの彫がありました。
やはり古東海道スジ、大昔に祈念されたのですね。

P22201221

P22201261

P22201241

P22201231



・ 新宿稲荷社(逗子市新宿5-1)


披露山から新宿へ下りてきました。
途中の道端には、”庚申供養塔が在ったはず”と探してみましたが・・・。
道が海岸方面に曲がると直ぐに稲荷社があります。
「浪子不動」へ行く手前となります。
探していた庚申塔と思われる石塔が有りました。
きっと道路や住宅の工事の関係で1箇所にまとめて祀られたのでしょう。

P22201271


祭神、由緒は下を拡大してご覧下さい。

P222013022


こちらの新宿稲荷大明神も昔の遊び場でしたが、狛犬さんはあまり記憶が・・・。お稲荷さんは、やはり少し派手な感じがしますね。

P22201311

P22201321

P22201431

P22201441

P22201481


で、もちろん狛犬さんのご紹介です。
大正10年(1921)9月生まれで、この頃の流行?彫師の好みか?毛足が長かったです。
そして瞳が”アレッ?”と言う感じでした。
ニャンコさんの瞳に似た感じです。

P22201361

P22201401

P22201381

P22201391

P22201411

P22201341


これで、小坪と新宿の狛犬さんのご紹介は終了です
小さな狛犬さんや可愛い表情の狛犬さん等、いろいろなのがありますね。
次回は逗子市桜山&沼間の狛犬さんをご紹介します。


・ご近所さんの狛犬さん その10は、こちらです。

・ご近所さんの狛犬さん その12は、こちらです。


ご近所の狛犬さんシリーズは続きます。coldsweats01


では、また。smile

|

« 今日は、こちらに。 | トップページ | 越後の狛犬さん その11 »

狛犬(ご近所)03」カテゴリの記事

コメント

カル2が象徴するの?

投稿: BlogPetのポチ | 2009年8月 3日 (月) 14時01分

カル2さーん!
こんにちはー!

すごく年季が入った狛さんや
新しくてちょっと派手な狛さん・・
そして三つ編みしたくなっちゃうほど
後ろ髪が長い狛さんも・・!
本当にいろんな種類がいますねー。
ここにくると 毎回うなってしまいます。

逗子・・・・今回の里帰りでは行けそうにありません。
それに中華街の狛さんの確認も・・
明日から横浜です。
妹もずっと一緒なので カルさんズの近辺を
子供3人連れて右往左往してる女性がいたら
優しい微笑みをかけてやってください。
彼女もちょっと疲れ気味らしくって・・。

明後日から大所帯で移動しますが
お天気が・・・涙。
ハイキングをしようとリュックも送ったのに
多分、使わずに終わるかもしれません。
ああ、今年は本当に散々です。
とりあえず 夏休みpart1、行って参りまーす!

投稿: 弱足ママ | 2009年8月 3日 (月) 16時37分

ママさ~ん、こんばんは~!

そして、少し早い?けど、お帰りなさい~!happy01
今まで南極物語を見ていました。
少し創り過ぎだよ!と言いながら、最後まで。
そして、こんな時間です。

いよいよお帰りですね。
お待ち申しております。

>子供3人連れて右往左往・・・。
はい、了解です。
出かけましたら注意深く観察します。coldsweats01
お逢いできたら幸いです。scissors

強力なフーフーで雨を吹き飛ばしましょう!
頑張りますよ~~~。
雨が降っても弱い雨になります様に。祈!
(今からそれかい!って言うツッコミはなしで。bleah
天気が良くて、ソフトクリームが美味しく食べられます様に。taurusdelicious

sunsunsunで楽しい”夏休みpart1”となります様に!

狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます。
お楽しみに。dog

投稿: カル2 | 2009年8月 3日 (月) 22時52分

ママさ~ん。お帰りなさ~い。
了解ですscissors
お会いしましたら元気の元をお教えしましょうsmile

清里で元気復活して来てください。
遊び所満載だものね。
いっぱい いっぱいフーフーしますからね!sunsunsun

投稿: カルディナ | 2009年8月 3日 (月) 23時06分

ポチく~ん、コメント度々ありがと~!happy01

でも、内容が難しくって!

>カル2が象徴するの?

って、なんだろう?コメントの返事に困ったよ!coldsweats02

と、今回はまともに応対です。
でね、話は変わるけど どうして投稿を2回も飛ばしたの?
用意をして待っていたのに!
って、少し逆襲です。
まあ、コメントを書いてくれるだけでも良いdogなのですがね。coldsweats01

ご近所の狛犬さん その11は、カル2が象徴するのではなくて、ハイキングコースとしてカル2が推薦します。
象徴でなくて推薦です。
と、今回は最後までまともに応対でした。smile
またコメントを書き込んでね。そして、投稿もね!happy01

投稿: カル2 | 2009年8月 3日 (月) 23時12分

カル2さん、カルディナさん、
ありがとうございます!
最強のフーフーをもらって行ってきます!

・・・でも・・・
そのフーフー 少しストックしておきたいです。
実は本番は来週なもので・・・
去年のリベンジ狙ってます!
来週、晴れてくれるなら 今週はガマンします。
とりあえず 行ってきまーす!
そしてただいまでーす! (おもしろい!・・・笑)

投稿: 弱足ママ | 2009年8月 4日 (火) 04時32分

可愛らしい(といったら失礼なのかな?)神社がたくさんですね。
住宅に囲まれてもそこは聖なる地、大切に守られているのですね。
ロン毛の狛犬さん、あはは、可愛いです!!

p.s.磐梯山をバックにしたカル2さん、決まってます!!

投稿: HANZO | 2009年8月 4日 (火) 13時07分

HANZOさん、こんばんは~!

逗子の神社は、端から潰して行きました。
逗子は、後ろは山で前は海。
で、小さな山に狭い平らな土地が貼り付いている感じの場所も多いです。
そんな所の小さな神社でした。
その昔は大体全ての神社には狛犬さんが祀られていて、神様にお使えをしていたのでしょうが、だんだんと風化されて不在となってしまった様です。
もちろん後継者?を建立できた神社もありますが。
まだ少しの神社しかお参りをしていませんが、小さな神社にも案外と古い変わった狛犬さんが見受けられます。

ロン毛の狛犬さん、良いですよね。
大正時代に流行ったみたいですね。
もう少し資料が集まりましたら、特集?何んぞを組みたいな!と思っています。

決まってますか?coldsweats01
有難うございます!
褒められちゃった。scissors

投稿: カル2 | 2009年8月 5日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/45809394

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さん その11:

« 今日は、こちらに。 | トップページ | 越後の狛犬さん その11 »