« ツツジを楽しみに赤城へ、その4・見晴山 | トップページ | 紫陽花が満開の薬師池公園 »

ご近所の狛犬さんたち その8

ご近所の狛犬さんの続きです。
ご近所の狛犬さんたち その7は、こちらです。


藤沢市内から、横浜市へ移動です。
境川を渡ると横浜市となります。
付近の畑には、梅の花が満開でした。

P21801961



・俣野神社(戸塚区俣野町763)


・祭神 須佐之男命 (すさのおのみこと) 
      欽明天皇  (きんめいてんのう)

・由緒 古くより欽明天皇御宇の創立と伝えられ、
     「欽明天王社」と称したが、明治初年
     「上俣野神社」と改称した。
     (正式には、上俣野神社の様です)
     安政3年社殿を再建、明治6年村社に列格。
     同32年に改築、平成16年銅板葺に葺替る。

俣野五郎景久を祖とする俣野氏の館址か?とも言われています。

P21801971

P21802001

P21801981


あまり広くはない境内ですが、こちらにも鐘楼や天明5年 (1785年)の彫りの有る石塔もあり、太いイロハモミジは横浜市の名木古木に指定されていました。



・神明社(戸塚区俣野町1270)


・ 祭神 天照大神   (あまてらすおおみかみ)

・ 由緒 宝暦10年(1760年)4月3日の創建。
      文政3年2月、明治8年9月にそれぞれ社殿を
     改築。
     昭和52年9月更に改築を加えて従来の茅葺屋
     根を銅板葺とした。

鎌倉権五郎景政が弟のために、上記の「俣野神社」から分社した。と言われています。
位置は「俣野神社」の西北方、直線距離400mくらいの所です。

P21802131

銅葺きの鳥居も並んでいました。

 

P21802151

P21802181

P21802191

昭和13年4月生まれの狛犬さんです。


P21802221

P21802201

P21802241

P21802231

P21802211

こちらもさほど広くはない境内でした。
鬼瓦には五三の桐が。



・相州春日神社(戸塚区俣野町1366)
 

こちらは、今は閉鎖された某レジャーランド開設のために奉斉された様です。

P21802111

P21802101

P218020321

流石に春日神社を名乗るだけあって、朱色が華やかでした。


P21802081

P21802061

こちらの手水舎は、龍でなくて鹿さんでした。
奥の飼育舎には、所在なさげな鹿が数頭。


P21802051

P21802041

合祀されていた稲荷社の狐さんは、少しお年を召しているのが。
元々稲荷社があったのか?移設されたのか?


この後、2社参拝をしましたが、記事の都合で次回とします。
2社飛び越えて、この日最後となる「諏訪神社」です。



・諏訪神社(戸塚区影取88)

      

・ 祭神 健御名方命   (たけみなかたのみこと)

・ 由緒 創建年代不詳ですが、往古当地字名を鉄砲宿
     と称し、鉄砲の練習場であったのに因み、武神
     を勧請したものと伝えらています。
           鎮座地は山谷仲町117番地でしたが、明治40
     年9月現在地に遷座。
     同42年改築。明治6年村社に列格。
     昭和43年改築し現在に至る。


国道1号線に面した神社です。

P21802721

P21802731

P21802771

P21802791

P21802811

P21802821

昭和54年9月生まれの狛犬さんです。


こんな感じで、陽が西に傾いて来ています。
初日の狛犬さん詣では、これで終了となりました。
次回は、「諏訪神社」に詣でる前段の「八坂神社」2社のレポとなります。happy01


狛犬さんシリーズは、まだまだ続きます!bleah


・ご近所の狛犬さん その7は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その9は、こちらです。


最後までご覧いただき、有難うございました。


では、また。smile

|

« ツツジを楽しみに赤城へ、その4・見晴山 | トップページ | 紫陽花が満開の薬師池公園 »

狛犬(ご近所)02 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/45376851

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さんたち その8:

« ツツジを楽しみに赤城へ、その4・見晴山 | トップページ | 紫陽花が満開の薬師池公園 »