« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

それとも開催する(BlogPet)

きょうはポチとお願いする?
それとも開催する?

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。



           **************************


そうだね、ポチに助けてもらってお願いをしましょう。happy01

天気が良くなって暖かくなります様に!と

神様にお願いをしましょう。


で、「開催」の方は、ワンコ達との出逢い集をどうぞ。

ミニクマさんちの「ひめこちゃん

P10300031

P10300091

P10300201

P10300041


ご近所のOさんちの「イブちゃん」と

P10300181

P10300191


そうそう、多比でこのワンコに吠えられたっけ、

風体が怖かったのでしょう。coldsweats01

P21202021


そして、この子との出逢いもありました。

忘れてはならない子です。

P301009221


ワンコのお友達?の紹介でした。

次回は某所の可愛い花のご紹介が出来る事を願っています。

では、また。smile   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次はこちらに。

次はこちらに。
小下沢です。

日蔭沢でした。訂正させて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、ここ!

今日は、ここ!
新雪の帽子を被ったミツマタで~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

越後(柏崎)の狛犬さん その2

越後(柏崎)の狛犬さん その1は、こちら



柏崎市へ墓参に行って来ました。

そのおりの対面です。

こんな可愛い小?狛犬さんにも逢えました。

P31901991
                     石井神社にて




鵜川神社(柏崎市宮場町4-9)

  祭神 : 鵜草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)
       品陀和氣尊(ホンダワケノミコト)


  式内社 越後國三嶋郡 鵜川神社で旧村社でした。

弘仁2年(811年)8月22日遷座との事です。

天暦元年(947)に鶴岡八幡宮の分霊を勧請したとかで、何となく親しみが涌きます。

境内には大きなケヤキが有り、国の天然記念物に指定されています。

P31800842

P31800931

P31800971

P31800961

P31800951

P31800941

P31800981



明治2年6月生まれの狛犬さん。

尾が前にかなり傾斜しています。

P31800851

P31800871

P31800881





八坂神社(柏崎市西本町3-11)

    祭神 : 素戔嗚命(スサノヲノミコト)と思われます。



京都八坂神社の祇園祭が発祥で、毎年7月24~26日に「ぎおん柏崎祭」と花火大会が開催されます。

花火大会は、越後三大花火の一つで、江戸時代末頃から続いているそうです。

お祭りですが、別名「きゅうり祭」とも言われていたそうで、氏子は「きゅうり」を供え、お祭が終わるまで「きゅうり」を食べなかったそうです。

その昔、八坂・住吉(後出の石井神社)・諏訪(その1の柏崎神社)のお祭の際に御神輿を出して互いに競い合い、争いになる事が。

ある時、八坂神社の御神輿が追いかけられ、きゅうり畑に逃げ込み隠れて危うく難を逃れたそうです。

それ以来、感謝をこめて、きゅうりを供えるようになったそうです。

そして、神社の紋は「きゅうり」を輪切りにした切り口の形をしています。

「きゅうり祭」に関しては「新潟 柏崎・刈羽観光案内」から一部借用しました。



さて、拝殿は地震にも頑張り少しの損壊で済みましたが、約1年後の昨年6月15日深夜の火災により、ほぼ全焼となってしまいました。

鳥居を潜った途端に、”え~っ!”と言う感じでした。

少しだけ焼け残った拝殿?本殿?に、プレハブを添わせて仮拝殿とされていました。

昭和8年4月生まれの狛犬さんも傷みが激しく、補修の痕が痛々しかったです。

境内は、他に何もありませんでした。

P31801581

P31801651

P31801601

P31801631

P31801641





・石井神社(柏崎市西本町2-3)

  祭神 :  底筒男命   (ソコツツノオノミコト)
        中筒男命   (ナカツツノオノミコト)
                表筒男命   (ウワツツノオノミコト)

         (住吉三神)


石井神社や柏崎神社の一帯が地震の被害が大きかったところです。

家並みはかなり復旧をしていますが、神社はまだまだの感があります。

鳥居の笹木が落ち、底部を鉄筋で固定されていた燈篭なども倒れたままでした。

でも、皆さんのご尽力により、確実に復旧はしつつありました。

神社名ですが、寛永年間までは「住吉神社」と名づけられていたのが「石井神社」と改称されたようです。

その昔には、周囲の町名も「住吉町」と呼ばれていたとか。

大きな神社だったようです。

P31901901

P31901911

P31902031




鳥居を潜ったところに、陶製の平成6年6月生まれの狛犬さんが。

P31901931

P31901971

P31901941




そして、この「阿」の狛さんの拝殿側に最初の写真の可愛い陶製の「吽」の狛犬さんが。

台座には、昭和3年の彫りがありました。

反対側には台座のみで、その後ろには年代の分からない「吽」の狛犬さんと思われるのが。

P31901951

P31901991_2

P31902021



そして、拝殿右横には合祀されている神社があり、年代不明の狛犬さんが。

P31902041

P31902052

P31902071

P31902081

P31902061




そしてその隣りの社の前には、やはり補修を待っていると思われる狛犬さんが。

こちらも年代不明です。

きっと元気になって、神様にお仕えをする事でしょう。

P31902091

P31902111




その狛犬さんからの境内の眺めです。

P31902121





これで、その2は終わりとなります。

地震の影響はかなりのものでしたが、あの状態が1年半ほどでこんなに戻るとは思っても居ませんでした。

被災に合われた方のご心痛はもとより、ご努力は並大抵の事ではなかったでしょう。

神社仏閣も、かなり復旧をしていました。

可愛い狛犬さんも補修をされて元気になっているのや、順番待ちのがかなり見受けられました。

本当にご苦労様です。

皆様が早く本来の状態に戻られますように!




あと、10社を超える神社を訪ねました。

レポを創りきれませんので、逐次写真集に追加をしていこうと思っています。

カル2の狛犬さん写真集」をどうぞよろしく!



このブログに お立ち寄りの皆様にお願いです。

ご旅行などで「神社」のそばにお越しの際は、是非「狛犬さんの写真」を!

そして、是非「たまぽかbbs」にお贈りいただけると、カル2は泣いて喜びます。crying

どうぞ、よろしくお願い致します。coldsweats01



今回はこれでおしまい。


「越後(柏崎)の狛犬さん その1」は、こちらです。

「越後(弥彦周辺)の狛犬さん その3」は、こちらです。

では、また。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

越後(柏崎)の狛犬さん その1

カルディナの故郷、柏崎にお墓参りに行って来ました。

はい、そうです。お墓参りです!

何故か、その前段に神社の鳥居を潜っていました。

何故でしょうか? 良く分かりませんけどね。coldsweats01


沢山の鳥居が出迎えてくれましたが、その第1弾です。

日本海沿いの352号線「石地」の「御島石部神社」と柏崎市内の「柏崎神社」の2社のレポです。




御島石部(みしまいそべ)神社
          
(柏崎市西山町石地1258)

  祭神 :  大己貴命(おおなむちのみこと=大国主命)

P318003721




国道から長い御影石の参道を進むと陶製の狛犬さんに迎えられ、自然林の中の落ち着いた雰囲気の広い境内に入りました。

この神社の建物類は、弘化2年(1845年)頃に建てられたとかで、彫刻が有名です。

この時季は、日本海の強風による「潮風・飛砂」避けの板張りが巡らして有り、残念ながらあまり確認が出来ない状態でした。

P31800221

P31800231



陶製の狛犬さんと初対面でした。(大正6年10月生まれ)

P31800261

P31800281

P31800291



狛犬さんも地震の被害に遭い、かなり補修されていました。

拝殿」等の写真はこちらをお借りしましたのでご覧下さい。



境内社の「金刀比羅宮」の狛犬さんです。

明治31年11月生まれ。

P31800241

P31800311

P31800331

P31800321



拝殿脇には大きなスダジイが。

Dscf78781



拝殿前から振り返ると。

倒壊撤去されたと思われる御神灯の台座が・・・。

P31800351





柏崎神社 (柏崎市西本町1-5)

 祭神 :  大穴貴命(おおなむちのみこと)





こちらはカルディナが小さい頃遊んだところだそうです。 震源地に近い所為ですが、鳥居や御神灯が片付けては有りますが殆ど倒れたままでした。

奥の本殿?拝殿?は、倒壊し撤去されていました。

P31800571

P31800831

P31800581



参道の陶製の大きな狛犬さんです。昭和3年3月生まれ。

P31800701

P31800721

Dscf789221



拝殿前の狛犬さん、文化8年7月生まれ。

P31800601

P31800631   



そして、大正6年4月生まれのかなり傷んだ狛犬さんが 陶製の「吽」狛さんの足下に。

補修をしていただける様でした。

P31800741

P31800811
     本当は、茶色っぽい台座の上が住まいでした



稲荷大明神のキツネさんは、首もしっかりと補修されていました。

でも、耳が・・・。

P31800771

P31800781

P31800791




そしてライオン像、昭和3年10月生まれ。

P31800661




そして翌日、ひょんな事から予定のない柏崎神社の横を通おると。

ぼく、此処に居るよ!」と声が聞こえた様な?

ふっと眺めると、狛犬さんでした。

拝殿の後ろ側で、社が倒壊して基礎だけの所に二人で番をしていました。

昨日から、「忘れちゃイヤだな」とテレパシーを送ってくれていたのかも知れません。

で、その狛犬さんです。昭和26年生まれ。

P31902131

P31902141

P31902171

P31902181

お社はなくなっていますが、神様は何所にでも居られます。

この狛犬さんは、良い子で忠実にお使いを果たしていますね。

町全体が元に戻るまで、みんなで頑張ろうね。



とこんな感じで、柏崎の狛犬さん第1弾はおしまいです。

まだまだ、沢山ありますよ~!coldsweats01

レポが続かないだけですっ。weep


「越後(柏崎)の狛犬さん その2」は、こちらです。



では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネコの額 8

4~5日、家を留守にしていたらネコの額にも花が咲いてくれていました。

昨年の大崎の雪割草です。

あと何年咲いてくれる事やら。

P32103751

P32103731



そして、ミツマタも満開に!

P32103771

丹沢のあそこに見に行かなければ。



とか書いていますが、この後は「越後の狛犬さん」が続きます。

どうぞよろしく!coldsweats01



では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま帰りました!

只今、新潟から帰り着きました。

明日(20日)は新潟地方も雨模様とか? で、今日帰りました。


初日は、お墓参りと狛犬さんを訪ねて。

今日2日目は、野生の花を訪ねる散歩と今話題?の春日山城址へ行って来ました。

それと、ほんのチョビットですが狛犬さんも。coldsweats01


皆様のお蔭で、両日とも快晴。

フーフー有難うございました。

そして、留守の間もポチ&ぼちぼちを遊んでいただいて、本当に有難うございました。


で、こんな生年月日も全く不明の「吽」の狛さんとも合う事が出来ました。

P31902021

レポは、少々お待ち下さい。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はこちらに!

今日はこちらに!
上越市にて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はこちら!

今日はこちら!
柏崎神社の陶製の狛犬さんで〜す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変更(BlogPet)

ポチは、変更した。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


           ********************


ポチは、何を変更したのでしょうか?coldsweats01

我がブログも、少し路線を変更していますが・・・。

なにせ、ごった煮・闇鍋ブログですからね。shock


そうそう、ポチがこんな日記を書いていました。

Pochi2



狛犬さんを少し覗いてみましょう!

では、可愛い子たちの紹介です。

                以下の写真は、拡大をしてご覧下さい。

P10701072
             題名 : 可愛いお尻


Dscf75512
                 題名 :  ウングッ・ウングッ


P21800422
                題名 :  とうちゃ~ん


P21800982
              題名 :  父ちゃんは強え~んだぞ~


P21801732
  親子の会話 :  大人しくしていなさい! なんでやねん! by.ぽてと。さん


P30101482
                題名 :  やだ やだ やだ


P30100312
                   題名 :  花と戯れて




如何でしたでしょうか?

小獅子ちゃんも可愛いですよね。



で、狛犬さんシリーズは、まだまだまだ・・・続きます。bleah


・特別編の狛犬さん その2は、こちらです。



では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さんたち その3

ご近所の狛犬さんシリーズがやっと再登場!

記事が後回しとなり、狛犬さんはホルダーの中で不貞寝をしているようでした。

覗きに行ったら、お行儀良く座っていましたがね。coldsweats01



で、次の記事にまた飛ばされそうなので・・・。

我が家の氏神様の諏訪神社の続きです。


妙善寺(藤沢市藤沢1-5)境内の
正宗稲荷大明神です。

P21800772

P21800841

P21800831




本殿の前には、新旧のキツネさんが。

P21800782

P21800792

P21800811

P21800801



キツネさんもいろいろな姿・形ですね。

本殿の傍らには、小さな稲荷社が。

P21800821





続いて、白旗神社(藤沢市藤沢2-4) です。

 ・ 祭神  寒川比古命  (さむかわひこのみこと)
       源義経        (みなもとのよしつね)
       

               天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
       大山祇命   (おおやまつみのみこと)
       国狭槌尊  (くにのさずちのみこと)

およそ七百年前、源義経の霊を祀った神社です。

神社のHPはこちら

P218008721 
 

P218008621

階段の手前に、狛犬さんが小さく見えます。




その狛犬さんはこちらです。

建立年月や石工さんの銘は有りませんでした。

社務所に伺うと、臨時の禰宜さんで「分からない。」との事でした。

P21800911

P21800901

P21800881





二段構えの階段を登ると、左右にいられました。

こちらは、昭和2年2月生まれでした。

P21800941

P21800961

P21800981

P2180099281




本殿は中々の様式でした。

さすがに「ささりんどう」が目立ちました。

P218010321

P21801051

P21801041

P21801061

P21801081

P21801141

P21801071




境内の外周には、多くの石塔が集められていました。

P21801211

P218011521

P21801161
     左の庚申塔にも梵字が彫られています

P21801181
  道標 左 かまくら   反対側に 右 えのしま

P21801221



今回は角(2本)あり吽狛さんも出逢えましたが、残念な事に建立年月日が分かりませんでした。

古い石塔などに出逢えると、いにしえの良き?頃をしのぶ機会となります。

最近、これが楽しい・嬉しい様な感じがして来ました。coldsweats01



狛犬さんシリーズは、まだまだ未だ・・・続きます。


「大和市の狛犬さん」は、こちらです。

「ご近所の狛犬さん その4」は、こちらです。



では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友のお店を応援! その2

カルディナ執筆の”友のお店を応援!” からの続きです。

友のお店を応援!”は、こちらです。


カルディナの山友 &○友のお店で食事を済ませて帰宅です。

で、皆さんがお察しの通りです。coldsweats01


                  ※ 写真は全て拡大できます。


今日はこんな漫画チックの狛犬さんです。

下鶴間の大黒天開運神社です。

大山阿夫利神社からの分霊社だそうです。

 ・ 祭神は、大山祇大神(オオヤマツミ)
                 大雷神
        大龗神(タカオカミ)

狛犬さんが、ドラえもんみたいでした。cat

大理石風な造りで、右の”玉取り”は口の中に小玉を含んでいました。

P30800351

P30800271

P30800291

P30800331

P30800341_2





続いて、直ぐ近くの諏訪神社

 ・ 祭神は、建御名方神   ( たけみなかたのかみ ) 



創立の年代は不詳との事ですが、どうやら喜延7年(907年)の神名帳に、前身と言われている「 石盾尾神社」の記録が残っている様です。

兎に角とっても歴史のある神社です。

バス通りに面した、赤い鳥居を潜ります。

P30800381




するとかなり古そうな狛犬さんが。

安政2年10?月生まれ。

月の1桁目が良く判りません。

P30800201

P30800081

P30800111




更に境内を進むと、本殿前にもう1対の狛犬さんが。

P30800211

P30800021   

P30800261

P30800251

P30800061

P30800041
            ↑ 昭和58年5月生まれ




境内には、元宮の礎石が移設されていました。

何所も地域開発のために、移転を余儀なくさせられている様です。

P30800221



稲荷社です。

狐さんは、昭和61年5月生まれ。

P30800141

P30800151

P30800161




続いて、大和市深見台へ移動し深見神社を参拝。

 ・ 祭神は、武甕槌神   ( たけみかずちのかみ )
        建御名方神   ( たけみなかたのかみ )



こちらの神社もかなり歴史があります。

「総国風土記」によると、約1500年前の前雄略天皇22年3月創祭と記録があるそうです。

そして、官社として長い間広く崇められていた様です。

境内はかなり広く、参拝の鳥居も2箇所に別れて有ります。

ご神木は、なにじゃもんじゃの木で根回り4m、高さ43m、樹齢500年とか。

Dscf78551

P30800521

        ↑↓ 昭和15年10月生まれ

P30800541




もう1対の狛犬さんは、上と違う場所の”1の鳥居と2の鳥居”の間で、対面しています。

年齢は不詳。

Dscf78521

P30800421

P30800451

P30800651

P30800601

P30800581

P30800611

P30800621

P30800631




これで今日の狛犬さん探訪はおしまいです。

今日も有意義な1日でした。happy01

でも、以前に訪ねた狛犬さんが1言。

後回しにするなよ~!”だって。coldsweats01



逐次記事を作成いたしましょうかね。


「ご近所の狛犬さん その2」は、こちらです。

「ご近所の狛犬さん その3」は、こちらです。


最後までお付き合いいただき、誠に有難うございました。



では、また。smile  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

友のお店を応援!

この記事はカルディナが書きました。

和食のお店を一人で切り盛りしている友のお店にランチをしに行きました。
我が家から車で1時間ほどの神奈川県の大和市中央林間という街で頑張っています。

一つ一つの材料を丁寧に仕上げて盛り付けていて やさしい味が評判を呼んでいるようでうれしいな。
仕込みにすごく時間かけてるんですよ~。
彼女は野菜のソムリエでもあるし ふぐの調理免許もあるし 若いけれどしっかりした料理人です。

きょうのメニュー カルディナは花かご御膳
Dscf78441jpg
メインの鳥手羽が香ばしくておいしかったです♪
お新香も手作りでもっとほしいくらい(^_-)-☆

カル2は 元気もりもりランチです。
Dscf78451jpg
この日の主菜はさんまでした。
おいしいねえと言いながら食べていました。

デザートもあるんだけれど何が出てくるかこれも楽しみ♪
お菓子も得意分野です。

現在のメニューです。
1

画像をクリックして拡大してみてください。

実は彼女 山が大好き♪
北アの燕岳の燕山荘という山好きならば知らない人はいないという名門山小屋で働いていたこともあるんです。

山から離れたくなくて松本のホテルでも和食料理の修業をしていました。

努力の甲斐あって自分のお店を持って3年過ぎました。
お店には燕岳の大きなパネル写真やニリンソウの写真がいっぱいです。
女板前さんで一人なので1年に一度くらいしかアルプスに行けません。

お客さんから山の話を聞くのがとてもうれしいようです。

二人で歩いた山行きです。
昔のレポなので顔を隠したままですが素顔の彼女はとても可愛いですよ。

http://gxm.cocolog-nifty.com/ayumi/2007/04/post_a367.html

http://gxm.cocolog-nifty.com/gxm/2006/05/post_ed1f.html

今度は近場の山を歩きたいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ネコの額 7

春の便りが、続々と届きます。

我が家の猫の額にも、春が訪れてくれました。happy01



ポチに今年も言われそうですがね。coldsweats01

”ネコの額にも、花が咲くのか~!”ってね。sad



でも、良いのです!

行っちゃいましょう。bleah



先ずは、こちら。

HANZOさんちのが綺麗でした。

ミニクマさん、ありがと~~~!

P22800021

P30700101

P307001121
            うなじがきれい!



続いて、昨年購入した花たち。

アフーさんちの写真集がきれい!

P30700061

P30700041

P30700091



そして、ミツマタが可愛く。

P22800071

P30700081




今年は2週間ほど開花が早いですね。

今年こそは、時季を失さない様に注意して計画をせねば。



猫の額からのレポでした~ぁ!


狛さんのレポが未だ・・・。shock


では、また。smile

| | コメント (7) | トラックバック (0)

高水三山と狛犬さんを尋ねて 後編

前編 」からの続きです。

前編は、こちらへ。 「高水三山」のハイキングを無事に終了し、第4の課題に突入です。



高水不動尊の参道を下ると、左手に「天之宮」と言う神社があります。

 

天之宮 (青梅市二俣尾5-1615)


・祭神、由緒は、不明です。

   狛犬さんは、昭和15年10月生まれでした。

P30101091

P301011721

P30101101

P30101111

P30101161




お参りを済ませて、さらに参道を下ります。

二俣尾の逆Y字路の石塔が健在で、道しるべの「左 むら」「右 高水」の文字も読めました。

P30101181




周囲の地形や梅の花などを眺めながら「軍畑駅」を過ぎ、多摩川を渡って次なる物を探しました。

P30101221



地域の鎮守と思われますが、柚木の「御岳神社」に行って見ました。

御岳という名前が付いているので、大きな神社と勝手に想像。

しかし「岳」と言う字が違うだけあって、可愛い鎮守さまでした。coldsweats01



取り合えず、徒歩の狛犬さんを尋ねては一旦終了で、エックス君が待つ駐車場に戻りました。



着替えを済ませて、青梅市内へ移動。

青梅駅前」の先に150m程行き、駐車場へ。

200円/時間でした。



まだまだ第4の課題は続いています。

ただ、時間が16時を回っています。

陽が傾いて来ているし、他の行きたい所は17時に閉館となるし。

で、先ずは第4の課題を決行しました。



住吉神社 (青梅市住江12)

鳥居が2つ有り、2つ目の鳥居と階段を登った所に狛犬さんが見えました。

P30101751

P30101261




少し高い位置に狛犬さんが。

昭和39年3月生まれでした。

P30101301

P30101291


狛犬さんの脇には、可愛い狛猫さんが。

P30101401

P30101341

P30101391

P30101371



狛犬さんの写真を撮っていると、男の方が声を掛けてくださいました。

やはり狛犬に興味があるとか。

少しの間、狛犬談義?を楽しみました。

で、”上の奥にチョイト古めのがいるよ!”との事。

早速行って見ました。

が、階段を上がると・・・。

すごくデッカイ狛犬さんが。

(照明用ケーブルが少し・・・。)

P30101411




昭和44年4月生まれでした。

直ぐ脇の建物と比べて、大きさをご想像下さい。coldsweats01

P30101421

P30101431



続いて、本殿です。

 ・ 祭神 底筒男命
           中筒男命
       表筒男命
       神功皇后

P30101741



続いて、本殿右奥の「大鳥神社」です。

大正14年1月生まれ。

P30101461

P30101471

P30101501



そして、左奥の「天満宮」です。

年齢不詳です。

Dscf78201

Dscf78221

Dscf78211




そして本殿左側の「稲荷社」です。

P30101611

年齢不詳の狐さん

P30101621

P30101631

昭和8年4月生まれの狐さん

P30101641

P30101651




時刻は16時30分を過ぎました。

これで第4の課題は強制終了となりました。


で、第5の課題を取り組まなければなりません。

あそこと、あそこと・・・。

でも、17時閉館ですから1ヶ所だけ。

では、あそこに行きましょう!happy01



と言う事で「あそこ」とは、ここでした。

誰かが、何かを撫でていますね。

Dscf78331

おお、この方でしたか~ぁ!coldsweats01

P30101771



そうです、JR東日本・青梅駅協賛の

青梅赤塚不二夫会館」でした。

赤塚さんは偉大な方でしたね。

多くの作品やエピソードが紹介されていました。

その中の数点をご紹介!smile

Dscf78341

Dscf78351

Dscf78371

Dscf78381

P30101881

Dscf78411

P301018121

P30101891

P30101901

P30101911



皆様お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りを!

そして、下の写真の靴形に立って記念写真を!

指をさして”バカな顔なのだ!”と言ってくれますよ。good

P30101941




と、こんな感じで「高水三山ハイキングと狛犬さんを尋ねて」のレポはおしまいです。

まあ、副題をつければ”狛犬を尋ねて3千里”ですかね。

ハイキングが主目的か?狛犬さんが主目的か?はたまたあの方が目的か?良く分からない1日でしたが、楽しく有効に過ごす事が出来ました。



どこからか、天の声が。

”これで、良いのだ~ぁ!!”ってね。happy01



長々と駄文にお付き合い下さって、本当に有難うございました。

ハイキングのレポは、申し訳有りませんがカルディナのブログをご覧下さい。

そのレポは、こちらです。



・チョイ遠目の狛犬さん その7-1は、こちらです。

・チョイ遠目の狛犬さん その8は、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (12) | トラックバック (0)

高水三山と狛犬さんを尋ねて 前編

高水不動尊に「ぼちぼち(テンプレート上のワンコの名)がいる!とブログ友達の「ぽてと。さん」に情報をいただいています。

その記事は、こちらの真ん中くらいにあります。



              ※ 写真は全て拡大できます。



是非とも、逢いに行かねばなりません。

そこで計画。

あそこと、そして、あそこも一緒に・・・。

で、課題が5つとなってしまいました。coldsweats01

順を追いながらのレポとなります。



我が家から1時間40分ほどで、「寒山寺駐車場」に到着。

無料の駐車場でトイレが有ります。

そそくさと支度をして出発。



先ず、第1の課題。

取り付き点までの散歩です。

もちっ、狛犬さんを尋ねて3千里!?bleah



1ヶ所目は、山の中腹に祠のような建物が見えている様な?いない様なで、探しても道も分かりませんでした。



2ヶ所目は、多摩川と青梅街道を渡った先の「八雲神社」で、狛犬さんはお住まいではありませんでした。



3ヶ所目は、「青渭神社」です。

惣岳山の山頂にある神社の里宮で、拝殿や神楽殿があるそうです。

若干距離が有るので、こちらの写真のみです。

(行ってくれば良かったかな?と、今となって反省。weep

Dscf77491

P30100131




E233系を眺めながら歩きます。

P30100151




4ヶ所目は御嶽駅前で、青梅街道と多摩川を渡り返して「熊野神社」です。

熊野神社 (青梅市御岳1丁目)

 ・祭神 伊弉那美命(いざなみのみこと)
       速玉之男命(はやたまのおのみこと)
      事解之男命(ことさかのおのみこと)

  昭和61年7月生まれの狛犬さん。

P30100161

Dscf77531

P30100181

P30100191

P30100221

P30100241




5ヶ所目は御嶽駅前まで戻り、「神明社」へ。


神明社 (青梅市御岳本町250)

  大正11年3月生まれで頭がたいら。

Dscf77571

P30100301

P30100311

P30100361 

P30100331

P30100351




更に、青梅街道を小さな祠などをお参りをしながら進みました。

丹縄の集落にあると思われる「八坂神社」を探しましたが、どうしても見付かりませんでした。

小さな祠なのでしょうか?

駐車場を出てから、既に1時間40分ほど過ぎています。

少し残念な気がしますが、第1の課題はこれで終了です。

休憩を入れて、いよいよ散歩から山歩きとなります。



取り付き点を探すのが面倒で、丹縄の集落の西端にいますのでそのまま入りました。

今日は日曜日、天候が今一でも人が多いかと思いバリを採りました。

8時55分に出発。

いよいよ、第2の課題が始まります。

植林帯のやや急登を10分ほど登ると、東からの小尾根に乗りました。

更に10分ほど進むと、鹿さんの足跡からやっと人の微かな踏み跡が。

少しずつ歩き易い尾根道となって来ました。



目標物のJR古里線の32号鉄塔に到着、9時25分でした。

10分ほど休んで、468mピークに9時38分。

新秩父線の34号鉄塔に9時49分に到着でした。

ここから少し東に進路変更です。



歩き易い道で、時々雪を纏った山々が眺められます。

624mのピークに10時06分に到着。

小休憩後、更に東に進路変更でした。

小さなピークを越えながら最後の植林帯の急登をこなすと、「惣岳山」山頂の「青渭神社」西脇で10時36分でした。

P301005621

P30100591

P30100581

P30100601

P30100611

P30100641




誰もいないし、展望も無い山頂を10時46分に出発。

数人の方とすれ違いながら「岩茸石山」に向かいました。

天気があまり良くないので、人が少ない様です。

雪を纏った周囲の山並みを眺めながら、足下に気をつけて歩き「岩茸石山」に11時29分到着でした。

4人の方が休んでいられました。

周囲はこんな感じでした。

P30100791

Dscf77841 



我々もランチとしましょう。

支度をしていると、団体さんが3組ほどご到着でした。

少しの差で場所取りOKでした。coldsweats01



ランチを済ませて、12時17分に出発。

さすがに日曜日の人気コースです、大勢の方々が登って来られます。

取り合えず、「高水山」に到着が12時43分でした。

P30100911



これでほぼ第2の課題は終了です。

気が急くので、直ぐに下の「高水不動尊」に向かいました。


高水不動尊
 (青梅市成木7-1131)

第3の目的、「ぼちぼち」に逢うためです。dog

P30101021

P30100991




いましたね~、ぼちぼち君風の狛犬さんが。

P301009421

P30100931

P30100941

P30100951




う~ん、可愛い。

本当に「ぼちぼち」そっくりだ!

ぽてと。さん、ありがと~!



と言う事で、第3の課題は終了です。

第2の課題を無事終了させるために、13時00分に下山開始。

ブラブラと歩き、長い階段を下って登山口に到着が13時49分でした。

これで第3課題までが終了です。





”これでハイキングのレポは終りかい?”

の声が聞こえていますが、

”はい、そうです!”の答えです!coldsweats01



詳細は、カルディナのレポをご覧下さい。smile

そのレポこちら





レポはまだまだ続きます。

課題の4&5をお楽しみに!happy01




続きをお楽しみに!smile


後編は、こちら



・チョイ遠目の狛犬さん その6-2は、こちらです。

・チョイ遠目の狛犬さん その7-2は、こちらです。


では、また。smile

| | トラックバック (0)

高水三山ハイキング・速報!

ぽてと。さんに教えて頂いた、ぼちぼち(我がブログのワンコ)に逢いに「高水三山」に行って来ました。

その記事は、こちらです。


きのう(1日)は日曜日。

天気があまり芳しくないとは言え、混むのでは!”と思い、登りはバリを行きました。

今回は、5つの課題を抱えて家を出発でした。

速報ですので、写真を貼ってチョビッとご案内!

P30100571_2

P301009021
    第1と第2の課題をほぼ済ませて、
    あとは無事下山で2つ終了です。



2つ目の途中で、3っ目の課題です。

それはこちらの”ぼちぼち?”狛犬さんです。dog

P30100921
    これで主題である、3っ目の課題が完了。



無事下山が完了し、4っ目の課題へ。

カル2はニコニコ顔です。

そうそう、こんなお方も!

P30101341
           狛猫さん!cat



そして最後となる課題はこちら!

P30101771
     最後が1番大きな課題かな?
  で、”それで良いのだ!”と言ったとか?


どの様なレポになりますか?

お楽しみに!coldsweats01


少々お待ち下さい。


では、また。smile 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

右(BlogPet)

きょう、奥右が追記するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。


             ****************


ポチ、記事をありがと~!

右奥は追記ぜずに、右上の方に「ぼちぼち」の名前を入れましたよ。

昨日のレポの予告編をこれから創るからね。

もう少し待っててね!happy01




ひみつの日記にこんな事を。

09030201

頑張らねばなりませんね。

でが、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、ここ!

今日は、ここ!

今日は、ぼちぼちに逢いに来ています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »