« 沼津アルプス周辺の狛犬さん達 | トップページ | 今日は、ここ! »

ご近所の狛犬さんたち その1

ご近所にお住まいの狛犬さんに逢いに行って来ました。

狛犬さんシリーズ(?)の初めは、ご近所さんから。happy01



旧東海道を歩いて行くと、ケヤキ並木の歩道にはこんな物が。

三等三角点の點標石です。

P21800011




最初は、旧東海道・藤沢宿の東方の総鎮守、「藤澤山(とうたくさん)」の守護神・諏訪神社からです。

我が地域の守護神でもあります。

祭神は、建御名方富命(たけみなかたとみのみこと )
      八坂刀売命    (やさかとめのみこと )

との事です。

詳細は、こちらへ




遊行寺の旧東海道を挟んだ隣に在ります。

P21800521

P21800531
         狛犬さんがチラリと




境内は、箒の目が綺麗にたっていました。

神職さんの心遣いが嬉しく、とても気持ち良くお参り出来ました。

P218000421

P21900011

P21800131

P21900101

P21800161

P21900081

P21900091
            龍に亀さん




本殿右には、「道祖神」「祖霊神」「大黒天」「太子堂」が並んで建立されています。

P21800311




本殿の左奥には、大正7年に建立された鳥居が。

その奥には何時頃のか、お狐さんが祀られていました。

P21800251

P21800271




まだまだ沢山の古い石塔などが有りますが、目的はこちらです。

明治39年12月に建立された狛犬さんです。

こちらの狛犬さんは「吽」側(向かって左側)が子連れです。

でもどちらも「阿」の獅子ですかね?

P21800421

P21800491

どちらの狛さんも口の開け具合が同じ様です。




鎮守さまの諏訪神社・狛犬さんの紹介でした。

これで終わる訳には行きませんよね。

お隣の本家に寄らない訳にはいきません。

少しだけご紹介を。

時宗総本山「遊行寺」

正式には「藤澤山無量光院 清浄光寺」です。

この「藤澤山」から藤沢 の名前が出来たとか。

時宗=一遍上人=遊行寺は有名ですよね。

詳細はこちらへ



本堂です。

P21800541

P21800611

P21800601



本堂では、「大涅槃図」が公開されていました。

P21800631



本堂の右奥には、「ワンニャン」のお墓が。

神使は「ワンニャン」でした。

P21800571



境内の一部です。

梅や桜が綺麗に咲いていました。

P21800761

P21800741

P21800671

P21800641

P21800651_2
             中雀門

P21800731


今回は、地域の鎮守の「諏訪神社」の狛犬さんでした。



その1は、これでおしまい!

予定では、かなり続きます。happy01



「ご近所の狛犬さん その2」こちらです。


では、また。smile

|

« 沼津アルプス周辺の狛犬さん達 | トップページ | 今日は、ここ! »

狛犬(ご近所)01」カテゴリの記事

コメント

カル2さん、こんにちは。

本当にいろいろな狛犬さんがいらっしゃるんですね。
必ず阿吽というわけではないんですね。

狛犬さんだけでなく、建造物や彫り物、細工にも、ひとつずついわれや背景があり、
地域や年代や寺社によっても、少しずつ違ったりするんですね。
面白いですねー。でも、とっても深そう…。
特に、私は「○△◇▽命(○△◇▽のみこと )」という神様の名前を覚えるのが苦手です。
同じような名前も多いし…。
一文字ひと文字に意味があると思うのですが、どうしても記号のようにしか思えません。
すみません、不信心ですね。

でも、いままでは、ただの建物、ただの置物や彫物として漫然と見ていたものを、違う目で見られるようになって、視野が広がりました。
同じ場所で、同じモノを見ても、昨日とは違う視点で見られる…
世界が広がるって、こういうことなんだなぁ、とつくづく思いました。

ありがとうございました。

狛犬さんシリーズ、楽しみです!!

投稿: ヒサ | 2009年2月20日 (金) 22時15分

ヒサさ~ん、こんにちは~!

今日は晴天でしたが風が冷たかったですね。
お出かけでしたか?

狛犬さんシリーズ?を始めました。coldsweats01
どうぞよろしく。
明日、逗子に行かなければなりませんので、ついでに(どちらがついでだか?)亀さんを撮って来ます。
早く抜け出して、他にもとも考えています。

建物の棟木?の彫刻が面白いですね。
龍とか象(?)とか亀とか鯉とかいますよね。
意味合いを教えて頂いたことがあるのですが、忘れてしまいました。crying

祀られている神様、舌を噛見そうなので困りもの。
同じく憶え切れません。

明日の午後には、速報を入れれると思いますのでこちらもよろしくお願いします。

投稿: カル2 | 2009年2月21日 (土) 16時26分

今までいったいいくつの狛犬さんを見てきたことでしょう。
でもなんとなく 通り過ぎていたように思います。
狛犬の奥の深さに唸ってしまう今日この頃・・。
今度は足を止めて しっかり観察したいと思います。
楽しみがまた一つ増えました。
ありがとうございます。

投稿: 弱足ママ | 2009年3月 2日 (月) 16時24分

ママさ~ん、こんばんは~!

ね~ぇ、狛犬さんもいろんな顔形ですよね。
デジカメで撮り始めたのは最近です。
ある程度は把握をしていましたが、江戸時代生まれは限定されてしまいます。
関東大震災で倒壊し、相当数が壊れてしまった様です。

沢山楽しんで下さい。
その際にはパチリと!
そして、レポか掲示板に貼り付けて下さい。
楽しみにしています。doghappy01

投稿: カル2 | 2009年3月 2日 (月) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513347/44114955

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の狛犬さんたち その1:

« 沼津アルプス周辺の狛犬さん達 | トップページ | 今日は、ここ! »