« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

上州・牛伏山ハイキング~!

             1/29 一部訂正・追記しました。

不治の病と闘って居られる尊敬してやまないK氏に教えて頂いた「牛伏山」に行って来ました。

11月中頃でしたか”丑年に因んで里山だけど花も綺麗だよ! とのお話でした。

群馬県吉井町、上信越道からも良く見える里山です。

たった490.5mですが、登り方によってはかなりハードとなります。

里山、侮ることなかれ!でした。

上がってしまうと、可愛い牛さんが待っていてくれました。

簡単にご紹介。

牛伏ドリームセンターに車を置かせて頂いて、ロウバイの里から山頂に向かいました。

ロウバイの花が満開で良い香りが漂っていました。

P12700131

P12700111






ロウバイを楽しんでから登り開始です。

山頂までのコースは、いろいろ有りますが正攻法で。

うん~、少し甘く見ていました。

話では聞いていましたが、かなりの急な階段が・・・。

Dscf74531





とうとう、途中の分岐で”1本!”となりました。

階段を上がってしまうと、本当に牛の背中のようになだらか。

可愛い牛さんが待っていてくれました。

P12700541
    題名 うっしし!  (牛さんが2匹ですものbleah





3~4分程歩くと、展望台として造られた「天守閣」がありました。

Dscf74631

遠望は暖かくて少し・・・。

冷え込んでいたら、かなりの眺望でしょう。

P12700641





この後、いろいろな石碑を楽しんだり、「琴平神社」にお参りをしたり した後、「牛伏山」山頂に寄り「見晴台」に向かいました。

此処も名前の通り、かなり眺望の良いところでした。

その後、午後の日差しのロウバイが見たくて遠回りをして車に戻りました。




1つ目の目標は完遂。

少し移動をして買い物をしてから「宝登山」へ。

駐車場に着いたのが15時を廻ってしまいました。

今回は、ずるっこをしてロープウェーで山頂へ。

花は7~8分咲きから満開で、今が見頃かも。

寒桜が満開、梅百花園の花もチラホラと咲き始めていました。

夕景を楽しんで、「宝登山神社奥社」にお参りをして下山。

HANZOさんに教えて頂いた、狛犬さんの代わりのオオカミさんが珍しかったです。

秩父の山岳地帯で修行をした修験者がオオカミ信仰を作り上げた様で、発祥は両神神社とか。

P12701281

P12701321





歩いて下山後、「宝登山神社」にお参りをして狛犬さんを、と思ったら今年の8月末まで工事中でした。

”ついでには来るな!ちゃんとお参りにおいで!”と言う事でしょう。coldsweats01

次回はちゃんとお参りに来たいですね。

そして、駐車場で出逢ったワンニャンさん。

P12701361
       ねる君(良く寝るからとかlovely

Dscf75331
   名前を聞いてもニャンとも言いませんでしたcoldsweats01





今回は新年の干支に因んだ山遊びとなりました。

どちらの山も、サクラの頃も良さそうですね。

詳しいレポは、もう少しお待ち下さい。

1/29 追記しました。

記事をアップしました。

  ・ カルディナのブログはこちらへ

  ・ カル2のHPはこちらへ

是非お越し下さい。happy01



・チョイ遠目の狛犬さん その2は、こちらです。

・チョイ遠目の狛犬さん その4は、こちらです。



では、また。smile

| | コメント (10) | トラックバック (0)

次は、ここ!

次は、ここ!
次は、ロウバイです!宝の山に寄っています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日は、ここ!

今日は、ここ!
今日は、ここ! 大きな牛がいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2はお願いしてくれるかな(BlogPet)

きょうはカル2と出荷しようかな。
カル2はお願いしてくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。




      ********************************



皆様こんにちは!

旧正月が過ぎるまでお正月と認識している

カル2でございます。

ポチは正月疲れをしているのか?フェイントをかけて

2日遅れで記事を書いてくれました。




もう、季節は春ですね。

我が家もスイセンが咲いてくれています。

P11800021




で、ポチが先日「恥ずかしい初夢・・・!」

言っておりました。weep (画像を捕獲しそこなった)

そして、先日はこんな事を!

09011701 09011501

ですって!shock

仕方がありません、本当の事ですからね。crying





気を取り直して、少し何かを書こうかなと思いポチの記事を眺めていましたら

09011801 09010801

とも言っていました。coldsweats01

首輪をいただいて、嬉しくなった様です。

それで、何かを出荷したいな!と思ったのでしょうかね。





出荷するものが無くて困っていますと

08123102

との事ですが、これは・・・。




少し考えてみると、これはもう有りませんが

Pc13000221

これは少しだけ残っています

Pc03000421

Pc2700381jpg1




お気に召しませんか?

では、こちらは如何でしょうか?

P10400522

それとも可愛い子獅子のこちら?

P10701021




では、こちらは?

P104004823




ダメ? ではこちらなら!

Dscf73022

写っている人間が?




では、これ! 眠り猫

P10400681





少しはお気に召されたでしょうか?

ポチもどうですか? の問いに




09010803 09011702_2


ですって。

合わせるのって、本当に難しいですね。

出荷できると良いね、ポチ!

一緒にカルディナに頼もうね。

因みにカルディナは、これで良いのだ!Image2

とは言っておりませんでしたがね。bleah




最後までお読みくださり、有難うございます。

今後ともどうぞ見放さないで、

よろしくお願い致します。coldsweats01



では、また。smile 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初夢を観に、越前岳へ!

初夢を観に越前岳へ行って来ました。

初夢をですよ!

少し(かなり?)恥ずかしかったですが、撮って来ました。coldsweats01




行程は、山神社~黒岳展望広場~越前岳~山神社です。

富士山がとっても綺麗でした!

Dscf73891
富士山の横には、南アルプスや御坂の山々も見る事が出来ました。




レポは下のサイトです。

カルディナのブログはこちらです。 

カル2のHPはこちらです。
          
 今回も山登りの参考には、あまりなりませんので!weep



さらりとでした。coldsweats01

ではまた。smile

| | コメント (8) | トラックバック (0)

留守番ありがとう!

留守番ありがとう!
ポチ&ぼちぼちに初夢をプレゼントです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浅間山へお散歩に その2

浅間山へお散歩に その1 こちらから続きです。


                ※ 写真は拡大できますので、クリックを!


これからは暫らく下り坂となります。

いつ頃に造られた石段か分かりませんが、古い物の様でかなり手が入れられていました。

刀を差した人も歩かれたのでしょうか?

P107007521_2

P10700851





途中から「男坂」「女坂」に別れます。

「男坂」を降りました。

少し急なところが有りますが、直ぐに『高麗神社』です。

P10700881

Dscf73432

『高麗山』から15分ほどで着きました。

先に拝殿に着いてしまいましたが、先ずはお参りです。

P107009922






その後、鳥居まで『狛犬さん』に逢いに行きました。

P10701011
    正面の車の通りがは、国道1号線です





振り返り、改めて参拝です。

で、来る途中の指導標には「高来(たかく)神社」と書かれていましたよね。

全てが『高麗神社』でなくて『高来神社』です。

話は遠い昔の事になります。

大和朝廷は、高句麗から渡来された人々をここ大磯に上陸させたようです。

一説には、亡命された高句麗の人々が上陸を指定された地で高麗寺村と呼ばれた時代もあったとか。

それがいまの「高麗」と言う地名で残っている様です。

その昔は、高麗山には上社『高麗権現社』があり、下社には『高麗寺』があった様です。

『高麗寺』には「東照宮」が祀られていて、明治時代初期に明治政府により廃寺とされた様です。

その際に、山頂に祀られていた『高麗権現社』が廃寺にされた『高麗寺本殿』に移り、『高麗神社』と名を改めたとか。

その後、明治30年に現在の『高来(たかく)神社』と改称された。

と言うのが定説とされている様です。




高来(たかく)神社



2の鳥居からです。

P10701091_2




狛犬さんです。

少し変わっています。

通常は、”阿”の狛犬さんが右で、”吽”の狛犬さんが左です。

そして、”阿”の狛犬さんが子獅子を抑えています。

で、子獅子さんのお尻がプリンとしていて何とも可愛らしい!happy01

P10701051_2

P10701021_2

可愛い顔をした親獅子さんや子獅子さんの可愛いお尻の写真をご希望の方はお知らせ下さい。

むろん、無料で差し上げます!smile


狛犬さんですが、奈良時代までは両側とも”獅子・ライオン”だった様です。

その後、平安時代頃から”獅子と狛犬(角のある)”の組み合わせとなったようです。

通常は右に”阿”の獅子・ライオンで、左に以前は角があった”吽”の狛犬さんですよね。




で、有名なこちらの八幡宮の狛犬さんをどうぞ!

かなり可愛い?オモロイ?お顔をされています。

携帯の写真ですがご勘弁下さい。

Dvc000571_2

Dvc000601_2

Dvc000591_2

何か、分かり易いお顔ですよね。coldsweats01




では、『高来神社』に戻ります。

境内には、力石が置かれていました。

P10701001_2

P10701141_2

P10701151_2





参拝を済ませて戻ります。

帰りはそこそこの道の「女坂」を進みました。

まさか、この時季に紅葉が見られるとは・・・。

P10700981_2

P10701191_2

P10701201_2

P10701271_2

P10701251_2






最後の登り、石段です。

登りきって休憩としましょうか。

下から20分足らずで着きました。

P10701381_2
            ヒィヒィ・ゼィゼィ




ここからは少しのアップダウンで済みます 。

可愛い女の子が、お父さんと一緒で楽しそうにオシャベリしっぱなしでお散歩でした。happy01

P10701431_2






『湘南平・千畳敷』の南側の道には、中々雰囲気の良い休憩スペースがありました。

そして、その脇にはサザンカが満開でした。

P10701491_2

Dscf73531_2





今日の散歩の最終立ち寄り場所は、レストハウスの展望台でした。

霞んではいますが、雰囲気をお楽しみ下さい。

天気が良ければな~ぁ!

P10701551_2

P10701581_2

Dscf73541_2





これで散歩はおしまいです。

駐車場まで降ります。

すると、ニャンコさんが見送ってくれました。cat

Dscf73111_2

P10701641_2

P10701621_2
 名前を聞いたのですが、ニャンとも言いませんでした





今回は少し遠出の散歩でした。

もう少し早く出て来ていれば、二の宮の吾妻山へ菜の花を愛でに行けたのですが。

ここの樹々があんなに太いとは思っていませんでした。

以前来た時は興味があまりなかったし、木の太さもマダマダだったのかも知れません。

たった2時間半の散歩でしたが、とっても楽しめました。

有難う!カルディナさんのお蔭です。scissors



さて、次は何所に行きましょうかね。happy01 



最後までお読みいただき有難うございました。



チョイ遠目の狛犬さん その1は、こちらです。

・チョイ遠目の狛犬さん その3は、こちらです。



では、また。smile   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

浅間山へお散歩に その1

『浅間山』へ散歩しに行って来ました。

『浅間山』ですよ!happy01

そこからの景色は、こんな感じでした。

さて、何所の浅間山でしょうか?


カルディナのレポは、こちらです。

             ※ 写真は拡大できますので、クリックを!

P10700121_2

先日あの方とニアミスをした「江ノ島」が見えます。





もう1つのヒントです。

P107002812

1等三角点の點標石があります。




答えは、大磯町の『浅間山』でした。bleah




年末年始に『少し食べすぎ&運動不足』となり・・・。

少時間が取れたので散歩です。

カルディナの提案で、少し足を延ばしました。

本当に足が伸びたら良いな~~~ぁ!coldsweats01




11時少し前に家を出ましたが、空には雲が。

富士山もうっすらとしか見られません。

仕方がないですね、雨で出られないよりは・・・。



『湘南平』の駐車場に30分足らずで着きました。

ここも久し振りです。



今日は、湘南平~浅間(せんげん)山~高麗(こま)山~高麗(こま)神社の往復です。

バスの折り返し地点の駐車場に停めて、階段を少し登ると『湘南平・千畳敷』です。

P10700011



そこは名前どおりにかなり広い公園になっていて、レストハウスや展望台そしてテレビ塔などが有ります。

Dscf73131
           レストハウスと展望台

Dscf731221
    これから行く浅間山はTV塔の下からです

Dscf73141
            大山がチラリと

P10700081
           テレビ塔側からの眺め





テレビ塔に登ってみました。

そのフェンスには少し目障りな錠が沢山有ります。

恋人同士で来て残していくとか。

で、景色はこんな感じです。

天気の良い日をご想像下さい。coldsweats01

P10700141
          箱根方面、富士山は・・・

P10700091
            大山・丹沢方面

P10700101
       これから行く、浅間山・高麗山方面

P10700121_3
  相模湾、そして江ノ島や三浦半島、奥に房総半島も




では、散歩の始まりです。

こんな指導標が要所要所に設置されています。

Dscf73211




今日は、樹肌の勉強も兼ねています。

でも、若木と老木ではかなり肌具合が違いますので判別が・・・。coldsweats01

出逢った順番に一部をご紹介します。

ゆるゆると下って行くと今日の第1散歩犬発見。

可愛かったけど、名前を忘れてしまった。weep

この日出逢った1番可愛いワンコでした。

P10700172
               コナラ

P10700241
             ウラジロガシ

P10700191
     見えているのが、浅間山(噴煙はなしbleah

P10700251
   家族連れで散歩でした、お利口な可愛いワンコdog





10分足らずで、『浅間山』山頂に到着でした。happy01

冒頭でご紹介しました、『1等三角点』の點標石があります。

P107002621

P10700271 P10700281





それでは、『八俵山』 向かいましょう。

穏やか日差しの中、とっても気持ちの良い山道を周囲を眺めながらでした。

ここには、こんなに巨木があったっけ?と思うような沢山の樹々が迎えてくれました。

P10700301
              エノキ

『高麗神社』の案内が初めて指導標に書かれていました。

P10700331

上の指導標を見て、あれっ?と思われた方は偉いです!
後ほどご説明致します。




本当に穏やかな道で、周囲には水仙が咲き、そしてヒガンバナの群落もありました。

P10700371
        タブノキ、これも大きくなりますね

P10700381
      ハリギリ、この新芽は案外と美味しい!

P10700401

P10700461






沢山の家族連れの方々が歩かれていました。

歩くと気分が爽快になりますものね。

この里山は、さくらが有名です。

花の時季には、大勢の人が来られるとか。

P10700471

P10700501
              イヌシデ

Dscf73331
             サクラの大木

P10700511
             アラガシ

P10700541

P107005421




高麗山の領域に入ります。

道端にはスイセンが、少し奥にはヤブツバキが咲き、その下の草むらにはマンリョウやヤブコウジの赤い実がかなり 目に付きました。

Dscf73341

P10700561

P10700571

P10700581




『浅間山』から15分ほどで、『八俵山』でした。

その昔には、毘沙門堂があった様です。

その所為か、周囲にはいろいろな樹々の古木が沢山に。

P107006421

P107006521

P10700601





少し下って登り返すと『高麗(こま)山』です。

P107006721
 カルディナが「面白い形の木があるよ!」って
 だんだんと似て来た様ですかね?coldsweats01

P10700701

P10701401

         ↑↓高麗権現社の名残

P10700721

P107007321





その昔には、『高麗権現社』と言う立派な社があったそうです。

お祭りの時には、ここ高麗山まで御神輿を担ぎ揚げるそうです。

これからは暫らく下り坂となります。


浅間山へお散歩 その2に続く

| | トラックバック (0)

江ノ島に初詣!

P10400281

今年は気分を変えて、江ノ島に初詣でした。

きのう(3日)までと同様の快晴とはなりませんでしたが、まずまずの天気で暖かい1日となりました。





P10400211

小田急「江の島」駅です。

そうです、今日は車は使いませんでした。

人が少なかったのが意外でした。

車道はもちろん混雑していましたが。






Dscf72911

大分以前に来たきりで、久し振りに桟橋を渡ります。

今は桟橋ではありませんね。

子供の頃、引き潮の時は陸続きになってそこを渡り、潮が満ちている時には木製の桟橋を渡った遠い記憶があります。

その桟橋が朽ちていて下が見えて、怖かった印象が強く残っています。

もちろん今は、完全舗装です。





P10400232
       正面に富士山が薄く見えるのですが・・・

P10400221
             大山や丹沢の峰々

今日は霞んであまり良く見えません。

道路脇には赤灯を点灯させた、消防車や警察関係の車両が。

そして、”海辺にいる人は 、高い所に避難しろ”とも言っていました。

津波が来る様です。

(大きな地震の詳細情報は帰宅後でした。)






P10400281_2

              瑞心門

P104008321

P104008421

細い参道はかなり混雑をしていて、江島神社(辺津宮)は短いですが列が出来ていました。

慶応元年(1865年1)7月生まれ、狛犬さんが可愛い!







P10400322

P104003022

P10400312

八坂神社。安永10年(1781年)正月生まれ。

Dscf72952

Dscf72962

Dscf72992

江ノ島にはもっと太い樹が沢山あった感じがしますが、子供にとっては太く大きく見えたのでしょうか?

もう20年以上?30年以上?もっとか?過ぎていますけどね。coldsweats01







P104003722_2

P10400382

中津宮。寶暦13年(1763年)5月生まれ。






Dscf73002

ここも昔は洞窟があって、それが崩れ落ちたとか?

奥に大島が見えます。







Dscf73022

海を眺めながら岩屋の方へ向かうと人が好きなニャンコが。

ここ江ノ島には沢山のノラさんがいて困っている様ですが、このコは首輪がありました。







P10400432

P10400472

P10400462

P104004823

P104004923

狛犬さんは、寶暦11年(1761年)7月生まれ。

奥津宮の拝殿天井には「亀さん」が描かれています。

ポレ吉君のお友達でしょうか?

後ほど、もう1度違う「カメさん 」をご紹介します。

                  ※ ピンクの文字はリンクがあります。







P10400502

P10400522

P104005122

竜宮(わだつみのみや)の狛犬さんは、平成6年12月生まれ。

うん」の狛犬さんは子供を右前足で抑えていました。

子供は誰でも鉄砲玉の様に飛び出してしまうのでしょうか?

でも、顔が親にそっくり!って、当たり前?coldsweats01







P10400531

ニャンコさんをかまいながら「岩屋」に向かいました。





ここは崖崩れ後の修復で随分と綺麗になりました。

確か、波打ち際を歩いたような?

兎に角、江ノ島は観光地の認識がなく単なる釣やBBQをする遊び場でした。

まあ、昔の記憶が薄れてしまっているだけ!とも言えますかね。

洞窟が整備されてからなんて、当然入ったことがありませんので取り合えず。

雰囲気を醸し出すためストロボは使っておりませんので、お見苦しい点はご容赦の程を!

P10400571_2
    白蛇 (誰? うん○?と言った人は!)  

P10400581

P10400591
                 寝婆石とか 
この奥は富士山の風穴まで続いているとか? 
この画像のみ少し画像を処理しました

P10400601
            弘法大師像

P10400611
        黄色く光る瑪瑙?の石造りの社

P10400631
       第2岩屋の竜神様 光り方が変わります






これで初詣のお参りは終了です。

で、こちらをどうぞ!

Dscf73071
            あっ、あれは何だ!

P10400661
     おお、カメさんか! ガメラかと思ったよcoldsweats01

亀石でした。





では、展望灯台に行きましょう。

サムエル・コッキング苑ではチューリップが出迎えてくれました。

綺麗な花たちは、あの方がアップして下さるでしょうから、我が方は省略します。





P10400711
           展望台からはこんな感じ

富士山は午前中よりも霞んでいました。




P10400801
            植物園跡はこんな感じです




P10400681
            眠いニャ~ァ

P10400771
          再び、竹林と虎 ニャ~ァ♪




そんなこんなで江ノ島初詣は終了です。

お昼に、しらす丼と江の島丼を食べて帰宅でした。happy01

そうそう、夫婦饅頭の出来たてを買って食べながら帰りましたとさ。bleah




可愛い狛犬さんやニャンコさん、そして亀さんや樹々にまで逢えて沢山楽しませてもらえた1日でした。

そうそう、皆さんが『うん〇』とか言われそうな『白蛇さん』にも逢えましたっけ!happy01

久し振りの江ノ島詣でした。




では、また。smile

| | コメント (17) | トラックバック (0)

箱根駅伝 応援してきました。

この記事はカルディナが書きました。

明けましておめでとうございます。
穏やかに晴れ渡った新年が迎えられて良い年になるのではないかと期待が持てます。

さて 毎年恒例の箱根駅伝です。
我が家から2~3分で選手が走る道路に出ます。
いつもは頭上にヘリの音がうるさくなった頃 家を出ていたのだけれど
今年はご近所のミニクマさんご夫婦と愛犬『ひめこちゃん』が誘いに来てくれて

早めだったのでいい場所がゲットできました(^_^)v
1_2

P10300041
    ひめこちゃんのドアップ  1/3 追加しました。

1

我が家のそばは3区と8区 なかなかエースは走ってくれません。
それが今年は2人も走ったんです。
これはぜひ!生・竹沢君 佐藤悠基君を見なくちゃ♪

ひめこちゃんも一緒に応援です。
Dscf72441jpg

Dscf72641jpg

いよいよ選手が来るようです。わくわく(*^_^*)
Dscf72471jpg

1号車が来ました。
13

1位 山梨学大の選手が見えましたよ~。
12_3
すごい筋肉ですね。
Dscf72601jpg1_2

しばらくして2号車 だいぶ差がついてるようですね。
21

家を出るとき日大の勢いがすごかったからてっきり日大が来るものとばかり ・・・油断しました(>_<)

竹沢君だ~!とにかくバシャ バシャ!!
1_4

Dscf72671jpg_2

ちょっとがっくりしていたらぞくぞく選手が来ます。
シャッターチャンスなんてめちゃくちゃです。
Dscf72691jpg3

Dscf72711jpg5

Dscf72731jpg

Dscf72761jpg

佐藤悠基君 登場!
いつもなぜか悲壮感みたいなものが感じられて つい 応援したくなるんですよね。
頑張れ~!!
Dscf72771jpg 

1_5

1_6

1_7

Dscf72841jpg

Dscf72851jpg_2

他にも応援している学校もいくつかあるのだけれど集団が多くて見逃してしまいました。
今年は接戦でしたね。

5区の山登りもすごい新人が出たし また4年間楽しめます。
明日が楽しみ 楽しみ♪

2日 3日は予定は何も入れませんよ~。
山も行きません。

選手の皆さん 明日も頑張って~!goodlovely

                    by カルディナでしたcherry

ポチ君 ぼちぼち君&カル2さん 
場所を貸していただいてありがとう♪
今年もよろしくねwink 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

文字(BlogPet)

きょうはとっぺで文字っぽいリンクするはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。




     **********************************



  あけまして

      おめでとうございます

                   
元旦 




旧年中は 大変お世話になりました。

   本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



今年も元日からポチが記事を書いてくれました。happy01

そして、今日もポチがご挨拶をしたいとか。coldsweats01

08123103 Botiboti

08123101 08123102

去年は遊んでくれて有難う!

今年も沢山遊んでね~ぇ! 

              ポチ&ぼちぼちdogdog





で、今日の山で~す!

P101000522
           もちろん 富士山




P10100081
  塔ノ岳 大山 丹沢山 三ッ峰 などの丹沢の峰々



いつも行く、大型スーパーの屋上からでした。

そして、時間的に合わなかったのですが、

こんな舞も行なわれていました。

P10100111

昨年、獅子舞谷に行って来たので、出逢えたのかな?



アンチョクに近くからの山便りでした。bleah



今年もどうぞ宜しくお願いします。

では、また。smile

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »