花々15

猫の額通信??? 2017.03.21.

1年ぶりの猫の額からです。coldsweats01
この間に結構花も咲いてくれていたのですがサボり!
で、改めまして少しだけご紹介。


先ずは、毎年咲いてくれて元気をくれる黄色から。

P1210301


そして、先日愛でに行って来ました雪割草の分家?
今年も元気に咲いてくれました。

P1210303

P12103052

P1210308

P1210306

P1210307


続々と柔らかな花芽が出始めていますので、楽しみ!
この娘は昨年花が咲いてくれましたが、今年はお休み。
来年期待をしましょう。

P1210309


では、今年嫁入りの娘をご紹介。
今年は買ってこない予定でしたが・・・。

P12103102

P1210316

P1210313

P1210315

P12103142


2鉢とオマケの1鉢でした。
近づくと、ほのかな良い香りが漂っています。
末永く咲き続けてくれれば!と願っています。happy01


1年ぶりの猫の額からでした。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2017.03.18.  越後の雪割草

P1210293

今年も所用の折にお花見へ。

*******               3/19. 20. 追記

綺麗に咲いている頃かと、雪割草を愛でに彼の地に再訪しました。
このところ天気予報がクルクルと目まぐるしく変わって、若しかしたら雨降りかも?と心配しながら新潟へ。

越後川口SAでは、深夜に大粒の霙が。
しか~し、翌日は何とか雨が止み晴れ間も。
で、予定通りに某所に再訪する事が出来ました。happy01
以下速報として。

朝は少し寒く、まだ眠そうでした。

P12101682


こんな道を歩いて、

P1210192


こんな景色を眺めて、

P1210193


先端へ進んで、こんな景色を眺めて来ました。
残念ながら、米山や佐渡島は見えませんでした。

P1210201

P1210202


往路でもパチリ、復路でもパチリで歩みが進みません。

Dscn2135

P1210187

P1210203

P1210204

P1210217

P1210292

Dscn2142

P1210218


開花準備も出来たカタクリとのコラボも。happy01

P1210276


他の花も結構咲き始めていました。good

P1210291

Dscn2126

P1210277

P1210172


駐車場の脇では、ミズバショウも顔を覗かせて。

P1210299


という事で、取り敢えず速報でした。
詳細は、HPにて予定をしています。paper

*******             3/20 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPはこちらです。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうは、こちらに! 2017.03.05.  俣野別邸庭園に咲く花たち

P1210122


春の日差しに誘われて、俣野別邸庭園へと散歩に出かけてみました。
前回はほとんど花に振られてしまいました。
が、今回は陽気も良いので少し楽しみにしながら。

さて、春の花といえば先ずは桜と菜の花でしょうか?
河津桜は終わっていて、オカメザクラやカンヒザクラが。

Dscn2095

P1210117

P1210120


そして、花木のサンシュユやテルテモモなどなど。

P1210135

Dscn2105


足元には、福寿草の秩父紅、クロッカスなども。

P1210111

P1210151

P1210153

P1210154


道端にも春の定番が。

P12101622

P1210165


まだまだご紹介しきれない数多くの花が咲いて居ましたが、後程画像の大きいHPにてご紹介をしたいと思案中です。
そうそう、しばらく前からこの方がお住いです。
悪戯をしないと良いのですが、生きるためには仕方がないのでしょうか?

P12101602


先ずは速報として。


*******                3/07 追記

・カルディナのブログは、こちらです。

・カル2のHPは、こちらです。

是非一緒にご覧頂けると幸いです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの里山へ  2016.11.25.

54年ぶりの積雪とかの翌日、所用の帰りにいつもの里山・権現山(秦野市)へと出かけてみました。
目的は、公孫樹の黄葉と山の眺めを楽しみに!
先ずは、公孫樹の黄葉と大山

P1200760


そして、色付きがやや浅かったその公孫樹。

P1200761

P12007632

P12007663

Dscn19622


権現山からの眺め。
富士山などは、西日が強く雪が写せなかった。
技量不足では仕方がありませぬ。crying

P12007692


伊豆大島も写してみましたが・・・。

P12007722


丹沢大山はこんな風に見えます。

Dscn1963

P1200777


そして、江の島は・・・。

P12007792


木々の彩は、ほんの少しの木だけが色付き始め。

Dscn1964

P12007852


そうそう季節を間違えたのか数株で咲いて居ました。
誰かと同じで少しおかしいのかも?(カル2の事だす!)

P1200786

P1200787


今回もめんようの里Pに停めさせて頂いたので、
ヒツジさに声をかけてみました。
今回は、口笛を吹いたら寄って来てくれました。aries

P12007672

Dscn1975


あとから寄って来た少し若い感じの可愛いヒツジさん

Dscn1976


来てくれるとなかなか可愛いものですよね。happy01
とまあ、ちょいと立ち寄った里山でのメモ書きでした。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつもの里山遊び  2016.10.25.

今年も数回通っていますが、久しぶりにいつもの里山に行って来ました。
やっと涼しくなりましたので、今回は弘法山~念仏山~高取山の往復をしてみました。
取りあえず待っていてくれた花々を少しだけご紹介。

P1200602

P1200588

P1200592

P1200596

P1200605


10月25日に出かけまして、とっても遅い速報でした。coldsweats01


*******      

・レポ出来ました

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちら です。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い日が続く中、こちらへ! 2016.07.08.

Dscn1627


今年もとても暑い日が続く7月。
ちょいとだけ歩こうかと思っていました七夕の日は、とてつもなく気温が上がり蒸し暑くなるとか。
で、朝一から出る気にならず!coldsweats01
一日繰り下げまして、少し高い地点へとも思えど遠い所は面倒に。同じ暑いならお手軽な高尾山へと決定。bleah
毎度の日影では気温が26℃を表示していまして、無風状態。まあ、我が家にいるよりも涼しいのかも。


日影からこんな合流点へ。

P1200338


賢明なる皆様は、この写真を見てすぐにルートがお判りでしょう。それとも、高尾山何てあまり行かれなくて、ご不明でしょうか?
風があまり吹いて来ない道でして、この登りで大汗を掻いてしまいました。

P1200339

Dscn1629

Dscn1631


取りあえず山頂でカキ氷。scissors
腸内温度が少しだけ下がったかと思い、更に穏やかな道を通り、途中で2~3ヶ所を確認しつつ小仏城山へ。
城山直下まで進むと、小屋のオヤジさんが何やら作業中でした。
そんな訳で、かなり楽しみにしていた城山名物のカキ氷が食べられず!weep
小屋番さんはお昼近くに戻って来られましたが、待ち疲れて日影沢林道を日影へと下山を開始でした。

これでお終いでは・・・。
という事で、出逢えた花々を少しだけご紹介します。
珍しい花も見つける事が出来ませんでしたし、賢明なる皆様は全てご承知でしょうから、花の名は省略します。

P1200344

P1200342

P1200343

P1200346

P1200347

P1200348

P1200349

P1200350

P1200345

P1200351

P1200354

P12003562

P1200358

P1200360

P1200365


大汗を掻いた、暑い日の裏高尾方面でした。
取りあえずのメモ書きは、おしまい。
きっとカルディナさんが詳しく書いてくれるでしょう。smile
詳しくは、書き様がないか?bleah


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲斐の国の里山 その2  2016.06.17.

P1200295


登山口や駐車スペースの確認方々、甲斐路を再訪。
この日の木花咲耶姫様は、少し遠慮気味でした。happy01
少しだけ花を楽しんだり、

P1200301

P1200288

P1200309

P1200285

P1200299

P1200300

P1200312


林の雰囲気を楽しんだりもして来ました。scissors

P1200306

P1200291


そうそう、このお方とも出会えました。eye
秋が楽しみですよ!bottle

P1200320

P1200322


そして、楽しい思い出がもう1つ。coldsweats01
あるところで、マムシのオチビさんと遭遇。
傍を歩いたので、かなり驚いた様子。
ほんの小さな子供でして、急な事で逃げることも出来なかったのか、ジャンピングの体制で精一杯口を開いて威嚇していました。
その昔(大昔?)蛇を飼育していましたので、それを思い出すとっても嬉しい出来事でした。
”驚かしてごめんね”と声をかけて、さようなら。paper


甲斐路再訪のメモでした。


おしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲斐の国の初夏の里山へ 2016.06.14.

P1200277


所用で大月に行きましたので、序でに短い脚を伸ばして(車で行ったけどbleah)少しだけ甲斐の国を楽しんで来ました。
里山の斜面のあちらこちらには、ヤマボウシが綺麗に。

P1200255


こちらには幾度となく訪れていますが、道の頭上に咲いているのはお初です。こんな所に咲いているとは。

P1200276

P1200277_2

P1200279


元々花の少ない山でして、ウツギやシソ科などの小さな草花が咲いているのみでした。

P1200258


でも、案外と良い景色も。

P1200264


少し狭いのですが綺麗な林相の雑木林もありますが、今回は時間の関係で・・・。

P1200274

P1200275


この界隈で、一番好きな眺めをご紹介。
中央右端に、旧道の丸太橋が見えています。
(以前にもご紹介済みかも)

P1200265


道の周囲には大岩がゴロゴロしています。
道沿いにはこんな石積も。
自然の力は、不思議で凄いものですね。
それとも、何かの必要性があって武田信玄の命により構築されたものか?
ほんの狭い区間のみですし、その昔は暴れ川だったのかもしれませんが、場所的にその可能性は???

P1200262

P1200261

P1200259


ハイキングコースのすぐ上には、100mほどの斜面が。そこには、多くの大岩が今にも滑り落ちそうに。shock
以前に数回大岩が転げ落ちて、コース上の橋が粉砕されているのも目撃しています。そんな危険個所が数ヶ所もある崖の直下を歩くので、夏の暑い盛りに行くと少しは涼しくなるかも?bleah

P1200263


とにかく大岩の落石が多い所ですが、こんな自然の妙味も。下の2、3枚目の樹は根元の直径が7~80㎝くらい在り。

P1200267

P1200271

P1200272


こんな感じの所を往復2時間ちょい楽しんで来ました。
久しぶりの甲斐の国での小さな山遊びでした。happy01


おしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の額通信??? 2016.04.13.

P1190921


久しぶりの猫の額から。coldsweats01
時々「おまけ」的にはご紹介をしていましたが・・・。
昨日高尾・日影周辺に行きました花散歩レポに、おまけとしてご紹介をしようかと思いましたが花散歩の写真が多く困惑。
仕方がないので、単独としました。smile


ユキワリソウやシラネアオイは終わり、今は花が少ない時季となっています。
で、こんな花が真っ盛り。

P1190919

Dscn1343

Dscn13392

Dscn1342


2013年以来、久方ぶりの猫の額通信でした。paper
これから高尾・日影周辺の花散歩のレポを作ろうと思っています。
案外と花の数が多かったので、速報版となるかと。
詳しくはHPにて作成を予定しています。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BiogPet10 | BiogPet11 | BlogPet01 | BlogPet02 | BlogPet03 | BlogPet04 | BlogPet05 | BlogPet06 | BlogPet07 | BlogPet08 | BlogPet09 | にゃんこ01 | にゃんこ02 | ハイキング01 | ハイキング02 | ハイキング03 | ハイキング04 | ハイキング05 | ハイキング06 | ハイキング07 | ハイキング08 | ハイキング09 | ハイキング10 | ハイキング11 | ハイキング12 | ハイキング13 | ハイキング14 | ハイキング15 | ハイキング16 | ハイキング17 | モブログ01 | モブログ02 | モブログ03 | モブログ04 | モブログ05 | モブログ06 | モブログ07 | モブログ08 | モブログ09 | モブログ10 | モブログ11 | モブログ12 | モブログ13 | モブログ14 | モブログ15 | モブログ16 | モブログ17 | ワンコ | 干し柿 | 散歩01 | 散歩02 | 散歩03 | 散歩04 | 散歩05 | 散歩06 | 散歩07 | 散歩08 | 散歩09 | 散歩10 | 散歩11 | 散歩12 | 景色01 | 景色02 | 景色03 | 景色04 | 景色05 | 景色06 | 景色07 | 景色08 | 景色09 | 景色10 | 景色11 | 景色12 | 景色13 | 樹々01 | 樹々02 | 樹々03 | 樹々04 | 樹々05 | 樹々06 | 樹々07 | 狛犬(かなり遠目)01 | 狛犬(かなり遠目)02 | 狛犬(かなり遠目)03 | 狛犬・01 | 狛犬・02 | 狛犬・03 | 狛犬・04 | 狛犬(ご近所)01 | 狛犬(ご近所)02 | 狛犬(ご近所)03 | 狛犬(ご近所)04 | 狛犬(ご近所)05 | 狛犬(ご近所)06 | 狛犬(ご近所)07 | 狛犬(ご近所)08 | 狛犬(ご近所)09 | 狛犬(ご近所)10 | 狛犬(ご近所)11 | 狛犬(ご近所)12 | 狛犬(ご近所)13 | 狛犬(ご近所)14 | 狛犬(ご近所)15 | 狛犬(ご近所)16 | 狛犬(ちょい遠目?)01 | 狛犬(ちょい遠目?)02 | 狛犬(ちょい遠目?)03 | 狛犬(ちょい遠目?)04 | 狛犬(ちょい遠目?)05 | 狛犬(ちょい遠目?)06 | 狛犬(ちょい遠目?)07 | 狛犬(ちょい遠目?)08 | 狛犬(ちょい遠目?)09 | 狛犬(ちょい遠目?)10 | 狛犬(ちょい遠目?)11 | 狛犬(ちょい遠目?)12 | 狛犬(特別編)01 | 狛犬(特別編)02 | 狛犬(越後)01 | 狛犬(越後)02 | 狛犬(越後)03 | 狛犬(越後)04 | 狛犬(越後)05 | 狛犬(越後)06 | 狛犬(越後)07 | 狛犬(越後)08 | 狛犬(越後)09 | 猫の額01 | 猫の額02 | 猫の額03 | 生物01 | 生物02 | 生物03 | 生物04 | 花々01 | 花々02 | 花々03 | 花々04 | 花々05 | 花々06 | 花々07 | 花々08 | 花々09 | 花々10 | 花々11 | 花々12 | 花々13 | 花々14 | 花々15 | 諸々01 | 諸々02 | 諸々03 | 諸々04 | 諸々05 | 諸々06 | 諸々07 | 諸々08 | 趣味01 | 趣味02 | 趣味03 | 馬鹿馬鹿しい作り話01 | 馬鹿馬鹿しい作り話02