狛犬(越後)07

今日は、こちらに! 2013.09.30. 越後の狛犬さんがご挨拶!

今日は、こちらに!
おはよーござーます。
と、越後の狛犬さんがご挨拶。

明日の山遊びは、ダメかも。weep

*******            以上、モブログでした。 10/1追記。

お祝い事が在りまして、柏崎に行って来ました。
集合時間まで割と余裕が在りまして、面会に。happy01
何ともユニークなお顔?の狛犬さんにお会い出来ました。dog

場所は、越後線礼拝(らいはい)の近くです。


・顕見崎(あらみさき)神社にて

駅へと侵入寸前の柏崎行の電車を眺める狛犬さん。

P1100330


こんな感じの狛犬さんでした。

P1100342


続いて、線路の反対側へ。

・諏訪神社にて

モブログの写真の狛犬さんです。happy01
トンボの髪飾り?が可愛い!good

P1100368


その相方さん。

P1100359


割合に長い石段の手すりで見送ってくれました。
まだまだ違うカエルさんも居ましたが、代表で。

P11003962


そして、直線距離にしたら800mほどの移動。

・物部神社にて

こんな感じの狛犬さんでした。
こちらではトンボの髪飾りは、お父さん?(阿形)が。

P1100438



そして、吽形さん。お澄まししていましたとさ。

P1100419


3社を巡りまして、ちょうど時間となりま~した。coldsweats01
少しだけ他の所用を済ませて、お祝い会場へ。

で、お祝いを済ませてご挨拶をしたら、我が方は次の行事=山遊びをと目論んでいました。
が、翌日・(本日1日)の天気を気にするどころか、急遽帰宅する事になってしまいました。
んなもんで、山道具類は後ろに乗せたまま。
残念ですが、仕方が在りませんね。
まあ、今日は天気も良くなかったようですから、良いとしましょ。bleah

2番目に訪れました諏訪神社では、多くのカエルさん・青や赤が見送ってくれたので、天気が悪くなるのだろうな?とは思っていましたが、まさか別の理由で山遊びが中止となるとは。
近いうちの再訪を計画しないと。
雪がつく前の黄葉の綺麗な頃にね。

冒頭の>明日の山遊びは、ダメかも。weep
の予感が当たってしまった。happy02
こんな感じで、今日はこちらに!狛犬バージョンは、
おしまい。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その35

Pb0502502



彌彦神社稲荷神社とお参りを済ませて、稲荷神社の南西方向へ直線距離4~500mほど移動でした。
国上山の南麓に位置します。



・熊野三社(燕市中島4415)


・祭神、由緒

 祭神は、
  伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
  速玉男命(はやたまのをのみこと)
  泉津事解之男(よもつことさかのおのみこと)

 由緒は、不明です。
 

熊野三社へと繋がる小道には、旧分水町が建てた
新羅王の碑の標柱がありました。
その碑は、神社の少し奥に在るとの事でした。

Pb050244


かなり新しい鳥居(平成21年二月建立の彫)や社号標がお出迎え。
神社名は三社神社と聞いていましたが、社号標には熊野三社とありました。

Pb050245


二年ほど前に改修された様で、神社全体が新しい感じでした。
向拝柱の獅子はかなり年代物の様で、旧社殿から移されたのでしょうね。

Pb050268

Pb050263

Pb050267

Pb050247


狛犬さんの台座には、明治三十八年(1905)四月十日と日露戦役記念の彫がありました。
台座はピッカピカ、狛犬さんはやや古めの様子。
台座だけ取り替えて、狛犬さんは綺麗に磨いて貰ったのでしょうか。

Pb050250

Pb050251

Pb050249

Pb050252

Pb050253

Pb050256

Pb050257

Pb050255

Pb050258

Pb050259

Pb050260


少し狭い感じのする境内でした。
拝殿の脇には、先代の物と思われます立派な鯱瓦が置かれていましたが、激しい傷みが残念でした。

Pb050269

Pb050266

Pb050262


何んともユーモラス?な顔をしたシャチさんに出逢えて、ほっこりとした所で2011年越後の最終となります神社へと移動でした。
熊野三社から北北西方向・国上山(くがみ)の中腹の乙子神社へ。
乙子と書いておとごと読むそうです。
位置としては、国上山の登山口があります国上寺(こくじょうじ)へと続く406号線途中の左手です。
早春の花の時季や紅葉の時季には大変混雑する地帯です。



・乙子神社(燕市国上1579)


・祭 神
 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 建諸隅命(たけもろずみのみこと)
   ↑※古事記に登場します。

・由 緒
 創建は不明、拝殿は明治十八年(1885)に再建されたとの事です。


先ずは、参道の木製両部鳥居からご紹介。

Dscf3424

Pb050271


鳥居を潜ると、狛犬さんがお待ちかね。happy01
でも、お参りから。good

Dscf3429

Dscf3431

Pb050302

Pb050300

Pb050290

Pb050288


で、主目的の狛犬さんdogは少し大きめで、平成十七年(2005)八月生まれでした。

Dscf34262

Pb050278

Pb050279

Pb050280

Dscf34252

Pb050284

Pb050286

Pb050285


拝殿の右手少し上(駐車場方向)に良寛さんの詩歌碑や草庵が在りました。

Dscf3430

Pb050293

Pb050294

Pb050296

Pb0502722

Pb050273

Pb0502742


天候も今一なのですが周囲は鬱蒼とした雑木林でして、かなり薄暗くなって来まして本日の行動は終了。
草庵などの右手の階段を登り駐車場へ。
駐車場には、こんな綺麗な彩が。

Pb050306


そして、国上山周辺の案内板が在りました。
来年は訪れてみたいなとの思いも有りましたが、実現出来ず。
さて2年後の今年はどの様な結果となりますやら?

Pb0503042


グダグダと書き連ねて来ましたが、2回のみでした2011年の越後の狛犬さん詣での旅は、これにておしまい。
越後の狛犬さんシリーズはちょいとお休みで、ちょい遠の狛犬さんシリーズが再開となります。
お楽しみに!happy01


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その34は、こちらです。

・越後の狛犬さん その36は、こちらです。


越後の狛犬さんはちょいとお休みですが、次回は柏崎市編となる予定です。
いろいろと面白い方々が登場しますので、
お楽しみに!coldsweats01


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その34

Pb0502282


2011年分の第2回目、11月5日の弥彦市と燕市の取材です。第1回・その33三条市編は、こちらです。


越後の紅葉狩りと洒落こんでみまして、その際に。coldsweats01



・彌彦神社(西蒲原郡弥彦村弥彦2887−2)

・祭 神
 天香山命(あめのかごやまのみこと)
 天香語山命とも表記。地名から伊夜日古大神(伊夜比古大神、伊夜彦大神)などとも称される。

・由 緒
 創建年代は詳でないが、社記によると和銅4年(711年)、詔により神域を拡げ社殿を造営し、続日本後紀天長十年の条に「名神に預かる」とあり、延喜の制では名神大社に列し、村上天皇の天暦元年(947年)に正一位に進まれた。
 古来朝廷の御崇敬篤く、明治天皇はご一新にあたり明治11年、北陸御巡幸に際し御親拝相成り、昭和47年には昭和天皇・皇后両陛下御揃いで御親拝の光栄に浴し、更に昭和56年には皇太子、同妃であられた天皇・皇后両陛下のご参拝を仰いだ。
  由緒は、こちらHPより転載させて頂きました。

彌彦は正式には「やひこ」ですが、地名などが全て「やひこ」と読む関係で、一般には「やひこ」と呼ばれる。との事です。


弥彦山の紅葉狩りの向かう前段に、早朝の弥彦神社に安全祈願のお参り。
   弥彦山の紅葉狩りレポは、こちらです。
   (カルディナのレポは、こちらです。)
大きな赤い鳥居のある参道から巡りました。

Pb050095


境内では、菊祭りが開催されていました。

Pb0500972

Dscf3415


隋神門内部を覗く。eye

Pb050100

Pb050101


とっても大きな拝殿でした。

Pb050098

Pb050099


隋神門前の大正五年(1916)十月生まれの狛犬さん。
早朝でして、光が足りなかった。weep

Pb050103

Pb050104

Pb050105

Pb050108

Pb050109

Pb050111


そして、摂社・末社へ。

Pb050115

Dscf34082


石段上の明治四十三年(1910)四月生まれの狛犬さん。

Pb050118

Dscf3413

Pb050121

Pb050126

Dscf3414

Pb050130


その境内には、多くの摂社・末社が祀られていました。

Pb050132


参拝後、登山道へ。
そして、お馴染みの弥彦山頂の御神廟
御祭神並びに妃神の御廟(奥宮)だそうです。

Pb050209


何処でも見通しの良い高い所には、無粋なものが多くなっていますね。

Dscf3124


分水方面や多宝山・弥彦公園方面の眺め。
しか~し、海も見えているのですが、天気が今2くらいなのが残念。down

Pb050207

Dscf3125

Pb050210


山頂からの絶景を思い浮かべながら、同じ道を下山でした。
途中の彩りを少しだけ。

Pb050218

Pb050213


降りて来て弥彦神社に参拝をと思いましたが、菊まつり開催中なので大混雑。
狛犬さん写真を追加などはとても無理。
仕方なく大駐車場へ戻りましたが、そちらも大変な混み様でした。
適宜着替えて、そそくさと次の地へと移動でした。coldsweats01



・稲荷神社(燕市太田)

・祭 神
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
 素戔嗚尊(すさのうのみこと)   
 大市姫命(おおいちひめのみこと)

※ 大市姫命は、素戔嗚尊と結婚し大年神(おおとしがみ)と倉稲魂命(うかのみたまのみこと)とを産んだ関係で、五穀神として崇敬されている。

とされていますが、祭神由緒と共に不明です。


混雑している弥彦神社から、国上山南麓の田園地帯へと移動でした。
社殿はその田園地帯の小高い位置に在りました。

Pb050224

Pb050240

Pb050241

Pb050226

Pb050225


社殿は、丁寧な補修がなされていました。
そして、明治二十六年(1883)九月二十七日生まれの
狛犬さん。
台座に平成二十二年十月修復との表記も。

Pb0502282_2

Pb0502352

Pb050228

Pb050229

Pb050230

Pb050231

Pb050235

Pb050236

Pb050237

Pb050238

Pb050239


建立から120うん年過ぎていると思われますが、とっても味わい深い狛犬さんでした。
そして本殿の右手に小さなお社が。
覗いてみますと、”おお、何と言うものが!”でした。
石の棒状のものが祀られていましたっけcoldsweats01

Pb050242


”ほらね、見えるでしょ!”子孫繁栄を願っているのでしょうね。good

Pb050243


犬山市ではこれの反対のが祀られていましたっけ。
かなり遠目の方ですが、2~3回後にご紹介予定です。
ご期待くださいね。smile
”誰が期待なんか・・・!”とおっしゃらずにね。bleah


これにて、後の狛犬さん その34は、おしまい。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01




・越後の狛犬さん その33は、こちらです。

・越後の狛犬さん その35は、こちらです。



越後の狛犬さんは、まだまだ続きます。
次回も燕市編となります。
いろいろと面白い方々が登場しますので、
お楽しみに!coldsweats01



これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01

では、また。smile  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その33

P61701532


上の写真のご紹介は、後ほど。
先ずは、2010年分の最終となりますこちらから。
5月1日の狛犬さん詣での際にお参りをしましたが、狛犬さんは雪避けのブルーシートにすっぽりと覆われていましたので保留。
で、9月30日に柏崎市の高柳へと所用で赴きまして、その際にお参りを済ませました。
黒姫山へも登りましたが、レポは・・・。



・諏訪神社(十日町市八箇甲666)




・祭 神

 諏訪神社ですので、祭神は建御名方(たけみなかた)神、妃神である八坂刀売(やさかとめ)神と思われますが由緒と共に不明です


南魚沼市六日町から十日町市へと向かう国道253号線の山本町交差点から2キロほど六日町方に在ります。
国道を間に川治川を眺めるような・川の出水を避けるような小高い位置です。

ご多分漏れず、石段を登ります。

P9300048

シートが外されている狛犬さんが見えますが、お社からご紹介。

P9300049

P9300050

P9300052

P9300054


狛犬さんの台座には、
   昭和五十七年(1982)十月吉日
      六日町長生院    
 と
   湯川 ○長   七十二歳
    仝 タ○イ  七十一歳

の彫が在りました。

P9300057

P9300059

P9300063

P9300065

P9300067


お社を背にした眺めです。

P9300056


石段の途中には、いつの頃に祀られたのでしょうか?かなり古い石祠が。

P9300068


保留してありました諏訪神社の狛犬さん、やっと面会が出来ました。scissors
これで、2010年分はおしまいです。
2011年分は、取材を始めようと思っていたところ、あの大震災が。
特に自粛などは考えていませんでしたが、何となく出かける気がせず。
従って、山遊びも狛犬さん詣でもあまり・・・。
で、少しだけ出歩いたレポです。

2011年6月17日、こんなのを愛でに行きました。

P61701082


新潟の粟ヶ岳ヒメサユリです。
この回は開花にはやや早く、体調も今一良くなく途中から撤退となりました。
下山後、体調も復調しましたので、こちらにお参り。




・本成寺(三条市西本成寺1-1) 

 本成寺は法華宗陣門流の総本山で、山号は長久山(ちょうきゅうさん)。開山の日印聖人は日朗聖人の高弟で、宗祖の法孫に当る。
 永仁五年(1297)に日朗聖人の奇瑞の地へ領主山吉定明・長久父子が青蓮華寺として堂宇を建立する。
 正和三年(1314)日印聖人は鎌倉の日朗聖人(六老僧)を訪ね、山・寺号の授与と初祖承諾を願い出て、初祖日朗・開山日印として長久山本成寺へ改名する。

詳細は、こちらへ。

塔頭が十院もある大きなお寺さんです。
ただし、今回は境内社の2社のみのお参りでした。


とっても大きな三門(山門)の脇の駐車場をお借りしました。
この三門は、境内入口にある総門で、天明六年(1786)に建立された。二重門のかたちで、桟瓦茸でした。

大きな三門の写真は、こちらへ。

最初に、三門の傍のこちらから。
本堂の裏鬼門に当たる位置でしょうか?


・諏訪神社 


・祭 神

 こちらも諏訪神社ですので、祭神は建御名方(たけみなかた)神、妃神である八坂刀売(やさかとめ)神と思われますが由緒と共に不明です


鳥居を潜ると参道は直角に右に折れ、拝殿へ。

P6170175

P6170143

P6170144


拝殿内の香炉には、この方も。dog

P6170145

P61701452


そして、参道が直角に曲がる手前に、年齢不明の狛犬さんが。happy01

P6170131

P6170132

P6170138 

P6170134

P6170133 

P6170135

P6170136

P6170137

P6170139

P6170142


大きな三門や本堂、そして
明和七年(1770)建立の二重塔、鐘楼などの傍らを通り、こちらへ。



・三十番神宮


 
・祭神、由緒とも不明です。


本堂の丑寅(北東・鬼門)方向に在りました。

P6170149

P6170150

P6170151

P6170167



こちらでも、格子から拝殿内を覗きますと。eye

P6170169


拝殿前には、おかっぱ頭の年齢不明の狛犬さんが。
一説には、江戸中期頃の作ではないかと言われていますが・・・。
全体に細かな彫が多く、とっても良い感じのスタイルでした。happy01
では、その阿吽のお顔をどうぞ!coldsweats01

P61701532

P61701602


いつも通りに、阿形から。

P6170152

P6170153

P6170154

P6170155

P6170156   


吽形。

P6170158

P6170159

P6170160

P6170162

P6170163_2

P6170164

P6170165


手水舎の梁にも、狛犬さんや鶴さん亀さん等が。good

P6170170

P6170174

P6170171

P6170172

P6170173



何んとも良い対面が出来ました。
日が西へと大きく傾き始めましたので、大急ぎで境内を散策。
三十番神宮のお隣の建物、天満宮でしょうか?
撫で牛さんが。taurus

P61701472


境内は本当に広く、かなり年代を経た
建物が多く見受けられました。
こちらを目的としてゆっくりとお参りをしたいものです。
こんな感じで、2011年6月の越後の狛犬さん詣ではおしまいです。



狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01




・越後の狛犬さん その32は、こちらです。

・越後の狛犬さん その34は、こちらです。
   (↑ 弥彦村と燕市編です)



越後の狛犬さんは、まだまだ続きます。
いろいろと面白い方々が登場します。
お楽しみに!coldsweats01



これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その32

P506022321



2010年5月6日の探訪でした。
高柳町の坪野入り口で12号線からに磯之辺へ右折、400mほど進んだ右手の小高い位置に在りました。
地図によっては、四柱宮との表示もありますね。



・坪野神社(柏崎市高柳高尾町1196)

 ・祭神、由緒とも残念ながら不明です。


坪野地区の鎮守様との事です。
境内はとっても綺麗に手入れをされていました。
石の鳥居の扁額には、四柱宮の表示。

P50602151


かなりの段数の石段を登ると、割合にこじんまりとした境内が。

P50602461

P50602441

P50602421


引き戸が開放されていましたので、拝殿の中を拝見。
誰でもお参りが出来る様にとのお心使いなのでしょうね。

P50602351

P50602371

P50602381


そして、天井絵。

P50602391

P50602411


前後してしまいましたが、本命の狛犬さんです。
明治十二年(1879)生まれ、とってもユニークな顔形でした。このタイプには初対面かも知れません。
金目の狛犬さんで、阿像に宝珠(ギボシ)と吽像に1角が。

P50602181

P50602231

P50602191

P50602201

P50602241

P50602261

P50602271

P50602301

P50602331


あら~ぁ、今良く見るとあけた口の中には、可愛い~ぃ平べったい歯のようなものが4~5個見えるような?
ほらね!切り取り拡大で見えにくいですけどね。coldsweats01

P506022331



拝殿に向かって左手には、かなり古いと思われる苔生した石祠が寄せて祀られていました。

P50602451



この日には他に数社をお参りしておりまして、写真を補足して来ました。
時間的には前後しますが、その中の2社をご紹介。



・蔵王神社(柏崎市高柳町岡野町)


以前に ご紹介済み ですが、蔵王でくらおうと読む様で、地元の方は川磯観音堂とか蔵王神社と呼ぶそうです。P50601981

P50602131


狛犬さんは、この子たちです。
一説では、江戸時代末期生まれとか?

P50602031

P50602021

P50602001

P50602071


今回追加分は、拝殿内部のこちらです。
毎度格子からの覗き撮りですので・・・。coldsweats01

P50602121

P50602111

P50602101


いろいろな観音様?や武将の像が見えましたが、如何せんとも遠い。
祭礼のときに来なければ!ですね。
続いて、最初にご案内の坪野神社へ。
そして、磯之辺の磯之辺十二神社へ。 
坪野神社をお参り後、刈羽黒姫山の麓へ。
こちらの磯之辺十二神社の過去レポは、こちらの最下部です。
奉納されている、柏崎市の重要文化財に指定されている彫刻「修験者坐像」に会いたかったのですが・・・



磯之辺十二神社   
     
(柏崎市高柳町高尾磯之辺)

P50602551

P50602511

P50602521

P50602531


上3枚目の坐像を切り取ってみましたが・・・。
こちらも如何にも遠い。crying

P506025121


あまりはっきりとは見えませんが、これが重要文化財に指定されている彫刻
「修験者坐像」だと勝手に信じています。
こんな感じの坂戸山~八石山ハイキングのオマケレポでした。smile

次回は、やっと2010年分の最終回となります。
お楽しみに!happy01





狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01




・越後の狛犬さん その31は、こちらです。

・越後の狛犬さん その33は、こちらです。



越後の狛犬さんは、まだまだ続きます。
いろいろと面白い方々が登場します。
お楽しみに!coldsweats01



これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その31

P50100001521


2010年5月1日に坂戸山再訪、その後に諏訪神社を2社お参り。
続いて、この日最終となりますこちらへ。
252号線を更に高柳に向かって西走。
瀬替えの郷せんだ(道の駅)手前・渋海(しぶみ)川手前を左折、403号線を500mほど松代方面へと進んだ左手のこちらへ。



・渋海神社(十日町市中仙田甲3552)


・祭神、由緒と共に不明です。


周囲の民家と敷地の高さが、さほど変わらない平場に在りました。

P5010000121

P50100001321

P5010000341 


社殿の前に、年齢不明の狛犬さんが。
眉毛が繋がっている様で今流行り?coldsweats01
口の後ろの巻き毛も可愛いですね。
顔は少し怖いけど!smile

P5010000151

P5010000161

P5010000171

P5010000181

P5010000191

P5010000211

P5010000221

P5010000231

P5010000241

P5010000261

P5010000251


社殿に入りますと、何んと足元に。
先代の狛犬さんでしょうか?
こちらも年齢は不明でした。
越後の狛犬さんの3番目にお参りをしました、柏崎市西山町石地(いしじ)石井(いわい)神社の狛犬さんと似ている様な?
ほかの神社でも出遭っている様な感じもしますが。


今回は写真の枚数が少ないので、続いてベタベタと。

P5010000271

P5010000311

P5010000301

P5010000291

P5010000321


昨年の豪雨や一昨年の地震では怖い思いをしたのでしょうね。
今頃は、元気にしているでしょうか?
と書いていますと、どこからか”たまには寄ったら。時々近くを通るのだから!”との声が・・・。
さらりとお参りを済ませて252号線へ戻り、更に高柳に向かって西走。
瀬替えの郷せんだを過ぎて右折。
一度訪れた事のありますこちらへ。



・赤谷十二神社(十日町市赤谷葵324)


以前にお参りをした際には気が付きませんでしたが、木製の神殿狛犬が保存されているとの事でお立ち寄り。
格子の穴から拝殿内部を伺うと。happy01

P5010000391

P5010000401

P5010000411


右側の狛犬さんの下半身が写りましたが・・・。
祭礼の時にでも訪れないとダメなのでしょうね。
仕方がありません。
新潟県指定天然記念物の大ケヤキや狛犬さん達にご挨拶。

Dscf224801

Dscf22501

Dscf224921


こんな感じで4月30日~5月1日の狛犬さん詣では、おしまいとなります。



狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。  
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01




・越後の狛犬さん その30は、こちらです。

・越後の狛犬さん その32は、こちらです。



越後の狛犬さんは、まだまだ続きます。
いろいろと面白い方々が登場します。
お楽しみに!coldsweats01



これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BiogPet10 | BiogPet11 | BlogPet01 | BlogPet02 | BlogPet03 | BlogPet04 | BlogPet05 | BlogPet06 | BlogPet07 | BlogPet08 | BlogPet09 | にゃんこ01 | にゃんこ02 | ハイキング01 | ハイキング02 | ハイキング03 | ハイキング04 | ハイキング05 | ハイキング06 | ハイキング07 | ハイキング08 | ハイキング09 | ハイキング10 | ハイキング11 | ハイキング12 | ハイキング13 | ハイキング14 | ハイキング15 | ハイキング16 | ハイキング17 | モブログ01 | モブログ02 | モブログ03 | モブログ04 | モブログ05 | モブログ06 | モブログ07 | モブログ08 | モブログ09 | モブログ10 | モブログ11 | モブログ12 | モブログ13 | モブログ14 | モブログ15 | モブログ16 | モブログ17 | ワンコ | 干し柿 | 散歩01 | 散歩02 | 散歩03 | 散歩04 | 散歩05 | 散歩06 | 散歩07 | 散歩08 | 散歩09 | 散歩10 | 散歩11 | 散歩12 | 景色01 | 景色02 | 景色03 | 景色04 | 景色05 | 景色06 | 景色07 | 景色08 | 景色09 | 景色10 | 景色11 | 景色12 | 景色13 | 樹々01 | 樹々02 | 樹々03 | 樹々04 | 樹々05 | 樹々06 | 樹々07 | 狛犬(かなり遠目)01 | 狛犬(かなり遠目)02 | 狛犬(かなり遠目)03 | 狛犬・01 | 狛犬・02 | 狛犬・03 | 狛犬・04 | 狛犬(ご近所)01 | 狛犬(ご近所)02 | 狛犬(ご近所)03 | 狛犬(ご近所)04 | 狛犬(ご近所)05 | 狛犬(ご近所)06 | 狛犬(ご近所)07 | 狛犬(ご近所)08 | 狛犬(ご近所)09 | 狛犬(ご近所)10 | 狛犬(ご近所)11 | 狛犬(ご近所)12 | 狛犬(ご近所)13 | 狛犬(ご近所)14 | 狛犬(ご近所)15 | 狛犬(ご近所)16 | 狛犬(ご近所)17 | 狛犬(ちょい遠目?)01 | 狛犬(ちょい遠目?)02 | 狛犬(ちょい遠目?)03 | 狛犬(ちょい遠目?)04 | 狛犬(ちょい遠目?)05 | 狛犬(ちょい遠目?)06 | 狛犬(ちょい遠目?)07 | 狛犬(ちょい遠目?)08 | 狛犬(ちょい遠目?)09 | 狛犬(ちょい遠目?)10 | 狛犬(ちょい遠目?)11 | 狛犬(ちょい遠目?)12 | 狛犬(特別編)01 | 狛犬(特別編)02 | 狛犬(越後)01 | 狛犬(越後)02 | 狛犬(越後)03 | 狛犬(越後)04 | 狛犬(越後)05 | 狛犬(越後)06 | 狛犬(越後)07 | 狛犬(越後)08 | 狛犬(越後)09 | 猫の額01 | 猫の額02 | 猫の額03 | 生物01 | 生物02 | 生物03 | 生物04 | 花々01 | 花々02 | 花々03 | 花々04 | 花々05 | 花々06 | 花々07 | 花々08 | 花々09 | 花々10 | 花々11 | 花々12 | 花々13 | 花々14 | 花々15 | 諸々01 | 諸々02 | 諸々03 | 諸々04 | 諸々05 | 諸々06 | 諸々07 | 諸々08 | 趣味01 | 趣味02 | 趣味03 | 馬鹿馬鹿しい作り話01 | 馬鹿馬鹿しい作り話02