ハイキング02

福島へ紅葉狩りハイク!

福島へ「紅葉狩りハイキング」を楽しみに行って来ました。

皆様の強力な「フーフー」のお蔭で風が強い時もありましたが、雨にもあわずに楽しんで来る事が出来ました。

そして、沢山の応援も有難うございました。happy01

コメントのお返事が遅くなってすみません。

今少し時間を下さい。weep




「紅葉狩りハイキング」
の写真が多過ぎ、選別に困っている状態です。

紅葉は、磐梯も安達太良も中腹まで降りてきていました。

コースは、

      1日目 磐梯山

      2日目 安達太良山

      3日目 裏磐梯池巡り

      4日目 一切経山周辺   でした。

3日目に一切経山を。と思っていましたが、天気概況などにより1日延期としました。

快晴とはなりませんでしたが、まずまずでした。

写真は、上から巡った順番です。

Dscf64611

Pa1401281

Dscf66081

Pa1603861



詳細レポは、少し時間を下さい。アップが出来ました。

ペンペンされても、お◎の肉が厚いから平気ですよ~ぉ!smile

留守の間も、ポチ&ぼちぼちと遊んでいただき、

本当にお世話になりました。

有難うございました。

さて、写真の整理が最初ですね。


   ※ ピンクの文字はリンクしています。


カルディナのブログ

 ・磐梯山は、こちら

 ・安達太良山は、こちら

 ・裏磐梯は、こちら

 ・一切経山は、こちら

カル2のHPとブログ

 ・磐梯山は、こちら

 ・安達太良山は、こちら

 ・裏磐梯は、こちら

 ・一切経山は、こちら

では、また。smile

| | コメント (10) | トラックバック (0)

もう少しで、帰ります

もう少しで、帰ります
皆さんの応援により、楽しい福島県の山遊びとなりました。力強い応援本当にありがとうございました。レポは、何時になりますやら。 夕方帰路に付きます。カルさんず

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は、ここ

今日は、ここ
今日は、山の天気が今一なので、こんなところで観光客をやっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はここ。

今日はここ。
◎クビを触るどころか、上に乗ってしまいました。 ここには、本当の青空がない!なんちて。byカル2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポチとぼちぼちにプレゼント

ポチとぼちぼちにプレゼント
磐梯山山頂からカルディナより

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日はここ

今日はここ
今日は、ここです。明日は、何処だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋色になり始めた西岳と編笠山

「尾瀬笠」に行こうか、それともどこか他の山に行こうか。

と迷っていた所、カルディナが友達からトリカブトが沢山咲いている”との情報を貰った様です。

で、「西岳」に決定。



コースは長い急な登りの「西岳」よりも、林の綺麗な「編笠山」を先に登る事にしました。

でも、トリカブトをどうするつもりなのでしょうか?

何故か、根が必要になりましたか?coldsweats01



※ 尾瀬笠の情報が入りました。秋色は今週末が良い様です。




24日の朝、富士見高原ゴルフ場の駐車場に停めさせていただきました。

右奥の駐車場の向かいが登山口です。

Dscf61311




地元山岳会の「信濃境壮年会」の皆さんのご尽力に寄り、指導標が沢山設置されていいますので、迷うことはないでしょう。

Dscf61431




で、早くもお約束?のさわぐるみとモミジです。smile

Dscf61371





気持ちの良い林の登山道が続きます。

が、今日も暑くて取り付き部から大汗です。

Dscf61791





登山口から30分ほどで「盃流し」に、更に脚に優しい道を5を分ほど行くと「臼久保岩小屋」に着きます。

少しの雨ならOKですね。

Dscf61881





「唐松の母樹林」
を眺めながら、更に歩き易い道を進みます。

足元には、トリカブトやハナイカリなどが見受けられました。

流石に八ヶ岳で周囲のコケが綺麗です。

1900m付近から傾斜が付いてきますが、道は九十九折れとなります。

ここの登山道も例外でなく、バイパスが出来ていました。

大雨や雪解け水で溝が掘れて崩壊へと進む事でしょう。

下山者は、どうしても面倒になり脚力に任せて直に降るのでしょうね。sad

2000m付近から、ツガやダケカンバが目立ち始めました。

Dscf62051




2200m付近から少し平らな道が続きます。

この登山道は、時々適当に坂が緩くなります。

石楠花公園を過ぎると岩ゴロとなります。

石楠花公園の下の方は、少し奥に入ると沢山木が生えていますが、山頂~青年小屋の方が綺麗かも知れません。

今日も暑い1日となりました。

風は涼しくなって来ていますが、大汗を掻いて山頂にどうにか到着です。

指導標の所用時間が、大幅に訂正してありました。

訂正時分が正解でしょう。

少しの間は「北ア」「御嶽山」が良く見えていましたが、諏訪方面から雲が涌いて来ます。

Dscf62211

Dscf62221
             富士山の頭が見えています。

Dscf62291

12時38分から展望を楽しみながらのランチとなりました。

ゆっくりと休んでも、暗くなる前に降りきれるでしょう。

この山頂は、何度来ても良い眺めですね。

360度、丸見えの展望はすばらしい所です。

今日は今一ですがね。despair





「西岳」に向かって、移動開始です。

岩ゴロを降って青年小屋です。

今日は「飲み屋」バージョンでした。

更に5分ほどで、水場「乙女の水」です。

Dscf62301




緩く登って、火事場痕です。

まあるい編笠山が綺麗に眺められる所です。

少し降り、登り返して「西岳」です。

山頂の大岩に上がると、「赤岳」も良く見えます。

「権現岳」の岩峰もチラリと。

松虫草は終期を迎えつつありました。

山頂周辺には、ジャコウソウ、ウスユキソウ等々の晩生がほんの少しだけ咲いていました。

Dscf62411

Dscf62461

Dvc000021

Dscf62541





まったりと秋を楽しんでいると、赤とんぼ少佐が遊びに来てくれました。

団体さんでしたが、ゆっくりしてくれたのはこのお二方のみでした。

Dscf62582




ゆっくりと展望を楽しんで、いよいよ下山です。

山頂直下では、こんな秋色になりつつでした。。

Dscf62601




15分ほど岩ゴロ道を降ると、歩き易い道となります。

周囲が笹原になると、トリカブトやアザミが現れます。

周囲の雰囲気を楽しみながら歩くと1930m付近の「林道・編笠線」に着きます。

Dscf62641




林道を横切り、レンゲツツジの木やポツポツと咲く花たちを楽しみながらずんずん降ります。

1800m手前から、カルディナが大喜び。

目的の花が沢山出迎えてくれました。

”もしも~し、根っ子はいりませんからね~!”

この周辺では鹿の高い声がかなり聞こえてきました。

花々や木の皮が御飯と化すのでしょうね。

林道を2本横切って、「不動清水」に着きました。

少々薄暗い雰囲気となって来ました。

Dscf62701




林道を5分ほど歩いて、今朝歩いた道に合流です。

あとは、トントンと歩いて駐車場に到着です。

暗くなる前、17時46分でした。

いつもと同様に、温泉に寄って通勤割引を上手に使って帰宅でした。





皆様のフーフーのお蔭で、ホームの八ヶ岳の南端を一日中目いっぱい楽しんで来れました。

麓は暑かったけど、上の方は涼しくて快適!

天気の良い山に、遊びに来れて幸いでした。

今回はデジカメを貸し出し中のため、写真はカルディナから借りてのアップです。

従って、HPにはアップできませんのでよろしくです。

今回は、これでおしまい。

では、また。smile

そうそう、今朝方「ポチ」が記事をアップしておりましたが、1回保存しました。

数日後に再公開いたしますのでご覧頂ければ幸いです。happy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

笠ヶ岳~双六岳へ、やっと山遊びに!

今年の夏山は、不本意ながら不発に。

恒例の9月になっても天候が・・・。

いよいよ、恒例の山遊び週間が来ました。が、所用のために3日間しか余裕が有りません。

某所を予定していましたが、日程上無理です。

仕方がないので、今年も隣の山襞に行く事にしました。

笠新道~笠ヶ岳~双六岳~小池新道のコースです。



皆さんの”フーフーdogdash”のお蔭で、ピーカン(ちと古いか?)の山遊びとなりました。

sunsunsunで雲もなく、あえて贅沢を言わせて頂くと、暑過ぎた~!と言う感じでした。coldsweats01

この時季に、夏山を味わえるとは思いませんでした。



初日  笠新道に手こずりながらの登り。。

2日目 晴天の中、展望を楽しみつつ稜線漫歩。

3日目 展望を満喫後、下山と温泉。

となりました。



朝日の中の、笠ヶ岳山頂標と槍ヶ岳

Dvc000281_3




朝日の中の、双六岳山頂標と槍ヶ岳

Dvc000411




黒部五郎岳とカルさんず

Dscf60761



笠ヶ岳の遠望

Dscf60791




登山道の清涼剤

Dvc000401




こんなに天気が良いのは本当に久しぶりです。

応援してくださった皆様に、感謝・感謝です。

ただ、お礼の言葉しかありません。

 ↑ 無料だから、では有りません。coldsweats01



レポのアップ出来ました。

カルディナブログは、こちら

カル2HPは、こちら

ご覧いただければ、幸いです。happy01

では、また。smile

| | コメント (10) | トラックバック (0)

周回(BlogPet)

きょうポチは、とっぺはシオカラトンボ北口方面は周回しなかった。
それでトラパグ君。と落ちへ通信しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「ポチ」が書きました。

    *************************************

本日は、皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしました。



皆様の強力なフーフーを持ちましても、我がチームの常日頃の行状により雨となりました。

扇沢を始めとして各沢の水量も半端でなく、また、雨も止まない事から「雪渓」や「雪渓上部の登山道」の状態を推測して、中止としました。

お忙しい中の「フーフー」、本当に有難うございました。

泣きながらの帰路となりました。crying

山梨県に入りましたら、青空が!

山の選択に失敗だったのでしょうか?weep

で、双葉SAにて”こんなの”を。

Dvc00018



巨峰ちおとめです。

味は、涙でしょっぱかったです。(´;ω;`)ウウ・・・



メールに”3こん”と書きましたが、お分かり頂けましたでしょうか?

こんな所で・こんな時間に・こんな物を”です。

次回は何時?何処?か、分かりませんが、その際にも”フーフー”を是非ともよろしくお願いします。

本当に、ご心配とご迷惑をお掛けしました。

有難うございました。

※ 今回のポチの記事に関しては、何もありません。smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BiogPet10 | BiogPet11 | BlogPet01 | BlogPet02 | BlogPet03 | BlogPet04 | BlogPet05 | BlogPet06 | BlogPet07 | BlogPet08 | BlogPet09 | にゃんこ01 | にゃんこ02 | ハイキング01 | ハイキング02 | ハイキング03 | ハイキング04 | ハイキング05 | ハイキング06 | ハイキング07 | ハイキング08 | ハイキング09 | ハイキング10 | ハイキング11 | ハイキング12 | ハイキング13 | ハイキング14 | ハイキング15 | ハイキング16 | ハイキング17 | モブログ01 | モブログ02 | モブログ03 | モブログ04 | モブログ05 | モブログ06 | モブログ07 | モブログ08 | モブログ09 | モブログ10 | モブログ11 | モブログ12 | モブログ13 | モブログ14 | モブログ15 | モブログ16 | モブログ17 | ワンコ | 干し柿 | 散歩01 | 散歩02 | 散歩03 | 散歩04 | 散歩05 | 散歩06 | 散歩07 | 散歩08 | 散歩09 | 散歩10 | 散歩11 | 散歩12 | 景色01 | 景色02 | 景色03 | 景色04 | 景色05 | 景色06 | 景色07 | 景色08 | 景色09 | 景色10 | 景色11 | 景色12 | 景色13 | 樹々01 | 樹々02 | 樹々03 | 樹々04 | 樹々05 | 樹々06 | 樹々07 | 狛犬(かなり遠目)01 | 狛犬(かなり遠目)02 | 狛犬(かなり遠目)03 | 狛犬・01 | 狛犬・02 | 狛犬・03 | 狛犬・04 | 狛犬(ご近所)01 | 狛犬(ご近所)02 | 狛犬(ご近所)03 | 狛犬(ご近所)04 | 狛犬(ご近所)05 | 狛犬(ご近所)06 | 狛犬(ご近所)07 | 狛犬(ご近所)08 | 狛犬(ご近所)09 | 狛犬(ご近所)10 | 狛犬(ご近所)11 | 狛犬(ご近所)12 | 狛犬(ご近所)13 | 狛犬(ご近所)14 | 狛犬(ご近所)15 | 狛犬(ご近所)16 | 狛犬(ちょい遠目?)01 | 狛犬(ちょい遠目?)02 | 狛犬(ちょい遠目?)03 | 狛犬(ちょい遠目?)04 | 狛犬(ちょい遠目?)05 | 狛犬(ちょい遠目?)06 | 狛犬(ちょい遠目?)07 | 狛犬(ちょい遠目?)08 | 狛犬(ちょい遠目?)09 | 狛犬(ちょい遠目?)10 | 狛犬(ちょい遠目?)11 | 狛犬(ちょい遠目?)12 | 狛犬(特別編)01 | 狛犬(特別編)02 | 狛犬(越後)01 | 狛犬(越後)02 | 狛犬(越後)03 | 狛犬(越後)04 | 狛犬(越後)05 | 狛犬(越後)06 | 狛犬(越後)07 | 狛犬(越後)08 | 狛犬(越後)09 | 猫の額01 | 猫の額02 | 猫の額03 | 生物01 | 生物02 | 生物03 | 生物04 | 花々01 | 花々02 | 花々03 | 花々04 | 花々05 | 花々06 | 花々07 | 花々08 | 花々09 | 花々10 | 花々11 | 花々12 | 花々13 | 花々14 | 花々15 | 諸々01 | 諸々02 | 諸々03 | 諸々04 | 諸々05 | 諸々06 | 諸々07 | 諸々08 | 趣味01 | 趣味02 | 趣味03 | 馬鹿馬鹿しい作り話01 | 馬鹿馬鹿しい作り話02