ご近所の狛犬さん その79

Cimg0907


鎌倉市編、2016年分の第7弾です。
鎌倉市編は一応最終となります。
高徳院甘縄神明宮宇賀福神社 (銭洗弁財天)、八坂大神 八雲神社大黒天社(堂?) をお参り後、数社の狛犬さん不在社を訪ねてから大移動。
かなり以前に訪れましたが、狛犬さんを見落とし。
で、再訪でした。despair

鎌倉街道を鎌倉女子大方面へと進み、砂押橋を右折。
称名寺(今泉不動)方面へ2㌔ほど進んだ左手に。



・白山神社 (鎌倉市今泉3-13-20)

白山神社の境内社に狛犬さんが。
先ずは、主たる白山神社からご紹介。

・祭 神
  菊理姫之命  (くくりひめのみこと )
   平和・家内安全の神、口利き・仲裁→縁結びの神、シャーマンの女神

・由 緒
 [白山神社(毘沙門さま)]
 もと毘沙門堂と称し、村の鎮守であった。建久二年(1191)源頼朝の建立と伝える。「相模風土記」には頼朝上洛の際、鞍馬寺に詣で、行基が楠樹で作ったと伝える毘沙門像を請得て鎌倉に帰り、此地に勧請すと記されている。その後暫らく荒廃していたが、享禄五年(1532)九月に再建したことが棟札の写しにより明らかである。又、元禄九年(1696)、宝永年中(1704~1711)にも再建があり、安永三年(1774)十月、慶応二年(1866)正月の毘沙門堂屋根葺替えの銘札もある。
 末社に弁天社と白山社があったことが「相模風土記」に見える。
 明治維新以来白山社と称し村の氏神となる。麓に今泉寺があり、別当寺であった。
 明治四十一年無格社、八幡社(今泉字滝の入り)を合併す。      神社庁資料より


車道に面した参道入り口。
石造りの「禅宗 今泉寺」の社号標の右手に木製の「白山神社」の社号柱?がありました。

Cimg0940


そして、石段の左横に江戸時代後期の狂歌師酔亀亭天広丸(すいきてい あめの ひろまる)歌碑が

Cimg0939


少し奥に、こんな石塔が。
中央の石柱には「毘沙門堂」と彫られていました。
(創建から明治維新まで、毘沙門堂と呼ばれていた)

Cimg0935


そして参道の反対側には、庚申塔群が。

Cimg0893


舟形の文字庚申塔で(1672)の建立。

Cimg0896


観音像や寛政四年、文政六年建立の文字庚申塔も。

Cimg0897


紫陽花に囲まれた参道を進むと、

Cimg0936


良い感じの石段が。coldsweats02

Cimg0898


登り切ると、ここに住む守護神と伝えられている大百足(おおむかで)を現した大きなしめ縄がお出迎え。

Cimg0899


先ずは、本殿から。

Cimg0924

Cimg0933

Cimg0930

Cimg0929

Cimg0931

Cimg0932

Cimg0925

Cimg0926


拝殿にお参り後、狛犬さんがお住いのこちらへ。

・子守神社

・祭 神
  天之水分神 (あめのみくまりのかみ)
   天から降る雨水(天与の水)を分配する神
  国之水分神 (くにのみくまりのかみ)
   川の水(地与の水)を分配する神

・由 緒
 元は水の配分を司る神であるが、祭神名の「みくまり」を「みこもり」と訛って早くから子守神として信仰があった。
 豊臣秀吉は、その子・秀頼のために祈り、本居宣長はその父母の祈請により誕生したとして参詣を重ねたことが和歌や菅笠日記によって知られる。
 当地では、初宮詣・七五三詣に先立ってこのお社にお参りするのが古くからの慣わしです。  社頭案内板より


境内を石段の際の大百足まで戻り、左手へ。

Cimg0900


なるほど、柱上にお住いでした。

Cimg0923

Cimg0922


かなり小さめのお社でした。

Cimg0903

Cimg0905

Cimg0904


では、柱上の狛犬さんのご紹介です。
平成二十二年(2010)七月吉日生まれ。
中華風なのか?何とも表現しにくい形状でした。

Cimg0907

Cimg0906

Cimg0908

Cimg0918

Cimg0909

Cimg0910

Cimg0911

Cimg0915

Cimg0913

Cimg0914

Cimg0916

Cimg0917

Cimg0919

Cimg0920

Cimg0921


割合広い境内のあちらこちらに数多くの石祠が祀られていました。

Cimg0901


白山神社の守護虫とされる12組180本の足をつけた大百足(おおむかで)を模した6メートルもの注連縄が作られ奉納される「大注連祭」、一度を見てみたいですね。(毎年1月8日に執り行われるとか。)

源頼朝の創建とも云われる今泉の鎮守・白山神社を再訪して、一応鎌倉市編は終了となります。
後日、”ここにもいるよ!”とご連絡が在ると思います。
お寺さんも未確認ですので、更に再訪を重ねる事となると思いますが・・・。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その78は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その80は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の額通信??? 2017.03.21.

1年ぶりの猫の額からです。coldsweats01
この間に結構花も咲いてくれていたのですがサボり!
で、改めまして少しだけご紹介。


先ずは、毎年咲いてくれて元気をくれる黄色から。

P1210301


そして、先日愛でに行って来ました雪割草の分家?
今年も元気に咲いてくれました。

P1210303

P12103052

P1210308

P1210306

P1210307


続々と柔らかな花芽が出始めていますので、楽しみ!
この娘は昨年花が咲いてくれましたが、今年はお休み。
来年期待をしましょう。

P1210309


では、今年嫁入りの娘をご紹介。
今年は買ってこない予定でしたが・・・。

P12103102

P1210316

P1210313

P1210315

P12103142


2鉢とオマケの1鉢でした。
近づくと、ほのかな良い香りが漂っています。
末永く咲き続けてくれれば!と願っています。happy01


1年ぶりの猫の額からでした。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2017.03.18.  越後の雪割草

P1210293

今年も所用の折にお花見へ。

*******               3/19. 20. 追記

綺麗に咲いている頃かと、雪割草を愛でに彼の地に再訪しました。
このところ天気予報がクルクルと目まぐるしく変わって、若しかしたら雨降りかも?と心配しながら新潟へ。

越後川口SAでは、深夜に大粒の霙が。
しか~し、翌日は何とか雨が止み晴れ間も。
で、予定通りに某所に再訪する事が出来ました。happy01
以下速報として。

朝は少し寒く、まだ眠そうでした。

P12101682


こんな道を歩いて、

P1210192


こんな景色を眺めて、

P1210193


先端へ進んで、こんな景色を眺めて来ました。
残念ながら、米山や佐渡島は見えませんでした。

P1210201

P1210202


往路でもパチリ、復路でもパチリで歩みが進みません。

Dscn2135

P1210187

P1210203

P1210204

P1210217

P1210292

Dscn2142

P1210218


開花準備も出来たカタクリとのコラボも。happy01

P1210276


他の花も結構咲き始めていました。good

P1210291

Dscn2126

P1210277

P1210172


駐車場の脇では、ミズバショウも顔を覗かせて。

P1210299


という事で、取り敢えず速報でした。
詳細は、HPにて予定をしています。paper

*******             3/20 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナレポは、こちらです。

 ・カル2のHPはこちらです。


では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうは、こちらに! 2017.03.05.  俣野別邸庭園に咲く花たち

P1210122


春の日差しに誘われて、俣野別邸庭園へと散歩に出かけてみました。
前回はほとんど花に振られてしまいました。
が、今回は陽気も良いので少し楽しみにしながら。

さて、春の花といえば先ずは桜と菜の花でしょうか?
河津桜は終わっていて、オカメザクラやカンヒザクラが。

Dscn2095

P1210117

P1210120


そして、花木のサンシュユやテルテモモなどなど。

P1210135

Dscn2105


足元には、福寿草の秩父紅、クロッカスなども。

P1210111

P1210151

P1210153

P1210154


道端にも春の定番が。

P12101622

P1210165


まだまだご紹介しきれない数多くの花が咲いて居ましたが、後程画像の大きいHPにてご紹介をしたいと思案中です。
そうそう、しばらく前からこの方がお住いです。
悪戯をしないと良いのですが、生きるためには仕方がないのでしょうか?

P12101602


先ずは速報として。


*******                3/07 追記

・カルディナのブログは、こちらです。

・カル2のHPは、こちらです。

是非一緒にご覧頂けると幸いです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その46

P1180655


2015.10.20.シリーズの第6弾は、七面宮 (妙法寺)、宇奈具志神社鹿島社諏訪神社八幡神社 をお参り後、日本海沿いの402号線を更に北上。
寺泊港フェリーターミナルを100m程過ぎた山の手へ。
こちらも海岸線から少し離れた山裾、やや高台に在りました。


白山媛(しらやまひめ)神社 
    (長岡市寺泊大町2768)

・祭 神
 伊弉冊尊(いざなみのみこと)
 菊理媛命(くくりひめのみこと)

・由 緒
 創建年代は不詳ですが、造立されたのは江戸中期享保十八年(1733)と伝えられます。その後、宝暦八年(1758)失火で消失、明和八年(1771)に再興された。
 (延喜式神名帳に名前が無かったこと。 そして、承久の乱(1221)に敗れた順徳天皇が佐渡に配流になる際に参拝したという伝承が残っていたり、境内社の二面神社の創建が明徳二年(1391)ということから、鎌倉時代の創建だと考えられているそうだ。)
 女神さま二神で、国家安泰と海上安全、地方開発の神として崇められてきた。
 昔は神仏混淆の形で「白山大権現」ともいい、別当は代々胎蔵院の山伏でした。これは加賀の白山信仰に基づくものと思われます。
 神域には本殿をはじめ、拝殿・社務所・宝物収納庫があります。次回ご紹介予定の境内社・二面神社は、男女二面が一体になった透かし彫りがご神体とか。
        寺泊総合観光案内所パンフなどより


こちらにも社号標の前に「賽銭」と書かれたボックスが在りました。参拝者への思いやりでしょうね。happy01

P1180730

P1180729


流石に寺泊の総鎮守白山媛神杜ですね、花崗岩の大鳥居から125段もの石段をツワブキの花に励まされながら登り、高台へ(海抜30m)。
登り切った左手に手水舎が。何やらウサギさんの様な龍の様なのがたばこを吸っている???coldsweats01

P1180651

P11806512


拝殿前の二の鳥居も石造りの明神鳥居。

P1180652


拝殿の前に狛犬さんが見えていますが、先ずはお参りからですよね。bleah

P1180671

P1180672

P1180674

P1180676


拝殿の概観です。
宝暦八年(1758)に火災により焼失、明和八年(1771)に再建されたものとかですが、とってもしっとりとした良い感じでした。

P1180678

P1180680

P1180679

P1180677


では、拝殿前の狛犬さんのご紹介です。
昭和四十八年(1973)五月吉日生まれでした。

P1180655

P1180654

P1180657

P1180658

P1180659

P1180660

P1180661

P1180670

P1180656

”ど~だ~ぁ!”とでも言っている様な吽狛さん。

P1180664

P1180663

P1180665

P1180666

P1180667

P1180668

P1180669


割合に広い境内には多くの境内社が祀られ、船絵馬収蔵庫も在りました。

P1180681

P1180682


上の写真の鳥居の奥に、次回ご紹介予定の境内社・二面神社が。
勿論、狛犬さんが見えていますよね。smile

P1180683


二面神社とお隣に諏訪神社が狛犬さんと共に祀られていますので、大急ぎでお参りとなりました。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その45は、こちらです。

・越後の狛犬さん その47は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ご近所の狛犬さん その78