今日は、こちらに!2017.09.20.  鶴島御前山~栃穴御前山

P1220284

P1220287
こんなロングなお助けトラナワがわんさかと!  (-_-;)


*******       9/21.23. 追記

上野原市の里山、鶴島御前山栃穴御前山に行って来ました。
どちらの里山も侮り難し!ですね。
こちらもご多分に漏れずでした。coldsweats01

桂川左岸の駐車スぺースから桂川橋へ。
中央が鶴島御前山、右のとんがりが栃穴御前山

P1220237

登山口へ。

P1220245

登り口から階段がお出迎え。その先もかなりの急登、ザレている箇所が多くトラナワも各所に。

Cimg0078

P1220256

そんな傾斜地を大汗を搔きながら登ると石祠が。

P1220260

その先穏やかな道を少し進むと、

Cimg0079

二等三角点標石がある鶴島御前山でした。

P1220264

更に尾根道を進み、高柄山へと続くと思われる道を左に分けると、すぐに鬼岩?角岩?チョキ岩?そんな感じの岩のあるピークへ。

P1220269

この先がまたもや激下り。ザレているし、トラナワが一部有るも歩きが不足している我が両脚に信頼感がなく、かなり困惑。

P1220272

P1220276

降り切ると、今度は激登り。
冒頭のトラナワに厄介になってしまった。coldsweats01

Cimg0091

こちらでもかなり汗を掻いて登り切り、振り向くと鶴島御前山”頑張ったね!”と声をかけてくれた様な?

P1220288

そしてすぐ先の山頂には、楢の木の黄色いテープが待っていてくれました。

P1220290

ここからもかなりの傾斜地の降りでした。

P1220292

途中3つの石祠に手を合わしつつ栃穴の集落最奥部に降り立ちました。
ここからは古い林道や山道を辿り、朝の登山口へ。
そして往路を車へと戻り、里山の山遊びは終了。

掻い摘んで、秋の山遊びの簡単レポ?でした。happy01
詳しくはHPで予定をしていますが・・・。

*******   9/23 追記

・カルディナレポは、こちらです。
・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。

では、また。smile 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2017.09.15.  もうすぐ、お彼岸ですね

Cimg0055

ちょいと散歩に行ってみますと綺麗に咲いていました。
あまりにも綺麗だったので、アップしてみました。
皆様のご近所は、如何でしょうか?

P1220193

P1220194

P1220220

P1220221

P1220206

P1220207

今年は暑かったり、寒かったり、長雨が続いたりの夏でしたが、我が家周辺にも季節の移ろいが。
散歩のメモ書きでした。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2017.09.11.  日川林道から牛奥ノ雁ヶ腹摺山

P1220139
何と、真っ白だ~! (-_-;)

*******  9/13. 14.追記

秋の第2弾は、昨年の秋に訪れまして筋肉痛というお土産を戴いて来ました牛奥ノ雁ヶ腹摺山に再挑戦。
返り討ちとならない様に、省エネ歩行でしたが・・・。smile


大月では富士山も良く見えていたのですが、歩き始めからドン曇り。山頂では上の写真の様な状態に。
掻い摘んで、少しだけご紹介。

こんな道を歩いて

Dscf1597

P1220100

P1220105

P1220120

Dscf1602

Dscf1608

P1220117

山頂直下のここまで進みますと、空からかなりの量の水分が。雨ともいう物が降って来ました。weep
この雨ではと思いほんの少し戻り始めますと、ぴたり!と止んでくれましたので、再度反転して牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ。
下の写真は、一雨上がってからの一枚です。

P1220137

山頂でコーヒーなどご相伴で暫し休憩。
その時の展望が、最上部の1枚でした。
下山は往路を辿りましたが、良い塩梅に樹林帯に入ってから大粒の雨が。合羽か?傘か?と迷いつつ傘を出して”秋雨じゃぁ!”と少し濡れつつの歩き。
出逢えた花を少しだけご紹介。
そうそう、タチツボが1輪だけ可愛く咲いていました。

P1220177

P1220103

P1220153

P1220187

P1220186

2017年秋の第2弾は、こんな感じでした。
少しだけ雨に逢いましたが、ゆるりと歩いたので筋肉痛も出ずに今日となっています。happy01

歩き始め第2弾の速報でした。
詳細は、後程HPにて!

*******   9/14 追記

・カルディナレポは、こちらです。
・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに!  2017.09.04.  境川源流から草戸山周辺散策

P1220067
歩き出しは、お手軽に!bleah


*******         5/06 追記


やっとあの蒸し暑さから解放か?かなり涼しくなって来ましたので、歩き始めました。
先ずは、簡単に歩けるところ、気になっていたところ。
で、今年のお年始の際に蝋梅鑑賞は失敗となりその奥へ。すると、新たな道が整備され境川源流に行くことが出来ました。
その先へと道が続いていましたので、どの辺りにつながっているのか探検に。happy01


前回もご紹介済みですが、新たな看板。

Dscn2563


冒頭の写真の様に、今日は流れがありました。
この水が我が家の傍も流れ、江の島・相模湾へと届くのかと思うと不思議な様な感慨深いものがありました。

P1220069


ここからは初めての道です。
少し登って、(源流地点が中央左手)

P1220074

整備された道を5分ほど進むと、草戸山直下へと飛び出しました。
P1220079


すぐに草戸山へ。

Dscn2574


涼しくて良いのですが、ドン曇りで眺望は・・・。
以後の検討。
雨が降りそうなので、城山湖の周回コースへ。

P1220086

P1220088


変電所近くでは、ポツリ・ポツリと雨様がご来訪。
里の道を歩いていますとこちらにもキツネノカミソリが。

P1220098

まあ、こんな感じの歩き始めとなりました。
これからも少しづつ元気に歩ける事を願いつつ車へと戻りました。

歩き始めの速報でした。
詳細は、後程HPにて!


*******          9/7 追記

・カルディナレポは、こちらです。
・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その81

P1210630


2017.05.12.栄区の神社巡りに。
狛犬さん不在社が多く若干疲労感が。

子ノ神 日枝神社をお参り後、不在社を巡りつつ環状4号線を金沢八景方面に進み、栄区犬山町のこちらへ。


・日枝社(栄区犬山町1-6)

・祭 神
 大己貴尊  (おおなむちのみこと)  
   :大国主命 などの別名も
   :国造りの神、農業神、商業神、医療神

・由 緒
 
天正年間(1573~1592)の創立と伝える。
 新編相模風土記には「山王社 光明寺持なり、彼寺天台宗にて中野村にありし頃一山守護の為、比叡山坂本の山王を勧請す。   当村に移せし時は宇宮の尾山に遷座せしが、彼の地は茶毘所に近ければ、寛永十七年矢沢山に遷座す」とあり。
 昭和四十七年三月宅地造営工事に伴い、現在地に遷座した。    
神社庁資料より


小高い丘陵を宅地として造成された高台の片隅に祀られていました。

P1210653P1210652

P1210627


石段を上がると、狛犬さんが。されどお参りが先。coldsweats01

P12106282

P1210628

少し石段方に戻り、狛犬さんとお話し。dog
上目使いの何とも良い味わいのある顔立ち。昭和五十二年(1977)四月吉日生まれ。と言っていた様な?
少々傷みがありました。地震により転倒したのか?

P1210632

P1210630

P1210629

P1210633

P1210634

P1210635

P1210636

P1210637

P1210638

P1210639

P1210640

P1210642

P1210641

P1210643

P1210644

P1210645

P1210646

P1210647

P1210650

P1210651


幾度も遷座を余儀なくされた(させられた?)日枝社、その都度境内が縮小されたのでしょうか。これからも末永く民を見守ってほしいですね。
お参り後、東方へ直線距離800.mほど移動でした。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その80は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その82は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日は、こちらに! 2017.08.18.  里のキツネノカミソリ