今日はこちらに! 2017.07.25.  ヤマユリを楽しみに・いつもの里山

P1220007
ヤマユリが綺麗な頃かと出かけてみました。
今年は見納めだよ!とでも言いたげに。

*******

・カルディナレポは、こちらです。
・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、富士山の裾野へと逃げ出した!??? 2017.07.10.

P1210990

30℃を超える日が続いて、流石に逃げ出した。coldsweats01
目的地は、今春から通い始めた富士山の裾野。
御殿場市内では30℃でしたが、現地では21℃good


木花咲耶姫様もご機嫌良く迎えてくれた様子。
涼風がそよぐこんな林も楽しむ。happy01

P1210982

P1210988

P1210992

P12109992

帰りがけのいつもの駐車場で、不思議な眺めを。
お猿さんが影富士の様なものを眺めていました。
表示・判別が出来ると良いのですが・・・。

Dscn24982

Dscn2498
          ↑ クリックして拡大を!


標高を下げるに従って外気温がうなぎ上りに。
帰りたくはなかったのですがね。shock

速報版になるかとは思いますが・・・。


*******       7/12 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナのブログは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。

では、また。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 17.06.26.   三ノ峠山

P12109602_2

観鋸台近くにて。


*******       7/1 追記

前夜、雨がかなり降る中を越後入り。
翌(26日)早朝、何とか雨が止んだ高柳の知り合いのお宅へ。
農家は朝が早い!happy01
ご無沙汰のご挨拶や近況の報告をし暫し親交を深めてお暇。
その後、取りあえず長岡へと移動でした。
午前中少しの時間空いてしまったので、東山山稜に行ってみる事に。しか~し、上手く行かないもので、移動途中にバシャバシャと雨様がお出で下さいました。
駐車場も取り付き口も良くは分からないファミリーランド方面へ。
何とか登山者用駐車場に着きますと、雨は小降りに。
少々様子見。幸いな事に、雨が止んで空が明るく。
駐車場付近を探索していると、数台の車が個々に到着。
皆さん、直ぐに歩きだされていました。
その中の優しそうな方に、取り付き口などをおたずねしました。地元長岡の方だそうで、詳しく説明をしてくださいました。
秋色の頃に訪れようと思っていましたが、春の花が咲く頃がとっても良いようなお話しでした。


空模様も少しづつ良くなってきましたので、雨具を用意して登ってみる事に。
(歩き出しに、雨具を着てまで・・・。が基本の考えcoldsweats01
登山道の脇には春に咲く花々が雨に濡れてつやつやと。 ”待っているよ!”とでも話しかけたような?
そして、気持ち良い道に大きな樹々も。

P1210934

P1210920

Dscn2458

Dscn2469

久しぶりの越後の里山、周囲を眺め楽しみつつ程なく三ノ峠山へ。

P1210940

教えて頂いた観鋸台へと進んでみました。
道はとっても良く手入れがされていまして、地元の方々に愛されている山だな~!と感じました。
しかし、鋸山の頭は・・・。

Dscn2462

こちらにも綺麗なテーブルやベンチが設置されていましたので、暫し展望を楽しんで戻りとしました。
ほんの少し戻りますと、鋸山の姿が。”久しぶり~!”とご挨拶。

P12109602

往路を辿る事にしましたので、端境期ですが花々を楽しみながら。

P1210972

P1210974

P1210956

P1210944

P1210948

P1210963

まだまだ、他にも多くの花がありましたが・・・。
山道の花の種類の多さに驚きながら駐車場の上部へ。
度々お邪魔した山並みや長岡市の街並みを眺めて車へと戻りました。

P1210978

Dscn2485

長岡市民に親しまれているという東山山稜、初めて足を踏み入れました。
ほんのミニハイクでしたが十二分に楽しむことが出来ました。
花の種類の多さには驚きました。
来春にはお邪魔せねば!


メモ書きでした。


・カルディナのレポは、こちらです。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その80

P12106062

前回のレポで、鎌倉市は一応終了となります。
今回、2017.05.12.に栄区の残りと思われる神社巡りに。
狛犬さん不在社が多く若干疲労感が。

狛犬さん不在社2社を巡り、栄区の環状4号線・公田交差点から金沢八景方面に800mほど進んだ左手の奥に訪れました。


・子ノ神 日枝神社(栄区若竹町31-34)

・祭 神
 大己貴命・大穴牟遅神(おおなむちのみこと・のかみ)
  古事記に記載される大国主命・大国様などの別名も
 大山咋神(おおやまくひのかみ)
  比叡の山をまもる神、京都松尾神社に鎮座して鳴鏑をもつ神

・由 緒
 当社の創祀については詳かではないが、上野村證菩提寺所蔵の建武の文書に「子ノ神」の名が見えており、子ノ神社が古社であったことが証せられる。「子の神社」は大己貴命を、「日枝社」は大山咋命を祭神として仰ぎ、其の合祀は文明年間当時此の地を所管していた上杉関東官領が土地肥沃ないたち川流域の中央部(中野の里)の守護神として、併せ祀り農業の振興を図ったと社伝に記されています。
 昭和六十一年(1985)社殿、社務所の造営。
            神社庁資料より


住宅街の中、若竹町の交番の隣に在りました。
隣が交番ですから神社の安全は守られているでしょう。
いやいや、神様が町全体を見守っていて下さるので、町も交番も安全なのか?coldsweats01
その交番手前の参道入り口です。

P1210589

参道を進み数段の石段を登り、

P1210590

鳥居を潜ると、右手に多くの石仏が祀られていました。
明和元年申十一月に建立され元禄十三年(1700)に再建された青面金剛像や天保二年(1802)や同三年に建立された庚申塔なども。

P1210592

P1210594

P1210596

更に石段を登った先の正面には手水舎が。
手水鉢には、文久二年(1862)十一月奉納と彫りが。

P1210597

P1210624


手水舎の右手奥に、小さな石祠が。
祠の中に
淤母陀琉神訶志古泥神と記されたお札が。
日本神話に記されている神様と記憶が。
しかし、あまり定かではありません。weep

P1210598

P1210599

P12105992

では、拝殿へ。

P1210603

P1210621

大国様が祀られている神社ですので、ネズミさんに逢えるかな?と思っていましたが、岡崎型の昭和の狛犬さんでした。ネズミさんは、屋根裏にお住いかも?smile
狛犬さんは、昭和五十七年(1982)九月生まれ。

P12106062

P1210606

P1210612

P1210611

P12106142

P1210614

P1210617

P1210616

P1210619

P1210620

拝殿右手に、正一位稲荷大明神も祀られていました。

P1210604

P1210622

手水舎を背に、参道と西方向の街並み。

P1210623

神社新築祈念の社頭案内碑にも書かれていましたが、かなりの歴史のある神社の様です。
そして、住宅街の中の神社では大体が社地を削り取られてしまう様ですが、こちらは案外と広い境内でした。
氏子さんを始めとして、地元の方々に手厚く守られているのでしょうね。
やはり守り、守られでしょうか?happy01


参拝後、環状4号を更に東進でした。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その79は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その81は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、こちらに! 2017.05.24.  富士山麓のヤマシャクヤク

P1210843
   少し早かった。3~4日後に満開となりそうですね。


*******              5/26. 追記

・レポが出来ました。

 ・カルディナのブログは、こちらです。

 ・カル2のHPは、こちらです。

  一緒にご覧頂けると幸いです。


では、また。smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«今年も初夏の贈り物が!