ご近所の狛犬さん その75

Cimg0746


鎌倉市編、2016年分の第3弾です。
高徳院甘縄神明宮をお参りし、北東方向1.5㌔ほどのこちらへと移動でした。


・宇賀福神社(銭洗弁財天)
    (鎌倉市佐助2-25-16)

・祭 神
  市杵島姫命  (いちきしまひめのみこと)
    弁財天と同一視されているとか 別称多数
  
弁財天(奥宮)

・由 緒
 創立起源は不詳であるが、伝承に源頼朝公が鎌倉建府の後、幕府の安泰と民心の安寧をひたすら神仏に祈請していた処、文治元(1185)年巳月巳日の夜の霊夢の導きによってこの宇賀福神弁財天を拝した結果、治政の確立と民心の安寧を得るに及び、爾来これにあやかってここを信仰する者が次第に増えたという。
 神仏習合によって久しく弁財天(吉祥天女)の名で親しまれていたが、明治の神仏分離令により神社となった。
 境内の岩窟より湧出する霊水にて銭貨を洗えば福寿開運するとの信仰が広く全国に行き渡り、縁日たる巳の日には熱心な崇敬者の参詣が多い。
 相模風土記に「隠里。村の西方佐助谷にある大岩窟を云ふ。往古夜中に人語の響あり。聞くに悉く吉事のみを語りしと云ふ。又窟中に銭洗井と云ふあり、福神此の水にて銭を洗ふと云伝ふ。鎌倉五水の一なり」とある。
 かつては扇ヶ谷の八坂大神の末社だったが、昭和四十五年(1970)に独立し宇賀福神社に改称した。   
                  神社庁資料などより


境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られています。
ちなみに、洗った銭は持っているのではなく使う事によって「数倍になって返ってくる」のだそうです。
犬山市の鳴海杻(なるみてがし)神社
   (犬山市羽黒成海郷109)
を訪れた際に、こちらの銭洗弁天をも合祀されている鳴海銭洗弁財天」をお参りしたことが懐かしく思い出されます。
鳴海杻(なるみてがし)
神社のレポは、こちらです。


今回は、境内社の
上之水神社のお参りをなぜか失念してしまいました。
従いまして、狛犬さんが1対不足しております。
悪しからず!coldsweats01
では、ご案内を開始します。


鎌倉駅前からの通りの佐助1丁目交差点を曲がり、源氏山へと続く坂道の途中に入り口が。

Cimg0796


ずう~~~っと昔、カル2が小学生の頃に連れて来て貰った時には、このトンネルはなかった様な?
トンネルを抜けると鳥居が境内へと導いてくれます。

Cimg0738


鳥居を過ぎると、右手に手水舎が。

Cimg0739


然程は広くない境内には、建物などが所狭しと。
祀られているお社などが多いからでしょうか?
先ずはろうそくとお線香とロウソクを立て、本殿

Cimg0762

Cimg0764

Cimg0763


では、本殿参道の狛犬さんをご紹介。
昭和二十五年(1950)十二月十二日生まれでした。

Cimg0767

Cimg0765

Cimg0768

Cimg0769

Cimg0771

Cimg0772

Cimg0774

Cimg0773

Cimg0775

Cimg0776

Cimg0759

Cimg0778


今回は狛犬さん詣でですので、銭洗弁財天にはお参りをせずに狛犬さんのもとへ。
勿論、お金持ちにはなりたいですがね。coldsweats01
続きまして、七福神社へ。

Cimg0740

Cimg0741

Cimg0743


昭和四十七年(1972)三月吉日生まれの狛犬さん。

Cimg0746

Cimg0745

Cimg0748

Cimg0744

Cimg0749

Cimg0751

Cimg0754

Cimg0753

Cimg0755

Cimg0757

Cimg0759_2

Cimg0760

Cimg0761


続いて、下之水神宮です。
水波能売命(みずはのめのみこと)」という水の神様が祀られているそうです。
日本書紀では罔象女神(みつはのめのかみ)とも表記。

Cimg0779

Cimg0780

Cimg0781

Cimg0783

Cimg0782


昭和六十一年(1986)五月吉日生まれの狛犬さん。

Cimg0785

Cimg0784

Cimg0786

Cimg0787

Cimg0788

Cimg0789

Cimg0791

Cimg0790

Cimg0792

Cimg0793

Cimg0794


アジサイに囲まれた狛犬さんでした。
之水神宮に、もう一対の狛犬さんが待っていてくれた様ですが、失念してしまいました。
折を見て、再訪せねば!と思って居ます。coldsweats01
本殿の右手の一段高い所に少し感じの違う狛犬さんがお待ちです。
皆さんお出かけの際には是非お参りを!paper


本来なら祭神は宇賀神と思われますが、現在は市杵島姫命が祭神として祀られているとか。
また神社なのに先ずは線香とロウソクを購入、笊を借り受ける。それぞれに火を点け(線香とロウソクに点ける
笊には火を点けないで!銭を洗う際に使うのだ!bleah

立ててから本宮をお参りする。
弁財天の関係なのでしょうか?線香を立てるのです。
何とも面白いですね!


これにて銭洗弁財天 宇賀福神社の全狛犬さんに面会終了と思い込み、トンネルを通って次の神社へと向かいましたとさ。happy02

Cimg0795


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その74は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その76は、こちらです。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その43

P1180530


2015.10.20.シリーズの第3弾は、七面宮 (妙法寺)、宇奈具志神社をお参り後、出雲崎町の端から北西方向の長岡市寺泊方面へと移動でした。
海沿いの402号線に出て、ご紹介済みの十二神社 (リンク先の中程)の狛犬さんに手を振って久しぶり!とご挨拶をしたり、狛犬さん不在社を巡りつつこちらへ。
海岸線に接した平地の少ない土地柄で、少し高台に在りました。


・鹿島社 (長岡市寺泊郷本133)

・祭神、由緒
 鹿島社ですので、祭神は建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)と思われますが、由緒と共に不明です。
日本書紀では武甕雷男神などとも表記される様です。


先ずは、新しい感じの石造りの明神鳥居がお出迎え。
奥に見える石灯籠も新しい物の様でした。
中越地震後に再建されたのでしょうか?

P1180554


石灯籠の先の石段途中に赤い鳥居が在りましたが、
先ずは拝殿へ。

P1180521

P1180522

P1180527

P1180526


拝殿の中の扁額には鹿島大明神とありましたので、
正式社名は鹿島大明神かも知れません。
では、狛犬さんをご紹介。
昭和四年(1929)◎月生まれでした。
◎印の月数は残念ながら判読出来ませんでした。

P1180530_2

P1180529

P1180531

P1180532

P1180533

P1180534

P1180537

P1180536

P1180538

P1180539

P1180540

P1180541

P1180542


拝殿の屋根に、鯱や鳩の飾り瓦が載っていました。

P1180544

P1180543

P1180545

P1180546


お参りを済ませ石段途中の右手へ。

P1180547


やはり鹿島神宮系なのでしょうか?コンクリート製と思われる赤い神明風の鳥居が迎えてくれました。

P1180548


少し奥には、石祠が祀られていました。
社名やいつの頃に建立されたのかは無論不明です。
こちらの扉も撮影の際に開けさせて頂きました。

P1180550


こんな位置に在りまして、近くにはシシウドと思われる花が咲き残っていました。

P1180551

P1180552


少しだけ雲行きが怪しくなって来ましたので急ぎ海岸線へと戻り、不在社を巡りつつ北上し寺泊大和田へ。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その42は、こちらです。

・越後の狛犬さん その44は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所の狛犬さん その74

Cimg0700



鎌倉市編、2016年分の第2弾です。
第1弾は高徳院からでしたが、開門前で中に入れず。
今回も8時前でして、高徳院は開門前。
数枚の写真を撮って、お隣のこちらへhappy01


・甘縄神明宮 (鎌倉市長谷1-12-1)

・祭 神
 天照大神(あまてらすおおみかみ)
  伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
  倉稻魂命(うがたのみたまのみこと)
  武甕槌命(たけみかつらのみこと)
  菅原道真公(すがわらみちざねこう)
   主祭神は、天照大神。
   御利益としては、子宝、安産などとか。

・由 緒
 和銅三年(710)八月行基の草創により染谷太郎時忠が山上に神明宮、麓に神輿山円徳寺を建立、後に寺号を甘縄院と名付けたことに始まるという。また源頼義公が当社に祈願して八幡太郎義家を当地に生み、康平六年(1063)には当社を修復、永保元年(1081)には八幡太郎義家公が当社を修復したという。
 「吾妻鏡」によれば、伊勢別宮として源頼朝公が崇敬し、文治三年(1186)十月、社殿を修理し、四面に荒垣及び鳥居を建てている。また建久五年(1194)までに頼朝公は三度、政子の方は二度、実朝公は一度参詣している。
  「相模風土記」には「神明宮、里俗甘縄明神と唱う」「別当臨済宗甘縄院」とある。
 明治維新の神仏分離により、別当甘縄院は廃絶し、神明宮は明治六年村社に列格された。
 明治二十年五月に五社明神社を合祀し、明治四十年四月神饌幣帛料供進神社に指定された。
 昭和七年、社号を甘縄神明神社と改称した。 
           社頭掲示板などより


由比ガ浜通りの消防署脇を曲がると、正面奥に鳥居が見えます。
その鳥居の左手に社号標が、鳥居の少し奥の右手に源義家朝臣再建の碑が在りました。

Cimg06862

Cimg0687


参道を進み石段を少し登ると、

Cimg0690


立派な手水舎や御輿舎が。

Cimg0691

Cimg0737

Cimg0693

Cimg0694


長めの石段の反対側には、北条時宗産湯の井が。

Cimg0692


では、石段を登りまして

Cimg0695


拝殿へ。
狛犬さんが出迎えてくれましたが、先ずはお参りからcoldsweats01

Cimg0696

Cimg0724

Cimg0726

Cimg0725


お参りを済ませましたので、狛犬さんのご紹介です。
昭和五年(1930)六月生まれでした。dog
で、阿形がお母さんで、吽形がお父さんの様です。
何やら象徴が・・・。現地にてご確認を!coldsweats01

Cimg0700_2

Cimg0699

Cimg0698

Cimg0701

Cimg0702

Cimg0703

Cimg0705

Cimg0706

Cimg0707

Cimg0736

Cimg0708

Cimg0709

Cimg0710

Cimg0712

Cimg0713

Cimg0715

Cimg0716

Cimg0717


拝殿の前庭はかなり広めで、左手奥には五社明神社が祀られていました。

Cimg0721

Cimg0718

Cimg0719


その広い境内の右手奥に鳥居が在りました。

Cimg0720

Cimg0731


細い道を登ってみますと、拝殿よりも一段高い位置に在る立派な本殿が見えて来ました。

Cimg0732

Cimg0733


更に細道を登ると、小さな石の祠が。

Cimg0730


更に石段を少し登りますと、秋葉神社が祀られていました。

Cimg0727

Cimg0728


奈良時代に遡る鎌倉最古の神社といわれている甘縄神明宮。行基が草創し、源頼義、義家、頼朝の崇敬も集めたとの事。境内は杜の木々に抱かれており静寂感が漂っていました。
源氏の皆々様方が、優しい眼差しでそっと見つめていてくれたからでしょうか?eye


お参りを済ませ、続いて北東方向1.5㌔ほどの宇賀福神社・銭洗弁天へと移動でした。



狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。
どうぞ、ご覧になって下さい。happy01


・ご近所の狛犬さん その73は、こちらです。

・ご近所の狛犬さん その75は、こちら です。


最後までお付き合い、有難うございました。


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の狛犬さん その42

P1180492


2015.10.20.シリーズの第2弾は、旧和島村・現在の長岡市の七面宮 (妙法寺)から南西方面へ1㌔少々の移動でした。
116号線乙茂(おとも)交差点を左折、574号線をクランク風にクロス、すぐに越後線を渡り左手へ。

・宇奈具志神社 (三島郡出雲崎町乙茂762)

・祭 神
 天穂日命(あまのほひのみこと)
    主祭神、別名:菩比命、天菩比神など多数 
     菅原の道真の遠祖

  健御名方命(たけみなかたのかみ)  
    合祀神 別名:建御名方刀美神など多数 諏訪神社祭神
  大山祗命(おおやまつみのかみ)
    合祀神 別名:大山祇神、大山積神など多数 
    大山祇(大三島)神社の杜伝では山・海兼備の神

・由 緒
 もともと赤坂山にあり、その地内で1度移転した後、現在地に移転した。
 明治四十一年(1908)に十二社と諏訪社を宇奈具志神社に合祀。
 延宝五年(1677)の検地に天神宮、諏訪宮、十二神宮の除地の記載があり、宇奈具志神社は天神宮だったとの説もある。  出雲崎町商工会HPより


先ずは、石の神明鳥居がお出迎えでした。

P1180481


鳥居を潜りほんの少し参道を進むと、左手に、大乗妙典」と刻まれた石塔と、血戦場」と刻まれた戊辰戦争の碑が立っていました。
明治元年(1868)六月二十四日の古戦場だそうです。
碑の裏面には、「東西両軍激戦 屍為山 血為川之池」の漢文が刻まれていました。六月二十四日の激戦で、死体は山となり、血は川となった。という意味合いでしょうか?
この碑は、明治二十九年(1896)建立との事です。

P1180484

P1180482

P1180483


参道の反対側には大切にされている様子の手水鉢が。

P1180485


木々に囲まれた参道を更に進むと、宇奈具志(うなぐし)神社の扁額が架かる両部鳥居、その奥正面にはお社が望めました。

P1180486

P1180487


拝殿の前には狛犬さんがお待ちでしたが、無論お参りから。happy01

P11804882

P1180512

P1180514

P1180515


では、狛犬さんのご紹介です。
明治三十三年(1900)七月生まれで、今年116歳です。

P1180492_2

P1180491

P1180493

P1180494

P1180496

P1180498

P1180499

P1180500

P11805022

P1180502

P1180505

P1180504

P11805042

P1180507

P1180508

P1180509

P1180510


拝殿の左右に小さな鳥居が在り、それぞれの奥に石祠が祀られていました。合祀された諏訪神と十二社・大山祇神社なのでしょうか?
そして拝殿の右脇では、出雲崎町指定天然記念物の大椎が一段と大きな木陰を作っていました。推定樹齢500年との事です。

P1180489

P1180495


明治維新の際には激戦地となってしまったこの地、何とも感慨深い思いが・・・。


出雲崎市に少し入った先の宇奈具志神社を後にして、北西方向の長岡市寺泊方面へと進みました。


狛犬の写真は、カル2の狛犬さん写真集の中に沢山掲載しています。 
写真集は、こちらです。どうぞ、ご覧下さい。happy01


・越後の狛犬さん その41は、こちらです。

・越後の狛犬さん その43は、こちらです。


これからも、是非お立ち寄り下さい。happy01
最後までお付き合い、有難うございました。paper

では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い日が続く中、こちらへ! 2016.07.08.

Dscn1627


今年もとても暑い日が続く7月。
ちょいとだけ歩こうかと思っていました七夕の日は、とてつもなく気温が上がり蒸し暑くなるとか。
で、朝一から出る気にならず!coldsweats01
一日繰り下げまして、少し高い地点へとも思えど遠い所は面倒に。同じ暑いならお手軽な高尾山へと決定。bleah
毎度の日影では気温が26℃を表示していまして、無風状態。まあ、我が家にいるよりも涼しいのかも。


日影からこんな合流点へ。

P1200338


賢明なる皆様は、この写真を見てすぐにルートがお判りでしょう。それとも、高尾山何てあまり行かれなくて、ご不明でしょうか?
風があまり吹いて来ない道でして、この登りで大汗を掻いてしまいました。

P1200339

Dscn1629

Dscn1631


取りあえず山頂でカキ氷。scissors
腸内温度が少しだけ下がったかと思い、更に穏やかな道を通り、途中で2~3ヶ所を確認しつつ小仏城山へ。
城山直下まで進むと、小屋のオヤジさんが何やら作業中でした。
そんな訳で、かなり楽しみにしていた城山名物のカキ氷が食べられず!weep
小屋番さんはお昼近くに戻って来られましたが、待ち疲れて日影沢林道を日影へと下山を開始でした。

これでお終いでは・・・。
という事で、出逢えた花々を少しだけご紹介します。
珍しい花も見つける事が出来ませんでしたし、賢明なる皆様は全てご承知でしょうから、花の名は省略します。

P1200344

P1200342

P1200343

P1200346

P1200347

P1200348

P1200349

P1200350

P1200345

P1200351

P1200354

P12003562

P1200358

P1200360

P1200365


大汗を掻いた、暑い日の裏高尾方面でした。
取りあえずのメモ書きは、おしまい。
きっとカルディナさんが詳しく書いてくれるでしょう。smile
詳しくは、書き様がないか?bleah


では、また。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ご近所の狛犬さん その73